相互リンク先の更新情報!

【出会い系】パパ募集の女子大生にタダマン 【告白体験談】

金に目がくらんだバカ女子大生を、文字通りハメるの楽しすぎる。





結構前に、ここに投稿されてたヤリ方を参考にさせてもらったら



結構な割合でタダマンに性交、じゃなくて成功。





てことで、最近の成果を発表する。



なんだ、まぁ、その、自慢させてくれやwww







ひとりめー


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【友達】★あたしのボディーガード★【告白体験談】

電車は今日も混んでた。人がびっしり詰まって、臭いと熱気がものすごい。駅の階段から駆け込み乗車したので、あたしがいま乗ってるの弱冷房車だし。次の駅で普通の冷房車両に乗り換えようか、と思ってたけど、その駅に付いたら更に人がドカドカ乗りこんできて、あたしはむしろ中に押されてしまった。どうにか吊り革だけは確保。せめて座りたい〜、とふと見ると、あたしの前に座ってるのはおじいちゃん。短めのステッキを足の間に立てて、その上に両手を重ねて、静かに目を閉じている。

(粋なおじいちゃんね〜)

高そうな、クラシックなイメージのスーツと帽子が似合ってる。



しかし暑い〜。きもち悪い〜。

あたしは片手に握ったハンカチでパタパタ顔に風を送りながら、(乗り換えまで……あと10分ちょっとか〜)と思った。



電車が突然、大きく揺れた。他の乗客に密着してた背中が楽になった、と思ったら、更に強い波に押された。

(おじいちゃんにぶつかるっ!)

あわてて手を前に出し、身体を支える。手が窓に着いた時、「どんっ」と音がした。おじいちゃんが目を開き、「ほ」の形の口をしてあたしを見上げた。あたしは半笑いで、おじいちゃんに目礼。身体がグイグイ押される。(いい加減にしろばかやろ〜っ!)って怒鳴りたいのを我慢して、あたしは肩幅に開いた脚を踏ん張った。どすこい。



車内は熱くて臭くて気持ち悪いのに、なんか身体のどこかから小さな快感を感じる。ん?と数秒……。あ。ステッキの上に組んだおじいちゃんの手が、スカート越しにあたしの大事なところに触れていた。



ちょっとおじいちゃんそこダメ。あたしそこ弱いのダメ。まだ朝だしダメ。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【浮気・不倫】クラブで出会った29歳Fカップ人妻が一週間部屋に居着いた 【告白体験談】

クラブでナンパした32歳Fカップ人妻が一週間居着いた



週末の名古屋は熱い。

元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。



そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。

27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。

変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。



その店は雑居ビルの2階にある、ダーツとビリヤードが置いてあって、奥まった一角はダンス用のスペースがあるようなちょっと広だけどごく普通のありふれたバーだ。

雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張の角に位置していたため閉塞感はなく、ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男(いずれもビルの二階から見下ろした僕にはそう見えただけだけどそう外れてもいないだろう)の姿を観察できるような場所だった。



男ばかり13人というちょっとした大所帯で始まった今夜の集まりも、3軒目を終えた時点で終電で帰る奴もいて今は4人だ。

それぞれカウンターでドリンクを頼んで思いおもいにさり気なく同年代から上くらいの客で溢れる店内を見回している。男が飲み始めれば考えることは街角で必死に声を掛けている男とさ程変わらないんだろう。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【学校】俺は罪人だ【告白体験談】

先日、不思議な光景に遭遇しました。

小学生くらいでしょうか、男子3人vs女子1人が喧嘩をしていて

驚くことに、女の子が優勢で男子達3人はやられていました。

暇だった私は「何をしてるんだい?」と

1人の男子の脇腹に蹴りが入ったところで声を掛けてみました。

近くで顔を見ると、その中に2人知ってる子がいました。

一人は、蹴りが入ったばかりで蹲っている健太君です。

当社に資本参加もしている大得意先、○○自動車 部長の息子さんです。

そして、もう一人は蹴りを入れてる方の女の子です。名前は花ちゃん、

先日、不況のため取引を停止した下請け工場の娘さんです。

さらに花ちゃんの母親である美和と私は不倫関係にあり、花ちゃんとは何度か会ったことがありました。

たしか、2人とも小学5年生だったと思います。

花ちゃんは顔見知りの私に気づくと、ぺこッとお辞儀をして、すぐにその場から去ってしまいました。



外回り営業中の時間つぶしで暇だった私は男子達に喧嘩の理由を聞いてみました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月5日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【浮気・不倫】むっちり巨乳がたまらない彼氏あり新人OLマリエとの再会 【告白体験談】

前回 



土曜日の夕方、5時を過ぎるともう窓の外は夜の色を帯び始めている。4月の下旬とは思えないほどだった気温も下がり始めた頃当初の予定を大幅にオーバーして慌ただしく、それでいて名残惜しそうに菜摘は帰っていった。

金曜の9時過ぎに出会い、その日をまたぐ頃再会して半日以上を一緒に過ごしたけどそのほとんどは全裸で絡み合っていた。そしてそれは菜摘がこの部屋を出発しなきいけない時間を過ぎても続いていたせいで彼氏と晩御飯を食べる約束のはずだったけど作って待っているという時間では無くなってしまったようだ。

再びスーツに身をまとった菜摘は心なしかシャント見えるけど、その笑顔は丸一日をほぼ全裸で過ごした距離の近さが滲んでいる。駅まで送るオファーを固辞した菜摘は玄関先で最後の深いキスをねだり、次に会う約束に念を押したうえで明るく手を振ってドアを閉めた。





菜摘と過ごした怒涛の丸一日の余韻に浸りながらボンッとソファーに体を沈めた。さすがに全身に疲労を感じる。

明日には昨日出会ったもう一人の女性、マリエとランチに行く約束をしており、思惑通り行けば食後この部屋に誘い込んでもう一度じっくりマリエと致したい、と思っていたため早急な体力回復、有り体に言えばまた明日マリエとセックスするための実弾の補給が必要だ。

マリエはスレンダー巨乳で顔も整った菜摘とは全く違うタイプで、ぽっちゃり、人によってはデブとも言われそうな体系だったけど決してブスではない、と言うより男ウケするタイプのカワイイ顔だったし、肉感的な女性が好きな俺にとってはかなり性欲を刺激されるタイプでそしてなによりかなりの爆乳だった。昨夜は成り行き上ビルの非常階段でという興奮するシチュエーションではあったけどじっくり堪能した、と言える状況でもなかったので明日はぜひともその体を余すことなく使わせていただきたいと考えていた。





そういや裕也あのあとどうしたんだろ。

昨日、一緒に飲みに出ていた裕也は新社会人であるマリエの同期、モデル体型でさらりと長い黒髪が印象的な長身美女、ユリカを4人が出会ったダーツバーから連れ出すことに成功していた。

スマホをチェックするとLINEのメッセージが何件か入っている。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月2日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【学校】小学校で随一の美少女が【告白体験談】

先日、不思議な光景に遭遇しました。

小学生くらいでしょうか、男子3人vs女子1人が喧嘩をしていて

驚くことに、女の子が優勢で男子達3人はやられていました。

暇だった私は「何をしてるんだい?」と

1人の男子の脇腹に蹴りが入ったところで声を掛けてみました。

近くで顔を見ると、その中に2人知ってる子がいました。

一人は、蹴りが入ったばかりで蹲っている健太君です。

当社に資本参加もしている大得意先、○○自動車 部長の息子さんです。

そして、もう一人は蹴りを入れてる方の女の子です。名前は花ちゃん、

先日、不況のため取引を停止した下請け工場の娘さんです。

さらに花ちゃんの母親である美和と私は不倫関係にあり、花ちゃんとは何度か会ったことがありました。

たしか、2人とも小学5年生だったと思います。

花ちゃんは顔見知りの私に気づくと、ぺこッとお辞儀をして、すぐにその場から去ってしまいました。



外回り営業中の時間つぶしで暇だった私は男子達に喧嘩の理由を聞いてみました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年5月13日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【初体験】生まれてはじめての彼女(中1)【告白体験談】

<>503えっちな21禁さんsageNew!04/03/2102:36ID:SfaTfw9d<>

中1の時、生まれてはじめて

女の子にデートに誘われたんだ。

そのコカワイかったし、俺も好きだったから

何日も前からウキウキしちゃって

別に相談しなくてもイイのに

友達に話してからかわれたりw

そのちょっとマセてた友人から

「おい、絶対ゴム用意した方がイイぞ」と言われ

ドキドキしながら友人と薬局で

「やっぱりオカモトじゃねぇか?」とか言ってw

3箱2000円のコンドームまで買っちゃって

当日の朝を向かえた。



<>505503sageNew!04/03/2102:41ID:SfaTfw9d<>


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年4月21日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】夜の学校で【告白体験談】

<>287名前:◆aypLb4iZqQ[sage]投稿日:04/04/2118:21ID:+0693Xz9<>

結構前の話だから、細部の会話とかは正確じゃないかも知れないけど、大体はそのまま

だと思います。

えっとですね、高校の頃の話です。秋口くらいじゃなかったかな。当時私は吹奏楽部

だったんですが、付き合っていたのが一つ上の学年の先輩。中学から一緒で、陸上部と

古典ギター部を兼部してました。くーさんとかK保さんとか呼んでたかな。結局名前では

呼ばなかった様な覚えがあります。背が高くて顔もなかなかいい人だったんですが、

ちょっと遊んでそうな感じもありました。実際、私と付き合う前に二人くらいは経験してた

らしいし。

あと、これは勿論しばらく分からなかったんですけど、実は結構Sの入ったえちい人

でしたw その後の私のエロ思考って結構彼の影響な気がする。

付き合っていたって言っても、告られて緊張して舞い上がって「は、はいっ」て答え

ちゃってただけだったので、まだ恋人系行動はあんまり消化してなかったんですけどね。



<>288名前:◆aypLb4iZqQ[sage]投稿日:04/04/2118:22ID:+0693Xz9<>


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年3月31日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【初体験】中学の吹奏楽部の恵里【告白体験談】

<>228コンマス◆EGCyzTWhtIsage04/05/2319:44ID:wsuk8rmu<>

俺の体験談を聞いてください。



俺は中学校のとき吹奏楽部に入ってたわけよ。

ウチの学校は男はほとんど運動部に入ってたから、男子は少なかった。

結構上下関係とか厳かったりして。まあ、それでも楽しかった。



俺はトロンボーンをやってのよ。

んで、当時中3だったんだけど、幼なじみの恵里って子がいて、部長をやってたのね。ちなみにホルン。

恵里とは保育園くらいからの付き合いで、小さい頃は風呂とかよく一緒に入ってた。

小学校ごろまでは女として意識してなかったし、俺も恵里も好きな人(つっても小学生レベルだけど)がいたりなんだで、普通の親友やってた。

中2の今頃、弾みでおっぱいを見ちゃったわけさ。

つってもシャツ越しからね。それから女なんだなぁ、って意識するようになった。



<>229コンマス◆EGCyzTWhtIsage04/05/2319:44ID:wsuk8rmu<>


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月15日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【友達】私の日常【告白体験談】

私が初めて男性のおち○ち○をおずおず舐めたのは、大学1年生の時でした。

しかし、最初は興味本位が勝っていましたけれど、同時に抵抗感もありました。

だって、それまで正視するのも恥ずかしい男性の性器を、きれいにしている口に入れるのですもの気持ちはわかっていただけるでしょう。

けれども、Aおじさんは、そんな私の抵抗感を上手に解消してくれました。

 彼は、はじめの頃、普通にエッチする以外、自分にどうこうしてくれとは全く言いませんでした(わがままばかり

言う今とはえらい違いですよ)。一方で、私にはとことん尽くしてくれます。エッチをしない時も私のショーツを降

ろして汚いところも全部舐めて気持ち良くしてくれるのです。爪先や髪の生え際、耳やあそこや果てはお尻の穴まで

何度も全身を彼の舌で愛されているうちに、私の彼を慕う気持ちもどんどん高まっていきました。そして、彼のため

に何か尽くしたい、という気持ちがある限度に達した時、私は自分から彼の股間に顔を沈めていたのです。愛する人

のものですもの、その時はヘタでしたけれども心を込めておしゃぶりしました。彼の身体の一部であるおち○ち○

が、とても愛おしく感じました。愛したいから口にしたいと自然に思うようになったのです。

 彼は私に「精液飲んでくれるかい?」と聞きました。もうその時の私は、むしろ愛する人のものなら何でも欲しい

と思っていました。おち○ち○を口に咥えたまま目で「はい」とうなずいて彼のために一生懸命おしゃぶりを続けま

した。そして、「いくよ」と声が聞こえた途端、口の中に熱いミルクがバッと溢れました。彼に尽くせたうれしさと

一緒に夢中で飲み下しました。そうしたら、やさしく抱きしめて軽くキスしてくれました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 3123

このページの先頭へ