相互リンク先の更新情報!

【学校】ヌードモデル兼性欲処理係 【告白体験談】

私の行っていた教室は市の施設の部屋を借りてやっていたから、

最初の生徒さんが少ない頃は小さい部屋を借りてやっていたので

距離が近くて緊張しました。



男性モデルに後ろから抱きすくめられるポーズはお尻に何か当たってる〜くらいで我慢出来るんですけど

胡坐の上に座らされると必然的に大事な部分同士が密着してしまうから・・元気になっていたら最悪でした。

ポーズ的にも足を閉じて座っていたら、不自然だと足を開かれました。



あえてアソコが見るようなポーズをとらされていた訳じゃないですけど、

必然としてポーズ重視で見えるとか見えないとかは二の次だったから・・



寝てるポーズでも台の端に腰掛けて横たわって、ポーズ的に自然に見える様にと

足は自然と開いてましたし、台が視線の高さくらいなのにウンコ座りみたいなポーズとか・・・

個人の教室で直接雇われていたのでどこまでするのか判らなかったんですけど・・




告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【寝取られ】弱みを握られた絶世の美女2 【告白体験談】

続き



伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が





堪らない。







自らスカートをたくし上げて



太腿も露わに、下着を晒す



ゆずりさん。




告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】歪んだ純愛 【告白体験談】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。

俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。

スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り返ると、女が立っていた。

目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。

俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【職場】パート従業員の江野本菜生さん 【告白体験談】

私は派遣を請け負う仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。

募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。

面接の際には、やはり

「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」

と思い、そういう観点から選考を進めました。

まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。

3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「江野本菜生さん」と言う30歳過ぎのロングヘアーの方に仕事を手伝ってもらうことにしました。



最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。

特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。

「プロのモデルさんを頼まないといけないな」

と思っていたところ、彼女が

「私でできることなら協力しますけど・・」

といってくれたのです。

別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月7日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【露出】職場の同僚とカラオケ 【告白体験談】

今度はカラオケの日のことです。

このカラオケ、あすか様とも一緒だったんですよ。。。

ある意味この日が、あすか様との関係のはじまりだったのかも?って思うので、書いときます〜

あの。。。も、妄想ですよ。。。





妄想:「職場の同僚とカラオケ」





あの日、まよは職場の同僚とカラオケの予定だったんです。

実は数日前から変な気分になってしまってて、いけないことをしちゃおうと妄想してて。。。

ホントに実行しちゃったんです。

その時の報告です。



そのいけないことというのが、酔ったふりして同僚たちの前で脱ぎカラをすること。。。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年5月6日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【告白体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】首筋にあてたナイフを思い切り押し込みました。 【告白体験談】

私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。

妻は31歳。学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。

妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。

アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。

工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが、

当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。



先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。

そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。

妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。

妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。

私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。

しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、

また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、

何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月18日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【泥酔状態】集団で一人の女の子を脱がす時の掛け声ってどんなのがある? 【告白体験談】

集団で一人の女の子を脱がす時の掛け声ってどんなのがある?



ストリップ♪ほら、ストリップ♪ ストリップ♪ほら、ストリップ♪



去年の忘年会では、こんな掛け声をかけて

出入り業者の美形人妻が脱いだんだけど・・・

今年は、どんなのがいいかな?と副医院長に尋ねられちゃって

11月中に考えておかないとボーナスの査定に響いてしまう。



萌えコピの先輩がたおせーて!


告白体験談関連タグ

|||

2014年11月26日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

【職場】最低な忘年会 【告白体験談】

うちの嫁は33歳「凛とした気の強うそうな雰囲気がイイ」

なんて、よく友人達から、からかわれたりするなかなかの美人。

女ながらに、某医療機器卸会社で営業係長をしている。

そんな嫁が先週の金曜日、ある病院の忘年会に参加した。

俺も事前に聞いていなかったので、急に参加することが決まったのだと思う。

立場上、病院関係者に誘われたら断れなかったのだろう。



話を聞いたところ、

宴もたけなわになってきて、あるドクターが

嫁の部下達(若手の男二人)に何か芸をするように言い出したそうだ。



誘われた忘年会なので、接待ではないのだが、

そのドクターは、普段彼らから接待されていたので、勘違いしたのだろう。

そして、乞われれば断れないのが、営業マンの性。

そうは言っても何も準備はしておらず、慌てた若手君達は


告白体験談関連タグ

||

2014年11月26日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【友達】恥ずかしい失敗からの展開【告白体験談】

私は46歳既婚のおばちゃんです。

19歳で結婚、出産し子供3人はもう巣立ってしまい主人と新婚のような生活です。

主人は48歳で今でも月に3回程度はエッチしています。主人には変な趣味がありデジカメで私の裸の写真、秘部のアップとか撮って喜んでいます。

絶対に外には流さないという約束で撮らせていますが正直怖いです。

怖いのですが心の何処かでは誰かに見て欲しいと思っています。

デジカメのパシャっという音でビショビショに濡れてしまうのですから私も変態なのかもしれません。

実際には私なんて46歳のおばちゃんですし、太ってるし子供も3人出産してお腹は妊娠線がいっぱいでタルタルです。

胸もFカップですがブラをしないと垂れて醜い体なんで、きっと誰も見たくはないでしょう。そんな感じでここ数年過ごしてきましたが2ヶ月余り前に大変な失態をしてしまったんです。週末の午後9時前だったと思います。

私は主人より先にお風呂に入っていました。

バスタオルで髪の毛と体を拭いて下着が脱衣場に無いことに気付きました。

髪の毛をタオルで包んでいつものようにリビングを抜けて奥の部屋に下着を取りに行こうと考えてドアを開けてリビングに入りました。

夫婦2人ですし何も恥ずかしいことはありません。

それに今夜辺りエッチもしたいしなんて考えてました。リビングに入って主人を見ると「あっ!」と驚いたような顔で私を見ました。

その時に気付けばよかったのですが単純に主人は私の裸の姿に欲情したのかと勘違いしてしまったのです。

考えれば毎日のように見ている太って崩れた体型のおばちゃん見て欲情するはずなんて無かったのです。勘違いした私は調子に乗ってモンローウォークのようにお尻を振って少し歩き止めに前屈みでお尻を突き出し両手でお尻の肉を開き


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月1日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 2212345...1020...最後 »

このページの先頭へ