相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2 【告白体験談】

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。

私は、震える手でそのヒモをつかんだ。

『早くぅ。引っ張ってみて!』

果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。



私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、

『ん……フゥン』

と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした白い液体が流れ出てきた。それは、そのまま床にまでツゥーと垂れ流れ、床に液溜まりが出来た。



それが何なのかは、聞くまでもなく、部屋に充満した青臭い臭いですぐにわかった。

『へへ。垂れちゃったね』

果穂はこんな事を、悪びれもせず言う。本当に楽しそうな感じだ。



「な、中に出されたの? コンドームは付けなかったの!?」

私は、あまりのことに声を荒げてしまった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年4月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】二番でも良いと言って結婚した嫁と2 【告白体験談】

出会ったときから一目惚れで、ずっと好きだった麻衣。でも、僕に振り向いてくれず、逆に彼女の恋の相談相手のような感じになっていた。

それでも諦めずにいた僕に、チャンスが来て付き合うことが出来た。

でも麻衣は、僕と付き合っても、別れた先輩を忘れることが出来ないこと、僕はずっと二番だと言うことを、申し訳なさそうに告げた。

僕は、いつか先輩を忘れさせることが出来ると信じて、そんな条件でも麻衣と付き合い続け、とうとう結婚出来た。

そして結婚して2年経ったある日、偶然街で、麻衣の別れた彼氏である先輩と出会ってしまった。





迷いに迷ったが、麻衣にもその話をした。結局、麻衣はもう一度先輩に会いたいと、泣いて謝りながら言ってきた。

そしてその日は来て、なぜか僕は先輩の嫁さんのアリーさんと過ごすことになった。麻衣が元カレと会っているという、最悪な状況にも関わらず、よりによってアリーさんとセックスをしてしまった……。



それは今まで経験したことのない、激しくエロいセックスだった。

自己嫌悪に押しつぶされながら帰宅すると、すでに麻衣は帰ってきていた。



『……キスしちゃった……。先輩と、キスしちゃったよぉ』

泣きながら言う麻衣。でも僕は、アリーさんとのことがあり何も言えなかった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年8月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】どうみてもMです。本当にありがとうございました。【告白体験談】

都道府県名は言えないけれども、ちょっと田舎から大阪に出てきて一人暮らし中の「なる(仮名)」です。

衝撃的なほどに見た目はドS、中身はどう見てもドMです。本当にありがとうございました。

校正にあたり、自分スペックも書いてみます。159、5○。今まで付き合った男性の人数は両手で納まるくらい。

その歴代の彼氏に必ず言われた言葉は、真性ギャッパー。

ツンデレだけどスイッチが切れた途端に猫になっちゃう。

でも昔から目が悪くて、眼鏡&コンタクトを愛用してるんだけど、数年前からの眼鏡ブームのお陰で、いろんな眼鏡を買い、今一番のは赤い縁の賢そうな眼鏡。愛用しすぎてちょっと歪んでる・・・しょんぼり。

そういうことはどうでもいいねw東京に仕事で出ることがあって、東京に住む友達に連絡してみた。

「今日飲み会あるんだよう〜・・・あ、そうだ!なるもくれば?」

正直あんまり乗り気じゃなかった・・・何故なら気を使ってしまうし。

あと切れ長の目と、眼鏡のせいで第一印象が悪い。そうやって、第一印象を悪くするのが趣味かと言わんばかりに!でも東京の夜が寂しすぎて行っちゃったんですよね〜。



女の子3人に、男性が5人という飲み会。

アタシ以外はものすごく全員が仲良しというキツい仲間飲み。

ああ、こんなことなら一人で過ごせば。。。なんて思いつつ。どうにか終了。気を使って胃がイタスwww

面子といえば、バラバラで、女の子はあたし以外は可愛く、男性も男前のレベルに入るのが3人。フリーターもいれば会社員も、大企業社長秘書なんかもいたんです。その時に、流れのせいか、当然のように一応全員とメアド交換したのでした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】強引な店員さん【告白体験談】

友達がよく行くって聞いてた、小さな居酒屋に行きました。

何でも店員さんの一人がすごくノリのいい男前らしい。

女友達と2人でいざ入店。



日曜日でしかも開店直後だったこともあり、あたしたちが最初のお客さんだったみたい。

入ると、小さい店内にカウンターがあって、奥には少しテーブル席。

ほんとに小さいお店だった。

数分後に遅れて男友達1人も入店。カウンターに座って話はじめた。

超貧乏なあたしは、ジンジャエール、友達2人はチューハイを頼んだ。

あたし以外2人は店員さんと面識があり、話をしてたのだけれど。



Aちゃん、あたし、B君と並んで話をしていて、カウンターを挟んで向こう側であたしらの話を聞いて笑いながら相槌を打ってた店員のヨシさんが、

「真ん中のコ、初めて見たけど・・・名前なんて言うの?」って聞いてきた。

あたしもかなりノリのいいほうで、すごくテンション上がってて、そのテンションのまま

「まゆでーす」みたいなノリでやり取り。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年6月17日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】あぁ~人肌恋しい~、誰か~【告白体験談】

「あぁ~人肌恋しい~、誰か~」



アタシの名前は『錦川 翔子(にしきがわ しょうこ)』

高校2年 陸上部 主に幅跳び

あのぶっ飛んだ時の開放感がたまんないのよね~(−−)(_ _)ウンウン

ちなみに髪型はツインテール♪♪



そうそう今のアタシは非常に人恋しい

もう、彼氏レベルの女の子から友達レベルの男の子まで

だれでもいいの!!

ってまぁこんなことばっかり言ってるから

人からバイセクシャルとか言われちゃうのよね~(汗)



ってこんなこと言ってる場合じゃないわ!!

どーにかしなきゃ


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月17日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】左曲がり【告白体験談】

 久しぶりにユウくんを見かけたから、声を掛けてみたんだけど、ユウくんったら「あ、久しぶり…」って引きつった笑顔見せて、帰ろうとすんのね。1回した仲のくせに。

 まあ、避けてる理由は分かってるんだけど、長くなるから割愛。

 早い話が、ユウくんの彼女が前の彼と会ってるとか、私がユウくんを誘ってシちゃったりしたこととか、全部ぶちまける機会があって、その原因の一端が私にあるからなんだけどね。

 もちろん反省はしていない。



 別れるのも惜しいので、とりあえず「彼女とうまくいってる?」って訊いたら、

「ダメかもしれないねぇ」と遠い目をして答えた。

 そういや、会ったときからこの人こんな感じだったな。人のせいにすることができなくて、すぐ自分を責めちゃうようなタイプ。

 なんとなく、いとおしくなって「じゃあ、彼女とうまくいく方法考えようか」って言って、部屋へ連れてきた。



「ベッドしかないけど、そこ座ってビールでも飲んでてよ、つまみ作るから」

「いいよ、悪いよ」

 ユウくんはキッチンまで来ようとしたけれど、私は強引に座らせた。

 ジャケットを脱いで、チューブトップだけになって、下も短パンに着替えて(もちろん洗面所で)、普段はしないけれど、エプロンまでしてみた。

 この格好、前から見ると裸エプロンみたいに見えるのね。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【彼女・彼氏】嫁に送る覚悟のメール 【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+2011/10/3018:48:45ID:S4MPvjnW0<>



切り出し方



>>10







<>3:名も無き被検体774号+2011/10/3018:51:44ID:VIrakG0v0<>



そんなんでいいんか?



ksk






告白体験談関連タグ

||||||

2014年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【彼女・彼氏】川向こうの姉妹の話【告白体験談】

俺が中2の時に家の前を流れる川の向こうにどうやら引っ越してくる物好きがいるらしいってのが噂になった

ど田舎だからそういう話がすぐひろまる

あっちではべっぴんさんだとか、こっちじゃイケメンだとか

とにかく根拠もない噂が2週間ぐらい出回った



その日は学校があったから一家が引っ越してきたのを知ったのは家に帰ってきてからだったな



母ちゃんに手紙を出すとさっそく挨拶してこいと言われた

俺はばっちゃんの漬け物とか持ってすんごい期待して行ったんだ



結論からいうよ

半分は期待通りだったんだ

普通のおばちゃんと超スタイルの良いお姉ちゃん(このとき中3)と矯正に眼鏡、おかっぱの妹が俺を迎えてくれた



何でこいつが同じ家にいるんだってくらい差が激しかった


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年4月1日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【人妻・熟女】愛してる!【告白体験談】

昨晩このスレROMってて無性に言いたくなった。

朝食を食べながら

「なあ・・・愛してるよ」

とさらっと言ってみた。そしたら嫁は

「なっ・・何寝言言ってんのよ!早くいきなさいよ!」

・・・・・・(‘・ω・) って顔で出社orz

さっき帰ってきたら夕飯がビーフシチューと海鮮サラダという豪華ぶり

ビーフシチューなんて時間がかかるから3ヶ月に1回くらいしか食えないのに・・・

俺がニヤニヤしてたら、

「べっ別に何にもないんだから!暇でしかたなかっただけよ!」







!!!雑貨屋でネタで買ったYESNOマクラがYESになってる(`・ω・´)

ちなみにうちの嫁はリアルツンデレです

告白体験談関連タグ

||||||

2014年3月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】【2】妻を他人に【告白体験談】

知り合ったのは俺が大学3年の時。

バイトしてたコンビニに当時高2で17歳の、顔は中の中だがもうはちきれんばかりに

胸のデカい、俺の嫁になる彼女が入ってきた。巨乳バカ一代の俺は興奮した。



彼女は物静かだが明るくて礼儀正しく気配りもできる女性だった。誰からも好かれた。

後に俺と彼女の交際を知った、気難し屋で人物評価の辛いオーナーですら跡取り息子の嫁に

したかったと言ってたくらいだった。

大してイイ男でもない俺になぜか彼女は好意を寄せてくれて交際は始まり、とにかく馬の合った二人は

学校を卒業してほどなく結婚した。既に彼女の家に出入りして両親からも認められてたからか、早すぎる

結婚も反対されなかった。



彼女は処女ではなかった。俺と知り合う半年前に元カレと3回していた。

彼女はまだ快感を得るには至っていなかったが、やがて快感を覚えていった。






告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年3月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ