相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】歪んだ純愛 【告白体験談】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。

俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。

スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り返ると、女が立っていた。

目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。

俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】直美3【告白体験談】

「そんな・・・」

と言いかけて直美は黙った。自分の正しさを証明することは真理の服を脱がすことになる。それに、第一直美は強行に自分の立場を主張できるタイプではなかった。(仕方ない、1枚脱ぐしかないわ。でも、どうしたら・・・)直美が今着ているのは、上はテニスウェアとブラ、下はスコートとアンスコとパンティだけだ。

「いきなりパンティかぁ」

お調子者の3年生、花岡浩一がはやしてギャラリーを笑わせる。浩一は去年の学園祭のとき直美に交際を申し込んだが、優しく、しかしきっぱりと断られていた。

 直美はしばらく立ちつくしていたが、やがて観念したようにスコートの中に手を入れた。やはりアンダースコートを脱がなければならないと思ったからだ。ゆっくり捲れあがるスコートから覗く白い太ももにギャラリーの視線が集中する。視線を感じたのか、直美の手がアンダースコートに掛かったまま止まった。



「いい加減にしろよ、直美。日が暮れちまうぞ。」

俊之がいらだったようにせかす。俊之も去年直美がサークルに入って来たときにいち早く猛烈にアタックしたのだが、あまりにも強引であったために手厳しく断られ、サークル内で大恥をかかされていた。

 直美は仕方なくアンダースコートをできるだけ素早く脱いだ。しかし、ギャラリーの目には純白のパンティがかすかに見えた。

「やだー、直美。白のパンティだってぇ。ぶりっこ!」

またギャラリーが笑う。直美の頬は恥ずかしさに真っ赤になった。からかったのは同じ2年女子の村田薫だ。彼女もなかなか美人なのだが、やや高慢に見えるところがあり、未だに彼ができずにいた。チーフの俊之のことを好きなのだが、振られてもまだ直美ばかり見ている彼をくやしい思いで見ていた。



 直美を快く思わない数名の者たち−佳子、真理、恭子、俊之、浩一−が仕組んだいたずらは、直美に憧れていたギャラリーの嗜虐心を引き出し、思惑以上にうまくいきそうだった・・・



 第2ゲームは真理のサーブだ。真理は緊張しているためか、ダブルフォルトを2回連続で犯し、あっという間に0−30となった。これでは真理を何とかかばいたいと思っている直美もどうしようもない。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】生意気な年上女を寝取ったった【告白体験談】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺はただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

すると偶然にも、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。

俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めていたのだから。

俺は嫌そうな顔をしている翔太を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど近くにスーパーがあったので、そこで万引きさせることにした。

半ば引きずるようにスーパーまで連れて行くと、翔太は万引きしたくないとゴネはじめた。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、なんとか万引きさせようとしていた。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り向くと、女が立っていた。

俺と目が合うと女は「やめなさい!」と叱り付けやがった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】旦那を守りのために【告白体験談】

<>311:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:34:13.55ID:q1SMdRJP0<>

12月に転職したばかりなんですが、本日職場の方々を自宅に招待しているのです。

1か月経っても、なんとなく職場に溶け込めてなくて、思い切って上司や同僚を招待して軽く飲もうという企画を立てました。

今から緊張しています。

転職サロンの先輩方、何かアドバイスなどあればお教えくださいませ。



<>316:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:46:07.31ID:q1SMdRJP0<>

314

確かに、そうなのですが

実は今までは仕事が終わった後で思い切って飲みに誘ったこともあったのですが断られていまして

本日、やっと誘いにのってもらったのですよ^^

やっぱり職場の人間関係は大切なので、うまく仲良くなれたらいいなと

312さんのおっしゃるように、飲み二ケーションで乗り切ろうと思っていま。

休みなのに、今から心臓バクバクで、他人には馬鹿みたいかもしれませんが

ちょっと妻とデパートへ買い出しに行ってきます。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】窓からお尻を【告白体験談】

(●高校2年生の時の体験)

「男性に見られることに興奮を覚えることに気づいたのは,高校2年生になったばかりのことでした。

その日,私は日直でしたので,世界史の先生の言いつけで,授業中に使用する資料プリントを教室まで運んでいたのです。

クラス全員の分ですから,両手で抱えるようにしなければ持てません。

職員室を出て,2階にある教室へ行こうと生徒玄関前の階段を登っている時です。

猛烈な春風が,戸を開けていた生徒玄関から入り込み,階段を伝って吹き上げたのです。

足に風が絡みついたと思った瞬間,フワッとスカートがまくれあがりました。

「キャー」

と叫んだものの,両手はプリントを抱えているのでどうすることもできませんでした。」

この時,智子さん(仮名)が声をあげ,慌てるのを見ていた一人のクラスメートがいた。それも彼女が憧れていた男子生徒である。

ただ,彼女がスポーツマンで優等生の彼に一方的に憧れていただけではあったが。

スカートがまくれ上がっている間,智子さんが驚いたように,彼も驚いた。そして,次に恥ずかしさからか,彼は顔を赤くしてうつむいてしまった。

「彼が恥ずかしいように,私も恥ずかしかったのです。

だって,パンティまですっかり見られてしまったからです。あの時は,確か白だったと思います。

でも,それと同時に,何やら不思議な感じがありました。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年4月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【露出】テニサーの4年が1年にやるイジメ 【告白体験談】

大学生のときにテニサーに入ってたんだが、

ここの4年女が1年にやる恒例行事がちょっとおいしかった。



サークルなんだけど年に一回大学近辺である地元商店街主催の交流大会には出場するわけ。

地元のおっさん、おばさんサークルとか小学生とかごっちゃまぜ。

団体・個人でもいいんだけど、それが伝統になってた。

だからといって普段マジメに練習するわけでもなくて

週に1回練習、その後飲み会みたいな感じ。



ただし、その大会前は必ず合宿をする。

まぁそれも毎晩パーティなわけだけど。



男はわりとゆるいんだけど、こういうときの女ってちょっと陰湿なのな。

年下に対してのあたりが半端ない。




告白体験談関連タグ

||||

2014年3月27日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【初体験】地域で随一の美人ママが屈辱のフルヌード 【告白体験談】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺はただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

すると偶然にも、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。

俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めていたのだから。

俺は嫌そうな顔をしている翔太を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど近くにスーパーがあったので、そこで万引きさせることにした。

半ば引きずるようにスーパーまで連れて行くと、翔太は万引きしたくないとゴネはじめた。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、なんとか万引きさせようとしていた。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り向くと、女が立っていた。

俺と目が合うと女は「やめなさい!」と叱り付けやがった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年12月27日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【寝取られ】転職後の悲劇(壮大な釣りか、はたまたネタか) 【告白体験談】

311:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:34:13.55ID:q1SMdRJP0

12月に転職したばかりなんですが、本日職場の方々を自宅に招待しているのです。

1か月経っても、なんとなく職場に溶け込めてなくて、思い切って上司や同僚を招待して軽く飲もうという企画を立てました。

今から緊張しています。

転職サロンの先輩方、何かアドバイスなどあればお教えくださいませ。



316:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:46:07.31ID:q1SMdRJP0

314

確かに、そうなのですが

実は今までは仕事が終わった後で思い切って飲みに誘ったこともあったのですが断られていまして

本日、やっと誘いにのってもらったのですよ^^

やっぱり職場の人間関係は大切なので、うまく仲良くなれたらいいなと

312さんのおっしゃるように、飲み二ケーションで乗り切ろうと思っていま。

休みなのに、今から心臓バクバクで、他人には馬鹿みたいかもしれませんが

ちょっと妻とデパートへ買い出しに行ってきます。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年12月4日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【露出】直美4 【告白体験談】

直美は三たび立ちつくしていた。今度こそ絶対絶命だ。残っているのは、ブラジャー、スコート、パンティ。どれも脱ぐことなんてできないわ・・・

 直美は内心、佳子を恨んだ。自分は手加減をしてお互い恥ずかしい格好をさらさないようにしようと考えていたのに、佳子はどうして負けてくれないの? やや責めるように佳子を見るが、佳子は平然と直美を見返して言った。

「ねえ、松井くん。もう30秒じゃないの? そしたらパンティよね」

「ちょ、ちょっと待ってよ」

あわてて直美が言ったが、直人はさらに酷なことを言った。

「いや、もう2分経ってるから、30秒×4で、4枚じゃないか? 3枚しか脱ぐもん無いから、あとの1枚分は大股開きでもしてもらおうか?」

どっとギャラリーが沸く。さらに男子の中からは、

「オナニーさせろ」

「いやフェラだ」

と勝手な声があがり、女子からは

「えー、何それぇ。高井先輩、やって見せて〜」

とカマトトぶった黄色い声が飛ぶ。集団心理のボルテージが急速にあがっており、このままでは収集のつかない事態になりかねなくなっていた。



 さすがに見かねた俊之が言う。

「直美。今すぐならパンティだけでいいから早くしろ。」


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年11月27日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【友達】お姉ちゃんはフタナリ奴隷【告白体験談】

私のお姉ちゃんは完璧な優等生だ。頭が良くて運動も出来て、何よりもすごく美人だから、常に周囲の視線を集めている。いつも澄ました顔をしてクールに振る舞っているけれど、実力が伴っているからすごく様になっているのだ。

 お姉ちゃんに憧れているのは、男子に限った話ではない。学校中の女子も、みんなが私のお姉ちゃんに注目している。

 学校では冷静沈着を旨としているお姉ちゃんは、どんな人に告白されようとも、決して受け入れることがない。これまで数え切れないほどのラブレターをもらっているけれど、全て封を開けることもなく捨ててきた。面と向かって告白してきた相手には、さすがに無視をしたりはしないが、たった一言でバッサリと切り捨ててしまう。そういったことを繰り返してきたせいで、学校内でのお姉ちゃんの神秘性は、ますます高まっていくのだった。

 お姉ちゃんのような人のことを、カリスマ性がある、と言うのだろう。

 成績は高校入学以来、ずっと学年一位で、二位以下を大差で突き放していた。私はよく知らないけど、有名なの医学部を目指していて、お姉ちゃんの成績なら問題なく入れるらしい。

 お姉ちゃんは運動だって誰にも負けたことがない。今は受験生なので引退しているけれど、テニス部では無敗のエースとして、一年生の頃から活躍していた。パワーテニス全盛の時代において、スラリとした細身でコート内を駆け回り、ずば抜けた技術で華麗に打ち勝ってきたのだ。

 細くて長身のお姉ちゃんは、テニスウェアを着て立っているだけでもすごく絵になる。それに加えて、試合でも無敵の強さを誇っていたものだから、全国にたくさんのファンができ、その数はちょっとしたアイドル並だと言われるほどだった。

 お姉ちゃんは確かにその辺のアイドルよりもずっと美人だと思う。妹の私が見ても、見惚れてしまいそうなくらいに整った顔立ちをしている。背中まであるお姉ちゃんの髪は、ツヤツヤと潤っていてとても綺麗だった。

 学校ではクールぶって無表情でいることが多いから、中には冷たい印象を受けると言う人もいるけれど、それでもお姉ちゃんが美人なのは誰もが認めるところだった。たまに見せる笑顔がとんでもなく可愛らしいと言う人も少なくない。

 一年生の私のクラスで、男子達が女子の人気投票をしていたことがあったけれど、その結果は誰もが予想した通りだった。三年生のお姉ちゃんが、私達一年生の女子をぶっちぎって一位になったのだ。クラス内の女子を差し置いて、二年も上の先輩が一番人気だなんて、普通はありえない。私だって、お姉ちゃんと負けず劣らずの容姿をしていると思うのだけれど、何ていうか、お姉ちゃんの身体からはオーラが出ているのだ。

 きっと、普段のクールな雰囲気のせいなのだろう。聡明で計算高いお姉ちゃんのことだから、自分をより良く見せるために、わざと超然としていたのかも知れない。

 もしそうだとしたら、それはとても上手くいっている。

 今のところは、だけれども。

 お姉ちゃんの人気やカリスマ性は、正体を隠して作り上げた虚像によって成り立っているのだ。

 極少数の医療関係者を除くと、家族しか知らないお姉ちゃんの秘密。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年11月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 3123

このページの先頭へ