相互リンク先の更新情報!

【風俗】30歳最高のフェラチオ 【告白体験談】

ついこの間とうとう30歳の誕生日を迎えた。

恥ずかしい話、彼女いない歴30年目突入・・・。

未だに女の子のおっぱい以上触れたことなし・・・。

女の子に触りたいな・・・なんて思いながら

いつも無修正動画で妄想しながらオナニーの日々。

30歳になり危機感を覚えた俺は遂に

まずヘルスで女の子に慣れようと思い

意を決して横浜のヘルス街の店を調べまくった!!

だがしかし・・・多すぎてどの店がいいのかわからない・・・。

若い女の子の店なんて、緊張するから怖くて行けないし

かといって同年代の女の子がいる店はなんか過激すぎて

今の俺にはハードすぎる・・・

そんなことを考えながら消去法で一軒に絞った!!

若くもなく、ババアでもないちょうどよさそうな店。

安くて嬢もいいと評判のお店があったので、


告白体験談関連タグ

||||||||

2015年4月17日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

【寝取られ】凍った時間の中で寝取ってみた 【告白体験談】

最近ハマってるセックスの仕方がある。

医学部でそれなりに頑張ってる俺が、ある方法でラリホーを身につけたw 友人カップルの家に遊びに行き、それを使って、彼氏の前で彼女と遊ばせてもらうというやり方だ。



こうやって書くと、凄く酷いことみたいだし、犯罪じゃないのか? と思われると思うけど、実際その通りだw

まぁ、中学の頃からとにかく勉強勉強で、ろくに遊べなかった俺なので、これくらいはご褒美だと思っている。





今でこそ、鼻歌交じりで、眠りの深さまである程度コントロールできるようになったが、最初は正直かなりビビった。





――いつもみたいに、適当に酒を買ってタクミの家に遊びに行った。タクミは高校の時の同級生で、今は違う大学に通っている。医学部の俺に対して、法学部のタクミは、何かと話や考え方が合う。学歴コンプもなく、バカじゃないので話もかみ合う。



ただ、俺がタクミの家によく行くのは、それだけが理由ではない。タクミの彼女のさとみちゃんは、少し厚めの唇がたまらなくセクシーな、清楚系の美少女だ。

タクミは、父親が有名な弁護士事務所グループの代表で、とにかく金持ちだ。母親も実家が昔で言ったら財閥と言われるくらいの規模の金持ちらしく、タクミは一人暮らしのくせに、渋谷のタワーマンションのファミリータイプの大きな部屋に住んでいる。




告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】知り合いの飼っているエッチな愛犬【告白体験談】

友人「今日は最高に天気いいよね」

私 「そうね!何処か出かける?」

友人「ん~取りあえず散歩かなぁ」

私 「えっ・ちょっと・あ・どうして・・・」

友人「クロ駄目でしょ・・・ごめんね。最近何だか変なのよ」

私(30歳)は、夫(35歳)と子供(7歳)を持つ普通の主婦です。

子供達が同級生で、近所と言う事もあり、早坂千佳さん(32歳)と仲良くなり、良くお茶様になりました。

この日も、掃除・洗濯を済ませ、彼女の家に遊びに来ていました。

彼女も夫(38歳)と子供(7歳・5歳)と暮らしていて、一匹の犬(ラブラドール・レトリバー黒)を飼っていました。

千佳「家のクロね、他の人にはいつも吠えるんだけど、加奈さんには吠えないんだよね」

私 「そうなの?」

千佳「気に入ってるのかな?加奈さん来ると必ず寄って行くよね・・・」

私 「好かれちゃったのかな?犬好みの顔してるのかな?」

千佳「そうね!可愛いから犬も分かるのかも・・・!」

彼女の家を訪れる様になって1ヵ月、私が玄関に入ると、もうダッシュで近寄って来てペロペロ舐めて来るんです。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【彼女・彼氏】リアル過ぎる日本のラブドールに英紙衝撃 もう恋人は不要 【告白体験談】

リアル過ぎる日本のラブドールに、英紙衝撃 “もうガールフレンドはいらないかも…”

2014年08月14日18:10NewSphere



 ラブドールの製造・販売大手オリエント工業が、1体たった1000ポンド(約17万2000円)ほどで、人間の女性と見分けがつかないほどの肌質や目の輝きを持つダッチワイフを開発した。





 同社は、現在の売れ行きから大ヒットは間違いないと自信をみせている。英紙など複数の海外メディアが同社のラブドールについて取り上げている。





【超リアルなガールフレンド】



 英デイリー・ミラー紙は、多くの男性にとって、理想の女性に出会うには時間がかかる。しかし、ある企業がその女性を数日のうちにあなたの家の前に届けてくれる、と記事を始めている。





 オリエント工業は、現在の技術で成しうる最もリアルな人形たちを販売している。最新作は、高品質シリコンの皮膚で覆われ、非常に人間に近い質感だ。一目見ただけでは、人間のガールフレンドとほとんど見分けが付かない、と海外メディアはその見た目の精巧さに驚いている。実際、メディアに掲載されている写真は生身のグラビア写真のように魅力的だ。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月16日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【人妻・熟女】事故を起こした妻と、その代償  その後【告白体験談】

事故から7か月が過ぎた。

相手の怪我も完治して3ヶ月が過ぎた。

今も、妻は男の性処理をしている。

もちろん、私の許可の元で妻は奉仕している。

私30歳、妻29歳 子供無し

1ヵ月前、私は相手の男性に招かれ、彼のアパートに行った。

独身とは言え、40代の部屋は小奇麗だった。

2DKの間取りで、奥の居間に招かれ私は座布団に座った。

「妻は?」 今日は彼の家に居る筈だった。

「奥さん?会います?」

「まぁ!折角だし・・・」

彼が隣の部屋の襖を開けると、妻が目の前で縛られ、穴と言う穴にバイブを入れられていた。

ブィ~ン!ブィ~ンとバイブの音が微かに聞こえた。

私に気づいた妻が目を反らす。

「奥さん、好きでね~一日中何か入れていないと満足しないんです」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】夫の海外転勤で1人になった熟女が愛犬家の会で【告白体験談】

1年前夫(48歳)が海外勤務を言い渡されました。

子供も就職し、県外へ。

私(42歳)と一匹のわんこ、名前はサブ♂(土佐犬)だけになってしまいました。

サブは、子供が家を出て淋しいだろうと、夫が友人から貰ってきた犬でした。

大型犬のサブでしたが、体格はやや小ぶりで気が優しく大人しい犬でした。ある日、私はサブを連れ夫とよく出かけていたドックランの設備のある施設へ向かいました。

その日は、愛犬家の姿も少なく、私を含め3組だけです。

サブを思いっきり走らせ、日頃のストレス発散をさせていました。

やがて、サブの毛を整えていると、1人の女性が話しかけて来たんです。

「良い毛並ね!土佐犬なんて珍しいわね」

彼女は50代でしょうか?綺麗な顔立ちにちょっとマダムな雰囲気が漂っていました。

「そうですか?確かに土佐犬はあまり見ないですね」

「良かったら、あっちで話しませんか?」

感じの良い女性に私は彼女の後を付いて行きました。

「奥さん一人ですか?」

「えぇ、旦那が海外勤務で・・・今は1人なんです」


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】長期出張【告白体験談】

私と妻は、もうすぐ結婚10年の30代後半のディンクス夫婦です。

私は、移転集約した某地方支店の開設サポートとして、結婚後初めての約1ヶ月長期出張にでかけ、昨日やっと帰宅したのでした。

毎日、メールのやり取りをしていたというのに、9時過ぎに帰宅し、玄関先で見た妻の顔にドキドキしてしまった。

長期出張から帰った私に妻は、お風呂を勧めてくれた。

久しぶりの我が家の風呂。とても気持ちがよいものである。

ふと、脱衣所で人の気配がしたので、声を掛けると、

「湯加減はどう?」と、いつもそんな事を聞く事のない妻がいった。

そして、なにやらごそごそしてから出て行った。

私は冗談半分で「一緒に入るか?」と声をかけた。

すると「準備があるからさきにはいったから。」という返事。

何のことやらわからないが、私は気にもせず風呂を堪能した。

風呂をでて、バスタオルを取ろうとすると、メモがあった。

”あなた おかえりなさい。寝室でまってます。”

私は、ゴクッとつばを飲み込んでしまった。

脱衣かごをよく見ると、さっきまで妻が着ていたTシャツ・ブラジャー・パンティがあるではないか。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした4【告白体験談】

前回、ケイスケさんの家に遊びに行ったときに、嫁のユキがマコさんと一緒に、おそろいのスケスケのランジェリー姿で僕とケイスケさんの前に姿を現し、ケイスケさんにユキのおっぱいやヘアを見られてしまいました。





だけど、怒りや嫉妬ではなく、興奮したのは紛れもない事実で、ユキを自慢したいという気持ちだけではなく、ユキが汚されるのを見たいと言う、ちょっと歪んだ願望が僕にはあるのかも知れないと思いました。





あの日から、毎日ユキはあのスケスケのランジェリーを着て、僕を喜ばせてくれます。

我慢できずに抱きついて、キスをしてセックスを始めると、

「浩くん、、 この格好で、ケイスケさんに見られちゃってごめんなさい、、、」

などと、わざわざ見られてしまったことを強調する言い方をして、僕を嫉妬させます。

「浩くんだけのおっぱいなのに、全部見られてごめんなさい、、、」

「アソコも見られちゃって、ごめんなさい、、 汚れた女でごめんなさい、、」

こんな事を言われると、嫉妬と怒りと興奮で、わけがわからなくなります。






告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【彼女・彼氏】ダッチワイフの未来技術 【告白体験談】

1:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)13:27ヒューマノイドロボと合体だ!!

欲しいぃ〜!





..3:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)15:59ホンモノの娘みたく動いたりしゃべったりするまであと何年かかるかなぁ、ハァハァ



4:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)16:11動くのにあと50年で喋るのがその50年後じゃねーの?



5:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)21:06>1

俺、彼女と結婚するYO



6:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)21:44一瞬生身の人間かとおもたヨ>>1



7:オーバーテクナナシー:2001/08/20(月)15:25びっくりして ボキしちゃったYO




告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月7日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【人妻・熟女】友人夫妻にバター犬をプレゼント【告白体験談】

1年程前の話になります。

当時、私には2歳年下の友人(マサ君)がいました。

彼とは近所で、車をいじっていると”カッコいいですね”と話しかけて来たのが

キッカケで仲良くなったんです。

マサ君は結婚3年目の32歳、奥さんは28歳だったと思います。

結婚2年を迎えても子供が出来ないので、病院で検査すると旦那の精子が少ないと言うのです。

奥さんは凄い美人で、若干ポッチャリしていましたが、胸も大きく何と言っても色気が半端無いんです。

私が遊びに行っても、凄く感じが良く正直惚れそうでした。私は34歳になるも独身!実家の援助もあり家を建てたのは5年程前でした。

彼女はいたんですが、結婚までには進展せず別れが訪れました。

そんな矢先、実家の犬が子犬を生んで一匹育てる事になったんです。

ラブラドールで、凄く可愛い犬でした。もちろん家の中で飼い始めたんですが、犬は大きくなるのが早く

半年も過ぎると、大人と変わりない体格です。

名前は次郎!♂です。

ある日、私は次郎のペニスが大きくなり赤い先端が剥き出しになっているのを見たんです。

次郎はペロペロ舐めながら、私を見ていました。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 41234

このページの先頭へ