相互リンク先の更新情報!

【M男・痴女】家庭教師先のJKに調教された僕2 【告白体験談】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。



そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。



ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。



彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。



そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、

『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』

と、僕の方を見もせずに言いました。





僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。

『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された完 【告白体験談】

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。



でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。





#8212;#8212;僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。



「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」

僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。

僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。



胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。

一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。



そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【ゲイ・ホモ】セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた3 【告白体験談】

女とのセックスに飽きて、アナニーを始めた俺。セフレの人妻にアナルを責めてもらって、完全にメスの快感を知ってしまった……。



セフレの加奈子とは、相変わらず責めたり責められたりの関係を続けている。幼稚園の子供と、旦那がいる加奈子。家族をとても大切にしているくせに、俺の巨根に狂いまくっている姿を見ると、女って怖いと思ってしまう。



俺は、加奈子を寝取る快感と、男の娘として加奈子に犯される快感に目覚めてしまって以来、性欲がヤバいことになっていた。エロ動画やテキスト系のサイトを見ては、毎日抜くのが日課になってしまった。加奈子や他のセフレともほぼ毎日セックスしているので、本当に猿みたいだ。



加奈子を責めるときは、体験談系のサイトの”NTR使える寝取られサイト”で読んだプレイを試し、俺が責めてもらうときには”エッチな体験談や萌えた体験談ブログ”に書いてあった男の娘モノのような感じで、言葉責めもしてもらいながらアナルをガン突きしてもらったりしている。



今日も、昼間に加奈子の家に宅急便のフリをして上がり込み、バックで生ハメしていた。

いつものように夫婦の寝室で、結婚式の時の写真の前で生でハメていると、

『パパぁ! ごめんなさいぃっ! カズ君のチンポ生で入れてるよぉ! ンヒィッ! ンアッ! アッ! アッ! パパのじゃ、届かないとこにあたるぅッ!』

加奈子は、その幼く見える顔を歪めて、あえぎ続けている。昼間の自宅で、他の男とセックスをしながら、こんな大きな声出して平気かな? と、いつも心配になるw

「ほら、旦那のとどっちが好きなんだ」

『カズ君! このおチンポが好きぃっ! これじゃなきゃイケないぃっ! あっ! あぁん! イクっ! パパ、イッちゃうぅっ! み、見ないでッ! イッちゃうッ! 浮気チンポでイクっ!!』

加奈子は泣きそうな声で叫びながら、結婚式の時の写真を伏せようとする。タキシードを着た旦那の横で、ウエディングドレス姿の加奈子が笑っている。童顔で、真面目そうと言うか清純そうな加奈子が、優しげな微笑みを浮かべる写真は、とても良い写真だと思う。でも、俺は写真を伏せようとする加奈子の手を掴み、さらに突き上げる。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月14日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

【友達】100%男性視点【告白体験談】

女は得だと最近、つくづく思う。

女も性的に興奮することは20歳を過ぎてから知った。

女が性的興奮するときの状態は、

乳首が勃起し、膣から粘液性の液体が漏れて下着のパンツが濡れ、クリトリスが勃起する状態だという。

性的に興奮した女性の体内では、膣あたりに血液が集中するそうだ。

男が性的に興奮するとペニスに血液が集中するのと同じメカニズムか。

男の性的興奮状態と比べると、外見から目立つことはない。

なぜなら、乳首の勃起は下着のブラジャーで隠せるし、

水泳のときですらもサポーターで勃起を隠せる工夫がされている。

性的興奮で膣から出てくる粘液も、下着のパンツが見える服装でなければ

下着のパンツの濡れていることは、誰にも気づかれずに済むからだ。

クリトリスの勃起は目立たない。

感度はペニスの10倍以上という説があるが、歩行してこすれて性的に刺激を受けることはないらしい。

さらに膣に血液が集中すると、膣がけいれんを起こすという。

このけいれんは、膣から浸透した粘液で濡れたペニスの亀頭を刺激し射精を促す役割と、射精したときに出た精子を吸い上げる役割があるという。


告白体験談関連タグ

||||

2014年9月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】人妻体験【告白体験談】

もう、10年以上前の話です。

その頃僕は19歳でした。

ある日、車を車庫からバックで出していると、お向かいのご主人の車と

接触してしまいました。

とりあえず車から降りて謝ったのですが、すごい剣幕で許してもらえず

夜、家に来いと言われました。

夜になって菓子折りを下げて行くと、ご主人は酔っており、上機嫌でした。

僕の隣家の奥さん(後家でした)の本田さんと5軒くらい先の真崎さんの奥さん

も来ており、ご主人(山口さん)の奥さんと4人で飲んでいました。

(うちは市営の住宅に住んでいました。)

ご主人は今度はあっさりと許してくれて、修理代もいらないとのことでした。

仲直りの意味で一緒に飲もうと言われて、楽しく飲ませていただきました。

そのうち、ご主人が風呂に入ると言って席を立ちました。

僕は3人の奥様に囲まれてドギマギしながら飲んでいたのですが、

急に山口さんが、息子(中1)が最近オナニーを覚えて困っている、という話題に


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】嫁がペニスバンドを隠していた【告白体験談】

今日、ハンコを探していて、とんでもないものを見つけてしまった。

サイドボードの中の、細々としたものを入れるボックスの裏側に、隠すように置いてあった巾着袋。

何の気なしに中を見てみると、黒光りするペニスバンドだった、、、





嫁の志織は24歳で、まだ結婚して2年も経っていない。

嫁は今妊娠中だが、妊娠前はセックスは週に1〜2回はしていた。

そして今、安定期に入って、そろそろまたセックスをしようと思っていたところだ。

欲求不満だったのだろうか?



でも、普通のバイブじゃなくて、腰にベルトで装着するタイプの大人のオモチャだ。

相手がいる?浮気?

だが、浮気ならペニスバンドなんて必要ないはずだ、、、



もっと情報を得ようと、ペニスバンドをマジマジと見ると、ベルトの調整部分のくたびれ感が凄い。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】母親に恋したら、友人に寝取られた9【告白体験談】

母の美佐恵が俺の子供を妊娠して、二人の関係は完全に夫婦そのものになっていた。

最近親父は、今まで以上に仕事が忙しくなっていたので、日本にほとんどいないこともあり、二人で好き勝手にやっていた。





もともと俺が手をけがしたことがきっかけで、母にオナニーを手伝ってもらい、そして結ばれた。

母も俺のチンポに夢中になってくれて、恋人になってくれた。

そして、ついには俺の子を妊娠までしてくれた。





母は俺の子供を妊娠したことが、嬉しくて仕方ないようだ。

「コウちゃん、動いたよ!触ってみてよ!」

やっと安定期に入り、おなかもはっきりと膨らんだ母が言ってくる。

触ると、ボコンと言う感じで動く。

コレが、俺の子供かと思うと感動する。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年6月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【外国人】ロシアの天使が空から落ちてきた(ユリア、ドSバージョン) 【告白体験談】

僕は、23歳の大学生で、休学していたのでまだ2年生です。

昔から、英語が好きで、休学していたのもアメリカを放浪していたからです。



そのおかげもあって、英語はしゃべるのも含めて、問題ないレベルです。

とは言っても、英語が出来るくらいで就職が有利になる時代でもないので、すでに就職に関しては色々と調べて動いていました。



僕は、自分ではそこそこ整った顔だと思っていますが、いわゆる草食系なので、彼女もこの歳まで作ることが出来ませんでした。とは言っても、それほど強く欲しいと思っているわけではないので、毎日趣味などで楽しく過ごしていました。

趣味と言っても、アニメを見たり、フィギュアスケートを見たりするくらいですが、それで毎日充分楽しいです。





そんなある日、秋葉に買い物に行って、ちょっと外れの方にあるショップに向かう途中、いきなり英語で声をかけられました。

『あなたは、英語しゃべれるのかしら? 本当に、誰もしゃべれないって、信じられない!』

と、かなりイライラした感じで言われました。

振り返ると、ちょっと大きめのコロ付きのバッグを持った、小柄な金髪の白人さんがいました。

どう見てもまだ子供なんですが、恐ろしいほどの美しさで、射抜くような青い目で僕をじっと見つめていました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月10日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

【人妻・熟女】続 農家の嫁として エピソード(ファイナル)【告白体験談】

 月日が経つのは、早いもので長男が生まれてから3年が経とうとしていた。嫁は、あいかわらず

露出が激しく風呂上りの定番となったデカパイの展覧会も一双エスカレートして行き、俺がいない

時には、良夫さんと叔父を替わる替わる相手をしてデカパイを揉むばかりかフェラの奉仕活動も

するようになっていた。デカパイは、ついに120㎝のKカップとなり今までのブラが一切使用不可に

なってしまい、出掛ける時でさえノーブラで外出するようになってしまった。俺も安定してきた

経営に一段落の限りを付け 農業の発展と地域の活性化に力を入れるようになり家を留守にする事が

多くなっていた。淫乱になってしまった嫁は、俺の留守中に良夫さんと叔父を咥え込んでは、欲求

を満たしていたのだろう、しかし不思議と中での放出は避けて妊娠とかはなかったのだ。

淫乱な話もあった。トモ(同級生)の家にフィリピンからきた研修生にデカパイを見せびらかし

誘っておいて、自分の股に咥え込んで楽しんだり、65歳位の一人暮らしの初老の家に行きデカパイを

半分以上見せて誘惑しやっとの思いで勃起した初老のマラを口で弄んだりして、毎日 日課のように

この初老の家に通いフェラ三昧 最終的に股に引き込んでその気にさせて後は、知らんふりとまるで

人が変わってしまったように、SEXをする日々だった。俺も廻りから聞かされたが、そんな事は、

ないだろうと聞く耳を持たなかった。一番ショックだった話は、隣町に通う高校生(農作業時と家と

畑の行ったり来たりでは、すれ違う事さえない)に目を付け 誘惑していたとの話だ。ある日自転車


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】普段の生活で・・・【告白体験談】

私は30歳 妻29歳 ごく普通の平凡な夫婦です!子供は6歳 5歳ともに男の子です!

それは 妻が長男を出産するまえの出来事ですが!ある有名な助産婦で出産する計画ですが

助産婦院ということで正式な診断は産婦人科でしてもらう必要があるらしくその先生のもと

へ 診断に何回か行くことになりました。先生は55歳くらいで看護しさんもおばちゃんでした。

2回目の診断の時でした隙間からのぞくことができどのような検診かとみていました。

なんと 妻のおまんこを指でピストンそして拡張しているみたいにみえました。私はそれを

覗きながら チンポががちがちになっていました! 帰宅して妻に(どんな検診だった?)

聞いてみたら (安産のために産道を広げる治療をうけた)ということでした。まさかと

思いましたが それが本当なのか?ともおもいました!それからまた次の検診があり妻と出かけ

ました。また妻が先生に同じような検診を受けると思うと不安とまた逆に妻の反応を見て見たく

なりなした!私の不安と言うか期待とが目の前で行われました。おまんこの拡張だけでなく

アナルも指でマッサージされていて最後はいかされていました!看護士さんもいる前でです!

帰宅後 妻に今日はどうだったと聞いて見たら前といっしょうよっていっていました!

そして出産前の最後の検診です!お腹も大きくなり無理もさせれない状態でいきました。

そして検診を覗いていましたら 先生が(奥様もうすぐですね! 今が大事ですよ!安産の


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 512345

このページの先頭へ