相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】姉さん女房を寝取らせて3【告白体験談】

ルックスの良い北斗晶みたいな嫁が、後輩に抱かれて妙に可愛いところを見せた今日のプレイは、俺的には大満足だった。



動画での嫁の言葉の端々に、アキラのことを気に入り始めている兆候が見えていた。

確認が終わって、もう結構な時間だったので、さすがに眠くなってベッドに潜り込むと、寝ている嫁が寝言で

「んん、、、 アキラぁ、、、 好きだよぉ、、、」

なんて言ったのは、最高に凹んだし、興奮した。

嫁は、好きだとか愛してるとか、滅多に言わない。

たった2回の寝取らせプレイで、アキラのことをそんなに気に入ってしまったのが不思議だ。

やはり、アレのサイズや体の相性が良いと言うことなんだろうか?



そんなことをウジウジ考えていると、いつの間にか寝てしまった。

そんな流れで寝たからか、嫁と息子とアキラが、3人で仲良くこたつに入って団らんしている夢を見た。

ミカンを食べながら、楽しく笑っている3人、、、 俺が追い出された後の風景に、ものすごい焦燥感を持ちながら、ハッと目が覚めると、嫁がじっと俺を見ていた。



一瞬パニックになったが、嫁が横にいるのに安心した。息子は実家に行っていていないが、嫁がいることに本当に安心した。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【温泉・混浴】女子大生3人組と混浴露天で遭遇【告白体験談】

<>451:名無しさん@いい湯だな[]:投稿日:2004/05/0911:51:00ID:f47V58d6<>

夏のお昼過ぎ、他に客もいない露天を独り占めしてのんびりしてたその時、バイクを止める音と若い女性らしい話し声が聞こえてきました。

もしや?と思って見ると、Tシャツにジーンズ姿の女の子が3人、料金支払所へ向かって行くのが見えました。

ああいう活動的な娘は混浴でも平気そう。いや、しかし俺がいることで入ってこないかも。ここはいったん退却しようか。

しかし、後からもう一度戻ってくるのはいかにも裸目当てという感じでかえって印象悪いかも...。結局、動かないで様子を見る事にした。

そんな心配をよそに、3人は談笑しながら服を脱ぎにかかっているようす。せめてやってくるまでは気配をしずめようw。

そのかいあったのか、無用な努力だったのかは知らないが、数分後、ハーフサイズのタオルで胸から下までを隠すようにして全裸の3人が目の前に現れました。

俺を見つけても引きもせず、軽く会釈だけして次々と入浴。

横目でついつい、均整のとれた肩や腰のラインを鑑賞してしまいました。

日焼け止めクリームを使っているのか3人ともあまり日焼けしていなくて、活発な女の子というイメージと白い肌のギャップが何とも色っぽかったです。



ここは何か話しかけるべきだろうか。しかし、3人で楽しそうに話してる所へ割って入っても邪魔するだけかも。

とりあえず会話に耳を傾けつつ、景色を見たりして沈黙を守る。

聞こえてきたのは大学の話で、実験がうまくいかないとかレポートをまだ出してないとかそんな内容。俺は会話に参加するタイミングをはかりつつ、そっと3人を鑑賞する事にした。

1人はショートカットで、10年前の内田有紀風。はきはきしゃべる感じ。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月7日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

【姉】姉は家庭教師 コスプレ着せ替え人形【告白体験談】

「もう〜、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」

姉はあきれ返った様に俺に言う。

「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」

俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。

このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。

姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。

その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。

同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。

そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。

「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?

 早く、次の問題っ!」

「わ、わかったよ…」

と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。

「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、

 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月10日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた6 【告白体験談】

この前のポルチオを刺激するセックスを体験して、母の美佐恵は俺のチンポに狂ってしまった。



俺は、母と結ばれたことが本当に嬉しくて夢のようだったのだが、今の生活はさすがに乱れすぎているのではないかと思うほどだった。





母は、セックスのことしか考えていないような感じになってしまっていて、朝は母のフェラチオで起きるのが日課だった。

前の晩も2回も3回も母とセックスしているので、疲れ切っていてフェラをされても起きない時もある。





そんな時は、母に騎乗位をされた状態で目を覚ます。

この日も、揺れている感覚の中で目が覚めた。

すると、全裸の母が、俺の上で熱心に腰を振っている。

「あっ、おはよう、、、 コウちゃん、、、 先に頂いてるねっ!  んんっ! だめぇ、、、 コウちゃんのおちんぽ、凄すぎるからぁ、、、 あぁ、、」

「美佐ちゃん、昨日も何回もしたのに、まだ足りないの?」

俺があきれて言うと、


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年11月1日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

【M男・痴女】芸能人は×××が命 【告白体験談】

「はーい皆さんこんばんわーっ! 今週もまたやってきました、皆様ご存じのこのコーナー。今宵のゲストはいったい誰か、そしてゲストは自分が芸能人であると証明できるのか。それでは行ってみましょう、『芸能人はオナラが命』!」



 ハイテンションなアナウンスに続き、スタジオにコーナーのBGMが流された。拍手と歓声が巻き起こる中、司会の女子アナがマイクを片手にぺこりと頭を下げる。



「はーい、ありがとうございます。いやー皆さんノリがいいですねー。不定期開催のこのコーナーも、いつの間にやらもう四回目。これも一重に皆さんの熱心な応援のおかげです。かく言う私もこのコーナーのファンでして、自分が番組を持っているうちにこうしてまた担当できるなんて、もう感激しちゃってます」



 整ったルックスと確かなしゃべりで人気を集める彼女は、まだ入社二年目の若手だ。しかし進行の内容はきっちり着こなしたスーツと同様によどみなく、視聴者や観客をぐいぐいと番組に引き込んでいく。



「タマちゃん、能書きはいいからさっさと始めようやぁ。お客さんかて別にあんたのコトが見たくてここに来てるんとちゃうんやでー」



 番組のレギュラーメンバーである女芸人が入れる茶々に、会場がどっとわいた。かたや二十代前半の清楚・真面目系女子アナ、かたや三十過ぎの遊び人系女芸人。プライベートでは仲の良いこの二人の掛け合いは、この番組の一つの華だ。

 女子アナが口を尖らせて何か言い返し、それを女芸人が混ぜっ返す。それに観客が乗り、場の盛り上がりを作っていく。



「分かりましたよう、それじゃ勝手に進行させてもらいますっ」




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年9月19日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【手コキ】淫乱!レースクィーン姉【告白体験談】

俺、現在三浪中。

田舎から出てきて世田谷にある姉のマンションに居候している。

ここから都心の予備校に通っているわけだ。

姉の仕事はイベントコンパニオン。

時には、レースクイーンにもなっている。

姉は弟の俺から見てもかなりイケてる。

バストはEカップ。形もよいし、何より張りがある。

それよりも素敵なのはお尻から太ももへかけての豊満さだ。

俺は細身の女よりムチムチの女のほうが好きなのだ。

それはきっと姉の影響だと思う。

姉は仕事が無い日は家のリビングで

ストレッチやらバレエやらの練習をしている。

その格好がまた俺を刺激する。

時にスケスケのキャミソールにパンティのままで、とか。

また、超ハイレグのレオタードだったり。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:手コキ告白体験談

【人妻・熟女】いけない夜遊び【告白体験談】

結婚して8年、子供も小学校に入って手が離れ、ちょっと退屈する日々を送っていた時、同じように暇をしていた学生時代の友人からあるパーティーに誘われました。

当時からいけない夜遊びをしてたので、なんとなくピーンときていましたが、あんなすごいとは思いませんでした。

都内の某高級ホテルのスイートルームに連れて行かれました。

友人も知り合いに紹介されて何度か参加したことがあるらしく、男性はすべてお金持ちだと言っていました。

女性は、普通の主婦などだそうです。普通というか、お小遣い目当ての主婦です。

中にはセレブな人もいるようですが、結婚しているのが条件だと言っていました。

部屋に入ると中は薄暗く、壁際の間接照明とテーブルの上のロウソクの明かりだけでした。

すぐにスタッフにシャワーを浴びてコスチュームに着替えるように言われました。

チャイナ服やバニーガール、スチュワーデス、スクール水着などがいました。私はレースクィーンで友人はナース服でした。

     

着替え終わると、仮面を付けた男性のお酒のお供をするように言われました。

横に座ってお話ししたり、触られたりしているうちに指名されて、ベッドルームに連れて行かれるようでした。

私もすぐに別室に行くことになりました。

2つあるキングサイズのベッドの上には、すでに男女が蠢いていました。

喘ぎ声と液体が絡み合うような音もしました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年9月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【温泉・混浴】女子大生3人組と混浴露天で遭遇 【告白体験談】

451:名無しさん@いい湯だな[]:投稿日:2004/05/0911:51:00ID:f47V58d6

夏のお昼過ぎ、他に客もいない露天を独り占めしてのんびりしてたその時、バイクを止める音と若い女性らしい話し声が聞こえてきました。

もしや?と思って見ると、Tシャツにジーンズ姿の女の子が3人、料金支払所へ向かって行くのが見えました。

ああいう活動的な娘は混浴でも平気そう。いや、しかし俺がいることで入ってこないかも。ここはいったん退却しようか。

しかし、後からもう一度戻ってくるのはいかにも裸目当てという感じでかえって印象悪いかも...。結局、動かないで様子を見る事にした。

そんな心配をよそに、3人は談笑しながら服を脱ぎにかかっているようす。せめてやってくるまでは気配をしずめようw。

そのかいあったのか、無用な努力だったのかは知らないが、数分後、ハーフサイズのタオルで胸から下までを隠すようにして全裸の3人が目の前に現れました。

俺を見つけても引きもせず、軽く会釈だけして次々と入浴。

横目でついつい、均整のとれた肩や腰のラインを鑑賞してしまいました。

日焼け止めクリームを使っているのか3人ともあまり日焼けしていなくて、活発な女の子というイメージと白い肌のギャップが何とも色っぽかったです。



ここは何か話しかけるべきだろうか。しかし、3人で楽しそうに話してる所へ割って入っても邪魔するだけかも。

とりあえず会話に耳を傾けつつ、景色を見たりして沈黙を守る。

聞こえてきたのは大学の話で、実験がうまくいかないとかレポートをまだ出してないとかそんな内容。俺は会話に参加するタイミングをはかりつつ、そっと3人を鑑賞する事にした。

1人はショートカットで、10年前の内田有紀風。はきはきしゃべる感じ。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

【姉】僕の姉 コスプレ着せ替え人形 【告白体験談】

「もう〜、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」

姉はあきれ返った様に俺に言う。

「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」

俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。

このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。

姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。

その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。

同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。

そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。

「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?

 早く、次の問題っ!」

「わ、わかったよ…」

と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。

「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、

 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【姉】レースクィーンの姉がオナニーを! 【告白体験談】

俺、現在三浪中。

田舎から出てきて世田谷にある姉のマンションに居候している。

ここから都心の予備校に通っているわけだ。

姉の仕事はイベントコンパニオン。

時には、レースクイーンにもなっている。

姉は弟の俺から見てもかなりイケてる。

バストはHカップ。形もよいし、何より張りがある。

それよりも素敵なのはお尻から太ももへかけての豊満さだ。

俺は細身の女よりムチムチの女のほうが好きなのだ。

それはきっと姉の影響だと思う。



姉は仕事が無い日は家のリビングで

ストレッチやらバレエやらの練習をしている。

その格好がまた俺を刺激する。

時にスケスケのキャミソールにパンティのままで、とか。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2013年7月26日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談
1 / 212

このページの先頭へ