相互リンク先の更新情報!

【レイプ】両性具有 一人二役 【告白体験談】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月4日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

【レイプ】すり替え 【告白体験談】

日本兵が凌辱して殺した女性の写真。むごい。だが、ふくよかな感じ。これって敗戦後、満州で凌辱された日本女性の写真ではないのか?


告白体験談関連タグ

|

2015年2月26日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

【友達】風俗嬢が合コンにやってきた③【告白体験談】

『アタシのオマンコにオチンチン挿れて下さい』

命令して俺の目を見て言わせたよw

声が小さかったから3回もねww

膣内が空洞になるタイプみたいで、挿れてる時はあんまり気持ち良くなかった。

だけど揺れる巨乳と凌辱されてる感たっぷりの表情だけで十分だった。

別にコイツを気持ち良くさせるつもりもなかったので、好きなように腰を振りまくった。

バックでケツをパンパン引っ叩きながら、アナルが見えるよう左右に開いたりして。

ラストスパートの正常位で腰を振りまくってたら、案外興奮してたみたい。

命令もしてないのに、キスしたら積極的に舌絡めてきてたし。

ちゃんとゴム内に射精して、後はお決まりのお掃除フェラ。

さすがに嫌な顔をしてたけど、バッチリ丁寧にしゃぶってもらった。

まぁーー最高でしたw

しばらくグッタリしてたかと思ったら、突然無言で立ち上がって風呂場に消えていった風俗嬢。

別にイイやと放置していると、出てきて服を着出したから笑えた。

『まだ満足してないんですけど?』


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【レイプ】性同一性障害の災難 【告白体験談】

高校グランド奥の体育倉庫。テントや授業用の体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りはもう真っ暗で、全く人気はない。部活の生徒たちも、皆帰宅した時間だ。



そこに、制服のジャケットにズボンの男子生徒が4人。



一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、この学校のグランド裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ中学だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月29日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

【寝取られ】最も後悔している話です。【告白体験談】

もう今では、全然気にならなくなったけど、何年か前までは、思い出すたびに殺意が芽生えた件。

俺もすごい不用意だったし、馬鹿だった。だからよからぬ事が起きた。

俺が、20歳の頃、地元ですごい有名な先輩で山田(仮称)がいた。

山田は高校の頃、ボクシングでインターハイに出たり、その後もキックボクシングで実績を残したりして、地元の英雄だった。

俺は同級生のDQNを介して山田と知り合ったんだけど、なぜか山田が俺のことを気に入って、仲良くしていた。

その頃は、「山田に可愛がってもらっている俺」っていうのをちょっと自慢に思っていた(涙)。よく山田の家に呼ばれて、酒とか飲んでハイテンションで盛り上がっていた。山田の家は、すごい広くて、昔は専業農家だったので、敷地の中に建物がいくつもあった。

山田は敷地の中の離れの建物に住んでいて、そこは山田の友人たちのたまり場になっていた。ヤンキーっていう感じではなかったけど、集まってくるメンバーはちょっと危ない奴が多かったと思う。

当時、俺にはマジですごい可愛くて、性格も良い彼女(ゆみ)がいたんだ。

なんで俺がそんな良い娘と付き合えたのかは謎だけど、あまりにも人気がありすぎて、誰もアタックしなかったからだと思う。

漁夫の利みたいに、俺がアタックして、ゲットしたみたいな。嘘みたいだけど、素直で性格よくて可愛い娘だった。(芸人のおかもとまりをもう少し大人っぽくした感じ)

ある日、山田から俺に電話がかかってきた。「今暇か?」と聞かれたので、「ゆみと一緒にいる」と言うと、「じゃあ、ちょっと来いよ」と。

正直だるかったけど、山田からの呼び出しなら、行かなきゃと思って、ゆみと車で行った。結局、この日、ゆみが山田とその仲間に凌辱されてしまう。今なら文書でさらっと書けるけど、当時は死ぬほどの苦しみ。本当に死のうかと思ったくらい。

山田家についたら、山田とその他に男が2人で計3人。(仮に山田+A、Bとする)

Bは知らないやつだった。

後で知った話しだけど、山田は俺の彼女とヤリタイと以前から思っていて、虎視眈眈と狙っていたそうだ。今思えばだけど、だからやたら俺に電話がかかってきたのかなって思う。3人とも既に酒を飲んでいて、俺とゆみも一緒に飲むことになった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】風俗嬢が合コンにやってきた②【告白体験談】

盛り上がれば盛り上がるほど焦りまくりの風俗嬢。

なんどか会話をそらそうとしてたけど、すかさず俺が修正するから風俗話が続いてた。

業を煮やした風俗嬢が席を立ったので、俺もトイレに行くフリをして部屋を出た。

そしたらさっき呼ばれた場所の近くに立ってる風俗嬢がいて、俺をジッと見てるわけです(笑)

フラフラ近付いていくとすげー剣幕で怒ってきた。

『なんであんな話するのよ!最悪じゃん!』

『あぁ?俺が悪い事したのか?』

『言わないって約束したでしょ!』

『だから何も言ってねーだろ?つーかお前態度デカくね?』

『デカくねーよ!ふざけんなよ』

『ふざけてんのはお前だろ?自分の状況分かってんのか?』

『・・・・』

『オヤジのチンコしゃぶって金もらってんのはお前だろ?』

『何言ってんだよテメー』

『てめぇ?お前ホント頭が痛いヤツだな。もうイイよ』


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】美少女【告白体験談】

美少女・手鏡&盗撮記? 投稿者:悪徳塾講師 投稿日:2月15日(金)0時34分25秒削除



 私は32才の独身男です。ある地方都市で小さな学習塾をやってます。私一人が英

語と数学だけを教えるまったくの個人塾で、生徒は中・高校生の男女あわせて8人

しかいません。さいわい私の親がちょっとした資産家なので、生活に困ることはな

く、まあ気楽にやっています。

 実は生徒の中に、とてもかわいいというか美形の女の子が一人いまして、ここ一

年半ほどずっと、私の趣味の手鏡や逆さ撮りの餌食にしています。それがエスカレ

ートしてしまい、夏休みにはちょっと特殊な逆さ撮りで、スゴイ映像をゲットしま

した。今後どうしようかと思案中のこともあり、下手な文ですが読んでいただけれ

ばと思います。

 彼女は高校1年生で、名前を○○○雅美といいます。誕生日が3月末なのでまだ

15才です。そのままテレビCMにでられるくらい整った顔立ちで、本当に「美少

女」ということばがピッタリです。国仲涼子によく似ていますが、はっきり言って

間違いなく彼女より美人です。すらっとした腕や脚、ウエストもギュッとしまって


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年7月2日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【浮気・不倫】金持ち熟女の変態率は異常【告白体験談】

<>1:名無しさん@ピンキー:2012/05/17(水)11:41:15.85ID:MWTOzzltP<>



出会い系で、熟女とエッチして15Kもらった。



アナルを30分以上舐めさされた。



二度とやりたくない。



思い出しただけでも吐きそう(´ж`;)ォ・・ォェッ・・・



<>3:名無しさん@ピンキー:2012/05/17(水)11:54:47.78ID:nUEO8YJB2<>



業者乙といいたいところだけど、話聞いてみたい気もする



<>7:名無しさん@ピンキー:2012/05/17(水)12:06:16.78ID:KRSCCGLLv<>


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月28日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】悪夢の休暇【告白体験談】

妻の綾子は43歳。父親の経営する地方のスーパーで経理の仕事をしている。

子供は高校二年の息子と中学三年の娘がいる。

私は地元の銀行に勤める銀行マン。



綾子は私の自慢の妻だった。

有名女子大を卒業し、私と同じ銀行に入社した綾子は優秀だった。

支店勤務は最初の一年程度で、あとはいきなり役員の秘書に抜擢されたのだ。

しかも美人だった。どちらかと言うと和服が似合う日本美人だが、洋服を着ても遜色はなかった。

何より、綾子は品があった。

父親が会社を経営していたせいもあるが、生活に余裕があったらしく、

中学・高校と東京の一流どころに通っていたのだ。

才色兼備に加えて品があった。

そんな綾子とたかが一銀行員の私がどうして結婚出来たのか?

友人や同僚から、よく不思議がられていた。

それは私にとって幸運だった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_8【告白体験談】

「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」

 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。

「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」

「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」

「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」

 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。

 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。

「おまたせ。あ、家に電話した?」

「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」

「康二くんも?」

 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。

「おれも言われたぜ。お礼しとけって」

「あはは、どこの親も言うことは同じだね」

 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。

「朱美さんもお腹空いたでしょ?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ