相互リンク先の更新情報!

【出会い系】人妻と仲良くなるエッチなメリット教える 【告白体験談】

<>1:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:10:07.79ID:piJof22asf<>

なにか聞きたいこととかあるよね?



<>2:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:11:42.21ID:/35Lgx640<>

ないね



<>3:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:12:06.49ID:tqeHmmH4O<>

あるね



<>4:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:12:06.49ID:tqeHmmH45<>

人妻っていくつよ



<>6:名無しさん@涙目です。投稿日:2月4日(火)01:13:17.45ID:piJof22asf<>

34だよ

といっても34には見えないと皆が口を揃えて言うだろう。


告白体験談関連タグ

||||||

2016年1月1日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【出会い系】ゆうちゃん。ひと夏の冒険[2](2/4) 【告白体験談】

次の日即アポ小悪魔にきてたゆうちゃんのメール

「朝起きたらパンツにいっぱいもれてた^^;なんかエッチだね」



俺はすぐさまゆうちゃんに返信した。

「また会えない?」

返事は夜だった。

「いいですよ。もうさぼれないけど、明後日からは講習昼からだからその前なら。」

予想通りあっさりのってきました。男も女も初めてやった後は、しばらくの間こ

んなものです。



2日後待ち合わせ場所に行くとピンクのTシャツに前と同じスカートを着たゆうち

ゃんが待ってました。

「ごめん、待たせた?」

助手席のドアを開けるとすぐに乗ってきました。

「大丈夫です。来たとこ」


告白体験談関連タグ

|||||

2015年12月26日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【痴漢】陸上部のJK.. 【告白体験談】

その子をはじめて目にしたのは4月のとある日だった。

新入生目当ての変態っぽいのが正面から密着していた様だったが、

触られだした途端に、蹴りを入れて撃退していた。

そんな事をすると仲間呼ばれて囲まれるのではと心配した。

案の定翌日数人に囲まれて何かされそうになっていたが、

またもや暴れて何とか撃退していた。



ああいう手合いは結構横の繋がりがあるようで、もは彼女に手を出す奴はいなくなったようだった。

彼女は部活に入ったのか部名入りのジャージで通学するようになっていた。



5月の連休明け、私は車内で部活ジャージ姿の彼女の後ろに立っていた。

以前から疑問に思っていたことを試すときがきたのだ。

「この子は、ソフトに触れられたらどういう反応を示すのだろう?」



運動部らしく5月にして既に軽く日焼けしたうなじを見下ろしながら


告白体験談関連タグ

||||

2015年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

【M男・痴女】家庭教師先のJKに調教された僕2 【告白体験談】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。



そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。



ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。



彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。



そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、

『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』

と、僕の方を見もせずに言いました。





僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。

『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました 【告白体験談】

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。

正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。



俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。





俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。

加奈子は大学3年生で、俺が2年生。彼女は、一つ年上でした。



でも、可愛らしい感じの彼女は、年上という感じはなく、俺は年下のような感じで接していました。

俺の人生で初めて出来た彼女でしたが、彼女は俺の前に2人と付き合ったとこがあったようでした。そして、色々と彼女の過去を聞きたがる俺と、聞かれたことには素直に答える彼女の影響で、俺の寝取られ性癖は徐々に形作られていきました。





加奈子は、バイト先のファミレスで、何度も店長にホールに移って欲しいと言われるくらいにルックスが可愛らしい子でしたが、恥ずかしがりで人見知りだったので、キッチンから移動することはありませんでした。

彼女の、整形疑惑が出るほどにぱっちりした二重まぶたと整った顔立ちは、少し外国の血が入っているんじゃないのかな? と思うほどでした。今でこそ増えたハーフタレントみたいな感じで、今でいうと、ダレノガレという子をもう少し日本人寄りにした感じの顔でした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年6月7日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【M男・痴女】家庭教師先のJKに調教された僕 【告白体験談】

僕は大学4年生で、早々に就職も決まっていたので、バイトの家庭教師をしながら、のんびりと毎日過ごしていました。

もともと、それほど社交的というわけではなかったので、大学の3年ちょっとの間に彼女を作ることは出来ませんでした。



でも、もともと彼女が欲しいという気持ちも、性欲ですらも少なかった僕は、とくに焦りもなく大学最後の4年生という時間を楽しんでいました。

そんなある日、夏休み限定でやることになった女子校生の家庭教師で、僕の人生は大きく変わりました。



斡旋会社の指示で初めてその家に行ったとき、その家の大きさに怯みました。普通の家の2倍……もしかしたら3倍くらいはあるかもしれないそのお宅の駐車場には、ポルシェとAMGが止まっていました。どちらも一生僕が乗ることのない車だと思いましたが、逆にそこまで行くと、羨ましいとも思いませんでした。



そして、感じの良い奥さんにリビングに通されて、紅茶を出されて娘さんの帰宅を待ちました。

紅茶なんて飲む習慣のない僕でしたが、奥さんが出してくれた紅茶は、本当に香りもよく、美味しいと思えるものでした。相棒で杉下右京が紅茶を愛するところを見てもピンとこなかった僕ですが、その気持ちが少しだけわかった気がしました。



そして、10分ほどして帰宅した彼女……美帆ちゃんは、絵に描いたようなお嬢様でした。

肩甲骨のあたりまで伸びた艶やかな黒髪と、小脇に抱えたヴァイオリンのケース、そして、上品な挨拶をされて、僕は住む世界が違うことを感じました。彼女は、堀北真希とか、10代の頃の仲間由紀恵みたいな、正統派の美人顔で、スリムな体型をしていました。胸は、ほとんど主張していない感じで、貧乳なところもお嬢様っぽくて近寄りがたい気持ちになりました。



僕は、色々な意味で圧倒されて、本当に僕なんかでいいのかなと感じ、奥さんと美帆ちゃんに僕でいいのか聞きました。すると、不思議なことに美帆ちゃんが僕のことを凄く評価してくれて、この先生が良いとまで言ってくれました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年6月3日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【彼女・彼氏】峯○夏海さんがゴリラのような喘ぎ声でセックス 【告白体験談】

パチ○コ店に勤める峯○夏海さんと出会い、付き合い始めました。



顔はほんの少しだけゴリラっぽい感じ(少し口が出ている)もしますが顔全体はまとまっていてキュートな感じです。



髪色は少し茶髪でさらさらのショートカット、肩幅もあり(イカリ肩)、胸は小ぶりです。



峯○夏海さんとセックスをするようになってそのアエギ声が「ゴリラっぽい」のでビックリ。



声自体も大きめなのでちょっと引いてしまうことも。



店の制服を家で着るように指示してセックス開始。



チェックのスカートに手を突っ込みパンツを脱がせる。



上の制服のボタンを外し、白色のブラウスのボタンも全部外す。


告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【職場】パート従業員の江野本菜生さん 【告白体験談】

私は派遣を請け負う仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。

募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。

面接の際には、やはり

「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」

と思い、そういう観点から選考を進めました。

まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。

3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「江野本菜生さん」と言う30歳過ぎのロングヘアーの方に仕事を手伝ってもらうことにしました。



最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。

特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。

「プロのモデルさんを頼まないといけないな」

と思っていたところ、彼女が

「私でできることなら協力しますけど・・」

といってくれたのです。

別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月7日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【初体験】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録 【告白体験談】

ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。彼女は芽依、まだ2年生の女子校生だ。



私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。



彼女は、今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。でも、私は彼女は磨けば光る原石だと気がついた。

そこから、私の調教の日々が始まった。





私の車に派手にぶつかり、雨の中転倒した彼女は、ずぶ濡れになっていた。

『ゴメンなさい! 傘で信号が見えませんでした。本当にゴメンなさい!』

ドアがベコッとへこんだ私のBMWX6を見て、青い顔になっている彼女。私は、保険も入っているし、金銭的には余裕のある立場だったので、逆に彼女の怪我や自転車のことを心配した。



そして、私のマンションがすぐ横だったこともあり、一旦彼女を招き入れた。びしょ濡れになり、謝り続ける彼女は、私に言われるままに私の部屋までついてきた。普通ならば、初対面の男性にくっついて部屋まで来たりはしないと思うが、そんな事も判断できないほどにパニックだったのだと思う。

ただ、この時の私には下心はなかった。子供相手に怒りもなければ、性的な対象としても見ていなかった。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年5月6日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【レイプ】両性具有 一人二役 【告白体験談】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月4日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談
1 / 17712345...102030...最後 »

このページの先頭へ