相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】人妻になった同級生元カノ【告白体験談】

10年ぶりの同窓会に参加したら

「お久しぶりですね お元気そうで」と突然元カノ良子が声を掛けてきた。

女盛りの体型で付き合っていた頃より美味しそうに見えた。

2次会でお互いの近況など酔いに任せて聞き出した。

旦那と知り合った経緯や今の夫婦関係などそして再会を約して別れた。「旦那には何て言って出てきたの」

「大学の時の友達に会うと言ってきたわ」

同窓会での近況話では夫婦関係は冷めていると言う人妻元カノ良子とドライブと

美味しい食事そして会話を楽しんだ後当然のようにラブホに入った。

緊張しているようだったが抱き寄せキスすると力が抜けたように素直に抱きついてきた。

ベッドで待つとバスタオルを巻いた良子が横に滑り込んできた。

「会いたかったよ」

「そんなこと言わないで 今日は少し危ないのよ」

「大丈夫さ」

実はカットしているが良子にはまだ言っていない。

「暗くして お願い」


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月23日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】妄想の果てに-を読んで【告白体験談】

似たような境遇だと思いますので投稿者の方の気持ちよくわかります。

私の方が10歳ほど若いと思いますが子供は男の子ばかり3人います。

3人目を出産してからは夜のほうも少なくなり今はもう数年ありません。

主人は私を「おい」と呼び家政婦さんとしか思っていません。

息子たちには「ばばぁ!」と呼ばれる毎日です。

早くに結婚し子育てに追われ友達たちが青春しているのを風の便りに聞き過ごしてきました。

私も同窓会で男性たちと意気投合して二次会、三次会と回りました。

同窓会の件は主人にも相談したのですが「勝手に行ったら」みたいな言い方をされ私のことはどうでもいいんやとあらためて実感しました。

誘ってくれた友人も不幸ごとがありドタキャンでしたが、おかげで男性たちと遅くまで遊べたのと際どい貴重な体験もできました。

家では家政婦でババァ扱いですが彼らは女性として見てくれました。

実際には性の対象としか思っていなかったのだと思いますが、その時は本当に酔った勢いもあり嬉しくて浮かれてしまいハメを外し過ぎました。

最初は服の上から胸を触る程度でしたが、だんだんエスカレートして強引にチュニックの胸元や下から数本の手が入りブラをずらせておっぱいを揉んだり乳首を引っ張ったりとむちゃくちゃされました。

「やめて!」と叫ぶと唇に吸い付いてきて舌まで入れられました。

半分は嫌でしたが本当は半分嬉しかった気がします。

さすがにジーンズを脱がせにきたときは必死に抵抗して防ぎました。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【浮気・不倫】同窓会の浮気率を徹底調査【告白体験談】

夏のお盆シーズン、実家への里帰りをする男女が増えますね。

そんな里帰りシーズンに合わせて、地元では同窓会のお話がある事が多くあります、その同窓会なんですが、お酒もあり、久しぶりの懐かしさもあり気分は上がりますそして、彼氏、彼女がいる方でも、里帰り中の期間だけ、女と男の関係を築いてしまう男女が多くいるみたいなんです。そんな同窓会の浮気事情を徹底調査しました。するとこんな体験談が飛び込んできたよ

【東京都 24歳 Aさん】

同窓会での浮気したことあります、今住んでいるところの彼氏はわからないし、昔付き合ってた彼氏が同窓会に来てて、同窓会で久しぶりだね、みたいなのりから

いつの間にかラブホテルにいってました

【福岡県 31歳 Bさん】

同窓会で盛り上がってて、みんなお酒もかなり飲めるようになってました、そのなかで一人かっこよくなってた男性と一緒に飲んでたら、次第にエッチな雰囲気になって

みんなのいないトイレなどで、体を触られてました、もうパンツがかなり濡れちゃってて恥ずかしかった、そのあとは、飲み会終わってすぐラブホテルに行きましたね

【大阪府 27歳 Cさん】

同窓会は、なんか開放的になるし、今後また会わなくなるってしってるから、なんかエッチに関してもオープンになっちゃう、お酒もいい感じに飲めるようにみんななってるし大人だから皆も大体そういった事情を感じてるし、夏ってこともあって、なにもかも開放的になっちゃう的な…これぞ同窓会の罠!!!体験談は紹介すればまだまだあるのですが、代表で3つの浮気体験だんを紹介!!

同窓会では、もうほとんどの女性が浮気する気がなくても、誘われればOKといった感じの心境ができあがってるみたい中でも、同窓会中に、体を触られ、それに抵抗しないBさんはもうど変態ですね。同級生がわいわいしている中で、トイレに入り、二人だけの時間をすごして、パンツの中もビチョビチョにさせられている女性を想像すると、もうたまりませんね。

ひと夏の思い出、まさにこの言葉がふさわしいほどの同窓会の調査結果です、この夏も、同窓会のお話なんかがあれば、みなさん開放的になって遊んじゃってください。

提供元:

告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】鬼畜たちの性活【告白体験談】

俺は高3で、

貯金額がすでに、500万ある。

貧しい家庭環境が小学生の頃から、バイト三昧の生活に追いやり、

お金を使うのが、恐怖で、貯まった最近使ったのは、1人暮らしの

代金くらいだ。

しかし、

派手に、使う羽目になった。

それは、

1歳上の姉貴が

遊び人に妊娠させられ、厳格な父に知られば、多分、ボテボテだから、俺に泣きついて、来たのだ。

嫌がる俺に、

姉貴は、条件を

掲示した。

それは、筆おろしだった。

妊娠してるから、生で中出しOK


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月27日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】田舎の同級生と【告白体験談】

8月の11日から15日まで、石川県の小松市に帰省してきました。

高校までは小松市で育ち、大学から東京のR大学に入り、次女ということもあって、東京のデパートに就職しました。33歳です。

新宿のデパートで、紳士服の担当でした。

かなりお高い商品が多いところでしたが、やはり東京は凄い値段のブランド洋服が平気で売れるのです。

20万や30万の紳士服なんて、田舎では考えられぬお値段です。それがボーナス時期や、VIPの人に売れるんです。女性物ならあるでしょうが。

毎月来てくれるお客さんにデートを申し込まれて、それが発展して25歳の時に結婚したのです。

でもこの人は二人の子供が生まれると、ほとんど家には寄り付かなくなり、お姑さんにいじめられて仕方ありません。

元の職場に相談したところ、派遣社員ならと良いといわれてまた勤め出しました。

子供は5歳と3歳ですが、両親に預けて仕事をすると、昔の仲間もおり毎日が充実しています。

この歳でも時々はお誘いを受けます。子供が二人いても、日頃はセックスレスですから時々は、トキメク人とお付合いをしてセックスも楽しんでいます。

でもお互いに深入りしたくないので、結婚している人でSEXだけを楽しむ人とだけ付き合います。

でも2,3回以上はお付き合いしません。情が移ると怖いですから。

ところで田舎の両親も61歳と,65歳になり、お墓参りもあるので小松市に帰省しました。

たまたま高校の同窓会が14日に開かれて、田舎の料亭で行われました。

お昼の食事でしたがかなり高級で、独り5千円の会費でした。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】深まる愛情と、快楽の極地【告白体験談】

私には35歳になる妻がいる、妻とは高校からの付き合いでお互い大学を卒業して

社会人になり結婚をした。 もう10年の結婚生活になるが子供にも恵まれ幸せに暮らしていた。

妻は堅物で私しか経験のない真面目な女だ、そう、この文章を読んでるあなたの奥様のように

私も浮気はしないが、妻に関しては絶対にあり得ないと思っていた

それほど愛されてる自身があり、妻に興味を抱く男もそうはいないだろうと決め付けていた。

夫婦生活はいたってノーマル、たまに過激な事を要求すると恥じらい拒否されていた、

しかし感度はとてもよく一度の営みで大きな声をだし何度もイッテいた

フェラも上手になり私を満足させてくれる。

しかし子供がまだ小さいためなのか最近は拒まれるようになってきた、出産経験のある方は解ると思うが

女性は一時性欲が薄れるらしい。 私はストレスを感じながらも妻をいたわり我慢していた

妻の一日を思うと納得できたからだ、食事を作り,家事をこなし、幼い子供の世話に追われていた。

禁欲が続いたある夜、激しい性欲にかられた私は妻をもとめた。。。

「ごめん、疲れてる。。。」

妻の言葉に一瞬なえたが私は続けた

「わがままだな〜する気になれないよ」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年5月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】中2男の子【告白体験談】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【浮気・不倫】初めてです。主人以外と【告白体験談】

私35歳の普通の主婦です。主婦業11年で子供も2人います。主人は8歳年上ですが、優しく普通の夫婦だと思います。夜も主人ペースですが、頻繁な方だと思います。

そんな主婦ですが、この9月に浮気してしまいました。し始めてしまいました。最初は無理矢理な感じでしたが。

 相手の方は、家がとても近くで、下の娘が同じの幼稚園の子のパパ(ユウちゃん)です。ユウちゃんは、もう年少組のときからの知り合いで、もう2年、一緒に送り迎えをしてる仲なので、ほんとに気軽に話せる仲なのです。家族ぐるみの付き合いです。だから、ユウちゃんにされるとは、思いもよらなかった。ただ、私も容姿にはまだまだ自身ありで、ジムのプールでは、ちょっぴり優越感なくらいです。ユウちゃんは、1つ年下で背が高く細身な感じで、幼稚園ママのなかではイケメンパパで噂されてます。だから私もユウちゃんと仲の良いことも、優越感に浸っていたのは事実です。

ユウちゃんは、もう何度も幼稚園へ送った帰りに、うちで、お茶してました。当然、他のママさん友達も、一緒の時も多かったです。ただ、彼とは、とても気が合いました。ユウちゃん宅は、奥様が公務員で、彼は、旧家の花生産農家に婿に入ったそうです。今は、それほど大きくやらず、主に不動産収入だそうです。

 9月始めのその日も、幼稚園の送りの帰りに、いつも通り 「寄ってけば」て軽く誘い、いつも通り、うちのダイニングでアイスティーを前に、お喋りを聞いてもらってたと思います。その日、別に普段のTシャツにジーンズで、インナーも大した物でなく、逆に恥かしいぐらいのショーツでした。ユウちゃんは、キャミやスタンクトップや短パン姿も見てるのに、何でその日にって感じです。

 お喋りしながら、何かをしに椅子を立ち、テレビの前にきたときです。後ろから強い衝撃を受けました。それは地震でも起きたかと。それはユウちゃんが後ろから覆いかぶさってきたとは全く思わなかった。私は、何かあったか と誤解したぐらい、予知してない事でした。

状況を理解するのに、間があったと思います。「何、何・・・何!なに・・・」と私は声を出していたと思います。その口にユウちゃんの唇が押付けられて理解したと思います。顔を左右に振りながら、「何・何・何・・どうしたの?」って叫びながら。

ソファーに倒されながら、次にはカーペットの上に倒れていました。それでも、突然の事に「何・何・なに」と口にしてました。

ユウちゃんは、「好きです好きですアイさん」と連呼しながら、もうTシャツを捲り上げブラに手がありました。私も懸命に擦り起きようとしましたが、ビクともしません。ホントに一瞬でブラをズリ上げられ、白昼のリビングの明るさの下で、私の胸が半分あらわにされた。私は両手で胸を隠しながら「ダメダメ駄目!」と口にしていたと思います。スイッチが入ったユウちゃんは、ひるむことなく、両手で私の両腕を掴みました。私も必死であり、手は解けなかったので、ユウちゃんは、手を離しました。その時、私、暴力を振るわれる、顔を殴られる予感が頭を過ぎりました。

しかし、ユウちゃんは、「好きですアイさん」と顔を寄せてきたのです。それは、とても愛らしいスキンシップでした。私は「どうしたの?ユウちゃん」と口にしましたが、ユウちゃんは「好きです」と言いながら顔を摺り寄せてます。少し間があり、ユウちゃんも私も落ち着いた間を感じたと思います。

そして、私は起き上がろうとカーペットに手を着いたとき、彼の顔が私の胸へ移りました。強い刺激を感じました。ユウちゃんは私の胸をかぶりついてます。またユウちゃんにスイッチが入り、私の胸は完全に剥き出しに現れました。無我夢中で彼は、胸を口にしながら揉みくちゃにしてます。Tシャツは頭が抜けるところまで揚げられ、手は万歳の様な格好になり抵抗しにくくなってしまった。その為か手を袖から抜いてしまい私の上半身はブラが首のところにあるだけのレイプされている姿だったと思います。

私は「ダメ、やめて、やめて」と口にし、彼の頭を押し退けたりしていたと思います。足を折り曲げガードしていたと思います。さすがに必死な態度をとっていたと。ただ、私の頭の中は、意外に「どうしよう・どうなちゃうかな?」とユウちゃんより冷静に考えてる自分がいたと思います。口では「やめて!・駄目!」と言いながら、[しちゃうの?まずいでしょ・でも、彼なら・・いいかぁ?]なんて冷静にいる私がいたと思います。

           

彼の手はジーンズのボタンに。「ダメ!やめて!」と強く叫んだと思います。もうその時はブラは横に落ちていました。ユウちゃんのスイッチが、また切れた感じで優しく胸を口で愛撫するだけに。そして「好きです好きです」の連呼。私は「どうしたの?何かあったの?」などと説得めいた言い方をしながら、ユウちゃんの愛撫を受けていました。「私も好きだけど、こんなのまずいでしょ」と訳の分からなく話してました。彼は「好きです・アイさん」と口しながら胸を愛撫してます。それがしばらく続いたと。当然、驚きの中でも、子宮は少しずつ感じ始めていたと思います。

また、ジーンズのボタンに手が掛かり、「ダメダメ!やめて!」て叫んだと。一瞬でボタンが外されチャックが下ろされ両脇から、グィッと、ジーンズが膝までおろされました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年5月10日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】妻の朝帰り【告白体験談】

27日の朝方妻は我が家に帰ってきました。26日の夕方、学生時代の友人達と逢う為に出かけて行きました。

食事をして、少しお酒を飲むくらいだからとのことでした。「楽しんでおいで」と出かける時に声を掛けました。

夕方の5時過ぎに家を出かけてから11時過ぎに私の携帯にメールが届きました。 内容は「少し遅くなってもいい?」とのことでした。私は「いいよ」と返事はしたものの、何故か胸騒ぎがして、なかなか寝付けませんでした。4時を過ぎても帰宅しません。うとうとしながら玄関のドアが開く音が明け方にし、ふと目を覚ました。

妻は寝室に入ってきてすぐに、ごそごそとクローゼットにある下着入れから1枚の下着を手に取り寝室を出ようとしているとき、私は「おかえり」と声をかけました。

妻はドキっとしたような表情で「遅くなってごめんなさい。ついつい楽しくって遅くなっちゃった」と言いながら手に持っていた下着を後ろに隠すようにしていました。

「シャワーでも浴びるの?」と問いかけると「飲んでいたお店がたばこの煙が凄くって、髪の毛がたばこ臭くってそのまま寝るの嫌だし」何となくソワソワした様子だったので、何気なく「何かあったのか?」と聞くと「何もあるわけないでしょ!」と大きな声で言い返してきました。

私はこのとき何かあったと確信しました。妻は昔から後ろめたいことがあると、いきなり怒ったりする事が多かったからです。

私は寝室のドアの前で立っている妻をベッドに押し倒し必死に抵抗する妻のスカートをまくりあげピンクの下着を下ろしました。

その瞬間・・・!下着の大事な部分があたる所に妻の体内から出た私以外の白い体液が付着していました。驚きの事実を目の前にして恐ろしい嫉妬と興奮とで頭が真っ白になりました。

「あなた、ごめんなさい・・・。今日、ホテルの居酒屋で隣り合わせになった男性に二人で静かなところで飲もうって言われて、ついつい・・・。ホテルのラウンジで飲んで・・・。それから、私が飲みすぎちゃって気がついたらホテルのベッドに横になっていたの・・・」いろいろと言い訳じみたことを言っていましたが、私はほとんど耳に入りませんでした。気がつくと男性の体液の匂いが残る妻の大事な部分に口をつけていました。

そして妻の他人の体液の残る部分に私のものを挿入したのです。その間、妻に彼との行為をいろいろたずねました。

妻が言うには、ベッドに横になっていて起き上がった瞬間に後ろから抱きしめられたそうです。はじめは拒んでいたものの彼の固くなったものが妻の身体にあたっているのを感じて、妻は彼がかわいそうになり、自分も興奮してしまい、そのままベッドに横たわり服を脱がされ、キスをされながら「君が欲しい!」と耳元で囁やかれ、気がつくと、あっと言う間に目の前に大きくそそり立つ彼のものがあったそうです。

口に含まされ、袋の部分まで舐めさされ、彼のものから我慢汁がたくさん出てきて凄く興奮したようです。体中を舐められ大事な部分も大きく広げられて丹念に舐められたそうです。

妻の言葉はこうでした「彼凄く優しいの、愛撫だけで凄く感じちゃった!初めてあなた以外の男性に入れて欲しいって思っちゃったの。彼が欲しい?って聞くから。うん。って答えたわ。凄く恥ずかしかったけど・・・・」

妻は避妊を催促したのだそうですが、彼は「君を生で感じさせてくれないか?だめかな?」と彼が言うと妻は拒むことができずに生で挿入させたようです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】お盆成人式飲み会【告白体験談】

夜の飲み会で高校時代、片想いだったC子の隣に座り

昔話で盛り上がりつつガンガン飲ませた。

自称酒豪と名乗るだけあり、相当飲んでたC子だが

とうとう酔っ払ってしまい俺と話してるが既に呂律が回ってない。

トイレと行って席を立ったC子を追いかける様に部屋を出た俺は

廊下で追いつくと、肩に手をまわしトイレに行きたいC子を半ば

強引にトイレ横の非常階段に連れ出した。

階段に崩れる様に座ったC子は壁にもたれ掛かりボーっとしている。

横に座った俺は適当な話を並べながら、体を密着させC子の反応を

見ながら肩に手を回し抱き寄せると・・・俺にもたれ掛かって来た!

更に俺は喋り続けながら右手でC子の汗ばんだ髪の毛を直してあげ

そのまま右手をC子のミニスカ越しに太腿の上に置いた〜

C子の肩に回した左手で、C子の耳たぶを摩りながら右手で内腿を

さすり徐々に股間へ近づけて行った。

耳たぶ摩りに擽ったそうにピクッ×2反応しながらも


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年4月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ