相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】嫁が町内の運動会の後から様子がおかしい・ 【告白体験談】

俺37歳、嫁35歳、長男7歳、次男4歳。



とある地方の中核都市で4人仲良く暮らしてた。

すぐ近所に、義母が1人暮らし。

嫁の両親は、嫁が学生の時に離婚、その後かなり苦労して、嫁と嫁弟を育てたらしい。

かなりの人格者で俺も尊敬してるし、何かの時に子供の面倒も見てくれるので頭があがらない。



俺の稼ぎは正直良くなかったが、嫁もパートで家計を助けてくれたので、贅沢さえしなければ、普通の生活には困らなかった。

何より、嫁仲間からは、「おしどり夫婦」と言われ、羨ましがられてた。



付き合ってから12年、結婚してから9年、ほとんど喧嘩らしい喧嘩をしたことが無い、ある種奇特な夫婦だった。

金以外は何でも有る、本当に幸せな家族だった。去年の町内会の運動会の日までは…。



去年、長男が小学校に入学した事で、秋の町内会の運動会に行く事になった。




告白体験談関連タグ

|||||||

2014年11月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】私の借金の尻ぬぐいをする妻 【告白体験談】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。

32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。



これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、





嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。

男は、嫁の昔の知り合いだ。

40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。





「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」

男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。



目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月30日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】トメのお世話要員&子守要員&財布として戻ってこい【告白体験談】

643 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2011/02/27(日) 19:41:41.00 0

子供置いて離婚。

トメが寝たきになったら復縁迫ってきた。

646 名前:643[sage] 投稿日:2011/02/27(日) 21:06:01.48 0

sageれてなかった。>>643です。

始まりは子供をトメにとられた。

日常の世話→トメ。子供のいやがる病院や歯医者なんかは私。

で、子供に『お母さんなんか大嫌い。顔も見たくない』といわれて悩み、メンタル病院のお世話に。

旦那は間に立たなくてトメの味方のみ。子供のこともトメとともに甘やかし放題。

『メンタル病院に通ってるなんて外聞が悪い。子供置いてでてけ』となって、私の両親も交えて話し合いして子供置いて離婚。

トメが脳梗塞やって麻痺が残り子供の世話が無理に。(ウトは結婚前に故人になってます)

どうも最初の1度目で片足がちょっと片足が麻痺だけだったのに、2回目やって左半分が完全に麻痺。

トメは施設にはいたけど旦那と子供だけで生活できるわけがなく、トメのお世話要員&子守要員&財布として戻ってこいと。

トメに子供を取られた原因は手が離せないときに子供がギャン泣き。

トメが『何を泣かせっぱなしにしてるの!!嫁子さんには任せておけないわ!!』と拉致。


告白体験談関連タグ

|||

2014年8月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】FXで失敗した私のせいで嫁がやられた 【告白体験談】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。

32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。



これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、





嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。

男は、嫁の昔の知り合いだ。

40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。





「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」

男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。



目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】ある鬼の記録 ゆりの場合【告白体験談】





俺はそれでもしばらくは息を潜めた。

美緒の家が空き家になったのを確かめてから1週間も、だ。

そして、思ったより俺の楽しみは続けられそうだと思ったとき、少し落ち着いて考えてみた。

まず第一に、家で犯ったのはヤバすぎた。もっと心置きなくできる場所でじっくりいたぶってやりたい。

第二に、まちがっても「訴えよう」なんて気を起こされずに済むように弱みを握る必要がある。

そのためにポラロイドカメラを使うことにした。

こいつでやばい写真を撮ってそいつを添えて送り返せば、だんまりを決め込んでくれる親も多いだろう。

第三に、やはりひとところに居場所を定めてその周辺で事を起こし続けるよりは、散発的に事を起こしたほうが尻尾はつかまれにくいと考えた。

俺はなけなしの退職金をはたいて中古のワゴン車タイプのキャンピングカーを買い、ソファベッド以外の設備を取り外し、がっちりと防音処理をした。

住み慣れたボロアパートを引き払い、かなり豪華な「ホームレス」生活を始めた。

ただ少女を襲うためだけに、残り少ない人生を使うことに決めた。(こんな生活してちゃ長生きはできないだろうから)

俺はあてもなく、「ガールハント」の旅を始めた。

2番目のカモは、も少し小さめのほうがいいな、と思っていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月27日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】ポニーテールの思い出【告白体験談】

<>492 名前:485[sage] 投稿日:2011/02/20(日) 06:32:29.31 ID:UcHJ/fI80<>

稚拙で長くて修羅場?ってのも周りが騒いだだけかもしれません。

俺:普通、172cm、ややDQN

リエ:ちっちゃい、色々ちっちゃい、ポニーテール

タカシ:俺友、170cmくらい、基本的に言ったことをすぐ忘れる。

アミ:不思議な家出少女当時16歳、ショートカットの大人びた雰囲気

リエとの出会いは高校だった。

どういうきっかけなのかは忘れてしまったけど、いつの間にか彼女と話すようになっていた。

どうやらリエは虐めにあっていたらしい。

俺と彼女が話していると、後輩が俺にニヤニヤしながら近づいてきた。

後輩「俺さんこんなのと話してて気持ち悪くないっすかww」

俺「え?どういうこと?」

後輩「だってこいつ気持ち悪いっしょww」

俺「どこらへんが?」

後輩「どこらへんがって・・その・・」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【初体験】アイスピックの震え   6/7【告白体験談】

「おら、我慢して呑み込め。お前のひり出した一週間分のクソは、まだまだ、まだまだあるんだ。

 全部喰わねぇと、いつまでも終わんねぇぞ?」



男はそう言いながら、眉を顰めて悶え苦しむ冴月を追い込んでいく。

それでも冴月は大したものだった。



「お、おえ゛っ!!おおえ゛っ、ご、ぐぉっ……!!!……あ、はっ、はあっ……ろ゛あ、あ゛っっ!!!!」



糞便を口に押し込まれ、生理的嫌悪から苦しみつつも、その腕はだらりと床に垂れたままだ。

本当に抵抗するならば、糞塊を押し付ける男の手を払いのける事もできるだろうに、それをしない。

あくまでもされるがままになっている。その心意気は、並ではないものだった。



「最近はアダルトビデオでも食糞ってヤツをよく見かけるようになったがよ、ありゃあ殆どが紛いモンだ。

 こうして正真正銘ひり出したクソを喰うとなりゃ、到底ヘラヘラ笑ってなんぞいられねぇ。

 横にいる俺まで、気を緩めると吐いちまうほどだからな。


告白体験談関連タグ

||

2014年3月24日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【人妻・熟女】近所のハゲ親父に妻を寝取られてた【告白体験談】

1年半ちょっと前、平日の夜でしたが、帰宅後にソファーでライターを見つけました。

疲れた体をドサッと降ろすと、腰の所にある窪みに硬い物体があったんです。

何だこれ?と思い引っ張り出すと、見覚えの無いジッポライターが出てきました。

俺は煙草を吸いますが、自分のライターぐらい記憶してます。

「これ誰の?」と妻に尋ねました。

誰かが昼間に来て忘れていったんだろうなって軽く考えていたから。

妻は「あぁぁーあっ、水野さんかな?!」と近所の奥さん仲間の名前を言ってました。

その時は「あぁ~そうなんだ、ここ置いとくから」と何も考えていませんでした。



それから2~3ヵ月ほどした頃だったと思います。

仕事の都合で19時頃に帰宅した日がありました。

普段は早くても21時頃にならないと帰れません。

早く帰る事は途中でメールしていたので、いつも通りに帰宅しました。

リビングに入った瞬間、微かな煙草のニオイを感じました。

「誰か煙草吸ってたんか?」妻は俺に煙草は外か換気扇の下で、といつも言います。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】小さな彼女9【告白体験談】

パンツを脱ぐため一度閉じた足が、力なく再び開くのを私はただ一点に集中して見つめていました。

現れたソレは今まで目にしたモノとは別物のようでした。まだ幼い少女ですから、陰唇などはなく

綺麗なスリットであることは変わらないのですが、中心部からは愛液が滴り落ち、普段はスリット

に硬く閉ざされた幼いツボミが充血しピンクに染まりその下には、ココよと言わんばかりに膣が

ヒクヒクと脈づいているのです。

そのツボミをそっと指で突っつくと、ミキちゃんは恐ろしいほどに反応しました。指の動きに呼応

して「はんあっ、はんあっ」とハッキリとした声を発し全身をビックンと反らすのです。

2分ほどでしょうか、ソフトにソフトにクリトリスを刺激していると、全身がピンクに紅潮し、

「ウゥッ、ウゥッ もはぁっ」と、嘔吐でもするのかと思うような声を上げ始めたのでこれ以上の

刺激は危険なのではと思い、手を離すと、自らの手で私の手を中心部へと導こうとするのです。

言葉は在りませんが、止めないでと懇願しているのが私にはわかりました。

私はそっとミキちゃんの唇にキスをし、また瞳を見つめました。すると、ミキちゃんはウンウンと

頷くような動作を繰り返すのです。ミキちゃんの真意はわかりませんが、私はキスを求めていると

理解し、全身をやさしくキスしました。耳、首、肩、胸、お腹、太もも・・・

太ももから内側にキスをしていくとミキちゃんはスーッと足を開きます。何回か繰り返してハッキ


告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月24日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【芸能人】上○彩ちゃんと【告白体験談】

居酒屋のトイレ(共同)で、あの上○彩が酔いつぶれて便器にもたれてうめき声を上げていた。

おれはびっくりしながらも、本物だということを確認しながら、肩をたたき「大丈夫?」と聞いた。

彩はおれに目をやり、返事をしようと唇を開けると、おれの顔を見た瞬間うっとえづいた。

彩は嘔吐を始めた。

便器につんとするものをもどして、咳き込んだ彩は、再びおれを見た。

目にいっぱい涙をためてる彩を、後ろからそっと抱きしめた。

そして両方の胸を鷲掴みにすると、揉みまくりながら彩を抱き起こした。

彩のジーパン越しのお尻を撫で回すと、彩はくすぐったいのか、笑い始めた。

その笑い声を聞きながら、おれはジーンズのファスナーを下ろした。

彩のほっそりした腰から、ジーパンをはがし、下着もろとも膝まで下ろした。

白くて小さな彩のお尻が露わになった。



おれも自分のズボンを下ろし、勃起したものを取り出すと、自分のつばをちんこに垂らした。

黒光りする亀頭に唾液を塗りたくり、なめらかに濡らすと、彩の膣に後ろから挿入した。

彩は「ふぇー」と変な声を上げて、お尻をくねらせた。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月15日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ