相互リンク先の更新情報!

【学校】美人巨乳女医とのその後 【告白体験談】

以前に美人女医さんとの体験談をかかせてもらいました。その後進展があったので追加して書きたいと思います。まずは前回のものから順番に。



自分は某大学の医学部に通っている学生です。いわゆる医者の卵というやつです。もちろん医者とは違い何かすごいことができるわけではないのですが(笑)

自分たちは医師国家試験に合格するまでに実習ですべての科をローテートし経験をつまなければなりません。そんな実習の中で体験したうれしい出来事について書かせてもらいます。

医学部生はみなさんが思っているほどまじめな人はほとんどいません。医者になればみんなまじめになるようですが、学生の頃は遊んでいるやつがほとんどです。実習では病棟のきれいな看護師さんをチェックしたり…といった感じです。患者さんは大体おじいちゃんおばあちゃんですし、女医さんはだいたい想像通りのブサイクなお方が多いですので、必然的に看護師に目が言っちゃうわけです。

しかし、たまにはきれいな女医さんという方もいらっしゃります。

自分が実習していたときにちょうど内科に入ったばかりのO先生はとってもきれいで女医とは思えませんでした。自分の学年の男友達もかわいいかわいいといってご飯に誘ったバカもいましたが、学生など相手にされるわけもなく断られていました。顔は貫地谷しほりを少しふっくらさせた感じで、色気もたっぷりでした。自分たちの学年では巨乳と噂にもなってました。なんせ、医者のユニホーム(スクラブというやつです)から少し前かがみになると胸の谷間がぱっくり。何人の友達がおかずにさせてもらったかわかりません汗。

そんな先生の話です。



その時自分は整形外科の実習中でした。午前は火木は手術。月水は外来見学とのことで、整形外科に興味のない自分には大変苦痛な時間でした。そんなある日、某O先生が外来を受診したのです。

僕たちは外来見学の一環として患者の問診をとることをしていました。今回も自分が問診をし、どうやら突然腰痛で立てなくなったこと、足のしびれがあること、仕事があるので痛みだけでもとってほしく業務中に受診したことなどを問診しました。問診中終止O先生は笑顔でお話をしてくださり、自分はみとれてしまっていました。

問診が終わり、整形外科の先生の診察(このとき自分はほかの患者さんの問診をしていて立ち会えませんでした)腰のMRIをとる事になったようで、1時間くらいして再度O先生がもどってきました。この時は診察に自分も立ち会いました。整形外科のA先生は、「学生もいますが、いいですか?」とO先生に聞きましたが、O先生は笑顔でいいですよといっていました。



診断はどうやら腰部椎間板ヘルニアであることが告げられ、まずは痛み止めの内服で経過をみることとなりました。しかし、O先生は痛みが大変強く歩くのもままならない状態でした。そこで、仕事もあるため腰椎麻酔をすることとなったのです。O先生が退室した後、A先生より腰椎麻酔の仕方について2分くらい僕に説明をし、その後O先生と看護師が再びはいってきました。




告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月31日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】母が病院で受けたこと【告白体験談】

昨日の朝、母が、トイレから出てきたら、「少し出血した。」と言いました。自分は、「痛みは、病院へ行ったほうが良いのでは。」と言って連れて行くことにしました。

 母が、排便時に、強い痛みがあって、肛門が切れたみたいなんです。

母が、病院で受付を済ませ、自分も一緒に診察室へ入りました。診察してくれた先生は、女医でした。母は、先生に、症状をいいました

 先生も、母に、いろいろ聞いたのです。「痛みの強さとかどんな時。残便感。便のかたさ。ガスが出ているか。便秘は何日か。」

母 「排便時にかなりの痛みがあって、かたい便が少し出ただけです。5日です。」

先生 「便少しだけ、お腹見るからスカ−ト脱いでベット寝て。」

母 「はい。」

母の、パンテイは熟女系の赤の花柄でした。陰毛もはみだして少し濡れているのです。

先生 「お腹張ってますね。お尻も見ますから、パンテイ脱いでください。」

母は、お尻丸出しです。肛門もよく見えました。出血していたのが解ります。

先生 「お母さん、切れてるわ。痛いでしょう。局部麻酔の注射するね。痛いけど我慢してね。」

先生が、母の肛門を、消毒した時、痛みがあったみたいです。そして、注射の針が肛門に、これも痛いのです。母が、泣きたいくらいです。

暫くして。

先生「お母さん、痛みとれました。肛門に指入れてもいいかな。」

母 「え、はい。」


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】貸与【告白体験談】

妻は私より3歳したの31歳の女医です。男性経験のなかった妻と結婚して2年になり、まだ子供はいません。

私が単身赴任することになり、仕事の関係で一緒に行けない妻を私が行きつけの居酒屋で親しくなって55歳の単身赴任中のA氏に貸与しています。

当然、貸与妻になるように話をした当初は、怒って2日程は口も聞いてくれませんでしたが、根気強く説得してお話し相手としてだけでもと言う条件で、会うだけ会ってみますと言って、妻はA氏とお見合いをしました。

22歳年上のA氏は上手に妻と接してくれて、それからたびたび妻はショッピングや食事等のデートをしていましたが、

私の赴任日が近くなったある日、普段よりもずいぶん妻が帰って来た翌日に妻がA氏の奥さんになりますと言いました。

2人は肉体の関係持ったと恥ずかしそうに照れながら下を向いたままで妻は言いました。

私は単身赴任して5ヶ月が過ぎました。夫婦としては一緒に住むことは当然のことですが、夫婦となった妻は、自宅の掃除等以外の日はA氏のマンションで過ごしているようです。

妻とは、メールや電話で毎日のように連絡し合っていますが、旦那様(A氏)という言葉がたびたび妻のメールや電話で出てくるようになりました。

A氏からも電話では、S(私)に感謝しています。妻として良くやってくれています。仲良くやっていますから、と言われました。

正月に帰省して妻の変化を見るのが楽しみです。

妻がA氏と家庭を持ってから1ヶ月ほどたったとき、ご主人(A氏)から一本のビデオが送られてきました。それは、妻のゆかりが初めて裸エプロンになったときの記録でした。

ダイニングキッチンでシンクの前に立った妻はノースリーブのTシャツに白のミニスカ姿ではにかみながら俯いていた。

ご主人が、「ゆかり顔を上げなさい!ご主人に送ってあげるんだからいい顔見せないとだめじゃないか」と言われる声に促されて、恥じらいながら顔をカメラ目線にしました。

その表情には、恥じらいの中にも心を許した信頼しきった表情をしていました。

「さあ上野シャツを脱ぎなさい」と言われてシャツの裾を持って徐々に上に上げるとピンクのブラが見えて、全てを脱ぎ終えると上半身はブラだけになりました。ご主人から言われて、スカートのフックを外しファスナーを下ろしたら足下に落ちて、ブラと対のピンクのパンティだけになりました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月27日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻のおっぱい【告白体験談】

ソフトな話で申し訳ない。俺はずっと「嫉妬深い男」だと認識していた。

学生時代から、付き合ってる彼女が他の男と話すだけで機嫌が悪くなったし、彼女にはミニスカートや露出の高い服を着る事を禁じていた。そんな俺が結婚した妻は、程よい肉付きの巨乳(Eカップ)で、まさに俺好みのスタイル。

もちろん妻の体は他の誰にも見せたくなかったし、触らせる事も許さない。

ところがおっぱいの大きい女は割と無防備な場合が多く、電車の中や人混みで知らない男の体におっぱいが当たる事も全く気にしていないようだった。

その度に注意はするのだが、本人が気にしていない事をあまり言うのも情けないので、我慢する事が多かった。そんな妻が妊娠、出産をした。

産婦人科は女医さんの方が良かったが、近くに女医のいる産婦人科が無かったので、仕方なくジジィがやってる個人病院を選択した。

産後、Eカップだった妻の巨乳はGカップになり、ゆるいブラばかり着けるので歩く度にゆっさゆっさ揺れていた。

俺は出来るだけ厚着をするように勧めたり、もやもやする日々を過ごしていた。当時妻は24歳だったが、子供を産むと羞恥心が無くなり、おっぱいも「赤ちゃんの食糧」と言い切り、出先でも平気でおっぱいをさらけ出して授乳していた。

嫉妬深い俺にとっては身を切る程の苦痛だったが、いくらやめるように言っても妻は聞いてくれない。

赤ちゃんを見に来た親戚や知り合い、近所のおっさんまでもが妻のGカップおっぱいを堪能していた。

妻が平気でボロンと出すので、おっさん達は遠慮なく凝視し、赤ちゃんを触るふりをしておっぱいに近づき、時には手を触れたりもする。

ファミレスやファーストフード店でも平気でおっぱいをだすので、その場にいた男子学生達のおかずにもなっただろう。

俺は決して慣れる事なく、嫉妬を押し殺す事に必死だった。子供が生まれて、妻の学生時代の男友達数人がやたら頻繁に訪ねてくるようになった。

子供のおもちゃ等を持っては来るのだが、目的は妻のおっぱいである事は明確だった。

妻は、家に居るときは授乳しやすいようにノーブラでタンクトップの恰好なのだ。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】美人女医の恥ずかしい姿 完成版【告白体験談】

自分は某大学の医学部に通っている学生です。いわゆる医者の卵というやつです。もちろん医者とは違い何かすごいことができるわけではないのですが(笑)

自分たちは医師国家試験に合格するまでに実習ですべての科をローテートし経験をつまなければなりません。そんな実習の中で体験したうれしい出来事について書かせてもらいます。

医学部生はみなさんが思っているほどまじめな人はほとんどいません。医者になればみんなまじめになるようですが、学生の頃は遊んでいるやつがほとんどです。実習では病棟のきれいな看護師さんをチェックしたり…といった感じです。患者さんは大体おじいちゃんおばあちゃんですし、女医さんはだいたい想像通りのブサイクなお方が多いですので、必然的に看護師に目が言っちゃうわけです。

しかし、たまにはきれいな女医さんという方もいらっしゃります。

自分が実習していたときにちょうど内科に入ったばかりのO先生はとってもきれいで女医とは思えませんでした。自分の学年の男友達もかわいいかわいいといってご飯に誘ったバカもいましたが、学生など相手にされるわけもなく断られていました。顔は貫地谷ひとみを少しふっくらさせた感じで、色気もたっぷりでした。自分たちの学年では巨乳と噂にもなってました。なんせ、医者のユニホーム(スクラブというやつです)から少し前かがみになると胸の谷間がぱっくり。何人の友達がおかずにさせてもらったかわかりません汗。



そんな先生の話です。

その時自分は整形外科の実習中でした。午前は火木は手術。月水は外来見学とのことで、整形外科に興味のない自分には大変苦痛な時間でした。そんなある日、某O先生が外来を受診したのです。

僕たちは外来見学の一環として患者の問診をとることをしていました。今回も自分が問診をし、どうやら突然腰痛で立てなくなったこと、足のしびれがあること、仕事があるので痛みだけでもとってほしく業務中に受診したことなどを問診しました。問診中終止O先生は笑顔でお話をしてくださり、自分はみとれてしまっていました。

問診が終わり、整形外科の先生の診察(このとき自分はほかの患者さんの問診をしていて立ち会えませんでした)腰のMRIをとる事になったようで、1時間くらいして再度O先生がもどってきました。この時は診察に自分も立ち会いました。整形外科のA先生は学生もいますが、いいですか、とO先生に聞きましたが、O先生は笑顔でmいいですよといっていました。

診断はどうやら腰部椎間板ヘルニアであることが告げられ、まずは痛み止めで経過をみることとなりました。しかし、O先生は痛みが大変強く歩くのもままならない状態でした。そこで、仕事もあるため腰椎麻酔をすることとなったのです。O先生が退室した後、A先生より腰椎麻酔の仕方について2分くらい説明をされると、O先生と看護師が再びはいってきました。

では白衣の上だけ脱いでベットに横になってください。とA先生。

白衣の上着に手をかけ、スクラブ姿になりました。スクラブと白衣のズボンになったO先生は胸元がぱっつんぱっつんになっており、巨乳ぶりがみてとれます。推定Gカップはあるであろう胸元についつい見とれてしまいました。白衣を脱いだo先生はごろんとベットに横になりました。準備が次々進んでいきます。O先生の腰の下にシートなどが引かれ、A先生は清潔なガウンに着替えています。では今からはじめますね、と40才くらいの看護師はいうと、O先生にじゃあズボンを少しさげてください、と指示しました。

O先生は一瞬えっていう顔をしましたが、すぐに平常心にもっどて、ズボンをふとももまで下げました。濃いピンクのパンツが丸見えです。ピンクの部分の外側は黒いレースで縁取られており、勝負パンツ?と思うようなものでした。O先生のおしりが大きいのか、下着が小さいのか、おしりの形がくっきりわかります。

さらに看護師は、すこし膝をかかえて海老みたいにまるまってくださいと指示しました。


告白体験談関連タグ

||||

2014年4月13日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】美人女医の恥ずかしい姿【告白体験談】

自分は某大学の医学部に通っている学生です。いわゆる医者の卵というやつです。もちろん医者とは違い何かすごいことができるわけではないのですが(笑)

自分たちは医師国家試験に合格するまでに実習ですべての科をローテートし経験をつまなければなりません。そんな実習の中で体験したうれしい出来事について書かせてもらいます。

医学部生はみなさんが思っているほどまじめな人はほとんどいません。医者になればみんなまじめになるようですが、学生の頃は遊んでいるやつがほとんどです。実習では病棟のきれいな看護師さんをチェックしたり…といった感じです。患者さんは大体おじいちゃんおばあちゃんですし、女医さんはだいたい想像通りのブサイクなお方が多いですので、必然的に看護師に目が言っちゃうわけです。

しかし、たまにはきれいな女医さんという方もいらっしゃります。

自分が実習していたときにちょうど内科に入ったばかりのO先生はとってもきれいで女医とは思えませんでした。自分の学年の男友達もかわいいかわいいといってご飯に誘ったバカもいましたが、学生など相手にされるわけもなく断られていました。顔は貫地谷ひとみを少しふっくらさせた感じで、色気もたっぷりでした。自分たちの学年では巨乳と噂にもなってました。なんせ、医者のユニホーム(スクラブというやつです)から少し前かがみになると胸の谷間がぱっくり。何人の友達がおかずにさせてもらったかわかりません汗。



そんな先生の話です。

その時自分は整形外科の実習中でした。午前は火木は手術。月水は外来見学とのことで、整形外科に興味のない自分には大変苦痛な時間でした。そんなある日、某O先生が外来を受診したのです。

僕たちは外来見学の一環として患者の問診をとることをしていました。今回も自分が問診をし、どうやら突然腰痛で立てなくなったこと、足のしびれがあること、仕事があるので痛みだけでもとってほしく業務中に受診したことなどを問診しました。問診中終止O先生は笑顔でお話をしてくださり、自分はみとれてしまっていました。

問診が終わり、整形外科の先生の診察(このとき自分はほかの患者さんの問診をしていて立ち会えませんでした)腰のMRIをとる事になったようで、1時間くらいして再度O先生がもどってきました。この時は診察に自分も立ち会いました。整形外科のA先生は学生もいますが、いいですか、とO先生に聞きましたが、O先生は笑顔でmいいですよといっていました。

診断はどうやら腰部椎間板ヘルニアであることが告げられ、まずは痛み止めで経過をみることとなりました。しかし、O先生は痛みが大変強く歩くのもままならない状態でした。そこで、仕事もあるため腰椎麻酔をすることとなったのです。O先生が退室した後、A先生より腰椎麻酔の仕方について2分くらい説明をされると、O先生と看護師が再びはいってきました。

では白衣の上だけ脱いでベットに横になってください。とA先生。白衣の上着を脱いで、スクラブと白衣のズボンになったO先生はごろんとベットに横になりました。準備が次々進んでいきます。O先生の腰の下にシートなどが引かれ、A先生は清潔なガウンに着替えています。では今からはじめますね、と40才くらいの看護師はいうと、O先生にじゃあズボンを少しさげてください、と指示しました。

O先生は一瞬えっていう顔をしましたが、すぐに平常心にもっどて、ズボンをふとももまで下げました。濃いピンクのパンツが丸見えです。さらには看護師はすこし膝をかかえて海老みたいにまるまってくださいと指示しました。

O先生はそれに従いました。膝をかかえる形になったO先生に対して看護師はちょっとだけごめんねといって、ぱんつをずるっとふとももまで下げました。

O先生のお尻の割れ目ま丸見えです。O先生はさすがに赤い顔をしています。そのまま準備が整い、布がかけられるまでの約1分間、自分はO先生のお尻をずーっとながめていました。むろんそれ以上は見えませんでしたが。


告白体験談関連タグ

|||

2014年2月19日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【手コキ】精液検査で【告白体験談】

以前、精索静脈瘤で泌尿器科行ったとき、見た目30代の女医に当たったよ。

竹内結子によく似た美人でさ。俺オワタと思ったよ。

それでさ、一通り問診あって、それから、ズボンとパンツ脱いで、そこに

上がってください、って言われてさ。下半身露出で診察台の上に乗って、

膝立ちになって股広げて下さいってんだよ。

それで、やわやわとキンタマ揉まれたよ。なんかタマ本体の形を確かめるみたいにさ。

それからお腹に力入れてくださいって言われて、ちょいふんばったら、

またキンタマ丁寧に揉まれて、ああ、左側にありますね、って言われてさ。

そんとき、もうあれだけ丁寧にキンタマ触られたら、チンポフルボッキですよ。

加えて、なぜか、チンポギリギリに先生の手がかすめるのよ。

そんで、チンポがすげえカチカチになって、我慢汁が出て、タラタラになっちゃったわけ。

それでも触診は続いて、俺ってば、我慢できなくて、先生に向かって射精しちゃって。

ものすごく気持ち良くて、大量に射精したから、先生の顔とか白衣に飛び散っちゃってさ。

俺、恥ずかしくて、すみません、すみません、って先生に必死に謝ったよ。

でも、先生は冷静に、よくあることだから気にしないでください、それよりも、


告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月19日 | 告白体験談カテゴリー:手コキ告白体験談

【友達】恥ずかしい診察4【告白体験談】

昨日、母が、注腸Ⅹ線検査受けました。その検査の結果を聞きに午後病院へ行きました。

母は、消火器内科の女性外来の診察室前に居ました。

 診察室の中から呼ばれ、母と自分は中に入りました。中に女医さんが居ました。

40代くらいの綺麗な女医さんです。

女医さん「○○と言います。よろしく。お母さん、泌尿器科でも受診してますね。膣炎ですか。」

母「はい。」

女医さん「私、口から、肛門までの消火器を診てるんです。膣炎は、感染している病気です。肛門診察しますね。

     下半身裸になって、ベットに横向きに寝てください。」

母は、指示通り裸になり、ベットに寝ました。

女医さん「指入れますね。」

母「あ。痛い。」

女医さん「痛いのですね。はい。」「じゃあ、力んでごらん。そう。」「痛い。」

母「少し。」

女医さん「何時からです。痛むの。」

母「一週間前からです。」


告白体験談関連タグ

||||||

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【職場】「あちらのお客様からです」・・・ギシギシアンアン・・・気づけばラブホでセックス中!?【告白体験談】

<>197 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/12/01(月) 11:50:47 ID:fk7Hd3B5O [1/3]<>

おれは一人でバーで飲むのが好きでよく銀座で飲んでる三年くらい前の話しだがとあるバーで飲んでいたらバーテンダーとおれの会話に一つ空けた席の女がからんできた。黒っぽいスーツでタイトスカート,網タイツで胸はたいしてなさそうだが妙に色気のある女だった。



<>198 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/12/01(月) 12:03:44 ID:fk7Hd3B5O [2/3]<>

モルトウィスキーに造詣の深いその女と意気投合したおれは数時間後には錦糸町のラブホにいた。その色気からおれは水商売系の女かな?と思ってた。ラブホでお互い激しく貪りながら服を脱がすとガーター。燃えに燃えたおれはそのままシャワーも浴びずにベッドイン。その女も積極的でフェラも最高にうまかった。ガーター,ストッキングは脱がせずにTバックをずらして挿入。(面倒なことにならないようにゴムだけは付けてねとはいわれた)すごい喘ぎ声を出しながらこちらの背中に爪を立ててくる。正常位,バック,騎乗位と攻めに攻めまくった。



<>199 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/12/01(月) 12:16:08 ID:fk7Hd3B5O [3/3]<>

女も上になった時はすごい腰使いで何度も果てていた。最後は騎乗位で果ててぐったりとこちらにもたれかった腰を掴みながら渾身のスピードで突き上げフィニッシュ。最高のセックスでお互いぐったり。寝物語で聞いたことによると女は女医。バイで看護婦の彼女がいる。男に恋愛感情は持てないらしい。でもたまにセックスはしたくなるらしい。そういう時は今日みたいに誘いをかけるみたい。そんな話を聞いてさらに燃えたおれは朝までに四回戦をこなした。朝,裸になりシャワーを浴びて化粧気が薄れた女は清楚な奥さんって雰囲気だった。「病院であんな感じの訳ないでしょ?女は化けるのよ」って台詞が印象的だった



<>200 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2008/12/01(月) 21:11:51 ID:c/7l4OsF0<>

>>197-198朝の清楚な奥さんの雰囲気だったらメロメロなんだが、お水系だと個人的にはNGだ。



<>202 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/12/02(火) 06:49:17 ID:cEvA/bPHO<>

>>200まあバーで出会ったので別に違和感なかったです。普通に街でだったら声はかけなかったですね

告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月6日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【看護婦】飛びすぎる精子【告白体験談】

まず、僕の悩みから話します。

僕はオナニーするときは必ずティッシュでつつんでからするのですが、

これには訳があります。それは、僕がはじめてオナニーを経験した時

ものすごい勢いで飛び散って、まわりが汚れてしまった事に始まります。

その時、プレイステーションにかかってしまったので、次からはティッ

シュに包んでからするようになりました。でも、友達とかの話を総合す

ると、どう考えても僕の精子の出方は尋常じゃありません。仮に寝なが

らオナニーをしたとすると、みんなは、お腹にたれるか、腹のあたりに

飛ぶくらいでした。ところが、ぼくの場合は、自分の顔をはるかに超え

ます。頭の上に壁があるとすると、その壁にかかる量の方が多いと言え

ば想像がつくでしょうか?こんな事から、真剣に悩んでしまったある日、

意を決して病院に行きました。








告白体験談関連タグ

|||||

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ