相互リンク先の更新情報!

【温泉・混浴】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった5 【告白体験談】

結局、あまりにも真っ直ぐな景子ちゃんの気持ちに、少し怖くなってしまった私だったが、この歳でこんなにも若くて可愛い女の子に惚れられて、嬉しくないわけがなかった。



結局、昨日の夜は景子ちゃんのお尻の中でイッて終わった。そして息子は、一度も起きることなく寝続けていた。寝ている間に、早すぎる童貞卒業をしたことや、フィストファックで明奈ちゃんを失神するまで追い込んだことも知らず、無邪気な寝顔を見せる息子。昨日のスキーの疲れもあるのか、まったく起きる気配がなかった。



私は、せっかくなので朝風呂に行くことにした。大浴場は、早朝ということもあり誰もいない状況で、私は身体を洗い、髭を剃った後で外の露天風呂に入った。そして、昨日のことを考えていた。まさか、この歳になってモテ期が来るとは思っていなかった。景子ちゃんが、どこまで本気かわからないが、私はトキメキを感じていた。そして、女将さんに子種をねだられたことも強烈な経験だった。



景子ちゃんは、私などでは土下座してお願いするレベルの良いオンナだ。でも、嫁も息子もいる私が深入りしてはいけないと思っている。そして、彼女も旅先で開放的になっているだけだと思う。冷静になれば、私のようなおっさんに本気になるわけがない。



そんなことを考えながらも、昨日のめくるめくセックスを思い出していた。一晩であんなに射精したのに、私はまた勃起してしまっていた。我ながらあきれてしまったが、まだまだ自分も若いんだなと思った。



すると、女子風呂の方から人の気配がした。私は慌てて湯船につかり、勃起したペニスを隠すようにした。誰だろう? そんな風に思っていると、

『おはようございます。よく眠れましたか?』

と、女将さんの声がした。そして、身体にタオルを巻付けた格好で歩み寄ってきた。私は、昨日何度も体を交わした相手なのに、妙に緊張して声を裏返らせながら挨拶をした。髪をアップにして、おそらくノーメイクの彼女は、それでも充分に美しかった。

彼女は、身体に巻付けたタオルをスッと外すと、なにも隠すことなく堂々と温泉に入ってきた。CSの”温泉へ行こう”と違って、際どいところが上手く隠されているわけでもなく、丸見えだ。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年7月5日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

【寝取られ】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった4 【告白体験談】

息子と行ったスキーで泊まった旅館は、秘境の隠れ宿みたいな宿だった。そして、そこでは私の人生において経験もしたことのないような官能的な時間が待っていた。



私は今、10歳も年下の景子ちゃんに正常位で繋がりながら、旅館の若女将にアナルに指を差し込まれている。こんな風に、一晩にして3人の女性と関係を持つなんて、当然のことながら経験はない。

私は、すでにもう何度も射精をしているのに、若女将のアナル責めの影響もあるのか、ガチガチに勃起したままだ。



そして、景子ちゃんが驚くほど整った美しい顔で私のことを見つめてくる。私の人生では、今までほとんど経験がないことだが、私のことが好きだという思いがこもった目で私を見つめてくれる。





そして、上になっているのは私なのに、さっきから腰を振っているのは景子ちゃんだ。景子ちゃんは、さっきの明奈ちゃんへの責めでよくわかったが、清楚系な見た目に反してドSだった。それなのに、今は正常位の下側で、必死で腰を振ってくれている。私にご奉仕をするように、なまめかしく、そして激しく腰を振る彼女。



『パパさん、気持ちいいですか? 私のおまんこ、気持ちいいですか?』

泣き顔にも見えるような、切なそうな顔で聞く彼女。私はこんなにも美しい女の子に好かれているというだけで、舞い上がりそうな気持ちだった。そして、今まで経験した中で一番気持ち良いと答えると、

『嬉しい! 大好きです!』

と言いながら、景子ちゃんがキスをしてくれた。でも、同時に私のアナルに指を突っ込んでいる若女将が、

『ゴメンなさいね、緩くて』


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年5月27日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【温泉・混浴】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった3 【告白体験談】

息子と行ったスキーで、秘境みたいな温泉宿に泊まり、恐ろしく淫靡な体験をした。



まだ38歳の若女将と本気の子作りセックスをした後、逃げるように露天風呂に行くと、白ギャル黒ギャルの景子ちゃんと明奈ちゃんとのめくるめく体験が待っていた。





そして、私は二人に腕を組まれながら、人気のない旅館の廊下を歩いて部屋に戻っていった。二人とも、わざと胸に私の腕を押しつける感じで歩いている。そして、ルーズに浴衣を着ている明奈ちゃんの胸元は、私の位置からだと乳首まで丸見えになっている。

『パパさん、見すぎですよ。私の見て下さい……』

少しすねたように、景子ちゃんが言った。そして、カチリと着こなしている浴衣を、グッと引っ張って胸元をルーズにした。すると、景子ちゃんの真っ白な胸と鮮やかなピンクの乳首が見えた。

私は、なぜ景子ちゃんほどの女性が、私なんかに執着してくれるのかわからなかった。



でも、おそらく最初で最後の幸運を、このまま味わおうと思った。息子や娘、妻のことが頭をよぎったが、すぐに振り払った。



すると、明奈ちゃんが私のペニスを、浴衣の上からガシッとつかんだ。

『やっぱ、ヤバいこれw 我慢できないしw』

明奈ちゃんはそう言うと、あっという間に私の浴衣をはだけさせ、いきり立ったペニスを取りだし、自分の浴衣もまくり上げると、立ちバックの格好で挿入してしまった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月4日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

【浮気・不倫】旅館の若女将に子種を求められて応えた 【告白体験談】

「あぁ…お客さん、早くオチンポ入れてぇ#12316;子種を、子種を出してぇ#12316;」女将は自ら太ももをM字にかかえ、両手の指で

剛毛とビラビラをめくりあげた。

真っ赤に充血した膣口がパックリと開いた。



(これからの話は二年前の実話である。)

学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。



お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。

泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。



泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。

部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。



細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。

三十代前半か?(こんないい女とやれる男がいるんだなあ…)と思った。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2015年4月25日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【温泉・混浴】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった2 【告白体験談】

息子と二人でスキーに行き、泊まった温泉宿は、金田一耕助の物語に出てくるような、秘境の隠れ宿みたいなたたずまいだった。

そして、そこを切り盛りする若女将は、和服のよく似合う色気あふれる良いオンナだった。

それだけでもこの宿にした甲斐があると思っていたが、お客さんとして泊まっていた女性二人が、最高にエッチな白ギャルと黒ギャルだった。二人とも美容師で、スノーボードのために来ていたとのことだったが、混浴風呂でその素敵な裸体を見せてもらえた。



そして、キャバクラ状態で彼女たちと食事をし、夜には若女将のスペシャルマッサージまでしてもらえた。





『じゃあ、マッサージ続けますね#9825;』

若女将はそう言うと、スッと立ち上がり、着ていた作務衣を脱ぎ始めた。そして紫のセクシーなブラジャーも脱ぎ、全裸になると、

『たるんでて恥ずかしいです……』

と言った。確かに、38歳という年齢なので、明奈ちゃんと比べると垂れてしまっているが、それでも抜けるように白い餅みたいな胸は、私の欲情をかき立てた。



肌の白さは、景子ちゃんと同じくらい白いと思う。でも、加齢のせいか、それとも経験数の違いからか、彼女の乳首は親指ほどの大きさがあり、なおかつ色素も沈着していた。そして、少し大きめの乳輪も、同じように少し色素が沈着していた。癒やし系の上品な顔からはギャップがあるエロい体に、私はイッたばかりなのに、先ほどからずっとカチカチのままだ。

そして彼女は、ポーチから小さなプラスチックのボトルを取り出すと、中身を手の平に垂らし、私の身体に塗り広げ始めた。それは、良い香りのするオイルだった。

『オイルマッサージしますね』


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年4月25日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

【温泉・混浴】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった 【告白体験談】

毎年冬が来ると、息子と二人で毎週のようにスキーに行く。そして、温泉旅館にもよく泊まる。小学4年生の息子は、今のところ私とそんな風にスキーに行くのを楽しみにしてくれている。

そのうち、一緒に行ってくれなくなるんだろうなと思うと寂しいが、今はなるべく沢山一緒の時間を過ごしたいと思っている。



寒いところが苦手な妻と、まだ小さい娘はいつも留守番なので、男同士の気楽な旅だ。今回泊まった宿は、かなり山深く秘境の宿といった感じだ。息子も、金田一耕助の映画に出てくるようなロケーションの宿に、妙にテンションが上がっていた。



宿は、古くて小ぶりな宿だったが、手入れの行き届いた清潔感あふれる宿だった。そして、何よりも私が良いなと思ったのが、若女将だった。若女将と言っても、多分30歳半ばだと思うが、こういう宿の女将にしては群を抜いて若いと思った。



そして、和服を着た彼女は、何とも言えない色気があふれていた。露出など皆無な和服なのに、どうしてこんなにエッチに見えるのか不思議だが、私はドキドキしっぱなしだった。



見た目は、安めぐみとか、そんな癒やし系と言われるルックスで、和服の上からでも結構なボリュームを感じる胸は、脱いだらとんでもない事になりそうだと思う。



『ようこそおいで下さいました。スキーでお疲れではないですか? すぐにお部屋にご案内しますね』

と、丁寧さと砕けた感じの混じった口調で挨拶をしてきた。まるっとへりくだった口調で接客されるよりも、ある程度馴れ馴れしい方が私の好みだ。



『僕、スキーは上手に滑れるの?』


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年4月1日 | 告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での告白体験談

【友達】今夜、実際どうなった?【告白体験談】

母は徒歩15分位の大きな温泉旅館で仲居のパートをしている。

今日、9時前に、どしゃ降りの雨が降って来たので僕が迎えに行った。

入口のリビングでTVを見ながら待ってると、入って来たコワイ系の男達に

囲まれる形になり、脱出できなくなった。

50歳位のエネルギーの塊の様な組長らしき男が、母の姿を目で追い「あの仲

居イイ体してるなぁ〜。今夜抱きたいから、女将を呼べ!」と言った。

呼ばれた女将さんは話を聞き「あの仲居はパートの主婦ですよ。寝たりしま

せん。」と言ったが「是非、抱きたい!」と若い男に母を呼びに行かせた。

呼ばれた母は、さすがに緊張して男のソファーの前に膝まずいた。

「悪いネ!、あんたの色気に参ったよ。床代は弾むから今夜、相手をしてく

れ!」と言うと、母は「いいえ、私は…」と俯いた。

親分は母の手を取り、さすりながら「ヤクザとSEXした事は無いだろう?

腰が抜ける程よがらせて、泣きながら何度も極楽往生させてやるぞ!」と呟

くと母は真っ赤になり、「すいません」と小走りに去って行った。

この母の様子を親分の横で見ていた超イケメンの男が「あの女、慌てては要


告白体験談関連タグ

|||

2014年9月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】離島【告白体験談】

卒業旅行と称して、女子大生の娘たち3人は離島への旅行を計画した。

半日以上かけての船旅は、大学生活の締め括りに申し分のない思い出になる筈だった。

民宿を予約した。この島の観光シーズンは夏。空いている筈だった。もうすぐ春がくる。

娘の1人が民宿の予約をしたとき「島の秘湯」の話しを女将から聞いていた。

昔から島の鍾乳洞の奥には温泉が滾々と湧いているのだという。ミステリアスではないか。

娘たちは、島での楽しみが増えたことを喜んだ。秘湯は思いがけない旅のオプションだった。

彼女達が島に着いたのは夕刻だった。早朝に港を出た客船は、途中の島で乗り換えていた。

乗り換えた小さな船が着くと、島の漁港には民宿の女将が丁寧に出迎えに来ていた。

「いらっしゃいませ。長旅でお疲れでしょう。ささ。どうぞ」

と、娘たちを案内をしてくれた。

民宿に着いて海を臨む景色のよい部屋に通され、娘たちは一息ついた。

「感じのいいところね」

「親切そうね」

「のんびりくつろげそうで良かったわぁ〜」

部屋に重い荷物を置いた彼女たちは口々に言って足を伸ばした。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【浮気・不倫】居酒屋の奥さん【告白体験談】

少しジャンル違いかなと思うんだが

大きな心で許してくれ。



汚ねぇ田舎の居酒屋。今だったら許されない程に皆飲んで

車で帰ってた。その当時学生で田舎学校の為

寮生活も退屈になり、地元バイトでその居酒屋でバイトしてた。



学校の友達も飲みに来てくれたし、店主も少し売り上げが

上がるって喜んでた。店の女将さんはまだ若くて当時の俺よりも

5歳上位のお姉さん気質の綺麗な人妻。



そんな女将と店主夫婦は仲良くてイチャイチャ系の話や

出会った頃の若々しい話等をよく俺にしてくれて

「早く結婚しろよー」なんて笑いながら客のはけた店で

3人で飲んだりしていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【友達】母ちゃんと職人【告白体験談】

私が未だ小学3年生ぐらいの時、家に帰ると母親の姿がなかった。居ない事に特に何も思わずランドセルを置くと友達と遊ぶべく家を出ようとした。

仕事場の脇を通り抜けようとした時に、何となく人の気配に気づき足を止め、そっちの方を見てみた、物に見え隠れするのは母親だった。

こんな所で何をしてるんだろう?

私は不思議に思い、母ちゃん!と声を掛けそうになった時に、姿は見えないが男の人の声が聞こえた。

出そうになった声を押し戻し、息を飲んだ。「厭らしい子だねぇ、早く出しちゃいなさい」

母親の声、私は何を言ってるのか理解が出来ないまま、声もかけられず立ち尽くした。

「女将さん!」

「駄目よ!これで終わりなさい」

状況が分からず私は無意識に母親の様子を見ようと場所を替えた。色んな物が立て掛けてある隙間から覗くと母親の行為が最初は理解出来なかったが、次第に状況が私にも呑み込めて来た。

母親の片手は若い職人のズボンから飛び出している性器を握り、しきりに握った手を動かしている、職人は苦し気な表情を浮かべ母親の方に腕を伸ばして来るが母親は、その手を押し返し、ひたすら握った手を動かし続ける。

「あぁ女将さん!出てしまう!」

「厭らしい子!毎日、毎日こんなに硬くして」

手を動かす母親の表情も普段とは別人の様な表情を浮かべていた。「あぁ、女将さんの中で!」

「はぁ、無理よ今日は駄目、あぁ凄い!硬いわ‥」

職人が呻き声を上げるのに合わせるように母親は、もう一方の手を重ねて行った。


告白体験談関連タグ

||||

2014年7月5日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 512345

このページの先頭へ