相互リンク先の更新情報!

【友達】妹の同級生の従妹に【告白体験談】

今からだいたい5年くらい前だったかな?

当時僕は妹の同級生の女の子達とよく遊んでいました。そのなかにたまに来る夕夏ちゃん(当時小1)がちょっとポッチャリでかわいい子でした。

何回も遊ぶ内に仲良くなり二人だけで遊ぶことも多くなりました僕も性に目覚めたばかりっだったので女の子の身体に興味心身でした。(笑)

そして僕は夕夏ちゃんに悪戯したいと思うようになりましたがその日が来るのは早かったでした。

あくる日僕はいつもより荷物を沢山持ち出して夕夏ちゃんを人気の無いとこまで連れ出しました。そして荷物の中から偶々廃棄される予定の袋に入っていたコスプレ衣装を出しました(まだぜんぜんキレイだった)夕夏ちゃんにコスプレ衣装を着てくれと頼むと「恥ずかしいから見ないでね」といい着替えてくれました。

勿論着替えは見ました。

夕夏ちゃんはシャツとズボンを脱ぎパンツ姿になったら某美少女戦士の衣装を着始めました。

着替え終わったら「お兄ちゃんもう良いよ~」と呼んでくれたので近くに行き優しく抱きつきました。

しかし衣装の着方を間違っていたので「ダメだよ、夕夏ちゃん。これはパンツも脱いでお股でボタンを止めないと」といいスカートの裾をめくりあげ僕の手でパンツを脱がせました。

その時見た夕夏ちゃんのおまんこはとても小さく本当にちんこが入るか心配でした。

ボタンを止めたあとは夕夏ちゃんがはしゃいでいたので携帯で何枚か写真を撮りビデオでも録画しました。僕は興奮が抑えられないので夕夏ちゃんを少し深い段差の場所に敷いた毛布に座らせて僕は正面から立ちズボンを脱ぎました。夕夏ちゃんは不思議そうにしていましたが僕は衣装の股の部分を横にずらしてちんこをおまんこに擦り付けました。

小1のおまんこはとても気持ちよく入口で亀頭をあてがい膣内に精子を出しました。

しかし中学生の性欲は治まるわけもなくそのまま無理矢理子宮口を少し開けながら根本まで全部挿れました。

もちろん夕夏ちゃんは痛みに耐えきる体力も無いので気絶してしまいました。

僕はここぞとばかりに腰を突きいれ計四回ほど精液を流し入れました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【姉】続・姉が厨二病っぽいから更正させたい(ミナミヤ編) 【告白体験談】

姉が厨二病っぽいから更正させたい

の1日半後…



562:妹【ビニュー】◆3Ug.lZaPiY:2012/03/01(木)10:58:07.15ID:+7VuC6Ay0

誰かいるかな?

姉がレギナシオン以外の人とどうもチャットしてるらしいんだよね

平行世界の住人がレギナシオンしかいないって思い込んでいたわたしが馬鹿だった。

全く反省していない。こうなったら徹底的に懲らしめたい。

しかしその方法が浮かばない。誰か知恵貸してくれください。



563:名も無き被検体774号+:2012/03/01(木)11:50:35.75ID:L5Ld7gGe0

いるが知恵が浮かばないorz



564:妹【ビニュー】◆3Ug.lZaPiY:2012/03/01(木)11:54:18.44ID:+7VuC6Ay0

いま姉パソコンやってるから多分チャットだと思う。わたし最近パソコン使えないから苛々してる。平行世界の住人(笑)とおしゃべりしないって約束したのはなんだったの、反省してないの?


告白体験談関連タグ

||||||

2013年11月18日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【レイプ】防具屋「ここで装備していくかい?」 女戦士「え、こ、ここで?」 【告白体験談】

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/30(金)00:05:51.92ID:5S0kStTOO

女戦士「え、えっ…?///」カァァァ



女戦士「こ、ここで、だ、と…?///」



防具屋「?」



防具屋「ああ、大概の客はそうして行くが…」



防具屋「お嬢さん恥ずかしいのかい?」ニヤッ



女戦士「ば、ば、ば、馬鹿者っ!!///」



女戦士「は、恥ずかしくなどなぃっ!///」




告白体験談関連タグ

||

2013年11月3日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

【M男・痴女】商売繁盛の置物 【告白体験談】

とある西洋の城下町。ここにはある風習があり、

賑わっている店の軒先には、よく奴隷少年が全裸で吊るされていた。



いわゆる商売のお守りのようなものなのだが、

隠語として宝石にたとえられることもある睾丸は金運を招くとされており、

陰嚢を模した飾りを吊るすようになったのだという。

しかし、やがて国が富み奴隷文化がさかんになると、

裕福な店は労働力として未熟な、比較的安価な少年奴隷を購入して、

本物を吊るすのが流行した。



とある酒場

ここは大通り沿いのとある酒場。

店の奥から、面倒そうに重い台車を押してくるのは、この店の看板娘だ。

昨夜転んだはずみに、女戦士にワインをぶっかけてしまい、

危なく八つ裂きにされるところだったが、マスターの機転で


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年8月6日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

このページの先頭へ