相互リンク先の更新情報!

【職場】(続)フライドチキンと輸入婦人水着 【告白体験談】

(続き)

後になって、女社長が「あんたとそこの××(社員のニックネーム)君、先月成績が悪いから今日一日まっ裸で反省!外回り禁止!」 文字通り本当に靴かミュールだけの全裸勤務でこれには参った。「(・・強制ワイセツだ・・・?)」会社が雑居ビルだったから、他の階に行けば他社の社員に会ってしまう。受付けだって交代の順番は変えてはいけない、配達に来た宅配便の坊やはとんだ目の保養をした事だろう。たまに女社長がポケットマネーで飲み物差し入れなんて時は、阿弥陀くじでエントランスの自動販売機に買いに行くハメになる。もっとも、女社長がミスして反省として、一日裸エプロンで受付とお茶くみした時は、ここぞ奴隷とこき使った。

階段で昇り降りしても他社の人間に会うから、“えいや!”と全裸でエレベーターに乗る。本人は通販の商品の選択・デザインの改良とか、成績挽回で頭が一杯だから、かえって乗り込んだ方が全裸姿にびっくりすることが多かった。共稼ぎの夫婦に向かって言ったことは、「あんたたち、欲求不満を抱えているから成績ががた落ち、社長命令で欲求不満解消!(財布を開いて)これで今日はラブホ立ち寄り!!」 始めは冗談だけだったが、のちに女社長のポケットマネーで反省飲み会が開かれるようになって、そこでそんな夫婦が生板の生け贄(ライブのセックス実演)になった。酔っぱらった席上だから交わるカップル・夫婦も見る方も盛り上がってはいた、勝手におっ始めるカップルもいたりしたし、女社長のマンションの大広間が会場だったから出来たこと。それでももっと後の陰湿なシゴキの雰囲気はなかった。



その雑居ビルに入居していた他の会社でも似たようなもので、上半身裸でネクタイだけは締めて営業に出掛ける社員がいたり、男も女もだよ(気合いだ!と言われたとか)。それで上着は着るからかなり可笑しな恰好に見えた。

サラ金の事務所だと、貸付売上不足や金勘定が合わないとかクレーム対処が悪いとかで、若い男女社員がパンツ一丁で廊下に正座させられていた。幹部が竹刀を持って怒鳴っている。貸付売上や債券回収の不足は自腹で幹部が埋める訳にはいかないし、幹部も本社での営業会議では成績不振だともっと手荒い陰湿なシゴキが待っていたそうだ。

どう見ても違法の派遣風俗の元締めの事務所でも、やはり同じような怒号が響いていて、時たま全裸の駅弁体位で屋上まで階段往復とか昼休みのギャラリーを集めて、公開調教なんてやり出す始末だった。

そんな訳でどこの会社もメチャクチャ燃えていたから、うちの会社がかえって明るくカラットしていて良いですねと羨ましく言われた。



共稼ぎで会社にいる夫婦も旦那は、嫁が全裸同然の水着ファッションショーのあと社内でマイクロビキニ姿でうろうろしていては、心は穏やかでないと思いきや、後で聞いたら倉庫の陰でお互いにしっかり欲求を処理していたらしい。女社長もたまに旦那が訪ねて来ると、社長室で気分を変えて交わるらしく、時々臭いでそれと分かる場面があった、鍵なんて掛けなかったし。女社長は通販カタログの写真撮影の時など、モデルが落ち込んでいると、乳首ぐにゅぐにゅ・乳もみもみとかしながら、気分作り気分盛り上げが上手だったな。12月なのに暖房が効いた室内で、ビーチ気分は味わえたが、社内は狭く受付の壁の隙間から、ビキニ姿が歩きまわるのが見えるのは、今考えると『変態企業』だったかなと思っている。



服飾の業界は華やかなイメージはあるけど競争は激しいし、縫製工場に行くと作業している工員の中には刑務所で技術を覚えた出所者も少なくなかった。一筋縄ではいかない凄味一杯の飴と鞭の勢いが無いと勤まらない。



萌える話は以上これだけ。僕がここを退社するきっかけはやはりエロで、ある時期からこうしたエロ行為が乱交とは言わないけど、公然と強制して繰り広げられるのが目に余ったと言っておこう。会社が小さい頃は、社員全員で燃えて働いていた時代で、自発的に裸でもなんでも辞さない雰囲気はあった。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年8月15日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】フライドチキンと返品輸入水着(昔話_駄_) 【告白体験談】

もうかなり昔の事で、例の六本木のタレント違法薬物事件を聞いて思い出した。

僕は小さな婦人服飾の通販の会社に勤めていた。当然ながら社員は女子が圧倒的に多くて、僕は外回りと力仕事で営業車を使ってほとんど毎日仕入れ先・得意先を回っていた。



ある日、得意先の会社の前の坂道に営業車を停めて商談をしていて、話が終わって外に出てきた丁度その時に、別の駐車していた車が無人で動き出して、僕の車にぶつかって、さらに隣のフライドチキンの店で買い物してタクシーを停めようと、歩道から車道に乗り出していた母親と幼女にその無人車が突進していった。



僕はとっさに無人車の突進に気付いていない母娘を歩道に引き戻して、危うく轢かれずに済んだ。前後して無人車の暴走に気付いた運転手は追いついて、何とか飛び乗って停めた。



歩道の通行人、フライドチキンの店先で気付いた客、それに当事者の母娘はあっけにとられていた。僕も一瞬放心状態で立ち尽くした。無人車の暴走は駐車ブレーキが甘かったのだろう、全面的に責任はあちらにある。実は、僕の営業車はすこし前に駐車場でぶつけられて、修理に出す予定になっていた。相手はそうとは知らずに、損保の会社を呼んで事故対応をしようと話が始まった。両方から賠償を取るわけにはいかないので、正直にそのことを告げた、衝突被害も大したことはなかったし。



前置きが長くなったが、轢かれそうになった親子の母親が、お礼にとフライドチキンのパーティー・バレルを2〜3個買って下さると言う。「車で会社に持って帰って、同僚の皆さんと召し上がると良いのでは?」、確か12月でそんなシーズンだった。



そして僕の車にぶつけた車は、婦人物水着の輸入販売の会社だった。それの売れ残り回収品を箱でいくつか、良かったら持って行って呉れとの申し出だった。回収品と言っても、包装の封も切っていないと言う。それならば、日本は冬のさなかだけど、年末年始には海外旅行でビーチを目指す女子がわが社には沢山いる。そんな展開で、別段の実害も無しに丸く収まった事件は一件落着と思われた。



丁度昼前に会社の駐車場に帰り着いて、フライドチキンと水着があるからと、女子を呼びに部屋に入って、パーティー・バレルと水着の入った段ボール箱がいくつか昼飯の場所に運び込んだ。女子は食い気だな、弁当を食べながらフライドチキンもあっという間に空っぽになった。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【レズ】有名人レズビアンリスト 【告白体験談】

芸能界のタブー同性愛有名人(レズビアン編)



日本の芸能界では同性愛はタブーとされています。

これは過去に記事などになって噂された人達です。

レズビアン=女性しか愛せない女性

バイセクシャル=性別関係なしに愛せる人達



今回は女性編です(バイセクシャルの方がほとんどです)



深田恭子

高校の時、同級生の証言で一緒にお風呂に入った時にそれっぽいことされたと記事にされてました。



華原朋美

女性マネージャーに仕込まれて女に走るようになったと言われています。

中谷美紀と関係があったと記事にされたこともありました。


告白体験談関連タグ

||

2013年7月3日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

このページの先頭へ