相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【告白体験談】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。

金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。

車庫に車を止めてから食事に出かけます。

高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。

先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。

個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。

数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。

吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。

坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。

美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。

坊やの先端部分はピカピカに輝いています。

両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。

一週間分の核爆発のストックです。

美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。

吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】悦子日記 江波さん 看病の日々・・・【告白体験談】

悦子日記 江波さん 看病の日々・・・前にも書きましたが江波さんとのラブラブの思い出です。

江波さんは糖尿病の治療中でした。デイトをしたり、お買い物には付き合っていただけますが、お泊まりでのデイトは経験が有りません。

江波さんは婿養子さんですからお家を空けると奥様に大目玉です。いつものように、会社の勤務が終わってから二人で出かけました。

新しく開業したフランス料理のレストランです。

開業を祝う生花の列を通ってテーブルに案内されました。きれいなお皿に盛りつけられたお料理は芸術品でした。

アイスワインを戴いて芳醇な香りと味に酔いました。満腹してからはショッピングです。

商店街で夏用のお洋服を買っていただきました。

レースのスーツとそれにマッチする下着類でした。

大型の紙バッグに入れていただいていつものホテルへ移動です。悦子は少し酔っぱらっています。

江波さんとお部屋に入ってキスされて朦朧としていました。

江波さんから試着して欲しいと言われて、買ったばかりの洋服を着ました。着ている洋服は江波さんが脱がせてくれます。

スーツを脱がせてから、スカートのクリップを外してずり下げです。

その瞬間にコロンの香りが江波さんに漂ったみたいです。江波さんが肩ひもを外して、ブラとショーツを脱がせてくれます。

パンストも脱がせてくれます。

いつもの儀式をする前におへそにキスされます。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・【告白体験談】

美和子物語 愛の語らい 芳田さんが夢中で・・・芳田さんとの出会いの翌日でした。

深夜に電話がかかってきました。

昨夜の出来事が楽しかったと言ってくれました。

近寄りがたかった美和子さんと仲良くできて感激したとの事でした。高校時代の試験成績はほとんどの生徒が95点以上でしたので、90点以下の成績の人は私学か地方の二期校しかいけなかったのです。

芳田さんはテニスに夢中でしたから予習や復習をされなかったとの事でした。

希望校を受験されましたが散々な成績だった様でした。

やむなく、昼間と夜間に複数の予備校へ通って猛勉強をされたようでした。理科三類は浪人が多くて3年以上も頑張った同級生が多かったみたい。

ご両親が郷里で開業されていたので、地元の大学で学位を取り病院を継承したいとの考えで帰郷されたとのことでした。

研究者にならないで臨床の道を選択されたのですが悩まれての結論でした。そして、三十前まで女性を知らなかったと告白されました。

美和子さんとのデイトで目覚めたと・・・。

そのようなお話の後で週末に食事をする事になりました。結婚を申し込まれそうな気配でしたから新しい洋服で出かけました。

下着も可愛いデザインのものを着ています。

髪も整えて精一杯のおしゃれです。尾道を経て福山の鞆の浦までドライブしました。

夕食は鞆の浦の夕陽を楽しみ乍らでした。

瀬戸内海の小魚料理が美味しかったのを憶えています。倉敷のホテルのラウンジでお休みしてからお部屋へ移動しました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】真夏の夜【告白体験談】

午後十時三分

七月二十五日土曜日 暑い一日だった。

それでも午後十時ともなると、田んぼに囲まれた田舎の家は、涼しい風が窓から部屋に舞い込んでくる。

寝室は、街灯で薄明かりとなっている。

その薄明かりの中に熟した女の色艶い三十八歳の肢体が浮ぶ。

薄く透けて見える夏の浴衣姿で横たわる妻の寝姿に、僕の欲情が芽生えた。

「ねぇ、したい…!」

「またぁ…?、今夜はおとなしく寝たら…」

「でも、おさまらないよ…」

「………」

さりげなく妻の躯により添うと、妻は抵抗もなくじっとしている。

今夜も受け入れる用意が出来ているようだ。

僕は、妻の浴衣の裾を拡げ、太腿を擦りながら、パンティの上から膨らみの丘を愛撫し続けた。妻は次第に腰を慎ましやかに捩ってくる。

妻が感じはじめたと知った僕は、パンティの中に手を忍び込ませた。

恥丘の上に手をのせ、揉みながら陰毛を手繰り分けて指を更に下げていくと、そこはもう、濡れていた。妻はもどかしさを感じたのか次第に太腿を絞り込み捩っている。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】未明に愛された過ぎし思い【告白体験談】

過ぎ去ったあの夜明が懐かしく思い出される。結婚してまだ二ヶ月しか経っていなかった八月四日未明、出張から二週間ぶりに主人が帰る日がやってきた。この日が待ち遠しく、前夜から嬉しくて心が弾んでうとうとと眠りは浅かった。主人は、前日の午後四時、東京駅発、特急寝台列車「西海」に乗って、その朝四時三十九分、駅に着いて、そのままタクシーをとばせ、夜が明けようとする四時五十分、玄関の扉を叩いた。その音を聞いた私は浴衣姿のまま跳び起きて玄関で迎えた。私は主人が帰った嬉しさに素肌も見えるほどに着衣は乱れ乱れていた。私が主人の帰りを待ちわびていたその様子は、すべて私の態度に表れていたらしい。主人は私にキスして抱きしめながら、私がそれまで寝ていた寝床に倒れ込んで激しく抱いてくれた。私の浴衣の紐が緩められた。裾が拡げられると、弾ける二十三歳新妻の太腿が露わになって乱れた。主人は、その太腿に脚を絡ませ、硬いものを押し当てて抱きしめ、下着を剥ぎとり、私を真っ裸にさせて挑んできた。私も激しく抱きついた。これほど激しく抱きついてきたことは後にも先にもなかった。新婚の激しく燃える男と女であった。主人は、二週間ぶりに見る私の全裸を、明るくなる夜明けとともにくまなく見つめ、愛してくれた。その柔肌に、硬い鋼鉄のような男が貫き通された。待ちに待った硬くて逞しい男塊だった。主人は私のからだに入ったかと思うと呆気なく果ててしまた。私も何も分からぬままに主人のすべてを子宮の中に吸い取って果てていた。主人は休む間もなくそのまま二度目に挑戦してきた。私のからだもすぐに回復し、主人の挑戦を受けた。最初は、アッという間だったが、二度目は私のからだも快感の宙を彷徨い続け、女の悦びを噛みしめて、いつの間にか安らかな眠りについていた。夜がすっかり明けて、障子には夏の暑い陽が差して、すっかり明るくなっていた。目が覚めたとき時計は十時を指していた。目が覚めると再び主人の静かに抱擁に包まれ、またも愛の波間を漂った。岩に砕けるような大波はこないが、波の上をふわりふわりと静かな快楽の波に浮き沈み流されているようだった。小高い丘にふわりと押し上げられたかと思うと、すっと谷底に滑り落ちて沈んでいく。その浮き沈みの中に泳がされているようだった。山並みのような快感とその繰り返しが続いて、結婚した女の幸せをひしひしと噛みしめていた。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 六話(完結)【告白体験談】

 それからの晃は、由希とデートを重ねつつ、奈津美を呼び出しては調教を続けた。

 晃の目算通り、奈津美は強姦の事実を他人に漏らす性格ではない。

 晃が来いと命じれば仕事を終えたその足でマンションを訪れ、調教を受ける。 晃は様々な方法で奈津美の肛門を開発した。

 裸にコートを着せて深夜の公園へ赴き、イチジク浣腸を入れて木陰で排泄させた事もある。

 晃の前で自ら尻穴オナニーをするよう命じもした。

 初めは晃を恨めしそうに睨みながら事務的に指を動かしていたものが、

 時間が経つにつれ自らの指に腸液を纏いつかせ、恥ずかしそうに内股になる様は嗜虐心を煽った。

 三度目の調教からは、よほど浣腸が嫌だったのか、自ら腸内を洗浄してくるようになった。

 晃はその度にどうやって綺麗にしてきたのかを訊いた。

「ここへ来る途中のコンビニで、浣腸を入れてよ……」

 奈津美の答えを、晃は様々に想像する。

 これほどの美人がコンビニのトイレに入り、浣腸を入れて音を立てて排泄する。

 店内の人間はどう感じただろうか。

 その妄想を語り聞かせながら奈津美の尻穴を嬲ると、たちまち肛門がきゅうと締まり出す。

 人一倍プライドの高い奈津美は、人一倍のマゾヒストでもあった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年9月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 五話【告白体験談】

 翌日、須川から映像ファイルの添付されたメールが届いた。

 彼の言う通り、隣室の記録映像のようだ。 晃は生唾を飲みながらファイルを再生する。

 カメラは由希が露天風呂に入っている間に部屋へ設置されたらしい。

 といっても明らかに盗撮だ。 映像は浴衣姿の須川がレンズの向きを調節するシーンから始まった。

 カメラを設置し終えた須川は、由希が上がるのをビールを飲みながら待ち焦がれる。

 数分後、由希が身体から湯気を立てて現れた。

 雪のように白い肌が桜色に火照り、この上なく色っぽい。

 由希はタオルを身体に巻きながら、俯きがちにベッドへ座った。

 その横へベッドを大きく沈ませて須川が腰掛け、由希に酒を勧める。

 だが由希は断固としてそれを拒み続けた。

 それはそうだろう、須川のような好色親父に酔わされたらどうなるか解ったものではない。 須川は残念そうに首を垂れた後、由希に向き直って当夜の『ルール』の存在を告げた。

 晃がレミに教わった、あの男女間のルールだ。

 由希は当然聞いていないと抗議するが、須川の一言で口を噤んだ。

「もしこのルールを拒否したり、破ったりした場合は、パートナーの男性に罰則が科せられるが……構わんかね?」

 須川がそう言うと、由希は暫く逡巡した後、仕方なくルール制度を受け入れた。「よろしい。では私のルールだが……私は淑やかで従順な女性が好きでね、


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 四話【告白体験談】

 結局、一週間が過ぎても晃が捕まる事はなかった。

 どうやら奈津美は、自らが穢されたと他人に知られる事を良しとはしなかったらしい。

 晃は不安から夜ごと由希を呼び出しては抱いていたが、ようやく安堵して動き始める。 次に興味を惹かれたのはスワッピングだった。

 カップル同士が互いのパートナーを交換し、マンネリ打破や嫉妬による欲情を目的に楽しむというものだ。

 他人を装って手に入れた恋人を、さらに別の男に抱かせる。

 それにひどく興奮した。

 ネットで探すと、スワッピング相手を募集しているカップルはかなりいた。

 だがほとんどが中高年カップルだ。

 せっかく由希という極上の女を出すのだから、相手にもそれと釣り合うだけの魅力が欲しい、

 と晃は思った。 妥協せず探っていると、一人妙な人間を見つけた。

 山のようにスワッピングを申請されながら、それを全て撥ねつけている須川という男だ。

 調べてみると、どうも須川自身は50過ぎであるにも関わらず、パートナーが現役の女子高生らしい。

 添付された写真を見ると、なるほど中々に可愛かった。 髪は黒のセミロングで、女子高生らしい若い体つきをしている。

 スカートから覗く太腿は由希と奈津美よりややふっくらしているが、脚の綺麗すぎるあの2人と比べるのがそもそも間違いかもしれない。  

 普通に高校のクラスにいて、学年に2、3人はファンがいそうなタイプだ。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 三話【告白体験談】

屈辱の摘便が終わった後、晃は濡れタオルで奈津美の体を拭き清めた。 尻穴からの汚液はストッキングを伝って足首にまで届いており、ストッキングを全て脱がせて拭う。

 奈津美はただ大人しく裸体を晒していた。奥歯を噛み締めるが、逃げようとはしない。 逃げられないのだ。

 ここから無事に逃げ遂せるには、ビデオを破壊し、かつ衣服を調達する必要がある。

 ただ逃げてもビデオを残していては、恥辱の映像をネットに流されて破滅する。

 衣服がなければ、裸で見知らぬマンションの周りを駆け回ることになる。

 責任ある立場の奈津美にはどちらも不可欠な条件だが、手を縛られている上に晃の目があっては不可能に近かった。

 第一、こうもプライドの高い女性だ。男に排泄を晒したばかりで冷静な判断ができるはずもない。

 晃もそれを承知しているため、じっくりと奈津美を堪能できる。 晃は奈津美の身体をゆったりとしたソファへ運んだ。

 仰向けに寝かせ、両脚を持ち上げて頭の横に下ろさせる。

 身体を腰から半分に折ったような形だ。

 脚が極端に長い奈津美にはそこまで苦しい体勢ではない。しかし奈津美は顔を顰める。

「腕と背中が痛いわ」

 彼女が呻いた。後ろ手に縛られた腕が背に圧迫されるらしい。だが晃はそ知らぬ顔だ。

「へぇ、そうかい。俺は痛くないね」

 その問答は今の2人の関係そのものだった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 二話【告白体験談】

「なんとか上手くいったか……」

 晃はソファで息を吐いた。深く眠り込んだ奈津美に起きる気配はない。 晃はその奈津美のスーツをそうっと脱がしにかかる。

 ブラウス姿にすると酒の匂いが強まった。

 クールな美人が頬を染めて酒の匂いをさせるのはそそる絵面だ。

 さらにブラウスのボタンを外していくと、青い宝石つきのネックレスが覗く。

「高価そうだな。この石ころで何百万するんだ?」

 晃が毒づいた。奈津美という人間の恵まれぶりを象徴するようだ。 晃は劣等感に苛まれながら奈津美のブラジャーを剥ぎ取った。

 豊かな乳房が零れ出す。

 カップはEかFか、28歳とあって少し崩れてはいるが、突き上げればさぞかし揺れるだろう。

 乳輪と中心の尖りは初々しいピンクで、男の扱いに長けるイメージとはややギャップがある。

 ボディラインはスレンダーだ。

 縦に一筋入った腹筋はスポーツジムの女を思わせる。

 海で焼いたのだろうか、肌がほどよく色づいた中で乳房だけが白い。

 晃はさらに奈津美のベルトに手をかけた。

 ベルトを外しロングパンツを脱がせると、黒のストッキングが視界に飛び込む。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 2812345...1020...最後 »

このページの先頭へ