相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜①)」【告白体験談】

何かで見たが 「初夜は 合意の強姦だ」と云う言葉がある。確かに初夜には 肉体的のみならず、精神的にも当事者‥特に 花嫁の心の問題を無視して、コトが 運ばれる傾向が強い。それは時に 花婿の恣意でも無く、時の権力者とか 村やその一族の権力の維持のために行なわれる。あるいは権威の事大主義で 形式を維持・厳守したり、権威の統制力を高めたり、性的妄想を 閉鎖社会の享楽に供することもある。

それは多く 性と言う非公開の個人的な秘事に、その手続きがあることで 第三者が公然と介入する根拠にされる。つまり‥極まりだから 悪いけど‥堂々と形式を執り行わせてもらうよ‥と云う訳である。考えれば このブログで私が書いた記事の中にも「新規参入者の 一族との和合」「特殊な血統の 濃縮維持」「媾合可能年齢(初潮・精通)の 通過儀礼」「血族の俸禄継承のための 嫁姦」「夜這い対策の 女通し」等があった。

その場では 花嫁や女通しを受ける娘の側には、全くと云って良いほど 発言する余地は無い。それも‥ 肉体的に侵されるだけで無く、その行為を一般に公知することが 付帯で無く‥本来の目的のように段取られている。花嫁はその初めてその局面に遭遇し、未知だった意外な情況を 肉体的な苦痛と精神的な衝撃を克服して、とにかく消化し‥止まらずに、恥ずかしくてもそれを凌ぎ切って 先へ進まなければなら無いのである。

            

前に書いた「女通し」の場合でも 無垢で清純な生娘は、親戚の叔母が 待ち女郎になって介添してくれるとは云え、始めて会った年配の男の前で いきなり丸裸にされ、男と叔母との媾合の仕方を見せられる。そして男に抑え込まれ叔母に拘束されて 脚を割られ180度に拡げられ、これも始めて目にする巨大なマラを オメコに割り挿れられる。そしてオメコに熱い子種を浴びせ掛けられ 男と女のスル‥一通りを教え込まれるのだ。

更に娘は その余韻も覚めぬ内に、広間で酒盛りをして待つ 親戚の連中に、髪を梳き流しの(今‥ヤラれて来ましたと 言わんばかりの)姿で、股の間のマラの異物感を感じたまま、ガニ股で這い出して 報告とお礼の挨拶をさせられる。場合によってはその場に 破瓜の鮮血に染まった敷布が披露されるのである。その姿を見て 宴会は大いに盛り上がり、一同はその嗜虐的な刺激を基に 家に戻って銘々に媾合に励むのだろう。

この場合でも肉体的な破瓜と 精神的な被虐的な露出の強姦性を比べるなら、明らかに 精神的なトラウマの方が遙に大きいことが想定される。このことの連想から 私は、(恐らく そう云う形式が色濃く残っているであろう)皇室などの事情は どうなっているのか?が気になり、ネットで 調べてみた。もちろんネットで‥ 全くの真実が得られるとも思わなかったが、取り敢えず手掛かりくらいは 得られるのでは無いかと考えたのだ。

その結果‥判ったことは 果たして次のような 大変な形式に満ちた手続だった。もちろんこれは 真実であるか否かは保証の限りでは無いが、如何にもそれは 〝在りそうなこと〟である。そしてその行事の 精神的な拷問性は、生まれてからズッとそんな感覚に馴れている皇室育ちの人間よりも、新たに民間から皇室に這入った人間への 衝撃が大きく、その心中は察するに余りがあり 私などは想像しただけで昂奮してしまった。

資料は 「皇族ってセックスの知識どこで入手するの?」2006-02-08T⑩:28:05+09:00 《VIPOIR:vip板観測所(a view point of VIew Point より)》である。興味のある方には 是非とも原文のご一覧をお奨めする。以下の説明は 私が多少ともアレンジしたり、一部‥表現を 変えている処があるからである。皇族の結婚式は もちろん昼間の、宮中三殿での行事には 何の不思議も問題も無く、違和感は その後の行事である。

『皇族の初夜の儀式は 「入浴潔斎の儀」から始まる。昼間の儀式は 宮中三殿の賢所で行う「賢所大前の儀」や、親と子の杯を交わす「朝見の儀」など、正式な束帯と十二単の衣装を纏うのが 大変だが、間違え無いように 試行も行なうだろうし、間違えたら付き添いが直してくれるから 問題は無い。』

まぁ‥ここまでは 肉体的な疲労ぐらいで、馴れてい無いと 地髪を鬢付け油で固めるのが‥固めるのも落とすのも 大変だと云うくらいいの事である。

『それらの一連の結婚の儀を 滞り無く終えると、いよいよ初夜を迎えるための 準備の行事になるが その最初が「入浴潔斎の儀」である。簡単に云えば 風呂に這入って身を清めるのだが、その入浴たるや 昼の疲れを洗い流す‥ようなものでは無い。

それはその日 結婚の式を終えたばかりの男女が、その意志に関わらず 執り行われる、神聖な初夜を迎えるための 儀式を超えた‥実質的には検証の入浴なのだ。

女‥花嫁は 巫女と呼ばれる女官(正式には 神社の処女の娘とされるが、実際に行われるのは 大概‥皇族に仕える中高年の女性だと云う。(そりゃぁそうだろう‥ 未通の処女では、これから入浴を兼ねて行う‥ 女が処女か?媾合に耐え得るか?の検査など‥出来はし無いのだから‥)

巫女は 女(花嫁)と一緒に入浴する。浴室に入ると女は (少し‥股が透き弛むくらいの 足の間隔で)仁王立ちに立たされ、それからはそのままの形で、一切‥自分では 自分の身体に手を触れてはなら無いのだと云う。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月26日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【風俗】久しぶりのデリヘルが大当たりだったんだが、興味ある?【告白体験談】

385 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/08/12(水) 23:57:33 ID:fOG9gBLd0 [1/6]

ダチと飲んだついでにデリ呼んだら、どまんなかストライクの子が来た。俺、ストライクゾーンかなり低いから、基本的にリアル3次元は苦手。窓、真っ黒にした車で女子高の通学路、風にゆれるスカート見ながらシコシコ、たまにチラっとか見えると瞬間どぴゅ。そんな俺に、デリの子でストライクなんてありえない。酔った挙句の、気の迷いだったんだろうと思って、でも記憶があんまり鮮烈だったから、翌日、また呼ぼうと店に電話してみた。そんな子、いないって言われた。



386 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/08/12(水) 23:58:36 ID:fOG9gBLd0 [2/6]

どうしても諦めきれなくて、一週間後、また店に電話してみた。”今日は出てますよ。めったに出てこない子だから、ラッキーですね”再会したら、酔ってなくても、まさにどまんなかだった。でも、カゼひいてるとかで、ふらふらしてる。おいおい、そんなときに働くなよって思ったけど、おでこに触れたらホントに熱い。かわいそうになって、2時間、ただ寝かしてた。



387 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/08/12(水) 23:59:26 ID:fOG9gBLd0 [3/6]

さらに1週間後、今日出るよってメールがあった。仕事ほっぽり出して、近所のホテルに飛び込んだ。かわいい。高校を出たばかりの18才、背が150cm、さらさらの長い黒髪。真っ白で、きめの細かい、すべすべの肌。抱きしめたら折れそうな細い体、すらっと長い足、大きくはないけど、形の良い胸。ピンクの乳首。小さな顔に、こぼれそうな笑顔。風呂で、洗われただけで、イった。



388 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:00:15 ID:fOG9gBLd0 [4/6]

通販で、ひらひらのメイド服や、制服、ミニ浴衣、巫女装束も着せた。下着はいつも真っ白。たぶん、俺の好みに合わせてたんだろうと思う。ラジコンのバイブ仕込んで、雑談しながら時々ON。びくっとするのに萌えた。コス着たまま、挿入も許してくれた。俺、一応所帯持ちだし、小さい町だから、バレると大事になるんで、外の世界で会うことはなかったけど、楽しかった。



389 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/08/13(木) 00:00:55 ID:fOG9gBLd0 [5/6]

半年くらいたって、仕事やめるから、もう会えないって言い出した。なんでも、彼氏ができて、その付き合いを親に大反対されたから、家を出て同棲するってことらしい。この仕事は、彼氏には内緒。もうこんな仕事、絶対しないって涙流してた。ちなみに、彼は高校中退、整備士見習い。現役の珍走。




告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年1月23日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

【姉】姉は家庭教師 コスプレ着せ替え人形【告白体験談】

「もう〜、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」

姉はあきれ返った様に俺に言う。

「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」

俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。

このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。

姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。

その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。

同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。

そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。

「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?

 早く、次の問題っ!」

「わ、わかったよ…」

と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。

「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、

 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月10日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【風俗】霊感デリヘル嬢 【告白体験談】

半年前に仕事をクビになり、新しい就職先は見つからず、貯金が底をつき、アパートを追い出され・・・

ホームレスに落ちぶれるくらいなら、死んだ方がマシだ

手元に残ったなけなしの1万円札を見て、最後に女を味わってから、この世を去ろうと決心。

1度だけ利用したことのある上野の人妻系デリヘルに電話しました。

ホテル代が4000円、デリのクイックコースが6000円。

それで僕は無一文。どっかのビルの屋上から飛び降りよう。

やって来たデリ嬢は、僕の顔をまじまじと見つめています。

「ねぇアナタ、もしかしたら、自殺とか考えてない?」

どうしてそんなことが分かるのか、聞いてみると、少し霊感があるという不思議な女性でした。

なんだかわかんないけど、プレイもせずに身の上話になってしまって・・・

すると彼女がこう言ったのです。

「ウチの店、今スタッフ募集してるから、私から店長に話してあげるから働きなさいよ。お金がたまるまでは事務所に寝泊まりさせてもらいえばいいのよ。24時間営業の店だから、仮眠するところも布団もあるし」

「でも風俗店の仕事なんて僕は・・・」

「甘えたこと言わないの。死んだ気になれば何でもできるわよ」

彼女は救いの天使なのでしょうか?


告白体験談関連タグ

|||

2013年11月26日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

【彼女・彼氏】ガチでエロゲっぽい状況になった。10 【告白体験談】

426名前:1◆7Tfcx3eoEA[]投稿日:06/04/1223:39:12ID:7Mgx2sao

俺は親戚ちゃんを好きだし、結婚したら親戚ちゃんと子供がいつかは欲しいと思うけど、親戚ちゃんが好きだからこそ子供を出来る限りの環境で育てたい。



でも、親戚ちゃんはなんというか…好きな人との子供がいればもっと楽しい?

見たいなスタンスなんだろうな。



でもって、子供に学歴とかが必要で何かなりたいものがあれば援助してやれるだけのバックボーンがあるべきと俺は思っているけど、愛情込めていい子に育っ

てくれれば仕事が何でも幸せに生活できる、みたいな考えなんだな。



お話の中では親戚ちゃんみたいな考えでもいいかもしれないけど、確かに一部

では実際そのとおりだと思うけど。

どうしようか考えた。



実際どうなんだろうな…。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年8月19日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【姉】僕の姉 コスプレ着せ替え人形 【告白体験談】

「もう〜、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」

姉はあきれ返った様に俺に言う。

「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」

俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。

このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を家庭教師に抜擢した。

姉は高校二年、俺とは違い、成績優秀、県内の進学校へ進み、そこでもトップクラスだ。

その上運動神経もよく、ルックスもいけてる。

同じ姉弟で、どうしてこんなにデキが違うのだろう。

そんな姉に俺はずっとコンプレックスを感じていた。

「もうっ。いつまでボンヤリしてるの?

 早く、次の問題っ!」

「わ、わかったよ…」

と言ったものの、すぐに行き詰ってしまう。

「ねえ。○○ってさぁ、高校行ったら何やるとか、

 将来何になりたいとかっていう、そう、夢とかってあるの?」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【友達】スッチー事情 【告白体験談】

セフレ(セックスフレンドの略です。昔は妾であったり、2号という呼び方が多かったですね。まぁ妾と言われたのは戦前のまだ妾を持つことが法律で認められていた時代のことですけどね。戦前は貧富の差が激しかったですから、お金持ちの妾になれることはやはり嬉しいことでした。例えば「備中聖人」と言われた山田方谷にも愛人がいたようですね。おじいさんになってから、若い女の子の世話をしていたようです。山田方谷と言えば、大前研一が大尊敬するという河合継之助の師匠ですね。方谷は管仲か諸葛孔明みたいな人です。佐藤一斉の教える昌平黌の塾頭を務め、佐久間象山といつも議論していたようです。象山は方谷に一度も議論で勝てなかったようです。方谷の作った漢詩を調べてみるとペリーの頃には「江戸幕府は潰れる」旨の論述をしていました。すごいですね。「家康が拵えた着物を吉宗や水野忠邦、松平定信が洗濯をしたが、もうボロボロになってしまってこれ以上洗濯できない。」ということを書いています。)のJAL(稲盛さんが会長に就任して、しばらく経ちましたね。稲盛さんは従業員と客を搾取して、自分だけいい格好して寄付などをしていると悪評高い方ですが、それが真実かはさておき、JALのいい加減な経営は更正してくれそうな気がします。期待しましょう。)のスッチー(スチュワーデスです。最近は客室乗務員と言われますね。でもいちいち、名前を変える必要があるのでしょうか?男はパーサーでいいと思います。看護婦さんも、最近、看護士と呼ばねばならなかったり、面倒くさいですよね。では尼さんを、僧侶と呼ばねばなりませんし、妻も配偶者と呼ばねばなりません。アホくさい話です。)との話です。



彼女(セフレのことです。)が東京(昔は「木綿のハンカチーフ」や「とんぼ」に象徴されるように、皆、東京に憧れがありましたが、最近は東京も近くなりました。面白いことですが、うちの田舎から東京に来た人はみな「なんかバカにされてる気がする」「東京は暗い」「東京の人は冷たい」という印象があるようですね。下町の肉屋さんや八百屋さんも、こち亀の漫画ほど人情に富んではいません。だいたい、愛想笑いすらしない店がほとんどです。田舎ではそんなことありえませんからね。不況だと言いつつ、やるべきサービスをしてないのが現状でしょう。むしろ下町よりは麻布十番や自由が丘の方がはるかに、皆の顔が明るいですね。ちなみに私は人生をかけて日本人の顔を明るくしようと思っています。ま、自分の勤める会社が潰れて、来週には職も寮も失うんですけどね。はは。まだ、次の職もアパートも見つけていません。)に来るときはいつも、



その滞在するホテルに押しかけてエッチ(よく知られていることですが「えっちする」という言葉は明石家さんまさんが作ったようですね。自分としてはさんまさんとしずかちゃんが一緒に作った気がします。しずかちゃんで思い出しましたが、白川静さんによれば、孔子のお父さんも老齢の時に巫女をしている少女と交わっていたらしいですね。それでできた子供が孔子のようです)していました。



恐らく隣の部屋や廊下に、声が漏れ(昔は2ちゃん用語で「漏れ」という言葉がありましたが、最近めっきり無くなりましたね。「オマエモナー」とか「香具師」「逝ってよし(藁)」などという言葉も無くなりました。2ちゃん用語でないですが「チョベリグ」や「オッハー」などを知らない子もいるんじゃないでしょうか。)ています。



「恥ずかしくないの」と訊くと、「みんな、男を連れ込んでる」(本当に全員なわけないですけどね。中には貞淑な子もいると思います。)とのことで、

あの声(おもしろいですよね。なぜ、気持ちいいと声が出てしまうのでしょうか。私も上手に性感マッサージをされると声が出てしまいます。あれは恥ずかしいですね。恥ずかしいで思い出しましたが、私の人生も恥ずかしいですね。アラサーで童貞というのも究極に恥ずかしいですし。やはり何より恥ずかしいのは中2病ですね。「こんな文章を書くなんて今でもお前、中2病だろ」だって?そう思います。自分でも気づいていない、病んだ部分がたくさんあると思います。優しい人は、細かく指摘してくれますが、そうして下さるとありがたいですね。人生を変えてくれます。人生で思い出しましたが、「ライフプランニングが必要と言うことをどの本でも書いてあったので、何回も一生懸命プランしましたが、全く、描いた通りに行きませんね。頭がいい人は、プランを立てなくても見通しが利くんでしょうかね。悪いと、下手な頭でいくら考えても、いくら頭のいい人が書いた本を読んでも、見通しが利かないんですよね。困ったものです。ケセラセラという歌を聴くと、少し心がほぐれます。ケセラセラはスペイン語で、意味は「LetItBe」と同じようです。歌詞の生き方が正しいかわかりませんが、聴くと希望が沸きます。)を聴かれることが別に珍しくないようです。



同僚のあの声が聴ける職場だなんて、うらやましい限りですね。



出典:2ちゃんねる

リンク:  

告白体験談関連タグ

||||

2013年8月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【マニアック】豚巫女 【告白体験談】

郊外の資材置き場の駐車場にとめられた車の中に一人の男が座席を倒して寝ていた。

もし霊能力の有る人間が見たら、男の頭から白いヒモが出ている事に気づいたかもしれない。

離脱した男の魂は別の場所に居た、今は木の柵に囲まれた土地の中に居る大きな豚に憑依していた。

豚は深く深呼吸をしながら瞑想し、霊力を高めている。

男がブタに憑依して霊力を高めているのには理由があった、数ヶ月前から幽体離脱が出来るようになって男は、

他人に憑依して操り、時には女をレイプしたり、時には女に憑依してレイプされてみたりもした。

散々楽しんだ男はさすがにだんだん飽きて来ていた、だがその時偶然見かけたネットの掲示板に興味深い事が書かれていた。

何でも、哺乳類の精子であれば人間の卵子とも受精すると言う事が書かれてあった。

着床には至らないらしいが、人間の卵子にケダモノの精子が群がり受精するさまを想像すると、男は居ても立っても居られなくなった。

男が憑依した生き物は霊力を込めれば多少の改造が出来る、精力絶倫にしたり巨根にしたり精子の量を増やしたり・・・・・・

もしケモノと受精した受精卵に霊力を込めて強化したら・・・・・・男の中で黒い欲望が膨れ上がっていった。



どうせなら面白い交尾をする動物に憑依したほうが楽しい、男はネットで検索した結果、豚に憑依することに決めた。

依代(よりしろ)になるブタを見つけてから4ヶ月。男は毎日豚に憑依しては瞑想で豚自身の霊力を高め、

高めた霊力で豚の性器を強化し、精子も生きがよくなるように強化した、元々大きかった豚だったので素質はあったが、


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:マニアックな告白体験談

【看護婦】地元の病院【告白体験談】

交通事故で入院した時、偶然中学校の部活の後輩が2人いた。正直2人とも凄く綺麗になっていて病室で会った時全く判らなかった。二歳下の舞が検温に朝来た時、「自分覚えてますか」と話し掛けてきてそこで後輩の舞だと知った。舞が「繭美先輩も働いてますよ」と教えてくれた。後で繭美(一つ下)が舞に聞いて夕方仕事終わった後2人で遊びに来た。中学時代に部活人数少なくて辞められないよう可愛いがってきたことを勘違いしてたらしくやたら感謝された。それから2人とも暇な時遊びに来てくれた。繭美がたまたま入浴の手伝いの時後輩に体洗っていると思ったら息子が勃起した。繭美そしたら耳まで真っ赤にして照れていた。患者の体洗ったり彼氏とエッチする時散々見ているだろうとカラかったら「体洗った時とか下の世話の時見る年寄りのあそこと違うから」とゴニョゴニョ言うから「彼氏のは」と聞くと「私も舞もまだ彼氏いないから」と言ってきた。それを聞いたら息子よりビンビンになったら繭美、息子に目が釘付けになっていたから手を息子に導いて擦らせた。ナース服の後輩に風呂で擦らせた事で瞬く間にイッちゃった。繭美に擦ってもらっている最中に繭美のあそこ触ったらヌルヌルだった。夜夜勤だった舞が繭美から話し聞いたらしく見回り終わってから部屋に来た。舞に手コキの仕方教えさせている最中にナース服のボタン外して下着取って胸とあそこ、いじりまくった。フェラさせてから舞を上にさせて初めてを頂かせて貰った。繭美の初めても夜勤の時頂いた。素直で大人しくて仲の良い2人だからかな、嫉妬とかなくて夜勤の時は抱かれに来た。退院してからは自分のマンションの近くに引っ越ししてきて毎日自分の部屋に2人仲良く遊びに来ますよ。最近は巫女やメイド服といった色んな衣装をネットで買ってきて自分に尽くしてくれてます。いずれどっちかと結婚すると思うけどそれまで楽しみます。

告白体験談関連タグ

|||||||

2013年7月22日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

【高校生】巫女さんのバイト【告白体験談】

高2のお正月に神社(結構大きなところ)で巫女のバイトしたときのはなし。

やりたいと思ったのは申し込み時期が大幅に遅れた秋だったけど、

近所に仲のいい神主のお兄さんがいたからコネで後から入れてもらった。

とても天候が悪くて客足が遠のいていた日、そのお兄さんに神社の奥で襲われちゃった。

前からちょっとかっこいいなって憧れてたから、だまってえっちされてた。

今思うとすごいドキドキな体験だ…w

その日はすごく天候が悪かった。

あたしは仲良しの友達と一緒に『おみくじ売り』に振り分けられた。

雨のせいで客足が遠のいてるせいか、おみくじ客の数と売り子をしてる巫女の数が全然合ってない。

明らかに売り子の巫女が余ってる。

すごく暇だったからお客さんが来ないときは友達としゃべりっぱなしだった。

午前中、様子をみた結果売り子を減らすとこになったらしく、本職の巫女さんが「三人ほど別の仕事に回す」と言った。

運悪くあたしはその余り三人に入れられちゃって友達と離されて、あたしを含むバイトの巫女三人は別の場所へ連れて行かれた。

三人のうち二人は『祈祷申し込み場所の受付嬢』、残った一人は『神主さんの祈祷の前にお客さんに神酒をわたす』仕事。

で、後察しの通りあたしは後者になっちゃったんです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年7月13日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談
1 / 212

このページの先頭へ