相互リンク先の更新情報!

【出会い系】初めて会った人妻を妊娠させた 【告白体験談】

716:なまえを挿れて。:2012/07/27(火)16:15:13

営業職です。平日昼間、仕事中に人妻とエッチしてます。



夜とかは出られないからなあ。



717:なまえを挿れて。:2012/07/27(火)21:27:51

>>716

羨ましい。



風俗で美女とエッチするより、



出会い系で見つけた平凡な人妻とセックスするほうが何倍も興奮する。



ナマで出来るからという理由もあるかもしれないが。。




告白体験談関連タグ

||||

2016年1月4日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【出会い系】子供ができる時ははっきりと分かる 【告白体験談】

 お見合いで結婚、恋愛結婚、政略結婚、色々あるとは思うけど、出会い系で結婚というのもアリなのかなと思う。俺と嫁さんも出会い系でお付き合いを始めて、昨年デキ婚して今は3人で暮らしてる。

 子供を授かるときはハッキリとわかる。去年の今ころ、二人で車に乗って小旅行。宿では嫁さんがネコのように身体を擦り付けてきたり、上目遣いでジッとこちらを見つめたりと、いつもとは違う不思議な雰囲気。思わず抱き寄せて激しくDキスしていた。

 俺にまたがった嫁さんは、浴衣の帯を解くと前戯もそこそこに入れてきた。こっちも興奮してたのか、信じられない程硬直していて、出入りするたびに嫁さんのヒダヒダが絡みつくのがはっきりと分かった。嫁さんは自分のペースでゆっくりと、優しく身体を前後させて俺を射精に誘う。嫁さんの足首を握って耐えたけど、もう限界だった。あんなに激しく大量に射精したのは初めてだった・・・。




告白体験談関連タグ

||||

2015年12月18日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【彼女・彼氏】嫁「ここにテント張ったら駄目ですよ」俺「?熊が出るの?」嫁「【告白体験談】

874:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/28(土)03:43:26.91



夕暮れが迫っていて慌てて作業をしていると

後ろからいきなり声を掛けられた。



嫁「ここにテント張ったら駄目ですよ」

俺「?熊が出るの?」

嫁「(怒)家の私有地です!」



しゃがんで作業してた俺の視線のちょうど入った

デニム地のショートパンツから伸びた嫁の脚の白さが印象的だった。





876:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/28(土)14:21:48.14




告白体験談関連タグ

||||||||

2015年7月22日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【職場】初パイズリは37歳 【告白体験談】

私はサラリーマンとして中間管理職というポジションで働いています。

妻と子が二人いてどこにでもあるありふれた家庭です。



私はおっぱいが好きで、妻はDカップあって満足していた。

基本的には今でも毎週セックスしています。

ある日、私の下に新人の女子社員が配属されてきました。

ポニーテールがよく似合う若い娘で顔は芸能人で言うと瀧本美○さんに近い。

背は160センチくらいで普通。

まだ初々しいリクルートスーツに胸の膨らみがボリューミーでした。



彼女が配属されてから数日、歓迎会で話をして評価を得たいのかかなり話をしてきた。



それから仕事をする上で、二人で営業に行くこともあり

帰りに呑みに行く機会が何度かあった。

当然私みたいなスケベ親父はおっぱいが気になって仕方がない。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました 【告白体験談】

俺は、いわゆる寝取られ性癖の28歳独身です。付き合って2年の彼女はいますが、寝取られ性癖だと言うことは打ち明けていません。

正直、彼女が他の男とセックスするところを見たいと思っていますが、俺が主導で彼女を他人に抱かせるのは、寝取られではなく、寝取らせだと思っているので、そうしようとも思っていません。



俺は、あくまで寝取られ性癖で、寝取らせ性癖ではないので、彼女が寝取られる日が来るのを気長に待つ毎日です。





俺が寝取られ性癖に目覚めたのは、大学時代のことです。当時バイトしていたファミレスで、ホールを担当していた俺が、キッチンを担当していた加奈子と付き合い始めました。

加奈子は大学3年生で、俺が2年生。彼女は、一つ年上でした。



でも、可愛らしい感じの彼女は、年上という感じはなく、俺は年下のような感じで接していました。

俺の人生で初めて出来た彼女でしたが、彼女は俺の前に2人と付き合ったとこがあったようでした。そして、色々と彼女の過去を聞きたがる俺と、聞かれたことには素直に答える彼女の影響で、俺の寝取られ性癖は徐々に形作られていきました。





加奈子は、バイト先のファミレスで、何度も店長にホールに移って欲しいと言われるくらいにルックスが可愛らしい子でしたが、恥ずかしがりで人見知りだったので、キッチンから移動することはありませんでした。

彼女の、整形疑惑が出るほどにぱっちりした二重まぶたと整った顔立ちは、少し外国の血が入っているんじゃないのかな? と思うほどでした。今でこそ増えたハーフタレントみたいな感じで、今でいうと、ダレノガレという子をもう少し日本人寄りにした感じの顔でした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年6月7日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】りん様の記憶:彼がはじめて遊びに来た日 【告白体験談】

今回のりん様との想い出には元彼が登場します。

当時付き合ってた元彼です〜

元彼とは大学時代から付き合ってて、卒業とともに遠距離恋愛になってました。

で、この時にはもう、まよはりん様のマンションに転がり込んでて。

周りにはルームシェアしてるってことにしてました。

。。。妄想ですけどねw

あの。。。昔の日記を編集するの面倒になったので、とりあえずほぼそのままアップしてみますね。

も、もうそうですけどね。。。



妄想「りん様の記憶:彼がはじめて遊びに来た日」



実は先週、彼氏が遅めの夏休みをとって、遊びに来てくれてました〜〜

17日から月曜日まで。

めっちゃ楽しかったですよ〜

その間に、りん様にされたことを、彼は知らないで無事元気に帰っていきましたw


告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月7日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】内緒で付合っていた彼女が王様ゲームで見せた本性 【告白体験談】

こんにちは、幹夫と申します。



僕は顔はジ○ニーズ系で、女の子からはモテる方ですが、男の子からはイジられるタイプです。

そんな性格のせいか、彼女になる人は強気な女の子が多いです。



コンプレックスはチ○コが細い所です。

体つきも細いので、外人さんのチ○コみたいに太くて逞しい物に憧れています。

彼女からも、気を使われて「大きいと逆に痛いだけだよ・・・」なんて慰められる事も有ります。



今からお話するのは、僕が19才の大学生の時のお話です。



僕は「ダーツサークル」に入っていて、当時は今みたいにダーツバー等が余り無く、ハードダーツで練習して、その後は飲みに行くのが定番のサークル活動でした。

意外にオシャレなイメージが有るのか、女の子が多くて、可愛い娘も多かったです。



サークルの中でも、僕は母性本能をくすぐるタイプらしく、結構モテた記憶があります。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年5月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた3 【告白体験談】

普通の恋愛に興味がなくなってしまった私は、人妻や彼氏のいる女性にしか興味が持てなくなっていた。それを寝取り、崩壊させることでしか満足感を得られなくなってしまった私は、面識のない人妻等ではなく、極近い見知った人妻に興味を持ってしまった。



そして、私の会社のエースと言っても良い間宮の妻にターゲットを決めた。慎重な私は、いきなり私が行くのではなく、知り合いの巨根の性感マッサージ師の松永にまずは堕とさせることにした。



それは想像以上に上手く行き、美帆はあっけなく堕ちてしまった。松永から受け取った報告のビデオの中で、最初は夫を守るために仕方なく、嫌々抱かれているという感じだった美帆は、最後には自らお掃除フェラをして、もう一度抱いて欲しいとねだるまでになっていた。



あまりにも劇的な堕ち方だが、間宮のペニスは小さい上に早漏だと聞いていたので、本当の快感を知ってしまった美帆がそうなるのも、やむを得なかったのかも知れない。



そして、夫に秘密を持ってしまった美帆は、会社の中でも時折苦悩の表情を見せるようになっていた。

ただ、美帆は松永とのことは、無かった事にしてくれと言った。忘れて欲しいと私に言った。そして、美帆もそのことを話題にすることは一切無かった。



しばらくそんな日々が続いたが、私はそろそろ次のステップに移ろう思った。

まずは、間宮を出張に出すことから始めた。間宮には、大阪に本社があるクライアントを担当させた。そして、1週間の日程で出張に出した。



美帆は、間宮がいないことで少し寂しそうにしていたが、どことなくホッとしたような感じにも見えた。事情はどうあれ、夫を裏切ったことが彼女の重荷になっているのだと思う。夫とは、会社でも自宅でも一緒なので、常に責められているような感覚に陥っていたのかも知れない。そして、つかの間夫と離れたことで、精神的に多少楽になったのかも知れない。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年4月4日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【教師・先生】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった4 【告白体験談】

前回↓





最終電車だったからもう日付が変わりそうだ。



夜遅く、やっと自分のアパートに帰ってきた千佳は、玄関で1つ息をつく。





千佳 「……ふぅ……」





そして部屋に上がると、すぐに浴室に向かいお風呂に入りにいった。





今日もいつものうように駅まで送ってくれた康介。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年3月17日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

【近親相姦】やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子2 【告白体験談】

康太は、念願叶って大好きな母とキスができた。出張で父親がいない今日、かねてからの計画通り、ネットで入手したラリホーの素ですっかりと深い眠りについた母。



康太は欲望のままに大好きな母の唇を奪い、口内に舌を差入れかき混ぜた。康太は、いつの頃からか母に恋愛感情を持っていた。母は、とても中学生の子供がいるようには見えないくらい若々しい。そして若々しいだけではなく、本当に可愛らしいルックスをしている。ぱっちりとした大きな瞳、肩より少し長い程度の髪は、より彼女の若々しさと可愛らしさを強調している。



そして、普通にセーターを着ているだけでも、主張しすぎなほど主張する胸。康太を育てたことで多少垂れてしまったかもしれないが、それでも充分に重力に逆らい、つんと上を向いている。

康太は、母が薄い紫の縦に織り目の入った長袖のセーターを着て、その上にピンク色のエプロンを身につけている姿が好きだった。

もっと露出の多い格好をするより、下手したら下着姿よりも、ずっとエッチだったからだ。



そんな母が今、身動き一つせずに目の前にいる。康太は震える手で、母のその大きな胸に触れた。パジャマの上からでも、柔らかい中に張りがあるのがわかる。そして、すぐに手の平に小さな突起が触れる。母は、寝る時はノーブラだ。たまにパジャマに乳首が浮いている時があり、そんな姿を見た夜は、康太は必ずといっていいほどオナニーをする。



(あぁ、柔らかい……。やっぱり大きい……)

康太は、徐々に大胆に胸を揉み続ける。どんどん息が荒くなっていく康太は、もう欲望の塊になっていた。



康太は、母のパジャマのボタンに手をかける。さすがに少し手が震えたが、一つ一つ外していく。そして、思いきりはだけさせると、母の大きな胸が姿を現わした。

(あぁ、スゲぇ綺麗だ……)


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年3月12日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談
1 / 16312345...102030...最後 »

このページの先頭へ