相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】婚約中の深谷真紀子さんを車の中で・・・ 【告白体験談】

会社の同期の深谷真紀子さん(仮名)が結婚することになり、お祝いの会がもうけられた。



深谷真紀子さんは結構飲まされていて、帰りの方角が同じだったので先輩の女性と真紀子さんを車に2人乗せて、夜中に僕が送って(僕はウーロン茶しか飲んでいなかったので)帰ることになった。



先輩の女性を自宅付近の公園に降ろし真紀子さんと二人に。

ハザードをつけて停車し、音楽を消してゆっくり話す。



「久々にたくさん飲んだわー。何かスッキリした。Pくんと同期で入社してもう○年くらいねー。5月に結婚して子供ができたら彼は仕事をやめて家事・育児に専念してっ、て言われてるのよねー」



「へえ、もったいない。真紀子さんは仕事、完璧にできるから、営業は真紀子さんにアシスタントしてもらえるといつも助かってた。

仕事の才能あるのにもったいないわー。

普段おっとりしてて、男から見て女性として魅力的。

旦那になる人がうらやましいわ。」



「ありがとう。そう言ってもらえると何かうれしいわ。Pくんとは新入社員で入社して研修からずーっと一緒に会社で苦楽を共にしてきた仲間だから、仕事辞めて離れるのさみしいわ。」


告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年7月31日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】サッカー日本代表のせいで妻を落とされました 【告白体験談】

私は26歳で、スポーツ音痴なサラリーマンです。

妻も26歳で出産を前にして退職し子育て、専業主婦です。



妻は日本代表の香川選手がタイプだという理由のみで、Jリーグが何チームあるのかも知らないし、プロスポーツだというのも判ってないみたいで、サッカー大好き、日本代表のサポーターを名乗っています。

先のワールド杯での日本代表の成績は運動音痴、スポーツ音痴の私でも理解できる結果でしたが、日本代表のエースが目標は「優勝」なんて言ってしまったから、妻はすっかりその気でいました。予選リーグなど楽勝に突破すると信じきっていたのです。





妻は、ワールド杯の日本代表戦を見る為に100インチの液晶テレビまで買ってしまいました。

で、当然のように我が家に友人らを集めて日本代表の応援をしようと呼び掛け、集まった15人のにわかサッカーファン。



彼らの大半はタダ酒が飲めることが参加しただけで、大画面で大勢で日本代表の健闘ぶりを見るのもオツかな・・・くらいの盛り下がりでした。



しかし、妻は強いニッポンを信じて疑わず

「ニッポン!ニッポン!」

を繰り返し叫び続けました。


告白体験談関連タグ

||||||

2015年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【浮気・不倫】結婚のお祝い会で西東○香さんと車内セックス 【告白体験談】

会社の同期の西東○香さん(仮名)が結婚することになり、お祝いの会がもうけられた。



西東○香さんは結構飲まされていて、帰りの方角が同じだったので先輩の女性と西東さんを車に2人乗せて、夜中に僕が送って(僕はウーロン茶しか飲んでいなかったので)帰ることになった。



先輩の女性を自宅付近の公園に降ろし西東さんと二人に。

ハザードをつけて停車し、音楽を消してゆっくり話す。



「久々にたくさん飲んだわー。何かスッキリした。Pくんと同期で入社してもう7年くらいねー。○月に結婚して子供ができたら彼は仕事をやめて家事・育児に専念してっ、て言われてるのよねー」



「へえ、もったいない。西東さんは仕事、完璧にできるから、営業は西東さんにアシスタントしてもらえるといつも助かってた。

仕事の才能あるのにもったいないわー。

普段おっとりしてて、男から見て女性として魅力的。

旦那になる人がうらやましいわ。」



「ありがとう。そう言ってもらえると何かうれしいわ。Pくんとは新入社員で入社して研修からずーっと一緒に会社で苦楽を共にしてきた仲間だから、仕事辞めて離れるのさみしいわ。」


告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年5月2日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】若夫婦との交際【告白体験談】

こんにちは、私は33才(妻32歳)の会社員です。先日同じマンションに若い夫婦が引っ越してきました。

引っ越しの挨拶に来た時に、とても清々しい夫婦で若奥さんはとても清楚で感じのいい人でした。そんな若奥さんに家内も共感を持ち、すぐに仲良くなり食事や買い物等で家族ぐるみのつきあいをするようになりました。家内は若旦那に興味があるようで話しているときはウキウキととても楽しそうで、見ている私が焼き餅を焼きかねない程でした。

 ある時、家内とSEXの最中にあの若旦那に抱かれてみたいか?と聞いたところ「エッ、なにいってんの」とまんざらでもない様子、私は、夫婦交換した事を想像してみないか?と言い、その夜は、いつになく妻と共に異常に興奮したSEXをしたものでした。

 そんなある日、若夫婦を招いて我が家で、家内の誕生日パーティーを、する事になり、楽しいひとときを過ごしていましたが、家内が飲み過ぎてしまい、飲みながら寝てしまいました。私とご主人で妻を抱き支えて寝室へ連れていきました。

 その日の朝の妻は、自分の誕生日パーティーに気をよくし更に、以前の若旦那との夫婦交換の話を思い出し、入念に化粧をしていたので、ご主人ともしかして触れあうこともあるかも。また、その乗りで終わってからSEXをしようと話していたので、かなりセクシーな下着も付けさせていた。

 そんな事をふと思い出し、いたずら心でご主人に「家内の着替えを持ってくる間に服を脱がせて楽にしてやってくれないか」とお願いし、着替えを取りに行った後、こっそりと部屋を除いていました、若旦那は家内の服を丁寧に脱がした後、なんと家内にキスをしているじゃ有りませんか。

 しかも片手は妻の内股をまさぐり。。。私はびっくりして、一瞬立ち止り、暫く間を置き、そのまま着替えを持ってなにも見て無かったような振りして部屋へ入りました。若旦那も、ちょっと焦っていましたが、素知らぬ振りをして居間へ向かいました。私は興奮したと同時に、さらに良い事を思いつきました。

 以前家内とSEXのネタにと買った興奮剤を持って居間へ戻り、若奥さんのワインに混ぜ、そのまま雑談を続けていました。暫くすると、若奥さんが私も酔ったみたい、と言いだし隣の和室で寝てしまいました。すかさず私は、ご主人に「さっき見てましたよ、家内を気にいって貰ったようですがと。

 「一度抱いてみないか?」と(*_*)としながら聞いたところ、「ギョッ」としながら「すいません、でも良いんですか?」。 「もちろん交換条件は有るんですけどね」と言って若奥さん勧めた先ほどのワインに催淫剤が含まれていてこと、更に妻は。ご主人を気に入ってることを伝えました。

 問題は、若奥さんが私を受け入れてくれるかが気になりましたが、意外にも若奥さんは、私にも興味を持って居てくれてるらしく、OKの返事。それならと、お互いにそれぞれの夫婦でSEXの準備を進め、途中で入れ替わることで話が纏りました。

 そして、ご主人と事を円満に進める為にルールを決めました。お互いゴムを使用し中出しはしない事。これを機に個別にこっそり会わない事。決して乱暴にしない事。さてルールも決まり実行です、交代の時間は30分後と決め、別々に行動を始めました。私は寝ている家内を揺り起こし愛撫を始め、受け入れ体制を整えた後、妻に「ご主人と変わるから楽しんで」と伝えた。

 驚いた家内を置いて居間に向かいました。その部屋からは既に若奥さんのせっぱ詰まったあえぎ声が聞こえてきていて、私も、そっと和室に入りました。ご主人は、奥さんへの愛撫をやめ、私とバトンタッチし、いそいそと私達夫婦が常に寝室として使用しているベットの部屋へ向かっていきました。

 私は目の前の若奥さんへ添寝し愛撫を始め、そっと顔をのぞくと興奮剤のおかげか既に何度か達していたらしく、意識朦朧と言う感じで私には全く気が付かない様子でした、先ず、指マンで猛烈に若奥さんを攻め出すと、何とも声にならないあえぎ声で私にしがみついてきました、程なくして若奥さんは「ご主人そろそろ来て、お願い」と、何故か初めからご承知のようです。

 私は興奮仕切った、「愚息」をグショグショの秘部に正常位から突き刺しました。若奥さんの秘部は、ヌルヌルで、抵抗無くすんなりと私の物をくわえ込み、それでいて若さ故にしっかりとまとわり付き、つね日頃愛用している妻とのリズムは違い、すぐに絶頂感が押し寄せてきました。其処で慌てず、気を取直しました。

 何度も何度も抜き差しを繰り返し、その都度こらえきれずに漏れる若奥さんの、あえぎ声、清楚な若奥さんも、今では私の胸の下で腰を使うまでに乱れまくり首を振りよがっているのを見たらもう限界です。あっと言う間の爆発寸前、慌ててゴムを着け、再挿入二人で共に果ててしまいました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】衝撃の露天風呂覗き 【告白体験談】

同級生の女子がたった8人だった、ど田舎の中学の体験ですみませんが、修学旅行の時、こっそり独りで離れた女露天風呂を覗きにいくと、ちょうど女子が、バスタオルを巻いたまま、円になって、湯船につかっているところでした。

『あれ?お前等バスタオルを湯船にいれたまま入るのはまずくねぇか?』

そう思っていると、1人の女の子が、気まずそうに小声で

「ねぇ…やっぱりバスタオルはダメなんじゃない?………」

と言いながら、他の女の子達を見渡した。すると、

「そうだよね……………」

と数人が答え、しばし沈黙が流れた。

「フフフフ……………」

沈黙に耐え切れず、全員が照れ笑い。

そして、また沈黙。

「先生に見つかったら怒られちゃうかな…」

少しふざけた感じで、バスタオルに手をかけながら1人が立ち上がると、つられて全員が立ち上がり、同じくバスタオルに手をかけた。



しかしそのまま全員が固まり、緊張した表情でしばらくまた微動たりせず。

「アハハハ……………」


告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月22日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【人妻・熟女】妻と20年来の友達【告白体験談】

私52才、妻46才の夫婦です。

友達の政雄さんとは以前、同じ職場で一緒に働いていました。お互い20年来の友達ですが、どうやら妻は織田ゆうじ似の政雄さんが自宅に遊びに来ると意識しているのが解りました。

政雄さんも結婚はしています。

そして妻の生保の顧客でもあります。

政雄さんには昔から本当、綺麗な嫁さんで羨ましいよ!って言われていました。正直、私も自慢の女房です。

割と長身でスタイルが良く特に脚が綺麗なんですよ!

妻と付き合い始めて初めて関係した時でした。アルコールが好きな妻は食事の際に飲んだアルコールで酔ってしまいホテルに入り、そのまま関係してしまいました。セックスの真っ只中、妻の中で動き足フェチの私は興奮して妻の脚から爪先裏まで触っていました。私も妻も久し振りだったせいか凄く興奮していました。酔っていたのもあり妻の様子を伺う為、悪戯に態と両足指に鼻を当て深く動いてやったのです。

当然の事ながら妻は大興奮。

恐らく妻も足指舐めは私が初めてだったみたいで足を強く引き逃がしました。

綺麗な顔に似合わず爪先は蒸れ濃厚な匂いがしていました。私も妻も大興奮してしまい妻は悲鳴を上げ直ぐ逝ってしまい私も久し振りの濃厚な女臭に大爆発してしまいました。

そんな訳で以来、妻もフェチ的なセックスに興奮を覚えました。

政雄さんも女臭が大好きで私と同じ足フェチなんです。

同じ趣味を持つ同士でお互いの妻の黒ストッキングを交換した事もあります。

一度、妻が他人としている所を、どうしても見てみたいと思った事があります。

もし政雄さんだったら?


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】パチナン【告白体験談】

先日、夕方から駅近のパチ屋で『慶次』打ってたら、俺の隣の角台が空いてすぐに40才overと

思われるハデな女が座った。

ちょっとキツめの香水を漂わせていたので水商売系かな?と思いつつも俺は確変中だったので

台に集中。しばらく大人しく打ってたみたいだけど、気が付いたらお隣さんはかなりイライラしてたみたい。

ちょうどコーヒーレディが通ったんで、俺は出玉でアイスコーヒー2つ注文。

数分後、アイスコーヒーが届いたので、

「よかったらどうぞ…」

と渡すと一瞬笑顔になって、

「え、いいの?あ、ありがとう」

と言って受取って、

「この店ってあんまり回らないのかしら?」

とボヤいていたので、

「4円だし…こんなもんじゃない!?」

と言った瞬間、彼女の台がSPリーチに発展、そして何と大当たり!!

その後、5連チャンで終了したので、彼女も打ち止め。そして出玉流して一緒に換金所に…。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】足とオマンコが臭いんです。【告白体験談】

真夏の暑いころ、僕は友人の松本と遊ぶ約束をしていた。

そして、遊びに行った日松本が少しおかしかった。

「やあ、よくきたね・・・」

「当たり前ジャン遊ぶ約束したじゃん」

「じゃあはいって・・・」

表情はさえないし、声も暗い。どうしたのかな・・・

そしてゲームセンターなどに行って、ゲームをしたりして遊んだ。

そして、松本の家に戻った。

「今日は楽しかったね」「ウン」

すっかり元に戻っていた。

すると、急に

「私の足をにおって」と言い出した。しかも真顔だ。

「何を急に言っているの」と言った。

「私の足のにおいが自分じゃわからないから。お願い・・・・」

「わかったよ、仕方ないな」と言ってにおった。


告白体験談関連タグ

|||

2014年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】セフレ【告白体験談】

つい先日、セフレのオバチャンと会った。

オバチャンちのインターホンを押しドアを開けると、オバチャンが全裸でオレを迎え入れるように抱きついてきた。



でもビックリしたのは、オバチャンがパイパンだったこと。



なぜパイパンにしたのか聞いたら…

自分のワレメの状態を見たかっただと。



オバチャンは、貪るようにオレとキスしながら俺をスッポンポンに。



オレはキスをしながら、オバチャンのワレメに指を這わし指マン。

オバチャンはオレの棒をしごく。



オバチャンのワレメが濡れ、オレの棒が元気になると、どちらともなく連結。

オバチャンの脚をオレの肩に掛け駅弁スタイルでオバチャンのマンコを突きまくった。


告白体験談関連タグ

||||

2014年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【浮気・不倫】女子大生 果歩 7 【告白体験談】

43



冨田 「果歩ちゃん・・・指の動き、もっと激しくしてほしいか?」



冨田はゆっくりとした動きで果歩の秘部を愛撫していた手を止めて果歩に問うた。



果歩 「・・・・・・。」



顔を上気させたまま何も答えない果歩。



いや、今の自分の欲求を口にするなんて事は、恥ずかしがり屋の果歩にはできなかった。



秋絵 「フフ・・・いいのよ果歩ちゃん、もうここまで来ちゃったら何も恥ずかしがらなくっても。激しくしてほしいならそう言えば、冨田さんはやってくれるわ。」



冨田 「まぁ果歩ちゃんの上の口が答えなくても、下の口は随分正直だぜ?いっぱい涎垂らして激しくしてぇ〜ってな。」


告白体験談関連タグ

||||||

2014年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
1 / 2012345...1020...最後 »

このページの先頭へ