相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】妖艶な叔母と 【告白体験談】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも

言えない時のことである。

私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。

しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。



男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、

問題も多かった。

金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。



両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ

たらしい。

母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。



それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ

ることが出来た。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月18日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

【人妻・熟女】悦子日記 江波さん 看病の日々・・・【告白体験談】

悦子日記 江波さん 看病の日々・・・前にも書きましたが江波さんとのラブラブの思い出です。

江波さんは糖尿病の治療中でした。デイトをしたり、お買い物には付き合っていただけますが、お泊まりでのデイトは経験が有りません。

江波さんは婿養子さんですからお家を空けると奥様に大目玉です。いつものように、会社の勤務が終わってから二人で出かけました。

新しく開業したフランス料理のレストランです。

開業を祝う生花の列を通ってテーブルに案内されました。きれいなお皿に盛りつけられたお料理は芸術品でした。

アイスワインを戴いて芳醇な香りと味に酔いました。満腹してからはショッピングです。

商店街で夏用のお洋服を買っていただきました。

レースのスーツとそれにマッチする下着類でした。

大型の紙バッグに入れていただいていつものホテルへ移動です。悦子は少し酔っぱらっています。

江波さんとお部屋に入ってキスされて朦朧としていました。

江波さんから試着して欲しいと言われて、買ったばかりの洋服を着ました。着ている洋服は江波さんが脱がせてくれます。

スーツを脱がせてから、スカートのクリップを外してずり下げです。

その瞬間にコロンの香りが江波さんに漂ったみたいです。江波さんが肩ひもを外して、ブラとショーツを脱がせてくれます。

パンストも脱がせてくれます。

いつもの儀式をする前におへそにキスされます。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】何やってんだか【告白体験談】

人妻ヘルス嬢をしている4年目の者です(4年半かな?)

ヘルスで働く事は、人に言えないけど、私の心の中では生活の為とか言い訳できるけど。

今の私、高校生の娘がいる母親じゃないよ。馬鹿みたいに3ヶ月前から出会い系に嵌まってるなんて、休みになって暇になると誰かと会ってる、今日もお昼から夕方まで出会い系で知り合った男性とホテルに居た。

何で嵌まったかは、H好きだからとかじゃなくて、現実逃避かな。お店では私の身体は商品、物、男性に奉仕する女、優しいお客さんも居るけど、やっぱり…

もちろん出会い系で会う男性も私の身体が目的なのも解ってるけど、違うんだよね。

私、出会い系では、普通の主婦で、旦那さんが単身赴任中、初めて出会い系利用した事にしてる。

援助交際は、しない、お店と同じになるから。

今日会った人は、43歳の男性。話も上手だった。ホテル入ると一応私駐車場では駄々こねるんだ、演技だけど。

嫌々入ったふりだけするの。お風呂の準備やコーヒー入れてくれて、ソファーに私座ってホテルの案内読んでた「こんな衣装とか売ってるんだ」とか言って。横に座ってきて私を抱きしめようとする、一応「そんな気ないから」とか言ったよ、気分は、普通の奥さんと言う感じかな。

シャツの上からオッパイ触ってくる、優しく。お店では結構強く揉みだす人多いから。「胸大きいね、何カップ」皆聞くんだよね男の人。「EかなGかな」「巨乳だね、旦那さんには触られてないの?」「単身赴任中だし、もう2年くらいセックスレスだから全然」「浮気とかは」「した事ないよ、今日なんか心臓破裂しそうだよ」とか演技して会話した。

Tシャツ脱がされて、スカート脱がされて、いつもは、お客さん脱がせて自分で脱ぐ、まるっきり逆。私が脱がせなくても自分でネクタイ外して脱ぎだしてくれる。

ブラとショーツだけにされると恥ずかしがって両手で隠した私、ブラのホック外されても手をどけないと「恥ずかしがらなくてもいいよ」と言って手を外されて、乳首を触りだされた、「久しぶりに触られたらどう、気持ち良い?」「頭が白くなってきた」「可愛い乳首してる」とか言ってぺろぺろ舐められた、ソフトで気持ち良いんだよね。

ショーツの上から撫でるように敏感なあたり触られる、濡れてきてる、自分でも解りだす、「ここ湿っぽいよ」と言われた。ショーツの横から指入れられてクリトリス撫でられると声でちゃった。彼を抱きしめてしまう、ショーツ脱がされる時降ろされないように抵抗した、「濡れて汚れるよ、染みてるから」「恥ずかしい事言わないで」脱がされたて裸にされると私、両手で胸とあそこ隠すように蹲った。抵抗するふりした。でも直ぐに彼にされるがままに。指入れとか無理にしてこないし優しいだよね全体に、出会い系だと。

「お願いシャワー浴びさせて」と言うと一緒に入ってきた。

湯船の中、後ろから抱かれるように入った、首筋にキスされて、オッパイ揉まれたり、乳首摘まれたり、弄られながら、クリトリス撫でられた。受身でいいんだよね自分から何もしなくて。お湯から出て「洗ってあげる」とか言われ、されるがまま。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年9月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】ギャル【告白体験談】

毎日サイトで出会いを探している45歳です。

この前会ったのは19歳の美人ギャルだった。

いつものサイトに午前9時ぐらいに書き込みがあった。

午前中に募集している子は、その日の支払いに困っている事が多く、しかも競争相

手が少ないので、おいしい事が多い。

「これから会えますよ」と書き込みすると早速返信有り。

朝から生理になったけどいい?というから、フェラ有りエッチ2回をホ別2ならいい

よと返すと、OKだったので彼女の家の近くの駅で会う。

車に乗せてラブホに入る。

最近までヒサロでバイトしていたから黒ギャルだが、スレンダーで胸もCカップの

なかなかのスタイル。

ほとんどノーメイクだったが美人だ。

部屋に入るなり服を脱がせ、即ベットへ連れ込む。

チンコ握らせたまま胸を舐めたりクリを触るが、下は生理でぬるぬる。

それじゃとフェラさせると、最初舌先で先っちょや裏筋をチロチロ舐めてから、カ


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月21日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】パチナン【告白体験談】

先日、夕方から駅近のパチ屋で『慶次』打ってたら、俺の隣の角台が空いてすぐに40才overと

思われるハデな女が座った。

ちょっとキツめの香水を漂わせていたので水商売系かな?と思いつつも俺は確変中だったので

台に集中。しばらく大人しく打ってたみたいだけど、気が付いたらお隣さんはかなりイライラしてたみたい。

ちょうどコーヒーレディが通ったんで、俺は出玉でアイスコーヒー2つ注文。

数分後、アイスコーヒーが届いたので、

「よかったらどうぞ…」

と渡すと一瞬笑顔になって、

「え、いいの?あ、ありがとう」

と言って受取って、

「この店ってあんまり回らないのかしら?」

とボヤいていたので、

「4円だし…こんなもんじゃない!?」

と言った瞬間、彼女の台がSPリーチに発展、そして何と大当たり!!

その後、5連チャンで終了したので、彼女も打ち止め。そして出玉流して一緒に換金所に…。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】15歳色白細身のまないた娘【告白体験談】

以下妄想のかきなぐり。

出会い系をはじめたのは7~8年くらい前か。

はじめてつかまえたのはいきなり15歳だったが、もののけ姫にでてきた神様みたいな体型のデブだった。

だけど、そこで「本当に15歳食えるんだ」というのを知った。

まともな15歳を食ったのはそれから数ヶ月くらい。

15歳、中3の子とメールから会うことになった。

あまりかわいい子ではなく、目も小さな地味な子だが声優学校に通ってるだかなんだか。

2,3度カラオケに行ったが当時の僕はヘタレでキスどころか密着することもできなかった。

そんときはヤリ目ではなく、中学生と遊べるだけである意味満足してた。

とある日、家の犬が見たいから映画を観た後家に来たい、と言い出し、「これは食えるんじゃないか?」期待していたら当日の朝、急に「友だちも連れてくる」とか言い出しテンション下がりまくり。

これはヤレねぇなぁ・・・とか思いながら待ち合わせに向かうと、そこにいたのは色白のちょいかわいいめの子。目は細めだが悪くない。なにより細身で色が本当に白い。名前はまいにしとく。

でもヤレねぇんじゃなぁ・・・とか思いつつ映画館へ。

映画館はほぼ満員で3人なのに俺は一人はぐれて、残り二人は並んで座ることに。映画タダでおごらされただけじゃねぇの?とか思いつつ、終わったあとどうする?って聞いたら「かずの家に来たい」とか言いだした。

意味わからんなぁとか思いつつ家で適当に犬と遊んで駅まで送る帰り、

「まいはお金もってるからねぇ~」


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】援【告白体験談】

出会い系のサイトで女子大生で、交際をお願いというのがありお逢いしました。僕は55歳の熟年ですが、新宿の喫茶店で日曜日の正午に逢いました。

 かなり化粧の濃い子でしたが、「今お金に困っているので3万円で何でもさせるよ」という事でした。

 僕は3万は持っていましたが、ラブホ代が無くなるからと言うと、じゃあ2万でといって昼のラブホに突入しました。

 お互いに全裸になると、何となく幼い感じで、オッパイも大きいのだけど、何となく堅そうでした。

 オマンコを無理やり開かせてクリ舐めをするとクスグッタイと、少し変でした。

 でも二人でお風呂に入り洗ってやり、マットレスで抱き合いました。

 最初はキスにかなり抵抗があるようでした。部屋に戻り、セックスを始めようとアソコに指を挿入するだけで「痛〜い、そっとして〜」などと処女のようでした。

 それでもソロソロと挿入すると何とか収まりました。

 30分ぐらい焦らずにユックリと出し入れをしていると、何となく気持ちが良くなってきて、全身を震わせて抱きついてきました。

 1時間ぐらいで生まれて初めてイッタとかで、その快感にアソコを締めて喜んでいました。

 僕はまだ射精をしないで彼女をお風呂にやりました。

 彼女のバッグを開いて見ると、女子中学の3年生で15歳でした。これをバラスと淫行になると思い一応彼女に話をしました。

「確かにウソを付いていて、ゴメンなさい。でも友達もみんなセックスで稼いで、携帯代を10万円無いと切られるの」と本当のことを言いました。

 今までに10名ぐらいとSEXの経験はあるそうで、こんなにイッタのは今日が初めてだわと嬉しい事を言われて、もう一度最初からオマンコしました。

 すっかりなれて、僕のチンポも舐めるし、アナルにも指やアレを入れさせてくれました。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】援交女子○生に中出し【告白体験談】

出会い系で奈緒という18才の子をゲット。

巨乳で顔も顔も好みのタイプだったので、早速会うことにした。

駅前のコンビニで待ち合わせた。

あってからそのままホテルへ。

まずは、Gカップのオッパイにパイズリさせる。

そのままチンポをじゃぶらせる。

彼氏のよりも大きな俺のチンポにビックリしながらも嬉しそうに俺のをしゃぶる。

そんな奈緒の喉の奥にたっぷりと精子をはき出した。

「ゴクンッ。ゴクンッ」って音をさせながら全部飲み込んだ。

2日ほど前彼氏に中出しされたらしくて、俺と血液型も同じなので中出しもOKだ。

そして奈緒の狭いマンコに俺のチンポを挿入する。

「うわっ、すごいっ。こんなに大きいの初めて」

奈緒の締まりのいい中を堪能し、腰を押さえてプルンプルンと揺れる巨乳を見ながら

ピストンを早める。

「もう、中に出して」って言うから


告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】高校生の処女とやったが・・・【告白体験談】

2年前出会い系で、20歳の女性から高校生の処女をン万円で紹介された。やばいかなと思ったけど、処女の誘惑に負けた。紹介された場所で落ち合った。高校3年生にもなって処女と言う事は、ブスか何かでもてないけどセックスに興味あると考えていた。実際会ってびっくり、170cm、60Kg、Fカップ、それよりナイスバデイ、ルックスもグー。なぜ今まで処女?と言う感じで早速ラブホへ直行。部屋に入るなり抱きしめた。彼女はびっくりしたようだが、素直にこれからはじまる儀式に緊張し、応じてくれた。舌を絡ませ、胸を揉みながら立ったまましばらく様子見た。だんだん喘ぐようなしぐさ。着ている物を徐々に脱がし、ブラとパンテイだけにした。白い柔肌の透き通るような素晴らしい身体だった。ベッドに押し倒し、ブラを剥いで乳首を舌で転がしながら軽くかむとウ〜ンと言いながらも徐々に大きく息をしてくる彼女。声を出してもいいのだよ、というとだんだんと喘ぎ声が大きくなったきた。バストはかなり硬く揉みがいのある形の良いバストだった。やがて手を内腿にはうように触れて、パンテイの脇からクリの両側を軽く触れると喘ぎ声が一段と大きくなると同時に割れ目がかなりヌルヌル濡れてきた。パンテイを脱がし、クリを舐めようとしたら、もうなんともいえない匂い、臭いどころではない。いくら俺の好きなオリモノの匂い、チーズ臭の匂いどころではない。これではやりたくても興味半減。とにかくオエッ〜となるような匂い。流石に俺は中断し、理由をつけて風呂場へ。お互いに丹念に洗い合い、再びベッドへ。先ほどの続き、でもあの臭い匂いはなかなか取れない。18年間、彼女は割れ目の掃除しなかったのでは?と思うくらい臭い匂いが取れない。そこで戦術変更。乳首を重点的に攻めて、指で膣、クリを丹念に攻めて、クリを舐めていかせる事はやめた。喘ぎ声が大きくなり、ころあいを見て、濡れ濡れになっている膣にいきり立った俺の物をブスリと挿入した。入り口が狭い。でも濡れているから徐々に奥へ入っていった。彼女は歯を食いしばって快楽と痛みに耐えているような感じ。ここで両足を大きく開き、腰を使って思い気って一気に奥へ挿入したら何となく狭い仕切りを通過したような、はじけたような感じが俺の物に感じた。そして一気に奥の突き当たり、子宮まで到達したような感じ。しばらくそのままにしたら、ものすごい締め付け、膣が呼吸しながら何か俺の物に吸い付いてくるような感じ。このままでは出そう。腰を動かそうとした瞬間、彼女を思いっきり、力一杯抱きしめながら放出した。ものすごく快感感じながら沢山放出した。しばらく抱きしめながら時が過ぎた。彼女が我に返ったとき、おめでとう、立派な女性になったよ、というと安心したのか、ありがとう痛かったけど快感を感じた。これからも私にセックスの快感を教えてと言われ、もちろんOKした。その日は3回生で放出した。3回目には彼女は快感をさらに感じイッたとのこと。事が終わると、お礼に大3枚を渡そうとすると、入らないというし、自分はそのような女ではないと言われた。感動し、無理やりに洋服のポケットにつ込んだ。その後定期的に会って、高校を卒業し、短大に進学し、結婚を前提に今俺と同棲している。今では全く膣は臭くなく、むしろ俺の大好きなオリモノ臭だったり、ほとんど匂わない。

告白体験談関連タグ

|||||

2014年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】パート主婦【告白体験談】

日暮里のテレクラに週1で通っている50代サラリーマンです。先日の夕方、30代のコンビニでバイトしているという主婦から電話を受けて早速待ち合わせしてホテルへ直行。

 彼女は金子さん。上野のセブンイレブンで働いているそうだ。

 主婦で子持ちだが、養育費稼ぎと旦那とはセックスレスで欲求不満の捌け口として援助交際しているそうだ。

 髪はショートで体は痩せ型。愛嬌のある人当たりの良い主婦。2時間で1万の約束どおり金子さんに手渡し、シャワーも浴びずに彼女を押し倒しSEX開始。

 時間内なら何度してもOKとの事。

 私は獣の様に金子さんの体を乱暴にシツコク弄んだ。唾液たっぷり彼女の口の中へ流し込み舌を絡めたキス。時折、痰も交えての執拗なキスも彼女は全て受け入れてくれた。

 またフェラだけでなくアナルも舐めてくれた。

 オマンコに指を2本入れて掻き回したら、金子さんは大量の潮を吹いて逝ってしまった。

 私は黒ずんだペニスを金子さんのオマンコへ宛がい、一気に深くインサートした。金子さんは大きな喘ぎ声をあげて悦んでいた。

 私は正常位で15分程、ピストン運動を繰り返したが金子さんはその間、3回程、痩せた体を大きく痙攣させて逝っていた。

 私は遠慮なく彼女の膣奥深くに精液を放った。

 しかし金子さんは私が中だししても平然としていて私の顔を目を細めながら見上げていた。

 中だししても大丈夫ですから。といってピルを服用している事を教えてくれた。

 私は5分ほど休んでから再度、金子さんの痩せた体に跨りペニスをインサートしてSEXを始めた。

 金子さんも私のピストンに合わせながら腰を小さく振ってきて善がっていた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年7月30日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ