相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【告白体験談】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。

金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。

車庫に車を止めてから食事に出かけます。

高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。

先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。

個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。

数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。

吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。

坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。

美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。

坊やの先端部分はピカピカに輝いています。

両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。

一週間分の核爆発のストックです。

美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。

吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】勿体無いほど美形の人妻・番外編③【告白体験談】

Kさんにしがみ付いたまま痙攣するS子・・・Kさんも余韻を楽しむみたいに、ゆっくりと動いています。気が付くとシャワーを浴びていた2人が・・・。そのうちの一人Yさんのチンポを見て呆れました。

見たことのサイズ、カリ首下には3個のシリコンボールが隆々と・・・。

Kさんは軟らかくなった物をS子から抜き取り、シャワーを浴びに・・・。

交代するようにベッドに上がるYさんともう一人(名前は忘れました)。

Yさんは40歳くらいで、もう一人は20代後半位でしょうか・・・。“若い方の子ですが早いですよ。”とNさん。

つまり超が付く位の早漏だそうです。

起き上がったS子の目の前に、Yさんともう一人が立ったままチンポを突き出します。

若い方の子のチンポは普通サイズなのですが、あまりにも大きいYさんの物と並べると貧弱に見えてしまいます。

S子は、まるでそうする事が当たり前の様に、二人のチンポを掴み、上下に扱きます。

ただ…Yさんの物はS子の手には全然収まりません。若い方のチンポを扱き裏筋に舌先を当て、チロチロと舐めるS子。

カリを口に含み、数回しゃぶった時でした。“あっ、出る!”そう叫び、腰を痙攣させて、S子の口の中に中出し。本当にアッと言う間です。“すみません早くて・・・”バツが悪そうな顔で謝る彼。S子は口の中の種汁をどうするか迷っているようでした。“出すな!飲め!”と私。コクっと頷くと喉を動かすS子・・・。飲み込んだ後、にっこり笑って“飲んじゃった!”。

もう一人、Yさんのチンポを口に含もうとしましたが、カリまで呑み込むのが精一杯です。

太さもコーヒー缶程は有ります。

“ふ~っ・・・すみません、これ以上は無理です。”とS子。私はYさんにローションを手渡し“たっぷり塗ってチンポをハメて下さい。”と言いました。S子を四つん這いにさせ、後ろからチンポを入れるYさん。

Kさん同様数回動かし先の位置を確認するとゆっくりと・・・。少し入ったら、大きさに恐怖感を感じたのか腰を引くS子。“痛い?”とYさん。“いえ・・・大丈夫なんですけどあんまり大きいから少し怖くて・・・”“ゆっくりと入れていくから、痛いときはそういってね。”“はい・・・”


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年9月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】本当の再構築【告白体験談】

実は俺の嫁も昔、不倫しててね。

修羅場になって、関係者全員不幸になった。

何もかも捨てて間のところに行く、って口走ったんで

離婚しても親権ではもめなかったな。

幸い、俺の両親、商売をたたんだばっかりだったので、呼び寄せて

なんとか生活は軌道に乗った。

嫁、案の定間男から、遊びでした、あなたとは一緒になれません、なんて言われて

実家からも半勘当状態。

嫁の兄嫁にうまく取り入って兄貴のところに転がり込んだものの、長続きするわけもなく。

しばらく消息も途絶えてた。

ところが3年位して、俺の祖父が大往生を遂げたとき、ひょっこり葬式にやってきた。

それも、こそこそ、おどおど、挙動不審で、隠れてるつもりみたいだけど逆に目立ってて。

ところがその姿が、俺には凄く懐かしくて。

昔、手違いで、会社の方の葬儀に、俺と嫁が別々に出たことがあって、その時の様子そのままなのな。

後ろから忍び寄って、ポンと肩叩いてやったときの、驚きとも安堵ともつかぬ表情まで一緒で。


告白体験談関連タグ

||||||

2014年9月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】勿体無いほど美形の人妻・番外編②【告白体験談】

たくさんの男性達が見つめる前で、S子はアクメの余韻にいやらしく腰を蠢かせます。はあぁ・・・ン・・・ンっ・・・・ンンン・・・ゆっくりとチンポを出し入れするS子。

ときおりビクッ!ビクッ!と腰を痙攣させながら…。少し落ち着いたS子からチンポを抜き、しゃぶるように命令しました。S子は肌蹴ていたガウンを直し、私の前に跪きながら、自分の本気汁でヌルヌルのチンポを咥えます。右手で扱きながらカリ首をしゃぶるS子…。

扱くタイミングと口の動きもピッタリ合い、とても上手くなっています。“チンポしゃぶるのが上手くなったなぁ・・・旦那は知ってるのか?”

一瞬顔の上下の動きを止め、首を横に振るS子。

“あの・・・コンバンハ。”とNさん。いきなりの強烈な場面に声もかけられなかったみたいです。“済みません、何人か来られなくなって、男は6人になっちゃいました。

あと女性なんですが、少し遅れそうです。”私はS子にチンポをしゃぶらせたまま、男性達にシャワーを浴びてきて下さいと言いました。シティホテルとはいえバスルームは狭く、一度に2人入るのが精一杯。

Nさんと残り3人は、S子のフェラをベッドに座りながら見ています。“Nちゃん、ホントにこの子と遊べるの?ムチャクチャ美人やん!”3人の一人、Kさんと言う方が、信じられないという顔をしながらNさんに聞いています。苦笑いをするNさん…。“S子に聞いてみましょうか?”と私。“ほら!チンポしゃぶってないで皆さんに挨拶しなさい。”私はS子に挨拶の練習をさせていました。S子はチンポから口を離すと、私の顔を下から見上げ、恥ずかしそうに確認します。

顔は赤く上気しています。私はS子に頷きました。つまり練習通りに挨拶しなさい!と言う意味です。

覚悟を決めたS子は、ガウンのまま正座。

両手をついて・・・“初めまして…S子です。今日はS子の為に集まって頂きありがとうございます。

今夜はS子を玩具と思って、好きなように扱って下さい。

体中を皆さんの種汁でグチャグチャに汚してください。”

シーンと静まり返る部屋…。Kさん:“という事は遠慮しなくていいってことね?”ハイ・・・とS子。Kさんは立ち上がると服を脱ぎながら、“俺出てくるときにシャワー浴びて来たし・・・”と…。

“S子ちゃん、ズボン脱がせてよ!”ハイ・・・とS子。S子はKさんのズボンのベルトを外し、フックを空けチャックを下します。こちらから見ても、Kさんのチンポは既にビンビンなのが分かります。パンツを下したS子の動きが止まりました。

S子の目の前に現れたチンポ・・・巨根です。ゆうに20センチは有ろうか…というKさんのチンポ…。“すごい・・・おっきい・・・”そう呟き、S子が息を飲むのが分かりました。私のチンポは17.5センチ、決して小さい方では有りません。Kさんの物は私の二回りは大きい上、見事なくらいに上に反り上がり、カリも素晴らしく張っています。あまり背も高くないKさんですが、先天的なバネを感じる筋肉体質です。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】出会い系で出会った処女【告白体験談】

出会い系サイトで知り合った女の子との体験を報告します。

前の告白を読んで早速、ある女の子が返事をくれました。その子も彼氏とのセックスではイケないそうです。

やっぱそういう女の子は多いんだと、改めて実感!。俺もいろんな女の子から気持ちいい所とか感じる方法とかを聞いて、

試行錯誤しながら技を磨いてきたけど、

まだまだ研究の余地ありと思い知らされました。では告白に移ります。出会い系サイトで九州地方の女の子マイと知り合った。マイは28歳独身。

例によって、これまでどんなセックスをしてきたかリサーチ。

俺「イッたことあるの」。

マイ「あるよ」。

俺「連続でイケるの」。

マイ「ウン」。でも実際に会おうという直前になって、それらは真っ赤なウソだったと判明。

本当は、いまだ処女とのこと。セックスには凄く興味あるけど

二人きりになると突然抱きついてくる男が過去にいたりして

怖い思いもあるらしい。俺はこの年まで処女とはしたことがないので正直あせった。

28歳まで処女だった子の初めてがこの俺なんて責任重大だ。

いくら何でも処女をイカせるのは無理かもしれない。すると俺の満足感は…。いろいろ考えた。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月31日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】すき物【告白体験談】

近くに住んでる、一人娘がいる、両親が早くなくなり、祖父母に育てられてい

て、少しわがままなところはあるけど、まあ普通の女、年齢差もあまりなかっ

たので、仲の良い友達関係だった、その女に片思いの人が居るらしく、話すと

きには必ず、その人の名前が出てきて居ました、

お互いに話し相手として、色々話していました、或る夜、散歩しながら河川敷

に行き、寝転んで話していましたが、

横に居る彼女の手を握って見ると、じっとしている、引き寄せて見ると、抱き

付いて来た、

何か理性が吹き飛んでしまった、キスをして上になり、パンツに手を掛けて、

中にてを滑りこませて見る、ジットして動かない、抵抗もしない、俺は益々興

奮して、パンツを引き下げて、脱がしてしまった、

股の間に割り込むように身体を居れて、自分も急いで下半身を出して、割れ目

に沿ってあてがいました、パイパンとまでは行かないけど、毛の少ない方で、

亀頭を入り口に添える事が出来、そのまま沈めると塗れて居る膣に、簡単に入

った、痛がらなかった、もう処女ではなったのだ、それでも締まりはよく、あ


告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月19日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】友人の家に泊まったとき【告白体験談】

仲のいい友人の家に泊まった。

夕食後、風呂に入ろうと言われ、ダイニングでテレビを見ながら、

友人の妹の入浴が終わるのを待ってた。

友人の妹はスタイルが良くて勉強もできるらしく、

その日も、こんにちわと明るく声を掛けてくれた。

すると、友人の父親が先に入るよと言って、浴室に入ってしまった。 

びっくりして、妹さんが入ってますよと言う間も無かった。

しばらくして、友人の妹が浴室から出て来た。

友人の妹を見て、また息が止まるかと思った。

素っ裸だった。

おれの目を見ながら、表情も変えないで横を通り過ぎた。

陰毛も隠さないので、しっかり見た。



友人に聞いたら、妹は、喜んでよく父と一緒に入浴する、

たぶん父は、男性器をさわらせてあげてる、と言った。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】修善寺の温泉【告白体験談】

 12年くらい前のことですが友達と修善寺の温泉旅館に行きました。

 新館と旧館があって旧館の方で某菓子メーカーのCM撮影がちょうど終わったところでした。

 主役の俳優さんは(イニシャルトークでもちょっとマズいと思うので匿名)次の日東京に戻るということでスタッフの方たちと大勢で館内を浴衣で歩いてる姿を目撃しました。

 友達と「サインくらいもらえないかなあ」なんて言っていたのですがガードが堅そうだったので、まあ無理だねえということで諦めました。

 夕食は部屋だしではなく、別館に移ってというスタイルだったのでそちらの別館の方に行くと、途中の渡り廊下にその俳優さんがいました。もちろん一人ではないのでなんとなく声をかけづらくてお辞儀だけして通りました。

 友達とはちょっとキャーキャー言いながらご飯食べたりして。食べてる時に仕切り(?)越しに声がするので振り向いたら男性スタッフが一人そこにいました。

 で、食事終わったら一緒に飲みませんかという話でした。○○さん(俳優さん)も同席するからと言われました。

 それが出会いの始まりというか。

 旅館内のバーで7名くらいでカラオケしたりゲームしたりして結構もりあがってました。

 ○○さんもかなり酔ってらしたみたいです。

 時間が遅くなって私達が部屋に戻ろうとすると、○○さんが送ってくよー! 待って待って! と大声で言って立ち上がりました。

 男性スタッフが私の友達の手を引っ張って、あなたはまだここにいてもいいでしょ? のようなことを言っていたと思います。彼女はまたそこに座りました。私は○○さんに肩を抱かれるようにして部屋に向かいましたが、なんとなくそのあとどうなるか察しがついていました。

 大ファンではありませんでしたが以前から素敵だなあとは思っていた○○さんだったので、こんな風に一緒にいられるのは夢のようだったのですが、酔っている状態でそういう関係になってしまうのがなんとなく嫌で、はっきりその気持ちを伝えました。

 するとさっきまでの酔っ払っていた態度が豹変して真顔になり、大して飲んでないんだから酔うわけないでしょと言われました。

 部屋に入ると○○さんとはしばらくお話をしました。しらふの彼を目の前にすると急に恥ずかしくなりました。髪の毛がとても綺麗と言われて髪を撫でられ、そのまま私は高揚してしまいキスされました。そのあとも何度も何度も綺麗だと言われて、されるがままというか夢見心地というか何をされてもものすごく感じました。


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】里子の場合【告白体験談】

里子とは同級生、ガキの頃からの付き合いだ。

何年も会っていなかったが、お互い専門学校に通いだしてから時たま会うようになった。

五年ぶりくらいに会う様になった里子は学生時代より大人っぽくなっていた。

着ている洋服はトレーナーやジーンズ、正直“カワイイ”とは言いがたいが年相応に大きく突き出した胸はなかなか大きかった。

特に「彼女のことが好き」というわけではなかったが、お互いに付き合っている相手もいないので軽いデートのような感覚で遊んでいた。

彼女が誕生日、俺たちはクルマでドライブデートをした。

この頃になると“彼女は俺に気がある”のがなんとなくわかるようになっていた。

クルマを人気の無い路肩に止めて話をする、お互いの学校や友達のことが話題になった。

その日、里子は「学校の実習で男の人に裸の胸を見られた」と言っていた。

医療系の学校に通う彼女はレントゲンの実習中に教員のオジサン見ている前で胸を隠しているタオルが取れてしまったのだと言った。

「今まで彼氏が出来たことがない」と言っていた里子、誰も触れたことのない処女乳房を見ず知らずのオッサンに見られたのかと思うととても興奮してきた。

俺が彼女に誕生日プレゼントの花を渡すととても喜んだ。

「私もお返しになにかしたいナ」と里子が言ってきたので、俺は冗談で「キスをさせてくれ」と言った。

すると、少しモジモジした後に「いいよ」と言ってきた。

俺が顔を近づけると彼女は目を閉じた、そっと押し付けた唇は柔らかかったがシッカリと閉じられていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月7日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】別れの日、初めて同士【告白体験談】

地元の高校を出て、東京に進出して某専門学校(電子音楽課)にいった俺。

3ヵ月後、ようやくガッコもなれて、主要駅近辺が遊び場になりだした。

各言う私はゲームヲタなのでゲーセンにたむろってました。

彼女との出会いはゲーセンでした。

ゲームセンターには客同士の交流を深めるノートって言うものが置いてあったりします。掲示板みたいなもので、絵も描ける。

そのノートで会話するんです。それで存在は知ってました。

初顔合わせは彼女がゲーセンで財布を無くしたということでほとほと困り果てた時(苦笑)

3千円+ジュースを渡して駅前の交番まで送って手続き。

そのゲーセン、7:3の比率で女性が結構多いんです。場所柄のせいだったのもありますが。

このノートカップルってのは意外と多く、また火花散る戦場(苦笑)と化します。だって痛いヲタはこんなのでしか女性と知り合うきっかけが無いもん。

後、私の授業か緩かったのと、当時彼女は大学2年生で単位が緩かったという事でしょっちゅう逢ってはメシ、買い物、遊びを繰り返してました。

その1ヵ月後、フとした冗談が転じて家まで彼女が遊びにきました。

その時に会話の流れから彼女が告白してきました。

お互い意識してたのは解ってたのもあったし、告白しようと思ってた。

忘れもしない夕日が差すテメーの部屋で熱烈なキス(お互い初物w)〜ペッティングまで。


告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月5日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 2412345...1020...最後 »

このページの先頭へ