相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【告白体験談】

前回↓









翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。





「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」





「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」





「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」


告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【泥酔状態】密かに育まれた命 【告白体験談】

僕の視線の先には、密かに育まれた命が一生懸命生きようとしている。

堕落しきった僕とはまるで、正反対の世界にいる君。

君がそこにいる事がわかったのは、本当に偶然なんだ。

君のママ「もう半年も来てないんだよね~♪生理不順まじサイコ~♪」

モブ「妊娠したとか?」

君のママ「いや、あたし処女だし」

モブ達「うっそ?このご時世に遅れまくりまくび~♪」

君のお母さんは顔と胸に栄養をとられ過ぎて、こんな感じのおバカさんなんだ。

正直、こんなのが君のママになるなんて…。

そうそう、君がそこにいる理由を話さなきゃね♪

あれは…。



ある日、君のママのグループが僕の秘密基地であるログハウスに無断侵入してきたときだったね。

あの時、僕は君のママの写真を見ながら至福の時を過ごしていたのに

窓ガラスが割れたと思ったら、君のママのグループがやってきたんだ。


告白体験談関連タグ

|||

2015年5月31日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

【泥酔状態】セフレとの体験談 【告白体験談】

コピー財布商品

コピー財布商品

世界一流ブランドコピー財布、スーパーコピー商品、激安ブランドコピー。

ヴィトンコピー、ミョウミョウコピー、シャネルコピー、エル

メスコピー品格安通販。商品は全て最高な材料と優れた技術で造られて、

正規と比べて、品質が無差別です!人気ブランド..

経営方針:品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。

主要取扱商品バッグ、財布、腕時計、靴、装飾品、小物等!

スーパーコピーブランド通販専門店!京都スーパーコピー販売通販、ヴィトンコピー、

グッチコピーシャネルコピー腕時計コピーヴィトンコピー偽物を通販している専門サイトです。

ブランド財布コピー

ブランドコピー財布

ルイヴィトン財布コピー




告白体験談関連タグ



2015年5月10日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

【寝取られ】同期一の美女を落とす 【告白体験談】

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。

同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、

隣に座る貞森から「おぉ〜」という歓声が聞こえた。

貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。

他の同期や研修の担当者までもが皆、声までは漏らさないまでも、

ぼうっと由紀の美貌に見惚れているようだった。

可憐という表現がぴったりの、間違いなく同期で1番の美女だった。

いや、俺のそれまでの人生の中で、これほど魅力的な女に出会ったことはなかった。

気品あるノーブルな顔立ちと柔らかそうな髪がとても印象的で、

スリムな体型にはリクルートスーツがとても良く似合っていた。



入社式も終わらぬうちから大規模な争奪戦が始まり、

何人もの男達が、何かと話し掛けたりしているのが目に付いた。

当然、この俺も当たって砕けろの精神で何度となく声をかけたが、

一度として誘いに乗っては貰えなかった。


告白体験談関連タグ

||

2015年5月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【泥酔状態】セクロスの種は、日常のあらゆる場所にある! 【告白体験談】

お仕事が終わってから朝の5時頃横断歩道で信号待ちをしてたら、青になっても30代のお兄さんが信号を渡らなかったから「青ですよ〜」って話しかけたら「あ〜。教えてくれてありがとうございます」って言われた。

「どういたしまして」って言ったら「どこに行きよん?」って聞かれたから、「駅まで行ってから始発で帰ります」って言ったあと、「駅まで一緒に行きます〜?」って聞いたら、



「一緒、行こうか〜。ってか、めっちゃかわいいね〜」



って言われた。

「かわいくないですし・・・それより吐きそうやし、気分が悪い」って言ったら「おいちゃんがコンビニで水かお茶か買っちゃるよ〜」って言われたから、「本当ですか〜?ってか、おいちゃんやないでしょ?34歳ぐらいでしょ?」って言ったら、「ま〜。近いけど」って言われて結局自販機で桃の天然水を買ってもらった。

そのあと駅まで手を繋いで歩いてたら、人通りの少ないところで「ギュッしていい?」って言われたから「いいですよ〜」って言ったら、ギュッだけやなくてチューもされてしまって…。



っで、また「めっちゃ、かわいいよね〜。何歳なん?」って聞かれたから「何歳に見えますか〜?」って言ったら、「23〜24歳やろ?」って言われた。

隠してもしょうがないので「28歳ですね」って言ったら、次は「胸も大きいし、彼氏おるやろ〜?」って言われたから「まぁ〜、一応いますかね」って言った。

そのうちにお腹がすいてきて、



「静香、お腹すいた〜。なんかご飯おごってください。昨日の夕方からなんもご飯食べてなくて…」




告白体験談関連タグ



2015年5月2日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

【職場】プライド高い同期の奥さんをトコトン堕とす(1) 【告白体験談】

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。

同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、

隣に座る貞森から「おぉ〜」という歓声が聞こえた。

貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。

他の同期や研修の担当者までもが皆、声までは漏らさないまでも、

ぼうっと由紀の美貌に見惚れているようだった。

可憐という表現がぴったりの、間違いなく同期で1番の美女だった。

いや、俺のそれまでの人生の中で、これほど魅力的な女に出会ったことはなかった。

気品あるノーブルな顔立ちと柔らかそうな髪がとても印象的で、

スリムな体型にはリクルートスーツがとても良く似合っていた。



入社式も終わらぬうちから大規模な争奪戦が始まり、

何人もの男達が、何かと話し掛けたりしているのが目に付いた。

当然、この俺も当たって砕けろの精神で何度となく声をかけたが、

一度として誘いに乗っては貰えなかった。


告白体験談関連タグ

||

2015年1月5日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【泥酔状態】去年の忘年会 【告白体験談】

年末になってきたので、去年の忘年会の事を思い出した。

話せば長くなるので、少し端折り気味で書こうと思う。



その日は仕事納めで、夕方から忘年会だった。

仕事場の最寄駅の居酒屋で19時から飲み会が始まり、21時頃には皆相当酔っぱらっていたと思う。





それが今の奥さん。
















告白体験談関連タグ



2014年11月26日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

【泥酔状態】集団で一人の女の子を脱がす時の掛け声ってどんなのがある? 【告白体験談】

集団で一人の女の子を脱がす時の掛け声ってどんなのがある?



ストリップ♪ほら、ストリップ♪ ストリップ♪ほら、ストリップ♪



去年の忘年会では、こんな掛け声をかけて

出入り業者の美形人妻が脱いだんだけど・・・

今年は、どんなのがいいかな?と副医院長に尋ねられちゃって

11月中に考えておかないとボーナスの査定に響いてしまう。



萌えコピの先輩がたおせーて!


告白体験談関連タグ

|||

2014年11月26日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

【泥酔状態】もう8年前のこと 【告白体験談】

32:なまえを挿れて。:2006/06/08(木)22:35:52ID:???

もう8年前のこと。

20人くらいの飲み会での別のテーブルでの出来事。

そのテーブルには女1人男3人。

見てたら、その子は、代わる代わるディープキスされたり、胸もまれたり、スカートの中やブラウスの中に手を入れられたりしてた。

最初は罰ゲームかなんかだったみたいだが、段々エスカレートして相当エロい雰囲気になってた。

弄繰り回されている感じだった。

3次会に移るときに、気がついたら4人とも居なくなってた。

どこに行ったのかな?やっちゃたのかな〜。





そんな彼女も今は俺の嫁。

嫁とセックスするとき、時々そのときのことを思い出して興奮します。






告白体験談関連タグ

||

2014年10月23日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

【人妻・熟女】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      友人妻編【告白体験談】

私の妻を友人に抱かせてから2週間が過ぎようとしている時です。

巨乳の奥さんを持つ友人から飲みの誘いがきたんです。私はもう一人の友人と彼の家に向かいました。

玄関を開けると、奥さんが立って迎えてくれたんです。

相変わらずの巨乳です。服を着ている上からでも十分に大きさが分かる位です。

何年振りに見る彼女は、若干老けたでしょうか?リビングに入ると、友人が幼い子供を抱き座っていました。

「よく来たな!まぁ座れよ」

「あ~子供か!随分大きくなったなぁ。何才だっけ?」

「もう3歳になるよ」そんな中、奥さんがキッチンで夕食の準備を進めていた。

「本当にいいのか?今日抱かせてくれるんだろ」

「あ~いいよ!そのつもりで来たんだろ!」

「奥さんいくつだっけ?」

「もう34になった。大分体の張が無くなって来たけどなぁ」

「でも相変わらずデカいなぁ・・・何カップだっけ?」

「Gだったけど、最近Hになったとか言ってたなぁ」

「Hカップ!!!パイズリ出来るなぁ」そんな事を考えているだけで、股間がMAX状態だった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 11112345...102030...最後 »

このページの先頭へ