相互リンク先の更新情報!

【出会い系】生まれて初めての未亡人 【告白体験談】

年上の女性(当時53歳)と一年半のあいだおつきあいをしていました。旦那さんは亡くなって子供さん三人と暮らしていて、若い頃は薬師丸ひろ子似だったようなすっきりとした顔立ちで話も合いました。何度か居酒屋デートして、その日盛り上がったのでラブホテルに誘ってみると向こうも待っていたようですんなりといきました。

ホテルに入るときゅっと抱きしめて、長いキスをしました。彼女もキスが好きなようで、ベッドに倒れこみながら激しく舌を吸い込んできます。彼女は「ああ、ああ」と何かものすごく興奮したようすで体をくねらす感じです。バストを揉むより先に、スカートの中に手を入れました。相当濡れていました。

クリトリスに指先をあてて持ち上げるようになでると彼女は「ふーう」と興奮した声を上げました。キスをしたまま、まずスカートを脱がし下半身を裸にして、そのあと上半身の衣服を脱がせてあげました。僕は、ネクタイ姿ですが、彼女はすっ裸の状態です。おっぱいは、小さめですが、先っぽがツンと出て指でつまむとこりこりといい感触です。





キスを中止して立ち上がると、彼女の両足を思いきり開きました。彼女は「明かり消して」といいましたが、お構いなしで濡れた貝を開きました。ビラビラもそんなにめくれた感じはなく、濡れていいにおいがしていました。クリちゃんをなめながら、指を出し入れしすると、「いい、いい」と大きな声をたてます。



「だめいく」といって挿入をせがんできました。僕は衣服を脱いで、69の形になりました。バナナのようにそそり立ったオチンチンを彼女の顔に近づけると彼女はそれに吸い付きました。軽く腰を振るとキュキュと口で閉める感触はなかでした。クリちゃんを舌で上下していると、また「入れて」とせがんできます。あくまでもオチンチンを挿入していきたいと言うのが彼女の要望だったので、お口に入ったものをすぽっと抜いて、体を入れ替えてぐっと入れました。





彼女は自分で腰を降り始めました。そして、一分もしないうちに「いくぅ」と声をあげて体を痙攣させました。そのとき、オチンチンに「ピチャ」という感覚があったので、僕はすぐに彼女が潮吹きであるとわかりました。「よし、今度はしっかりみてやろう」と思い、ぐったりとした彼女に今度は後ろからオチンチンを突き立てました。彼女はすぐに声をあげます。



すぐに要求してもいやがらないのが年上のいいところだと思います。右手でクリをこすりながら、左手でおっぱいを揉み、バックで突き立てていると、また「いくー」といったので膣のあたりを見てみると、挿入したオチンチンの間から、潮がぴちゃと飛ぶのがわかりました。「いつもこうなの?」「こんなに出たのは初めて。あなたうまい」彼女は二度もいったのに(そのほかに小さく何度もかいっている)まだ入れてと迫ってきます。



「正常位」で僕が射精するそのときの顔をみたいといってきます。「いいよ」と腰を動かしたものの、出そうと思うとなかなかでません。体位を変えながらおそらく一時間以上は腰を振っていたと思います。彼女はまたもイキました。そして射精の瞬間。ぴくんぴくんとオチンチンが痙攣して、ものすごい量の精子が飛びました。


告白体験談関連タグ

|||||||

2016年1月5日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【出会い系】奴隷願望ギャルをセフレにした 【告白体験談】

セフレ掲示板でMなのでSの人に命令さてみたい願望アリです。ちょっとSMに興味あるかもなんだけど痛いことはNGです。という書き込みを見つけて面白そうだったので連絡してみた。冷やかしとか冗談だったらLINE交換はしないだろうと送ってみたら返事が帰ってきて本気らしいので時間と場所を決めて会うことにした。



[画像]



会ってみたら想像以上のギャルで少しビックリしたがそのままホテルに直行。今までの彼氏がMばっかりでSをやってきたけど何か違うと自分で違和感を感じ続けた結果セフレ掲示板でSの人とエッチしてみようという結論だったらしい。



部屋について話をしている間にお風呂の準備ができたので恥ずかしがっていたけど一緒にお風呂に入りお互いの体を洗いながらボデイータッチでオッパイとマ●コを触ってみたら少ししか触っていないのにメチャクチャ可愛い声で鳴くので興奮しちゃいました。



[画像]



お風呂で少し強めの言い方で手を使わずに口だけで上手にしゃぶれと命令してみたら返事をして口だけを使ったフェラチオを始めてくれましたがもっと音立てていやらしく吸えと言われれば言われた通りにして舌も使えよ気持よくないだろと言われれば一生懸命舌を動かす生粋のMだと実感。



[画像]



お風呂で楽しんだ後はベッドで続き。入れて良いって言うまできちんとご奉仕しろと命令してみたら乳首から始まってヘソを通りフェラ。勿論手は使わずに口だけで音を立てながら舌を使いきちんとフェラできた所で上に乗ってしっかり腰を振れと命令。


告白体験談関連タグ

|||||||

2015年12月26日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【出会い系】19歳のギャルに中出ししてきた 【告白体験談】

相手は19でヤンキーで金髪レディースって感じの子なんだが、

顔はかわいくて見た目は街にいる結構カワイイ子だったから、ジャージで来たが

大当たり!って思って速攻ホテルへ。



いざ前戯を始めるとものすごい感じ方かなりカワイイ声の喘ぎ。

ジャージなので一枚下はすぐ下着。胸をちょっと触っただけでもビクビク。

シャワーも無しでとりあえず手マン。はずかしいって連呼しながらあそこは洪水。

手マン中もグチュグチュ音が恥ずかしいらしく、「音・・・ハズイ・・・」って

可愛く言うもんだから、グチュグチュにした指を一気に抜いて断りもなく一気に生挿入。



それだけ濡れてるからすぐ入るのは当たり前なのに「すぐ入っちゃうなんて・・・」

って恥じらう始末。喘ぎ声の可愛さとヤンキースタイルのギャップにやられながら

突きまくり。バックで突きながらブラはずして、服脱がして、後ろから胸もみまくり。



ってこうやって脱がしてくと靴下が脱がせないからバックでやってると格好がエロイ。


告白体験談関連タグ

||||||||

2015年12月16日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【レイプ】二十歳の女子大生が潮吹きした話 【告白体験談】

果歩 「ぁ・・・あの・・・」





椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。





大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」





果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」





大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。






告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【告白体験談】

前回↓









翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。





「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」





「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」





「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」


告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕完 【告白体験談】

まだ大学生同士の真希と僕だけど、僕の性癖のためにとんでもない扉を開けてしまった。小学生の頃からの幼馴染みの真希。僕は、初めて会った日からずっと好きだった。

でも、そんな大切な真希を、他人に抱かせてしまった……。



真希は、僕のいないところで土方さんと二人きりで会い、当然のようにエッチをした。しかも、その様子を僕にwebカメラで中継までして……。



その日以来、真希と僕の関係は決定的に変わってしまった。と言っても、真希が僕を好きと言う気持ちは変わっていないし、逆に前よりも僕のことを愛してくれているのが伝わってくる。でも、愛し方が変わった……。



#8212;#8212;真希は、僕のペニスにかぶせたtengaを動かしている。しかも、新しく出たバキュームアタッチメントを装着して……。ただでさえ気持ち良いtengaなのに、このアタッチメントを付けられて、僕はその強烈なバキュームにイク寸前だった。



『コウちゃん、気持ち良いの? こんなオナホで、イッちゃうの?』

真希は、服すら脱がずに私服のままだ。それに引き換え、僕は全裸になっていて、tengaでしごかれながら、真希の舌で乳首まで責められている。

服さえ着たままの真希に、オナホで弄ばれる……。これが今の僕と真希とのエッチだ。



「真希、ダメ、出ちゃうよぉ……」

情けない声でうめく僕。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた2 【告白体験談】

私は中学の教師をしていて、もうすぐ50歳になるが未だに未婚だ。そして、恋人も20年以上いない。ただ、私には20年以上調教を続ける愛奴隷がいる。

優香と初めて関係を結んで以来、私の歪んだ性癖が発露し、優香も私の歪んだ性癖に引きずられるように、マゾとしての素質を開花させていった。

でも、今になった思う。引きずられて、操られたのは私の方だったのではないかと……。





3年生になった優香は、急速に女性の体になっていった。もともと同級生と比較しても大きめだった胸は、さらに大きくなり、幼く可愛らしい顔も美人という感じになってきた。

私は、どんどん優香にのめり込んでいった。本当は、恋人同士のような関係になりたいと思っていたのに、優香の目が、私を見る期待のこもったその目が、私にご主人様らしく振る舞うように強制していたように思う。





#8212;#8212;教壇に立ち、自習をする生徒を見ながら、私は興奮していた。



優香は頬を赤くして、泣きそうにも見える顔でうつむいている。

優香のショーツの中には、当時出たばかりのリモコン式のローターを仕込んであった。当時のモノは、音も大きく、振動の種類も1種類しかないようなちゃちなモノだったが、私の機械工作の知識を生かし、改造していた。

モーターもマブチモーターの静音タイプのモノにして、電池も真空管ラジオに使う高出力のモノにしたりした。そして、的確にクリトリスを刺激出来るように、ショーツも改造してローターを固定出来るようにした。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】嫁には3人の恋人がいた2 【告白体験談】

私は、実際に自分の目で見ても、まだ信じられなかった。まさか自分の妻が不貞を働いていたなんて、まったく気がつきもしなかった。

ピルの件も、生理を軽くするためとか、他の理由だと思っていた。



それがいま、画面の中では売春婦のような格好の優香が、ソファに両手をつき康夫君を誘っている。誘っていると言うよりは、命令しているという感じだ……。



優香は、普段は白や薄いピンク系の下着しか身につけない。ナースだったときのクセだと言っていた。多分、透けないようにということだと思う。ただでさえ、その大きめの胸のせいで、患者にセクハラめいたことをされる機会が多かった優香のことなので、とくに気をつけていたのかもしれない。





それがいま、黒の穴の開いたショーツとブラを身にまとい、ガーターベルトにストッキングまでしている。

普段は清楚系の格好ばかりで、顔もおっとりとした優しい顔の優香が、こんな格好をしているとギャップですごく淫靡に見える。



でもそれは、私のための下着ではなく、はるかに年下の、しかも息子の同級生のための下着だ。

息子の交友関係はほとんど知らないので、康夫君が息子の友人なのかどうかは知らなかった。報告書を見ると、それなりに仲の良い友人ということのようだ。



康夫君は、さっきの優香との恐ろしくエロいエッチで、勢いよく射精しすぎてセルフ顔射をしてしまった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月7日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】同期の彼女が巨根の先輩と同僚に寝取られる 【告白体験談】

僕は同じ会社の同期のヒロミと最近付き合い始めました。

付き合ったきっかけは、同じ会社にいる先輩とヒロミが別れて落ち込んでいるときに飲みに行ったりして仲良くなって付き合いました。

ヒロミは先輩にかなり惚れていて、全然忘れることが出来ないみたいでしたけど、僕はそれでも待ってるから、ゆっくりでいいから少しづつ恋人になろうって告白しました。

ヒロミも少しづつ心を開いてくれて、最近やっとキスをするようになりました。

でもその先にいこうとすると「もうちょっと待って」と言われて、一緒に泊まっても手をつないで寝るだけでした。

それでもヒロミが大好きだったので僕は全然満足でした。

ヒロミが先輩と付き合っている時は、会社でも何人か知っている人がいましたが、僕と付き合ったときはヒロミから「絶対に秘密にして」と強く言われていました。



僕はいずれヒロミが「皆に言ってもいいよ!」と言ってくれる日を期待していました。

でも先週やなことがありました。

会社の新年会にいったのですが、二次会でヒロミの元彼の先輩と一緒に6人ぐらいで飲むことになりました。

その中に一番年下で若いエリナっていう女の子がいました。

エリナは可愛いので皆からも人気が高く、先輩も狙ってるようすがありました。

僕は内心エリナと先輩がくっつけば、ヒロミと僕の関係も安定すると思って嬉しい限りでした。

でもエリナが予想外の事を言い出しました。


告白体験談関連タグ

|||||||

2015年1月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された2 【告白体験談】

図書館で、大学のレポートを書いている僕。友達も少ない僕は、いつも一人で寂しくそれをしていた。

でも、ふと顔を上げると、同じようにレポートを書き続けるさとみさんがいる。

相変わらず、オシャレとは縁遠い眼鏡に、毛玉の浮いたセーターを着たさとみさん。そんな野暮ったいさとみさんだけど、生まれて初めて僕に出来た彼女だ。僕はレポートを書く手が止まり、ついつい見とれてしまう。



こんな風に、図書館に行ったり、公園で散歩をしたり、映画館に行ったりするくらいの、本当に地味なデートばかりだが、僕は幸せだった。



すると、さとみさんも顔を上げた。そして、見つめていた僕の視線に気がつき、少し驚いた顔をしたあと、ニコッと微笑んでくれた。

『サボっちゃ、ダメだよ』

さとみさんは、少しはにかむように言う。そんな仕草が本当に、可愛いと思う。



僕は、慌ててレポートを書き始める。でも、レポートを書いていても、さとみさんのことばかり考えてしまう。

公園を歩いているときに、恥ずかしそうに手を繋いでくるさとみさん。緊張で、すぐに手のひらが汗でベタベタになるさとみさん。

そんなことばかり考えてしまう。



そして、ふと顔を上げると、さとみさんは僕を見つめていた。目が合うと、慌ててレポートを書き始めようとするさとみさんに、


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談
1 / 3412345...102030...最後 »

このページの先頭へ