相互リンク先の更新情報!

【出会い系】既婚者の女喰え過ぎww 【告白体験談】

今年の春でした、出会い系サイトで既婚者の美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。

彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。

最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、



しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。

メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。

「旦那は、相手にしてくれない」

「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」

「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」

この様なメールが出会い系サイトを通じて届くようになった。

僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。

毎回、彼女は、メールの最後に

「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。



そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年1月5日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【出会い系】要求不満の肉便所 【告白体験談】

「ホントに出会い初めて?」「ホントよ。友達と、最近要求不満気味ね・・なんて話してたらこのサイトを教えてもらって、それで・・」彼女と知り合ったのは50万人の人妻コミュニティというサイト。アドレスを交換して現在も関係は続いている。



 トイレから出るともう彼女はパンティを脱ぐところだった。体の線は崩れ気味だが長身で胸もあり俺が好むタイプ。「シャワー暖めておくから早く来てね」浴室に入ると椅子が用意されている。



「座って・・洗ってあげるね」ソープを泡立て慣れた手つきで全身を丁寧に洗ってくれる。足の指の間まで洗い終わると「ごめん、立ってね」チ○ポのカリの周囲を点検するように、じっくり回し洗いながら「大きい〜」とうれしそうに笑う。玉もアナルも慣れた手つきで優しく洗い上げる。



一緒にシャワーを済ませた彼女はベッドに横たわりうっとりとした表情で「どんなふうに気持ちよくさせてくれるの?」とささやく・・



 あまりにも感じやすい身体で、耳や首筋や脇腹への舌責めに悲鳴を上げて悶える。乳首をそっと舐められたり、乳房をず撫でるように愛撫されるのは大好きのようだ。大きなヒップを上げさせ下に枕とバスタオルを敷く「クンニ感じるの・・声大きいから恥ずかしい・・」



 クリの皮を剥き舌先で舐め始めると、彼女は悲鳴に近い声を出しながら悶える。そうしながら自分の指でクリの皮を剥き上げ更に強い快感を求める。舌先でクリを押しつぶすように強く早いストロークで舐め始めると、彼女は全身を痙攣させ2分足らずでイッてしまった。



 身体に力を取り戻した彼女は「貴方も気持ちよくならなきゃダメ」と言い俺をさっきまでの自分と同じ体勢にさせる。「さあいくわよ」の言葉とともに、チ○ポをカリまで咥えこみねっとりとしたフェラを始める。



「フフッさっきのお返しよ」と嬉しそうに笑う「この大きいの入れて・・」用意してきた厚手のイボイボのゴムを彼女に被せてもらう「いやらしいわね・・私こんなの大丈夫かしら・・」さっきの体勢に戻った彼女の花弁の間に、下から突き上げるようにゆっくりと挿入する。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2016年1月3日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【出会い系】熟年の女性が優しく、優しく・・・ 【告白体験談】

 熟年の女性が優しく、優しく僕のモノを咥えてくれる。仁王立ちの僕の前に、膝まづいて奉仕を続ける熟女さん。手は使わず、唇の柔らかさ、口内の暖かさ、チロチロと動く舌が快感を送り込んでくる。舌を尖らせてツンツンしたり、クビレに沿ってグリンッと一周させたり、舌を広く押し当ててそのままズッ、ズッと動かしたり。思わず腰を引く。尻を掴まれて引き戻される。その繰り返しが続く。

 軽い気持ちで登録した出会い系サイト。ほどなくして連絡をくれたのがこの女性。隣の県からわざわざ僕に逢いに来てくれた。食事の間、口元のホクロや胸ばかり見てしまう僕を「メッ」とたしなめるように上目遣いで見つめる。アラフォーで、高校生の息子と小学生の娘の3人暮らし。

 息子に優しく語りかけたり、娘にキスしたり、ご飯を食べたりするその口で、出会ったばかりの僕のモノを咥えてくれる。口元のホクロを想像するともうダメだった・・・


告白体験談関連タグ

||

2015年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【出会い系】さっきまで人妻とセックスしてました 【告白体験談】

昨日は日曜日だったので暇つぶしの相手を見つけようと

50万人の人妻コミュニティというサイトで暇な人妻を探しました。



掲示板を見ると若い子や熟女の書き込みがあって

その中で私が仲良くなったのは30代の人妻でした。



私がそのサイトを使ったのは夜の11時くらいだったんですが

どうしても欲が抑えられないという事で

早速、その人妻と待ち合わせをしました。



合流してホテルに行ったんですが

服を脱がせてみるとかなりグラマー。



巨乳にデカ尻。




告白体験談関連タグ

||||

2015年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【出会い系】始めてやった出会い系で近所で見たことある人妻さんと・・・ 【告白体験談】

最近人妻さんや熟女さんにハマっている大学生の俺です。

今まで出会い系を使って人妻さんとは20人近く経験しました。



去年の夏休みのことですが、初めて出会い系をやりました。

俺の年齢は隠し、セフレキャンドルで人妻好きの大学生と書き込むと

1時間後には次々と返事が入ってきました。



まあ、さくらばっかかなと思いながら

何人か気になった人妻さんがいたので、何人かとメールでやり取りをしました。

みんな高校生興味があるようで

中でも近場の人妻さんに絞ってやり取りをし、何とか会う約束をしました。



人妻さんは40歳の色白で

人妻さんには、俺と同じ年齢の息子がいるらしく

最初は抵抗があったようですが


告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年12月22日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【浮気・不倫】中出し三昧熟女 【告白体験談】

先日、熟妻新生活で出会った美熟女と初めて会って、その日にエッチしました。彼女は30代後半で子持ちのシンママ、当方は20代前半の学生です。

当日、駅に待ち合わせをして車に乗り込むと、彼女は相当溜まっていたのか、いきなり熱いキスをしてきました。激しくキスをすると、それだけで感じてしまうとても敏感な体質の方でした。そして、速攻ホテルへ行きました。



部屋に入る途端に激しくキスをして、服を脱がせました。胸は少し垂れ、乳首は微かにピンク色で、子供を母乳で育てたのか大きな乳首。アソコは黒くて分厚いビラビラが出て、クリは大きい。お尻は引き締まっていてるが、とても柔らかい。スタイルはとても細いって感じでした。



軽くシャワーを浴びて、ベッドに入り、愛撫をながら話していると、彼女は膣の病気のため摘出をしている、と聞かされ、中に出して良いのか、と聞くと、大丈夫、とのことだったため、とても興奮しました。というのも、アナルでの中だしはあるが、アソコでの中だしはしたことがないからです。





フェラされながらアソコを弄り、69になってお互い舐めあいました。アソコがトロトロになったところで挿入しました。今まで年下から5つ上との経験はあるが、10も上との経験はなく、挿入した途端、熱く優しく包みこむ、今まで経験したことの無い感触にとても感じてしまいました。



相手もとても敏感な方だったため、挿入している間、自分が逝くまで5回ほど逝ってました。その度に締まる感じが凄くて、一気に射精感が込み上げてきました。そして、中に出していい?、と聞くと、いっぱい出して、と言うので一気にスピードを上げて、奥深くにザーメンを注ぎました。



アソコから抜くとたくさんのザーメンがアソコから流れだし、その光景を見ると、また起ってしまいました。アソコからザーメンを掻き出し、次はアナルを責めます。指を入れるとすんなり入り、愛液とザーメンが混じった液体をアナルに塗り込みながら、指2本で出し入れしました。






告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【妹】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも 【告白体験談】

僕は、大学2年でまだ19歳です。

中高と男子校に行ってしまったので、女の子とは本当に縁のない日々を送っていました。



それが、今年の夏、一気に色々な体験をする事が出来ました。きっかけは、夏休み前にかかってきた、叔母からの電話でした。

叔母さんは、僕が赤ちゃんの頃にオムツを替えてもらったり、まだ僕が小さい時にも色々なところに遊びに連れて行ってもらったりで、すごく仲が良いのですが、頭が上がらないところもあります。



そんな叔母に、従姉妹のほのかちゃんの家庭教師を任命されました。でも、それはただ働きと言うことではなく、ちゃんとした報酬ももらえる、バイトみたいな感じでした。叔母さんは、そう言うところはきっちりとしてくれるので、貧乏学生の僕にはありがたい申し出でした。





そして、久しぶりに叔母さんの家に行き、ほぼ1年ぶりくらいにほのかちゃんに会いました。ほのかちゃんは、5年生にしては落ち着きが有る、妙に大人っぽい感じの美少女に成長していました。

僕の中では、ほのかちゃんは真っ黒に日焼けをして、刈り上げ頭のボーイッシュすぎる女の子というイメージだったので、驚きました。



『お兄ちゃん、久しぶり#12316;!! 元気だった!?』

ほのかちゃんは、見た目こそ美少女になっていましたが、中身は元気でボーイッシュなままでした。

『よかったわね。ずっとお兄ちゃんお兄ちゃんって言ってたもんねw』


告白体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月15日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【職場】熟女好きになったきっかけ 【告白体験談】

970名前:名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2015/06/13(土)16:33:28.64ID:???0

新入社員の頃

いつもツンツンしてるお局様がいて毎日苛められてた

年増だが顔綺麗で見た目清楚系だったが性格が最悪

自分はパートのくせに夫が一流企業に行ってることを鼻にかけ

いつも俺達を馬鹿にしてた



何年か経ってある程度の権力を得た俺達は

そいつに解雇を言い渡した

その時期は折悪く

リーマンショックから続く大不況の真っ最中

自慢の夫はリストラされ無職、次の当ても無し

子供は私立の医大に進んでしまったとかで

貯金も底を尽き自転車操業状態

なんとか切らないで欲しいと懇願された


告白体験談関連タグ

|

2015年6月13日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【近親相姦】母そっくりのデリヘル嬢と母子相姦プレイ 【告白体験談】

大学に入ってすぐ、童貞のくせに熟女風俗にハマッた。

俺、高校まで男子校だったんだが、卒業した先輩から「人妻風俗はいいぞ〜」と

聞かされてて、合格して独り暮らしを始めたら絶対行く!と決めてたんだ。

先輩が愛用してたのは熟女デリヘル。

ただ、下宿に呼ぶのはなんか怖かったから、俺は最初、外で待ち合わせてラブホテルへ行くタイプのにした。

電話するときは、やっぱりドキドキした。

来た嬢は30代半ばくらいかな。

美人でも不細工でもない普通の奥さん風だ。

よく分からんから90分コースを選択。

手コキとフェラと素股で1発ずつ、全部で3発抜いてくれた。

俺が初めてだと知って、いろいろ教えてくれたし、感じも悪くなかった。

貧乳なのは俺的に残念だったけど、最初にしては当たりかな。

出費は痛いけど満足したんで、また頼もうと思った。これが全ての始まりだ。

その2週間くらい後、どうしようもなく溜まって、またデリにお願いしようと決意。

2回目で少し度胸がついたし、ラブホ代ももったいないんで下宿に呼ぶことにした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年6月7日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

【彼女・彼氏】少年の巨根に屈服する熟女 【告白体験談】

お願い捨てないで!



奴隷よ、奴隷になるから!



そう言って聡子は和也の足下に跪く



そして、

和也の足を捧げ持つようにして、軽く浮かせてから

低く身を落とし

首を下げるようにして、和也のつま先に顔を寄せていった



若干黒い垢を浮かせた足の親指の付け根に

聡子はそっと唇を触れさせてから

口を開けてしゃぶりついた




告白体験談関連タグ

|

2015年6月5日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
1 / 21312345...102030...最後 »

このページの先頭へ