相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻の裏の顔【告白体験談】

父親の3回忌の法事が終わり、一足先に俺と妹が実家に戻ったときのことだった。

いきなり妹が、「兄ちゃん、怒らないで聞いて」といつに無くマジ顔で話してきたので、何事かと話を聞くと

死んだ父親と俺の嫁が「男女関係」にあったという。

唐突にそんなことを言われたので、俺としてもどうリアクションを取ればよいのかわからず、ポカンとしていたのだが、

妹の話を要約するとこうらしい。

当時高校生だった妹が学校を早退し、実家に帰宅したときのこと。

家族を「わっ!」と驚かそうと不意に玄関で思いついた妹が、抜き足差し足で家の中に入ると何やら俺たちの寝室から

睦声が聞こえてきたので、また俺がAVを見ているか、当時新婚だった妻とセックスしているのかと思い、やおら行為を

覗き見してみたくなったという。

部屋の前まで行くと、どうやら妻のヨガリ声らしかったので、「兄貴と義姉さんがセックスしてる!」と思ったらしい。

新婚とはいえ、平日の真昼間から仕事もサボり、新妻とセックスしている俺の痴態をのぞいてやろうとそっとドアの隙

間から部屋の中を見て、卒倒したらしい。

なんと、妻と絡んでいたのは俺たちの父親だったからだ。

「えっ!?何これ?不倫?近親相姦?」と妹はパニックになったらしい。

「もうそのときのショックったらないよ。夕飯で何も知らない兄貴とお母さんをはさんで、お父さんと義姉さんがチラ


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】妻は父さんの部屋で【告白体験談】

その日の昼休み。

俺は一度家に戻ることにした。

書類を家に忘れたからだ。たいした書類でなかった。

なにかの書類に付随した個人情報保護の同意書だ。

別に明日でも良かった。

しかし職場から家まで車で10分。

俺は取りに帰ることを選んだ。

家は実家である。

2年前のリストラに会い、帰ってきたのだ。

住人は俺と妻と5歳の息子、それに定年退職者の父さん。

父さん。

思えば子供のころから迷惑をかけっぱなしだった。

母は高校の時死んだ。

その後の2年間の浪人。

父さんにならって市役所を受けたが敗退。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【浮気・不倫】娘とのSEX【告白体験談】

娘は1×歳 最近SEXをするようになりました。

最近では、もう触るだけで濡れてくるので、娘のマンコにスムーズに挿入できます。

この事は、妻も承知しており、積極的に娘にSEXの予備知識を教えていました。

こうして家の中では、いつでも娘を抱くことができます。

先日も夫婦の寝室に娘を呼んで、3人でSEXをしました。

妻の前では、娘とする時にはコンドーム付けて、絶対妊娠をしない様に、今は偽装しています。

一方、妻には妊娠しない様にピルを飲ませ続けて、『やっぱり生は気持ちがいいよ!』と何回も逝ってもらいます。

しかし、もう数年したら長年の夢をを実行する予定です。

それは、娘に対して中出しを続けて、私の精で孕ませる事です。

もちろん、女の子が生まれるように願って、出精します。

もし上手くいけば、20年後には生まれてきた女の子(娘?孫?)も抱く事が出来るでしょう。

そして、この子も孕ます事が出来れば、親子3代に渡って自分の子を産ませる事が出来ます。

告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月21日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【人妻・熟女】認知症の父と妻【告白体験談】

私の父は62歳で認知症になった。

母(55歳)は病気で亡くなり、父は1人になりました。

それでも、仕事をしている時は元気でバリバリ働いていたんですが、60歳で定年を迎えると

1人淋しさの影響なのか?1日ボ~っとする事が多くなった様です。

その頃からでしょうか?父の言葉に”んっ”と言う事が度々起きて(ごはん食べたのに、まだか?と聞いて来る)

孫(12歳)と同レベルの事を始める始末。

病院へ連れて行くと、認知症の初期と言われました。そんな訳で妻(美沙35歳)に父の面倒をお願いする事にしたんです。認知症と言われ、数週間が過ぎた頃には父と妻の仲は良くなり、いつも2人で行動するようになっていました。

子供も”ママ最近おじいちゃんとベッタリなんだ”と言われる始末。

でも父の症状は日々良くなって行く様にも感じられたんです。

それでも何だか気になり、ある日ビデオカメラをリビングの隅に設置し、録画ボタンを押したまま会社に行く事にしました。

(ビデオはHDDなので、長時間録画できます)

その日の夜、ビデオは自動停止していました。こっそり皆の目を盗んで、ビデオを書斎(自分の部屋)に持ち込みました。

夜も深まり、妻も寝ると言うので先に寝て貰いました。

私は、書斎で昼間のビデオを確認して驚きました。<ビデオ内容>

妻が掃除機をかけていました。父はソファーで新聞を読んでいます。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】父と妻の公認SEX【告白体験談】

私は幼い時、母を亡くし父に育てられました。

父は、幼い私を育てるのに苦労したようです。

そんな事もあり、父は独身で一番いい年齢を淋しく過ごしていたんです。

そんな私も35歳になり、ようやく結婚(妻32歳)する事になりました。

父は60歳になり、定年を迎えました。

私は、父を一人に出来ないと妻を説得し、同居する事にしたんです。

妻は、私が言うのも何ですが妻はヤリマンで、これまで何人もの男性と経験していた様です。

顔は普通ですが、学生時代のあだ名は自動販売機!(100円でも寝る女)

職場で知り合い結婚する事になったが、同僚にも抱かれた位で穴兄弟が多いのも事実です。

妻は優しく・気が利く女性ですが、性欲大盛なのが欠点かも知れません。

まぁ、男好きな体系で胸は小さめですが、下半身デブでムッチリしたお尻は溜まりません。

特に、タイトスカートを履くと、色気ムンムンで殆どの男性が見る位です。

同居して1ヵ月も過ぎた頃でしょうか?父と妻が結ばれたんです。

妻を紹介した時から、父の目は女性を見る目で妻をジロジロ物色していました。

勿論、60歳とは言え、男性です。今まで我慢していた事も重々分かっていました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】父母のセックス【告白体験談】

俺の体験ではなくて、消防の頃に目撃した、未だに、お そらく一生忘れられない

両親のセクースの話で恐縮なんですが・。 20年くらい経った今でも、昨 日のようの

ことに思い出します。

少学5年の夏休みが終わりの頃でした。 いつも のように飯を食って風呂に入って

一旦寝たんですが、なんか夜中1時頃になっても寝つけません でした。で、何か

食おうかなと思いつき、1階の居間に行くことにしました。

階段 を降りかけたところで、両親の寝室のドアが5センチくらい開いていて、何やら

騒がしい(?) 声が聞こえました。

俺は、既に何回も、声と気配を感じたり目撃していたため、ある意味 (?)

慣れていました。 時には、部屋に帰ってオナーニのおかずにしていたので。(笑)

だからその時も、 「あ、またヤってるのかな。でもドアしめろよな~ !」と、半分ムカ

ツキながらも、いつものようにスケベ心がムクムクわいてきたので、抜き足差し足で

ドアの隙間 に近寄り、息を潜めて、中のようすをうかがいました。

この日は、月の光がとても明るく て、部屋の中はわりと鮮明に見えました。

ベッドの上で、パジャマ姿の父が、あ お向けに寝ている母に覆い被さるように


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】中2男の子【告白体験談】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】上と下で、、、♥ウッフ〜ン【告白体験談】

 親が若くして結婚し、息子が早々と嫁さんをもらうと、親子二代で同じ屋根の下でオマンコタイムになる、特に最近は五十すぎても母親が老けないので余計そうなる。と言う家庭も多いかな。うちも割と早く父親が結婚して私が出来たので、今老若ダブルキッチン状態である。

親がオマンコをやってる事は中学生の時感づいたが、私が高校受験のときは勉強部屋に下が親の寝室なのでさすがに遠慮してたみたいであった

 入学とともに再開、そっと階段を下りて営みを覗きにいったりした。当時、父が40で母が35だからまだ派手にやっていた。夏なんかエアコンもまだなかったし、窓を開け、カーテンだけ引いて風を入れないと暑くてやれなかったのだろう。田舎で庭も広かったから覗かれる恐れもないし。上に居ると木造家屋だから親が話し込んでいる気配を知るとそ〜っとおりて庭に回り、ヤブ蚊に刺されながらカーテンの隙から常夜灯のともる親の寝室を覗いた。母は垂れ気味のオッパイむき出し下は赤い腰巻きで、父は丸裸で敷きふとんの上に寝転がっている。父も片手が腰巻きをまさぐっている。母の片手が父の股間をマッサージしている。そのうちに腰紐が解かれ、脚と脚をからませあい、おっぱいを揉みながら、片手はオマンコに伸びる。会話はエロい話ではなく、近所の世間話を母がするのを父が黙って聞きながら、だんだん母の股間を拡げさせ、盛大にオマンコを撫でたり、さすったり、母の片手もマッサージからチンポをむいたり、しごいたり、そのうちどちらからとも無く、交わりの体勢に。

 母は仰向きになり、自然に軽く股を開き、父は母の足元に寄り、おもむろに脚を持ち上げて180度に押し広げ、股間の湿り具合?を指で確かめ、両手で左右にオマンコを押し広げ、クンニ体勢にもってゆく。母の満足げなため息があがって母の腰がもじもじしだすと母の両脚を肩にかつぎ、全開させたオマンコに直立しているチンポを真上から少しずつめり込ませてゆき、オマンコにチンポがなじんだ頃合いを計って盛大に九浅三深のリズムで母に奉仕し始める。時々腰をねじこんでみたり、その度に母の小さい「ひゃ〜」という声があがったり、父「ええやろ」母「ええわ〜♥」父「もっと、ようしてもらいたいか」母「ようして〜♥」父「よ〜し、」

 父は母の両脚を母の肩位まで押し曲げ自分の両手両足を突っ張らせ(これが松葉崩しかな?)結合部分を自分で覗き、母にも覗くよう促し、小声で「小夜子好きやで」と云いながら、ズボッ,ズボッと入れ始めると、母は股間を覗きながら「いやらしいわ〜ぁ」と、、父は「おまえがいやらしいことしてぇ〜といったやないか、やらしいいうのはきもちいいでもっとして〜ということやろ」そのうちにズボッ、ビチャッ、ズボッ、ビチャッと結合部分が夫と妻の愛の二重奏を奏で始めた。と思う間もなく、父は激しく腰を振り始め、「、、、、」と母にうめくとオマンコに何度もチンポをこすりつけると往ってしまった。何度か覗いたがこの晩ほど理想的?な夫婦の営みを見たのはなかった。

 しばらくたって、父から私と二人だけのときに、ぼそっと「のぞいたのをいいいとはいわんけど、お母さんにいうなよ、息子に見られたとわかったらかわいそうやからな」といわれた。「それだけや、おまえももうすぐ嫁さんをもらわならん」と。

 それから十年ほどたって私も縁あって見合い結婚した。夫婦生活の指導書も読んだが、何より親の夫婦生活が頭にしみ込んでいるので、アノ通りやっている。専業主婦の妻の昼間あった話を聞きながら、オマンコをいじくりながら、妻にはチンポを握らせ、つまが催してきたら、妻に股間を開かせ、湿り具合を確かめながらクンニで奉仕、ほしがり始めたら本戯に移り、最後は愛の言葉をささやきながら深〜く突き刺して絶頂に持ってゆく。手を取って父に伝授してもらったわけではないが、父が母に奉仕していた直伝の松葉崩しが我が家の伝統の性戯として私にも引き継がれている。今はどうか分からないが、新婚当初は親夫婦と息子夫婦で上と下でズボズボ、アフン,アッフ〜ンやってたと思う。何せ、父母は四十すぎてもアツアツでお仲がよろしかったから。たぶん、父も私と同様、妻以外おんなを知らない。今時、古めかしい三十年代のはなしである。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年5月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】母のエッチ【告白体験談】

私の母、はっきり言って変態かもしれません。そう思うのには理由があります。私、小学生の頃から父にやられる

母をずっと覗いてました。今思えば仲の良い両親とも言えるのですが、当時はそんな母を汚らわしく思いました。

だって、母は父の大きなおちんちんをもっと大きくしてお口でしゃぶっていたのです。

それだけではありません。何かしら白っぽい液体を厭らしそうに飲み込んでたりして気持ち悪いったらない。

それと、父はよく母を四つんばいにさせて後ろからおちんちんを母のお尻に刺してました。その時の母の乱れ様は

変態そのものでした。

そんな毎日を繰り返し、私は大きくなりました。今ではその行為の一つ一つが理解できます。

有難い事に、変態の母かも知れませんが一切浮気はしておらず、男は父ただ一人のひとでした。

尊敬しています。

しかし、私の父のおちんちんは今でも現役で母を抱きかかえては、エッチな事に励んでいます。

喜ばしいような、うざったいような・・・・

おかげで、私の男を見る目はデカマラしか眼に入りません。短小包茎など最悪です。ちなみに、私の旦那となった

人はデカマラです。気持ちいいもん。

母に感謝感謝。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年4月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】娘の借金で、知った、真実【告白体験談】

ある日、郵便受けの手紙を見て、驚愕した。内容は、借金の督促状だった。

娘、晴美30歳は、今だに、独立できない、長男とそんな、息子を溺愛している。母親共々そりが合わず。

私の庇護の元、

高校卒業と共に、家を出た。私には、近況を知らせていたが。今だに、子供たちは、30を過ぎても結婚すら、出来ずにいる。困ったもんだ。

晴美も、仕送りと称して、度々小遣いをせびるしまつだ。

しかし、2百万も借金してるとは、ドッと気落ちしたが。このままには、出来ず。

晴美の部屋を訪ねる事にした。

娘は、私の突然の訪問に、ドギマギしているが、部屋に迎えてくれた。

晴美、、、何だ、このボロアパートは。家賃が安いからさ(苦笑)。

家賃は毎月分、仕送りしてるだろ。

晴美は、何とも言えない顔で、沈黙していた。

私は、娘に、督促状を手渡した。

娘は、ごめんなさいを連呼し、泣き崩れた。私は、借金の理由を問いただした。

去年、務め先で、会社に、多額の損害を与えてしまい。退社(クビに近い形らしい)、三十路の娘は、なかなか再就職が、出来ずに、悪徳金融ではないが、ヤミ金に手をだし。

ヤミ金業者から、風俗務めを進められ。決心したところに、実家に督促状って事だ。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 41234

このページの先頭へ