相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【告白体験談】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。

金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。

車庫に車を止めてから食事に出かけます。

高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。

先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。

個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。

数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。

吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。

坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。

美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。

坊やの先端部分はピカピカに輝いています。

両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。

一週間分の核爆発のストックです。

美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。

吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】悦子日記 江波さん 看病の日々・・・【告白体験談】

悦子日記 江波さん 看病の日々・・・前にも書きましたが江波さんとのラブラブの思い出です。

江波さんは糖尿病の治療中でした。デイトをしたり、お買い物には付き合っていただけますが、お泊まりでのデイトは経験が有りません。

江波さんは婿養子さんですからお家を空けると奥様に大目玉です。いつものように、会社の勤務が終わってから二人で出かけました。

新しく開業したフランス料理のレストランです。

開業を祝う生花の列を通ってテーブルに案内されました。きれいなお皿に盛りつけられたお料理は芸術品でした。

アイスワインを戴いて芳醇な香りと味に酔いました。満腹してからはショッピングです。

商店街で夏用のお洋服を買っていただきました。

レースのスーツとそれにマッチする下着類でした。

大型の紙バッグに入れていただいていつものホテルへ移動です。悦子は少し酔っぱらっています。

江波さんとお部屋に入ってキスされて朦朧としていました。

江波さんから試着して欲しいと言われて、買ったばかりの洋服を着ました。着ている洋服は江波さんが脱がせてくれます。

スーツを脱がせてから、スカートのクリップを外してずり下げです。

その瞬間にコロンの香りが江波さんに漂ったみたいです。江波さんが肩ひもを外して、ブラとショーツを脱がせてくれます。

パンストも脱がせてくれます。

いつもの儀式をする前におへそにキスされます。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】たぶん・・・・【告白体験談】

子供が自分の子供なのか?と懐疑的になる。というのも、私の妻には不信なことがあるからだ。

最初の子供は、もしかしたら自分の父親の子供かも?と思ったりする。というのも、私の父親の性的感覚、常識は異常である。子供の頃から挨拶といっては誰とでもやりたがり、実際、多く問題もあったようだ。

妻のことは、大のお気に入りで結婚を勧めたくらいだ。妻の母親にも手を出していた疑いがある。当然、日ごろの言動行動からしても、十分にありうる。孫だからかわいがっても当たり前だけど、姉の孫に比べても異常な溺愛だった。部屋に入ったら、妻とつかみ合いの状態だったこともある。こういうと、妻にはまったくの落ち度がないようだけど、そんなこともない。

また、甥ともできていたようだ。そもそも、自分が指図できるような年下の男には目が無い。自分の自由にしたいという気持ちが強い女のようで、妻がそそのかしたと思われる。

会社の年下の上司(担当課は違っていた)とも関係があった。これは間違いない。それこそ懇親会だの、忘年会だの、親睦会だのと頻繁に出かけては夜遅く帰ってくる日が続いた。しばらくは、会社から一度帰宅した後で、会社に用事があるからと出かけては、PM8時くらいに帰ってきていた。

ある日、深夜に帰ってきて、いつになく自分から求めてきて、股を開くし始末。

スペルマ臭いやら、スキンのゴム臭い匂いがしたので、指で指を入れて中のものを見てみたら、愛撫する前から、ぐちょぐちょで、白い粘液がベットリ。女性にも白い粘液があるのは知っているが、何もしないうちからこの状態は無いだろうと、「男に入れて出された後じゃないのか?」といったところ、血相を変えて怒り始めた。その時には確信があったので、後日、問い詰めたところが、やっぱり不倫中だった。「家を出ることも考えていただろう?」というと「うん」という。そんなことなら、ここにいる必要も無いということで

数日、実家に帰していたが、結局は帰ってきて、罪滅ぼしか体を投げ出し、セックスして中出し、結局妊娠したが、あまりも接近した日であり、これまた怪しい。

そもそも、深夜に帰宅した時、事実を隠蔽するために妻から体を開いてきたことを考えると、なんとも怪しい。その後はセックスというセックスは妻とはしていない。女性は男に比べて、したたかである。自分の間違いの責任を亭主にとらせたり、他の者にとらせることをなんとも思っていない。

子供はかわいいが、できるものなら妻とは早く離婚したいと思っている。ただの同居人でしかない妻を養うのも億劫だ。二人の年金を折半しろというなら、それも良いと思っている。あの時別れていれば、下の子供は生まれていただろうか?いずれの子供もやさしい良い子に育った。感謝してほしい。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年9月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】ヌーディストビーチ【告白体験談】

彼女が大学の卒業旅行で女友達と二人で海外に行ったときの話を聞いて興奮したのでカキコ。

友達は元水泳部で、たまたま裸で泳げる場所があるという話を聞いて凄く興味を持っていたらしい。

彼女はその気はなかったんだけど、何となく無理矢理連れて行かれその場所へ・・・。

水着も許可みたいだったので、二人ともとりあえず水着を着て様子見に行ったんだけど、

驚いたことに本当にみんな裸で泳いだり歩いたりしていて、水着でいると逆に居場所がない雰囲気。

最初っからその気だった友達の勢いに負けて、更衣室に戻って水着を脱いでバスタオル一枚で戻った。

いざとなるとさすがに友達も緊張したらしく、しばらくタオルを巻いてうだうだしてたけど、

「二人ともここでタオルを外して、帰るまで絶対に体に巻かない」と無理に約束させられて裸に。

そのままプールで泳いだり、シャワーやサウナに入ったりして帰るまでずっと全裸で過ごしたって。

彼女からその話を聞きながら興奮して、いつか機会があったら彼女に連れて行ってもらい、

生まれたままの姿で異国の男性と過ごしている彼女をこの目で見ようと心に誓った(笑)。

告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年9月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】玄関で【告白体験談】

僕にはとても親しい友達がいる。

その人とは、暑かったら裸でも対面できる程だ

今日もその人〈男です〉と遊ぶ約束をしていた

そしてインターホンがなった。

その時も暑かったので、

裸で玄関に行った、すると

ドアを開けたらクラスメートの

女の子がいた、まずい…と思った時には

遅かった。その女の子のまえで全裸で

迎えてしまった。

終わった…絶対嫌われると思ったが

その女の子は、恥ずかしそうに

僕のち◯こを見ている。

だがさすがに僕も恥ずかしくなったので、

隠したが、女の子の様子がおかしい。


告白体験談関連タグ

|

2014年9月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】相性【告白体験談】

やっぱり相性ってあるみたいだ

妻を何人かの男とやらせたことあるけど、高校生の童貞から爺さんまで、、、

一回こっきりで終わる場合もあるけど、

気に入った相手だと何回かやらせる。

情が移って、互いに本気で惚れちゃうことがあるね。

俺がいることさえ忘れて熱中、夜の9時から3時までハァハァしてる。

疲れて裸のまま抱き合って寝てるから、

腹減って俺一人でコンビニ行って、帰ってきても気づかない。

舌をからめて、しがみ付いて、ズッコンバッコン一緒にいってる様子。

俺がいないあいだに、、、本気でやりまくってたらしい。

上の人も書いているけど、中出は御法度だったけど無理みたいだね。

ぐちゃぐちゃのシーツのそこかしこに、二人の愛液が飛び散っているし

朝が来るまでは何としても互いに離れたくない風情、、、

なんとも浅ましいというか、可愛いというか、俺もビンビンだったよ。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年8月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】私がオナニーでいつも想像していること【告白体験談】

修といると、いつも自分が子供に見えてしまう。私が初めて会った人でも、すぐホテルに行ってしまうのを知っている。私は、もうそういう習性のようなものがあった。今日もネットで知り合った人とデートだった。年齢32歳、射手座のO型。メールでは何度か会話をしていた。つけまつげと瞳が大きく見えるコンタクトレンズを付けて、待ち合わせ場所に向かった。会う場所は、わざと人通りの少ないビルとビルの間の居酒屋の入口の前を選んだ。そこには短めの黒い革のジャケットをサングラスをかけた男がいた。どこか見覚えがなくもない。

「あの、Yさんですか。」

名前をアルファベットにしたのではなく、そのコミュニティでのハンドルネームがY一文字だった。Yさんはこくんと頷くと、私の手を握り、少し引っ張るようにして、繁華街のほうへ向かった。

会話はなかった。話題が見つからないのではなく、私が話しかけても、Yさんは咳払いをするだけだった。瞳も見えないから、何だか不審に思った。

目的地に到着した。高級ホテルだった。私が会う前に、高級ホテルを、とお願いしたのだった。部屋に入った。サングラスを外すかと思いきや、Yさんは私をそのままベッドに押し倒し、無理やりkissをしてきた。舌も入れてきた。

タバコと体の匂いで分かった。それは修だった。サングラスを外した修の目は涙目に見えた。

「俺とだけじゃ、満足できないの?」

言葉は優しいが、抱きしめる手の動きは強引だった。

いつものクールで優しい修とは違った。感情がむき出しになって、唇は下のほうへ行き、乳首に歯で少し刺激を与えながら、音を立てながら吸い、私の濡れているところも、同時にまさぐった。私の体をいやらしく触わりながら、もう一度上に体を持っていき、下唇を舐め、kissをした。あそこに入れた指は、まだそのままでその指を修はゆっくり動かした。

かけ布団が剥がれると、私は素っ裸のまま修の目にさらされた。

「気持ちいい?」

修が聞く。

「気持ちいい。」

と私が答えると、修は私の膝を丁寧に舐め回し、私の陰部に舌をあてた。

いつもなら修はこんなことしないのに、今日は、指と舌で私の液が溢れているところを


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【学校】SATO 美和子物語 私の好きな方法【告白体験談】

美和子のベッドでのお話です。

夫との数年間、竹下さんとの14年間、そして今は吉井さんとの新しい生活を始めています。

先日、妊娠中絶の手術を受け、術後に医師の先生から30日間は夫婦生活を慎む様に指示されています。

それでも、夜になって一人でベッドに入りますとモヤモヤした気持ちになります。その気持ちを抑えるには自分でアクションを起こさなければなりません。

最初にオナニーを覚えたのは生理が始まった時です。中学一年でした。性器の汚れをきれいにした後でクリを触った時に初めて快い気持ちになりました。

それ以来、ベッドへ入りますと殆ど毎日、オナニーをしていました。最初は自分で乳房を揉んだり押さえたりでした。

やがて、性器を包むようにして押さえます。人差し指でクリを圧迫したりクリを剥き出したりです。

やがてエスカレーションして膣の内部に指を入れます。

自分の中指を男性器に見立てて上から押しつけていました。乳液を塗れば潤滑油になることを発見しました。

この状態で高校卒業までを過ごしていました。

大学は女子大でしたから東京からの友達と仲良くなり彼女のアパートに出かけました。

ある日、二人でワインを飲んでから狭いベッドで横たわりました。

二人は睡魔に襲われて暫くの間眠りました。

二人はブラウスを脱いでブラとショーツだけでした。

友達の美智子さんが美和子の胸に触れました。そして、クリにも触れてきました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月14日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【友達】金玉をつぶせ!【告白体験談】

来世では安室奈美江に生まれ変わるの!そして世の男どもを虜にしてやるわ!でもそもあと地獄をもせてやるの・・・・

二度と立ち直れないような無間地獄をね・・・ああ 生まれ変わるのが楽しみ・・・

私の復讐は永遠につづくのよ!世の中のすべての男の金玉をぐしゃぐしゃに潰してやるまで私の復讐は終わらない・・・

でわたのしみにしててね人間のクズども!

世の中は不公平!不公平!!

笑っちゃうわよね1!

告白体験談関連タグ

||

2014年8月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】アナルオナニーの好きな女の子【告白体験談】

「アナルに指を入れるのはいつから?」

「えっと…ちゃんと入れるようになったのは最近ですけど、いじり始めたのは高校の頃から…」

「それ以来ハマっちゃったのかな?」

「気持ちイイって感覚かどうかは自分でもわからないんですけど…なんかゾクゾクしてしまって…クリをいじりながら指を入れるとすぐにイっちゃうんです」

「アナルでイっちゃうの?可愛いね。。」

「恥ずかしい」

アナルオナニーの話をし始めるとさっきよりも顔を伏せるようになり、口調も恥ずかしさが入り混じって時折震えるようだった。。

ちょっと可愛いな、このコ。。

そう思うと少しずつ自分も興奮してくるのが分かる

「どんなことをまず知りたい?」

「あの…舐めて欲しいんです」

「どこを?」

「オマンコとアナルを…」

「クンニのことだね、どうして舐めて欲しいのかな?」

「ネットで女の人のあそこを図書室で舐めてる画像があって…」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 2212345...1020...最後 »

このページの先頭へ