相互リンク先の更新情報!

【職場】童顔の女上司が可愛すぎて持ち帰ったったwww【告白体験談】

<>481 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 21:40:40 ID:ZNLZLxwZ0 [1/6]<>

一昨日の飲み会で39歳女上司正子マネージャーを持ち帰った。化粧ッ気の無い、童顔といえば童顔薄化粧のためか39には見えない。その日の正子マネージャーの服は、屈むと胸の谷間が見える結構胸の所が大きく開いたノースリーブのワンピース。一次会は、マネージャー以下女性5人に男性4人マネージャー以外の女性は20代と若いノースリーブにショーパンの女性もいて目の保養にはなったが、正子マネージャーのなんともいえない、純真さというか男をあまり知らない初心さのようなものを感じ、隣に座った俺は、ずっと胸の谷間を凝視していた。9時まで飲み2次会のカラオケへカラオケでも正子マネージャーの隣に座り腋の隙間から見える黒いブラとハミ乳を見ながら正子マネージャーに色々な酒を勧め結構酔いが回り眠りに付きそうだった。



<>482 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 21:53:53 ID:ZNLZLxwZ0 [2/6]<>

12時カラオケも終わり、各々帰ったが正子マネージャーが酔いが回りグッタリとしていたので、俺が肩を支え周りからは後輩たちに「先輩マネージャーお願いします」の一言を残し帰っていった。先輩といっても後輩と2歳違い、マネージャより14歳も若い。内心、しょうがないなぁと思いながらも目は笑っていたに違いない。マネージャーに「マネージャータクシー乗りますか?」と聞いても返事が無い。しょうがないのでとりあえずタクシーに乗せ俺のマンションヘと持ち帰った。タクシーに乗ってる間、俺の肩にずっともたれかかって寝ているマネージャー15分ほどでマンションに着き、マネージャーを抱えマンションへと入った。



<>483 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 22:15:28 ID:AThfuEnH0<>

紫煙



<>484 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 22:17:18 ID:ZNLZLxwZ0 [3/6]<>

酔いが完全に廻ったのか、グッタリとして手足をダラ〜ンと伸ばしきって俺に身を預けているマネージャー。部屋に入り、ソファに寝かせるとワンピースが肌蹴太股までずり上がり太股の奥の黒い下着と白くスレンダーな太股が目の前に俺は時間を忘れずっと見ていた。すると寝返りをうって向きを変えたマネージャーを見て我に帰り、冷蔵庫から冷えた水を出し一気に飲んだ。冷静さが戻ると、逆にこのチャンスを見逃すのかという心の誘惑が体を動かし、気がつけばワンピースの背中のジッパーを下ろしていた。



<>485 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/06/16(水) 22:24:02 ID:hT5wvlmQO<>

梅雨のジメジメの中、妄想乙




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【職場】童顔の女上司が可愛すぎて持ち帰ったったwww【告白体験談】

481 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 21:40:40 ID:ZNLZLxwZ0 [1/6]

一昨日の飲み会で39歳女上司正子マネージャーを持ち帰った。化粧ッ気の無い、童顔といえば童顔薄化粧のためか39には見えない。その日の正子マネージャーの服は、屈むと胸の谷間が見える結構胸の所が大きく開いたノースリーブのワンピース。一次会は、マネージャー以下女性5人に男性4人マネージャー以外の女性は20代と若いノースリーブにショーパンの女性もいて目の保養にはなったが、正子マネージャーのなんともいえない、純真さというか男をあまり知らない初心さのようなものを感じ、隣に座った俺は、ずっと胸の谷間を凝視していた。9時まで飲み2次会のカラオケへカラオケでも正子マネージャーの隣に座り腋の隙間から見える黒いブラとハミ乳を見ながら正子マネージャーに色々な酒を勧め結構酔いが回り眠りに付きそうだった。





482 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 21:53:53 ID:ZNLZLxwZ0 [2/6]

12時カラオケも終わり、各々帰ったが正子マネージャーが酔いが回りグッタリとしていたので、俺が肩を支え周りからは後輩たちに「先輩マネージャーお願いします」の一言を残し帰っていった。先輩といっても後輩と2歳違い、マネージャより14歳も若い。内心、しょうがないなぁと思いながらも目は笑っていたに違いない。マネージャーに「マネージャータクシー乗りますか?」と聞いても返事が無い。しょうがないのでとりあえずタクシーに乗せ俺のマンションヘと持ち帰った。タクシーに乗ってる間、俺の肩にずっともたれかかって寝ているマネージャー15分ほどでマンションに着き、マネージャーを抱えマンションへと入った。



483 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 22:15:28 ID:AThfuEnH0

紫煙



484 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/16(水) 22:17:18 ID:ZNLZLxwZ0 [3/6]

酔いが完全に廻ったのか、グッタリとして手足をダラ〜ンと伸ばしきって俺に身を預けているマネージャー。部屋に入り、ソファに寝かせるとワンピースが肌蹴太股までずり上がり太股の奥の黒い下着と白くスレンダーな太股が目の前に俺は時間を忘れずっと見ていた。すると寝返りをうって向きを変えたマネージャーを見て我に帰り、冷蔵庫から冷えた水を出し一気に飲んだ。冷静さが戻ると、逆にこのチャンスを見逃すのかという心の誘惑が体を動かし、気がつけばワンピースの背中のジッパーを下ろしていた。



485 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/06/16(水) 22:24:02 ID:hT5wvlmQO

梅雨のジメジメの中、妄想乙


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年5月10日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ