相互リンク先の更新情報!

【痴漢】陸上部のJK.. 【告白体験談】

その子をはじめて目にしたのは4月のとある日だった。

新入生目当ての変態っぽいのが正面から密着していた様だったが、

触られだした途端に、蹴りを入れて撃退していた。

そんな事をすると仲間呼ばれて囲まれるのではと心配した。

案の定翌日数人に囲まれて何かされそうになっていたが、

またもや暴れて何とか撃退していた。



ああいう手合いは結構横の繋がりがあるようで、もは彼女に手を出す奴はいなくなったようだった。

彼女は部活に入ったのか部名入りのジャージで通学するようになっていた。



5月の連休明け、私は車内で部活ジャージ姿の彼女の後ろに立っていた。

以前から疑問に思っていたことを試すときがきたのだ。

「この子は、ソフトに触れられたらどういう反応を示すのだろう?」



運動部らしく5月にして既に軽く日焼けしたうなじを見下ろしながら


告白体験談関連タグ

||||

2015年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

【ゲイ・ホモ】TYSON VIDEOの集大成 【告白体験談】

美少年5人の媚肉を揉み、舐め、ほじり、ヒダの奥まで味わい尽くす・・・。選び抜かれた美尻少年達の張りのある尻肉に密着!

舐められいじられる度に敏感に反応する美肛は、男根を求めるかのように開き始める・・・!

人気モデル達が続々とマスクマンに嬲られ、弄ばれ、貫かれる!!目隠しされ軟禁状態の緊張感、

目視できない攻撃は不安と極度の興奮でより高感度を増す!超勃起するチ○コから垂れる先走った涎汁。

ネチネチと性感帯を刺激され拡げられていく恥部。ため息とあえぎの入り交じった恍惚の咆哮が密室に響き渡る!

人気モデル同士の熱いカラミは『男同士のセクロスとは』を体現し見事なまでの合体と昇天を披露する!

濡れるア○ルにぶち込まれる雄棒の摩擦に耐え抜き、受け止め、そして快感と同化する!2007年、

TYSONVIDEOの集大成がここに誕生した!

たまんねー肉厚!!ジュシーな体がゴツゴツと雄交尾にどっぷりはまっていく・・。

巨根のデカマラ2竿が口マン、ケツマンパコパコ突いて突いて、感じまくり!!「こんなデケーのくわえきれねー」

勇次の本領発揮のギガタチバージョンはエロ度ふんだんの雄攻め。激しい言葉攻めはま○こを濡らさす、

真剣交尾!!ガタイ重視、ギガムチ三連結、怒涛の3P、他1本収録。ガチムチ快楽耐久戦、ギガポルノ!!!!

※目線のモデルは本編では目線は入っておりません。

一年ぶりに解禁!!大人気シリーズBACKWILD遂に登場!!女を知り尽くした猛虎達が魅せる雄穴激突き淫乱第八章!

「めっちゃ好きやねん」パーフェクトボディ大西陽平。惚れ惚れする肉体で甘く抱きしめ、マッハ激掘り大暴走!


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月13日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_9【告白体験談】

 白い靄の切れ目から、少年たちが立ち働いている姿が見えた。朱美がまき散らした大量の糞尿を、シャワーや手桶で洗い流していたのだ。

(あっ、わたし……)

 我に返って首を探ると、赤い輪ゴムは辛うじて残っていた。ほっと胸をなで下ろしたのも束の間、自分がまきちらした臭気のひどさに気づき、再び放心状態になる。

 と、邦夫に肩を叩かれた。

「けつ、洗ってやるよ」

「え、あ……」

「ほら、けつ出せよ」

 邦夫がにやにや笑いながら、シャワーを振って急かす。朱美は横座りになって、恥知らずな尻を差し出した。

「だーめ、四つん這いだ」

「あ、はい……」

 四つん這いになった朱美の尻に、雄太たちの視線も群がってきた。打ちのめされるような恥ずかしさで双臀が小刻みに震える。肛門に強く湯を当てられると、下肢がぴくんと反応してしまった。まるでアクメの後のように……。

「さて、続けるか」

「え?」

 朱美の臀裂を、邦夫がシャワーヘッドで叩いた。

「浣腸に決まってんだろ。ちんぽを入れるにはまだ汚いからな。おまえだって、うんこついたちんぽをしゃぶりたくないだろ?」


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年4月13日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_8【告白体験談】

「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」

 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。

「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」

「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」

「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」

 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。

 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。

「おまたせ。あ、家に電話した?」

「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」

「康二くんも?」

 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。

「おれも言われたぜ。お礼しとけって」

「あはは、どこの親も言うことは同じだね」

 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。

「朱美さんもお腹空いたでしょ?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月12日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_4【告白体験談】

(この子も脅えているのね……)

 雄太の肌は青ざめており、薄い脂肪にあばら骨が浮き出ていた。朱美はその一本一本を確かめるように指先を滑らせてゆく。

「あっ……」

 雄太の背筋がしなり、衰えを知らない男根が大きく揺れた。朱美の乳房も腕の動きにつれてたぷたぷと震え、その先では乳首はゆっくり回っている。

「ね、ねえ……。雄太くんも触っていいのよ」

 揺れる男根を見据えたまま促すと、雄太は回る乳首を凝視して応えた。

「ど、どこを触ればいいの?」

「どこでもいいのよ。好きなところを……」

「ど、どこでも?」

「ええ、どこでも……」

 手を伸ばそうとして、雄太が目を瞬いた。眼前の乳首がぷくっとふくれたのだ。ほんのわずかな膨張だったが、瞬きを忘れるほど凝視していたので見間違いではない。

「あ、朱美さんも気持ちいいの?」

「え?」

「朱美さんの乳首、ふくらんだよ」

 朱美の頬が引きつった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年4月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【彼女・彼氏】続・マンコ締まりピラミッドの頂点【告白体験談】

   名前:作者◆qHqxyyRmmkメール:sage投稿日:2005/09/10(土)23:13:05

やっべー!

usbメモリーのデータが吹っ飛んでる!

・・・・・・・ごめん。

再読み込みしてみるけどもしかしたらダメかも・・・・・

しばしお待ちを・・・・・。









あ、読み込めた!!!!

汗が20ガロン吹き出たぜ!

お待たせ!ふう・・・・・。



「はー。よかったぁ・・・・・」


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年3月2日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【教師・先生】続・美人先生が高給ディナーをおごってくれる【告白体験談】

前編:美人先生が高給ディナーをおごってくれる





=====新着レス=====

その直後のプールはさすがに立たなかったよ。何と言っても抜かずの

三連発だったからね・・・。俺の中ではいまだに伝説になってる。

プールの時間ぽ〜っとしてた。まぁでもさすがに先生には釘刺されたよ。

くれぐれも自分で抜く努力をするようにって。出ることは出るんだから

後は俺の努力次第だという事だった。それで・・・え〜と、プールの

前日だったかな?「どうだった?」って先生に帰る前にヒソヒソ声で

呼び止められた。正直こうなるんだったらエロ小僧と思われても

抜いても駄目なんですって言っておけばよかったと後悔したね。

一度嘘ついちゃってるとどうしてもつき通さなくちゃならなくなる。



結局、良心がとがめたけど俺は首を横に振った・・・。しかも先生に


告白体験談関連タグ

|||

2014年2月6日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

【寝取られ】堕ちていくのは運命だった(4) 【告白体験談】

松木氏は広子をまるで恋人のようにエスコートし、部屋中央に連れて行く、後ろ向きに立たせて、彼女の手を取り、両手のひらをそっと壁につかせた。



これから何をされるか察した広子は、覚悟を決めたように挑戦的になっていく、自らの美尻をわざと強調するように少し弓なりになり、松木氏を挑発してしまう。

女として、顔や体にある程度自信があって、その余裕から普段の装いは、清楚で知的さを演じている広子だが、今は勝手が違う。





広子は、自分が出会ってから間もない男の誘惑に負けて、簡単に体を征服されるような女ではないと、壁に向かって耐えようとする。

私に尻を無防備に向けさせる男、そして冷めた表情で、私を今見下しているような、こんな生意気の中年男の手には、容易には堕ちない。

だから絶対に感じちゃいけないし、感じている表情なんかは少しも見せまいと、彼女のプライドにも火をつけている。





ただ広子の今の決心は、まったくの無駄な抵抗のように、男の目は広子の体は勿論、彼女の心まで一気に侵略し、自分の女にしようとする雄の目をしている。



淡々と確実に、そしてその攻めはあくまでもソフトで、広子の少し突き出した美尻にそっと両手を添えていく。早速動きがある、ただ両手で両尻を包み込んだだけで、広子は思わず上を向き、口を空き、小さく「アッ」と声を出してしまった。その極小さな声だけでも部屋中に届いた。




告白体験談関連タグ

|||||

2013年12月20日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】砂浜で目撃した衝撃の光景【告白体験談】

僕が中学1年生の頃に、友達と海に行った時の話です。

そこは一般的には知られていない穴場スポットで、

朝着いた時点では僕ら以外は誰もいませんでしたが、浅瀬で遊んでいたら、

いつの間にか女子高生の集団40〜50人ぐらいが集まっていました。

どこかの女子高の水泳部が、強化合宿の為に訪れていたようでした。

みんなスクール水着姿で、流石に高校生だけあって、お尻とおっぱいの発育の好さが、

クラスの女子の比ではありませんでしたので、しばらく見惚れていましたが、

顧問の先生らしき男(推定40歳代)が見た目通り怖い人で、最初は楽しそうにお喋りしていた女の子達も、

顧問らしき男が現れたとたんアッという間に緊張した面持ちに変貌しました。

顧問は竹刀を片手に、ドスの利いた大声でスクール水着姿の女子生徒たちに

「お前ら分かってるのか!遊びに来たわけじゃねーんだぞ!」「やる気がない奴は失せろ!」

「また尻叩かれてーのか!」等と怒鳴り散らしました。

邪魔になってはいけないと思い、沖の方に出て遊んでいましたが、

昼過ぎになり腹が減って砂浜に戻ると、そこでは衝撃の光景が待っていました。

昼過ぎの砂浜では、一糸まとわぬ全裸姿の女子生徒たちが100mぐらいの距離を往復で走らされていました。


告白体験談関連タグ

|||||||

2013年12月15日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】悪魔のような少年 11【告白体験談】

大雅様から、メールが届きました。「来週の火曜日から木曜日まで合宿をするので、艶美も来てほしい。」このメールを見て、心が艶めきました。私の心は、既に主人、子供たちより、大雅様にありました。主人と子供たちには、ダンスのレッスンで、外泊すると伝えました。

 まず、一日目大雅様の指示で、私のヌード写真を撮ることになりました。先日のストリツプで、身体を見られているとはいえ、明るい午前中に15人の中学生の前で裸になるのは、抵抗がありました。恥ずかしさでもじもじしていると、大雅様が部員に私の衣服を脱がすように指示しました。呼ばれた部員はニヤニヤしながら、私の身体をいやらしく触って、衣服を全部剥ぎ取り、私は全裸になりました。膣口はふとももに、しずくが流れるくらい濡れました。

  教室の前方正面に立ち、手を頭の後ろに組み、脚を少し開いて、いやらしい表情を浮かべました。そして、「わたしの身体をエッチに撮って」とささやきました。

 部員達は興奮した様子で、私の裸の全身をまじまじと見ました。

子供たちは、直ぐにわたしに群がりシャッターを次々に切りました。「艶美ちゃんのおっぱいはあのグラビアアイドルの娘より、大きいね。」「艶美ちゃんのヒップは美尻アイドルの娘より形がいいや。」「艶美は全身むちむちしてるよ、堪らない。舐めたいよ。」私の身体に対する、いやらしい評価が、わたしの表情を、エッチにしていきます。

「 M字開脚して」と、せがまれました。わたしは、脚を大きく開き、愛液が滴る女陰をみんなに、晒しました。息子の同級生に濡れたおまんこを晒し、感じる母。そう思うと、また感じてしまいました。

 夜は、全員とお風呂に入りました。私の豊満なおっぱいに泡をたくさんつけ、何度もたっぷりと揉むように洗われました。大きく柔らかいお尻にも、石鹸で泡をつけ、繰り返し掴みながら尻肉が洗われました。アヌスは、ヒップを大きく開き、匂いを嗅がれ、直接舌を中まで入れられました。女陰は、皆が集中したところで、指が何本も入り、上下運動を激しくされたり、クリトリスがひねり上げられたり、媚肉のひだを吸われたりもしました。それは、まさに愛撫でそれ以外でも顔、首、腕、背中、お腹、ふともも、足に至る全身が隈なく中学生の舌で激しく舐められました。私は何度も悶絶させられました。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年12月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 3123

このページの先頭へ