相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【告白体験談】

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。



知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。

お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。



お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。



嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。



お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。



嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に

お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・



お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。


告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月31日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】旅館の若女将に子種を求められて応えた 【告白体験談】

「あぁ…お客さん、早くオチンポ入れてぇ#12316;子種を、子種を出してぇ#12316;」女将は自ら太ももをM字にかかえ、両手の指で

剛毛とビラビラをめくりあげた。

真っ赤に充血した膣口がパックリと開いた。



(これからの話は二年前の実話である。)

学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。



お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。

泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。



泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。

部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。



細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。

三十代前半か?(こんないい女とやれる男がいるんだなあ…)と思った。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2015年4月25日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【寝取られ】高嶺の花だった彼女が私と結婚した本当の理由 【告白体験談】

結婚15年目にして、嫁の浮気を知ってしまった。

嫁の千佳子とは、取引先の会社で出会った。ルックスのよい彼女は、その会社の受付業務をしていた。若くて美人と言うことで、かなり人気があったようで、来社した取引先の人間、出入りの業者、デリバリーピザのお兄さんにまで連絡先を渡されたりしていたそうだ。

そんな嫁と、取り立てて秀でたところのない私が結婚に至ったのは、本当に些細な偶然がきっかけだった。



私は、千佳子のことは初めて見たときから綺麗だなと思っていて、その会社に行くのが密かな楽しみだった。

でも、自分には高嶺の花だと思っていたこともあり、挨拶をする程度が精一杯だった。

そんなある日、学生時代からの趣味のビリヤードをしに、行きつけのビリヤード場に行き常連と遊んでいると、女性がひとりで入ってきた。

その頃は、トムクルーズの映画の影響もとっくに終わっていて、ブームでもなんでもない頃だったので、女性がひとりで遊びに来るのはとても珍しいことだった。





そして、それが千佳子だった。緊張している感じだった彼女に、

「こんばんは。ビリヤードするんですか?」

と、私の方から声をかけた。すると、緊張している顔が一気に笑顔になり、

『柴崎さん! よく来るんですか? すっごい偶然ですね!』

と言われた。私の名前を覚えていてくれただけで感激だったが、その後の彼女の言葉はもっと嬉しかった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年4月15日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【告白体験談】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【露出】高学歴女の末路2 【告白体験談】

の続き



「●●薫さんのお母様ですか?薫さんの入園試験のことで、折り入ってお話があるのですが、、、」



男は名前も告げずに、そう切り出した。



「失礼ですが、どなたでしょうか?」



「ああ、失礼致しました。私(わたくし)、入園試験を担当しております高野と申します。

●●薫さんの面接にも立ち会っていたのですが、覚えていらっしゃいませんか?」



5人居た面接官のうちに

高野と名乗る男が居たかどうか私の記憶は定かではなかった。

しかし、相手が薫のお世話になるかもしれない学園の職員を名乗っているのだから、

自然と受話器を持つ手に力が入る。


告白体験談関連タグ

||||

2015年2月19日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【寝取られ】社長が嫁との子供が欲しいらしい 2 【告白体験談】

前コピペの続き













678:25◆W5wNclw7ro:2012/09/30(日)16:17:15.34

気持ちを落ち着けさせようと大変でした。

社長から話を聞いた後も1人で1時間ほどマックで想像を繰り返してましたし。







金曜に社長の会社に訪問に行きました。その場では嫁のことが話題に出ることもなく。

仕事をしている時はお互い真剣で。。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【寝取られ】嫁が町内の運動会の後から様子がおかしい・ 【告白体験談】

俺37歳、嫁35歳、長男7歳、次男4歳。



とある地方の中核都市で4人仲良く暮らしてた。

すぐ近所に、義母が1人暮らし。

嫁の両親は、嫁が学生の時に離婚、その後かなり苦労して、嫁と嫁弟を育てたらしい。

かなりの人格者で俺も尊敬してるし、何かの時に子供の面倒も見てくれるので頭があがらない。



俺の稼ぎは正直良くなかったが、嫁もパートで家計を助けてくれたので、贅沢さえしなければ、普通の生活には困らなかった。

何より、嫁仲間からは、「おしどり夫婦」と言われ、羨ましがられてた。



付き合ってから12年、結婚してから9年、ほとんど喧嘩らしい喧嘩をしたことが無い、ある種奇特な夫婦だった。

金以外は何でも有る、本当に幸せな家族だった。去年の町内会の運動会の日までは…。



去年、長男が小学校に入学した事で、秋の町内会の運動会に行く事になった。




告白体験談関連タグ

|||||||

2014年11月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【人妻・熟女】無防備な義母 Ⅲ【告白体験談】

前節で書いた様に、私は妻と義母の3人で暮らしています。

義母はとても無防備な方だったんです。親子ですから妻も似ています。義母程では無いですが・・・

3人が一緒に暮らして(嫁と結婚)1年3ヶ月が過ぎます。この一年の出来ごとを書いています。

去年の秋、私の自宅から車で15分程走った所に、神社があって毎年秋にお祭りが行なわれています。

妻と義母は3年前から、お祭りが気にいって必ず見に行っているそうです。今年は私を含めた3人で出かける事

になりました。妻も義母も浴衣姿です。私も浴衣来たらって言われたのですが、車運転するからって事で1人私服

です。2人の浴衣姿もまた、綺麗でした。

私  「浴衣の時、下着は付けないの?」

嫁  「うん!下着ライン見えるとかっこ悪いし、普通じゃないの」

私  「お母さんもそうなの?」

嫁  「そうだよ。お母さんもっとすごい格好かも!」

私  「本当!マジ」

嫁  「何考えてんの!!!コラ!」

そんな事で、夕方に祭りに出かけた。義母を見る目がイヤらしかったかも知れない。義母も嫁と変わらず派手目の浴衣で、

襟足はとても色気が出ていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月19日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】義母との一線【告白体験談】

1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。

私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。

その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。

一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。

雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程、暑くなります。

下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。

中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。

53歳の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。

人気に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。

”あら!ごめんなさい・・・”照れながら義母がドアを閉めたんです。それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。

何かと義母の体をジロジロ見ていたり、洗濯機の洗う前の下着を見つけては匂いを嗅いだりと

変態行為がエスカレートする様になってしまいました。

ある日、義母とTVを見ていると、いつの間にか義母はコタツの中で寝ていました。

何だかドキドキして、思わずコタツの中を覗いて見ると、義母のロングスカートが捲れ上がり太腿まで見えているでは

ありませんか?ムッチリした白い太腿の奥が見たくなり、そっと足でスカートを捲って行くと


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月31日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】変な後ろめたさで興奮【告白体験談】

いくつかあるが、ベスト3に入るのは嫁の母親のまんこを触った事だな。

義母が熟睡中、すぐ隣で義父が寝ている部屋で。

まんこはほとんどつるつるで、割れ目周辺だけ毛の感触があった。

柔らかいまんこを手のひらで包んで射精した時はほとんどセックスしたような気分になった。

凄いスリルだったから快感もすごかったし忘れられない。

告白体験談関連タグ

|

2014年8月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談
1 / 1912345...10...最後 »

このページの先頭へ