相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。【告白体験談】

<>686名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2012/11/22(木)00:53:41.32ID:irU2X+FZ[1/8]<>

ちょっと長くなるけど色々とあったから書いてみる



まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。

長らく続いたセフレ夫婦さんと、若い玩具君との関係を切った。

自分が年明けからおやじの会社に勤めることになった。

当面は実家近くのアパートの一階と二階を借りる。

一階は自分と妻、二階は妻のヤリ部屋としての予定。

これからの妻は相手を一人に絞る予定で、近頃は面接中。

年明けにはこんな感じのつもりだから、今関係ある人とは切ると妻が言った。



<>687名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2012/11/22(木)00:58:29.17ID:irU2X+FZ[2/8]<>

んで夫婦さんには引っ越すから最後と伝えたみたい。

先週の金曜から土曜の夜まで、存分に三人でやりまくったと帰ってきた時に報告があった。

昨日の昼過ぎからは妻と玩具君と自分でラブホに行った。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月27日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】セーラー服の女子生徒【告白体験談】

濡れて肌にぴったり張り付き若くてピチピチしたもち肌の肉体がうっすら浮き出す。

そして下にはM男が下敷きに。

ゆっくりと腰がくねる度に張り付いた下着や制服が体にこすれ、女子生徒の快感が増してゆく中、下敷きのM男はもう窒息寸前だ。

ごぼごぼと水が呼吸をさらに困難に。

快感と苦痛が2人の間でいったりきたり。

やがて女子生徒は快感のあまり尿意をもよおすと、そのまま腰を浮かせ聖水を始める。

ちょろちょろと黄色いおしっこがM男の口の中へ。

ゴクゴク、うまそうに飲み干す。

ご馳走になったお礼に、女子生徒はクンニを要求。

ひたひたパンティを横にずらし、舐め犬に奉仕させる。

オマンコをクンニされ濡れた生徒の表情は高潮し色気を増す。

立ち上がり振り向くとお尻を突き出す。

何も言わずに「挿入」の合図だ。

ぬるりとギンギンにいきり立ったオチンチンを女子生徒の肉壺に押し込むと激しく突き上げる。

膣内を圧迫されズンズン押し上げられる感触に響喜する生徒は濡れた髪からしずくを撒き散らし「ああっ」と快感の表情を振りまくのだった。

告白体験談関連タグ

||||||

2014年5月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【初体験】SMパートナー探し専門の掲示板での事【告白体験談】

6月8日の話し

出会いはSMパートナー探し専門の掲示板

普通のプレイは飽きたので

暇な時に検索していたら見つけた未知の掲示板



会うまでのやりとりは面白くないので却下

○○駅前で待ち合わせした



緊張して待っているとやってきたのは黒髪長髪のお姉様

沢尻エリカをちょっと老けさせた感じだったのでエリカで



ちなみに今まで調教されたことはなかったので初体験

すぐホテルに行くということだったので後ろをついて行った



SM経験やらなにがされたいのかなどを聞かれシャワーを浴びさせられて部屋に戻ったらボンデージをきてた手を後ろに縛られて目隠しされる


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月22日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【M男・痴女】それから【告白体験談】

【雅之は私の奴隷だ。今日も私の帰りを犬のように玄関で正座をして待っている】

女子高生の時、万引きを男に見つかり脅されてホテルに連れ込まれM調教を受けた。

Mに目覚めてから数年が経ち、私は全てのプレーをやりつくすとSに逆転した。

その時に私を脅し調教した男が雅之だ。

…今では私の従順な奴隷。



夜の仕事を終え、帰るのはいつも深夜の3時を過ぎた頃。

酔った手で鍵を開け、玄関へ入ると雅之が全裸で首輪を付け正座をして待っていた。

「咲妃様お帰りなさい。お疲れ様でした」

「まだ待ってたの!?」

「ハイ、だって今日は遊んで頂ける約束でしたので…」

「今夜は飲み過ぎて疲れてるからイヤ」

「えっ…楽しみに待っていたのに」

涙目で訴える。

私はその目を見るとSのスイッチが入ってしまうのを雅之は知っている。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月12日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【風俗】俺が初風俗に行った話をする【告白体験談】

当時の俺は21くらいで童貞だったが、性欲は有り余ってた

AV見てオ○ニーするだけなのもどうかと思い、風俗に行こうと思った

けど、童貞が風俗に行っても満足にプレイ出来んだろうなと思った

リードして欲しいが、恥ずかしくて言うのも気が引ける

そこで考えたのが、「そうだ。SMクラブで女王様に調教してもらえばいいんじゃね?」

これなら受身で言われたとおり従えばいいし、

攻められる側だからテクニックの無さも誤魔化せる

早速、適当な店に電話してプレイしに行くことにした

マンションの一室が受付になっていて、そこで女の子の写真を店員から見せられた

すぐに紹介できるのは3人で、うち2人が結構好みだった

どちらもスタイルは似たような感じだったが、身長が高めの子の方を指名した

そこのマンションの隣のマンションの一部がプレイルームになってるらしく

準備が出来次第女の子がそっちに向かうから、お茶でも飲みながら待ってるように言われた

待ってる間は「もし、写真と全然違う化け物が来たらどうしようか」と不安だった

チャイムが鳴ったのでドアを開けたら、そこには写真通りのお姉さんがいた


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月23日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

【M男・痴女】SM女王様に調教されたった【告白体験談】

今年の6月の話し

出会いは

そのやりとりは面白くないので割愛

アルタ前で待ち合わせした

緊張して待っているとやってきたのは黒髪長髪のお姉様

加藤夏希をちょっと老けさせた感じだったので夏希で

ちなみに今まで調教されたことはなかったので初体験

すぐホテルに行くということだったので後ろをトコトコついて行った

SM経験やらなにがされたいのかなどを聞かれシャワーを浴びさせられて部屋に戻ったらガッシガシのボンデージをきてた

手を後ろに縛られて目隠しされる

さすがにプロで全然腕が動かせない

その格好で立たされると乳首あたりに激痛が走った

肌の上を思いっきりひっかかれてる感じ

たっているのが辛くて座り込もうとすると怒鳴られる

(いたいなぁ。何で俺は金払ってこんなことされてるんだ)


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年1月23日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【職場】陽子のおもいで  第22章 2人はつねにあなたのモノ・・・【告白体験談】

急行の止まらないその駅で降りて商店街を通り綾子の住むマンションへと向かった。

流石にこの辺に来ると土曜日でも会社に向かって通勤する人の姿がちらほらと見えるので、陽子の綾子も変なことをしないでおとなしく歩いていた。

途中コンビニに立ち寄り、食料をやたらと買い込んだ。おそらく2人の計画では、一端部屋に入って事を始めたら夜まで、いや明日まで・・・もしかしたら明後日の朝、会社に行くまで変態で淫靡でとことん淫乱な3人の世界を繰り広げるつもりなのだろうと思った。

その証拠に、マンションに着く前だというのに陽子はオマンコがビチョビチョになってしまったと訴えてくるし、綾子はピアスがクリトリスを擦って逝ってしまいそうと歩いている途中で民家の壁に手を付いて片手でスカートの中に手を入れてピアスの位置をずらす行為をしだす始末で、マンションの部屋まで待てないと訴えかけてきた。

歩きながら辺りを見ると公園があり、公衆便所が設置してあるのが目に入ったので、そこで体勢をを整えるように促して2人を送り込み、外のベンチで待つことにした。

5分ほど経ったころでしょうか、なかなか二人が出てこないので様子を見に行くことにしました。

入り口を入ると左が男性用、右が女性用となっていました。綾子のもだえるような声が聞こえてきます。

やっぱりだ、と思ってその声のする方を見てみると、男子トイレの方から聞こえています。

「なんで・・・」と思いながら男子トイレの中を覗いてみると、小便器が五台大便用の個室が三室並んでいるのですが、その一番奥の個室から綾子の声が漏れてきています。

ぼくはその個室の前に立ち、中の様子を伺いながら喘ぎ声が途切れたのを確認してからノックしてみた。陽子の声がした「・・・雅之なの?・・・」小さな声が帰ってきた。

「2人とも中に居るんだろ?・・・大丈夫なのか?」

「綾子が大変なの・・・」「入って良いかい?ぼくも・・・」

「入ってきて早く・・・」こんどは綾子の声だ。

そして「カチッ」という音がして、鍵が開いたのがわかったのでドアノブを押した。

ぼくの目に飛び込んで来たのは、綾子のむき出しになったお尻と肛門そしてその下でマンコ汁に光って腫れ上がった様に捲れあがった蜜壺とその周囲をピアスが蠢いていた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月3日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【姉】もう我慢できない 美姉のお漏らし【告白体験談】

「まだかな?サービスエリア…」

焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。

「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」

「我慢できそうにないの?志織…」

母絵里が心配そうに姉に聞く。

「ううん。大丈夫…」

そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。

(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)

家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。

夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが

高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。

実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。

母絵里は18の若さで志織を身篭ったが、25の時に夫は急死してしまい

以後一人で志織の面倒を見てきた。

俺の母は、俺を産んで間もなく亡くなってしまった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年12月9日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

【浮気・不倫】人妻不倫体験談 【告白体験談】

今回捕まえたのは若干23歳のロリ妻!

最近若妻たちの反応がいいのは嬉しいことですね。

ただこの子も含めて、こんな歳から

不倫しまくっちゃってこの先大丈夫なんでしょうか…



とまぁ心配もほどほどに、今回は比較的ハメ撮りにも

おおらかに応じてくれたので裸も撮らせてくれました。



幼い体型が人妻に見えませんがこれでもなんと2児の母!

抱き心地最高のスベスベムッチリ敏感ロリ妻ボディは

最高に楽しませてくれました!



ホテルでくつろぎながら携帯をいじるあさみちゃん。

歳の割りには落ち着いてるし性格もマイルドでちょっと

天然チックな所がグッドです!


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年11月28日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【風俗】俺が初風俗に行った話をする 【告白体験談】

当時の俺は21くらいで童貞だったが、性欲は有り余ってた

AV見てオ○ニーするだけなのもどうかと思い、風俗に行こうと思った

けど、童貞が風俗に行っても満足にプレイ出来んだろうなと思った

リードして欲しいが、恥ずかしくて言うのも気が引ける



そこで考えたのが、「そうだ。SMクラブで女王様に調教してもらえばいいんじゃね?」

これなら受身で言われたとおり従えばいいし、

攻められる側だからテクニックの無さも誤魔化せる

早速、適当な店に電話してプレイしに行くことにした



マンションの一室が受付になっていて、そこで女の子の写真を店員から見せられた

すぐに紹介できるのは3人で、うち2人が結構好みだった

どちらもスタイルは似たような感じだったが、身長が高めの子の方を指名した



そこのマンションの隣のマンションの一部がプレイルームになってるらしく


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年10月31日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談
1 / 41234

このページの先頭へ