相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 エロシーン 【告白体験談】

その晩、富田が食事に連れて行ってくれたのは焼肉店であった。



焼肉店と言ってもそれぞれの席が個室になっていて、店内には大きな揃ったワインセラーまで完備しているという高級焼肉店だ。



アルコールは取らなかったが、富田と山井は本当によく肉を食べる。



一皿何千円もする高級肉を次々と口に放り込んでいく2人の食欲に、果歩は驚きの表情を見せていた。





そして食事を終えると、3人は富田のマンションへと向かった。





山井 「ご馳走様でした富田さん、いやぁマジ美味いっスねぇあの店。」



果歩 「ほんとに美味しかったです。でもまたご馳走になっちゃって…。」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【初体験】オタ後輩 【告白体験談】

俺は10人程在籍してるオタサークルに所属していた。

ぶっちゃけ女子と話すのは苦手中の苦手だが、オタっぽい男子とはかなり話せるので、俺は二年の初めのサークル勧誘のビラ配りをさせられていた。

オタっぽそうな男子に狙いを絞って配っていくと、声をかけられた。

振り向いたら、俺より2〜30cm引くそうな子がそこにいた。

俺は175cmなので、かなり小さい。小学生くらいの背丈である。

「ここって…どんなサークルっすか…?」

「あっ、机出ししてるから、寄っていく?」

「いえ…ここでちょっと聞くだけでいいんで…」

軽く説明したら小さくお辞儀をして、去って行った。キャスケット帽子を深く被り、ダボダボなパーカーを着ていたが、髪の長さと声からして、女子なのだということは分かった。

そして、その女子がサークルにやってきた。



新入生達と会話するのも、俺である。上級生たちはコミュ障だからって俺に押し付けてきやがる…この女子、妙に俺と作品等の趣味が合う。俺達は一気に話しこんでしまった。

明るく話す内に、その女子のスペックはある程度分かった。

仮名N、一年浪人で夏で二十歳になる。149cm(長い間150cmを越えられないらしいw)、周りにオタ友達がいない田舎からこちらの大学に来て、そういう交友関係を作りたかったらしい。

話す中で帽子を取った顔を見たが、可愛い可愛くないというより、すごい童顔なのである。ランドセルを着せて小学校に侵入させても問題ないレベルww


告白体験談関連タグ

|||||||

2013年12月18日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ