相互リンク先の更新情報!

【M男・痴女】家庭教師の教え子に調教された 【告白体験談】

<>75名無し調教中。2014/07/27(日)03:10:22.62ID:WQXQ6Q+u<>

私が大学生の時です。

女子中学生の家庭教師をしていました。

今の中学生と違って、そのころの中学生は、本当に素直で純真な感じでした。

週に3回ほど行きました。

最初は部屋もきれいに片付けられていたのですが

そのうち部屋に入ったときにベッドの上に可愛い下着が脱ぎすてられているようなこともありました。

何かの用事で階下に下りていったときに、ついその下着を手にとりました。

パンツのちょうどそのところは薄く色がついていました。

思わず、そこに口をつけてしまいました。

それだけで、若い男の体は、ギンギンに固くなっていました。

<>76名無し調教中。2014/07/27(日)03:12:06.88ID:WQXQ6Q+u<>

5月から家庭教師をはじめて、やがて8月の夏休みとなるころにはずいぶんと親しくなっていた。

その年の夏は猛暑だった。

タンクトップやランイングシャツが流行っていたので、その子もそんな姿で勉強をしていた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2015年6月11日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【人妻・熟女】契約試験【告白体験談】

34歳の人妻です。

社長以外すべて女性で私を含めて10人の小さな会社でパートをしています。

29歳から45歳までの女性9人。

毎年1回パート契約更新のための試験があります。

先月がその試験でした。

どういう試験かというとまさに社長のための試験です。

まずは筆記試験。といってもただの試験ではない。

試験問題は、

3サイズ

セックスの回数

などを渡された紙に書かされます。

次に面接試験。

9人全員、制服は脱ぐよう指示され、下着のみ着用で面接を受けます。面接内容も、セックスに関する内容ばかり。

最後に実技試験。

当然、淫乱なことを命じられます。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】999【告白体験談】

豪奢な椅子に腰かけ、膝に置いた愛用の銃を拭きあげる。

銃器の手入れは、伯爵が自らの手で行う数少ない作業のひとつだった。

長身の銃はやや旧い形式。獲物を捉えたときの手応えが気に入っている。だが今日の狩りで役に立ったのは、普段はほとんど使われることのなかった別の機能。その働きを褒めるように、磨きこまれた銃床を指先で撫でて。

そして、伯爵はゆっくりと視線を上げた。

目の前に今日の獲物が吊られている。両手を上に広げ、かろうじて爪先がつく態勢で。

いまも窓の外に降り続ける雪のような白い肌をさらして。

「……素晴らしい」

陶然と伯爵は呟く。巨大なモノ・アイに、不吉な輝きを浮かべて。

それはじっくりと眺め上げ眺め下ろした獲物の肢体に対する賛辞であり、同時にこの状況にいたる経緯に向けた言葉でもあった。

吊られた獲物、白く艶美な裸身をさらした女の長い睫毛がかすかに揺れる。伯爵へと向けられるかと見えた視線は、すぐにまた下へと戻った。盛り上がった胸乳があえかに息づく。

そう、女は生きている。それは、狩りの成果としてこの部屋へ運びこまれる獲物としては、まったく異例なことであった。

「ふふ…」

そして、その異なる状況の中、伯爵は上機嫌を隠そうとしない。

よくぞ、あの瞬間、咄嗟にパラライザーへと切り替えたものだと自賛する。よくぞ、そんな機能が愛銃に備わっていることを思い出した、というべきか。今まで使ったこともなかったのに。なにより疾駆する馬上から、雪夜の中を逃げ惑う獲物の類まれなる輝きを見極めた、我が慧眼こそ誇るべし。

ゆっくりと伯爵は立ち上がる。銃を置き、替わりに脇机の上にあった鞭を手にとって。日頃、下僕どもに使っているのとは違う、とっておきの皮鞭─本当に、この獲物は果報者だ─の、心地よい撓りを確かめながら、一歩踏み出して。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】悲惨な業界舞台裏 O・Mの笑顔の裏【告白体験談】

もはや昔の事だけど。

消費者金融の業界でかつて、O・Mの裏ネームは『駅弁』。CM出演のための肉弾接待では、スレンダーな彼女を業界幹部達は、駅弁ファックを強要。マ○コ駅弁、ア○ル駅弁、駅弁フェラ…挙げ句の果てに駅弁脱糞まで…。

吉岡美穂同様、昔からO・MのCM起用は肉体営業のたまものだなんて陰口をたたかれていたが、本当の事。

タレントが気に入らなければ、すぐに降ろすことだって可能だから、起用してもらいたいタレントは、躍起になって肉体営業をかけてくる。

O・Mの場合は事務所の方針みたいだった。具体的には・・・

O・Mの場合はスポンサー役員の間から「駅弁」と呼ばれていたんだ。

O・Mは結構アクロバティックな体位が上手で、フェラも駅弁の状態でやってくれる。

当然アナルも開発済みで、駅弁で両方の穴を利用できる。

CM撮影の合間の肉体営業は制服姿だからまさに、コスプレ状態だったそうだ。どこかのスポンサーなどは他社のCM撮影現場にまで駆けつけて楽しんだそうだ。

お偉いさんは「彼女の肉体営業は本当にスゴイ。接待してもらおうと、全然関係ない現場に来るスケベオヤジたちを軽くあしらっています。控え室に2人で入って出てきたと思ったら衣装の水着に白い白濁の液体の跡があったことは有名な話」と言ってたよ。

華奢な身体に鞭打って肉体営業を続けるO・M、あの人懐っこい笑顔の裏には、

まさに身体をはった努力があったんだよ。

なんでこんな事を知っているかはえらいお偉いさんにまわしてもらったから。

さすがに飽きがきたみたい。実際に今はたいした人気がないだろ。

いろんな男に抱かれているからプレミアなんてないしね。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【寝取られ】こんな女子高生他にいないはず。おくさまは女子高生だったあたし【告白体験談】

現在25歳の子持ちの人妻です。これは今の旦那さま(あたしは再婚なので二人目の旦那さまになります)の監修の元に書き込んでいます。

今の旦那さまと呼ぶ理由は、あたしは前の旦那から彼に寝取られ前旦那と離婚し、再婚したからです。

書き込んでる理由は特にないですが、一種の思いで作りと言うか遊びみたいなものです。

寝取られた当時の事ですが、今から8年ほど前の事です。あたしは当時17歳の女子高生でした。そして在学しながら結婚していた、漫画やAVでありそうなリアル『おくさまは女子高生』をしていました。

結婚した理由や周りの対応などは、長くなりそうなので省きますが、旦那さま(前旦那をこれ以降旦那、現旦那を夫もしくは当時の呼び名のイニシャルで記入します。ちなみに今も前も結婚相手は旦那さまと呼んでます)は当時あたしより23歳年上の40歳であたしが中学生の時に通ってた塾の講師をしていました。(別に親父趣味はありませんが、色々あって恋愛し16歳で結婚しました)

結婚して、一年が過ぎ大分人妻生活に馴染んで来た当時のあたしは一つだけ旦那さまに不満がありました。それはsexです。女子高生が何を言うかと思われるかも知れませんが、あたしは結婚前から性欲が強くオナニーばかりしている中学生でした。旦那さまに女にされてから余計性欲が強くなりましたが、旦那さまは歳のせいか元からかは解りませんがsexにあまり強くなく回数も減る一方で、中折れなどもしょっちゅうありました。新婚一年目であたしは中学生時代と同じオナニー中毒な日々になると、次第に他の男のおちんちんはどんなだろうと思い、学校のイケメンやあたしに告白してきたことのある同級生に抱かれたりする想像しながらオナニーすることが増えました。だけど想像だけでは限界があり本物が見い!とムラムラする毎日。だからと言って浮気する気なんてなく、悶々としていた時に今は多分閉鎖されたチャットや無料で出会い投稿などが出来るサイトで遊び始めました。最初はチャットで満足していたのですが、その内もっともっとと思い投稿メニュー書き込むと、あたしが女子高生でしかも人妻と知ると皆凄い興奮し、食い付きが凄かったのを覚えています。そしてその内の何人かとメールし始めました。勿論、あたしは浮気する気なんて全然なく、より満足できるオナニーとして利用していました。あたしの裸の画像などを送るとメール相手から送られてくる、犯したい!とか調教したい!とかの言葉と共に添付されるいろんなおちんちんに大興奮していました。そんな日々から更に人数を絞り、メールエッチしたりTELエッチしたりする日が続きました。(もしかすると、人妻女子高生なんかそうそういないので、これを読む人の中に記憶にある人がいるかも知れませんし、同じ学校だった人は気付くかもですが)

メールやTELの内容も日がたつに連れて過激になり、公園での露出画像を送ったり旦那さまの近くで「旦那さまよりぶっといちんぽでおまんこ犯してください!」など淫語言いながらTEL調教されたりして、いくら性欲が強いと言っても危険な方向に進み始めている女子高生になっていました。

ただそれでも誰とも会うことはなく単なる1人エッチのオカズとして利用していたのですが、それが狂い始めたのが1人のメール相手(今の夫)A君とのやり取りからでした。

相手は同じ高校生でしかも同じ市内とあって、地元ネタや恋バナなどで話が弾み仲良くなりました。また、それだけではなく人の事言えませんが、童貞の高校生の癖に信じられないくらいの変態と言うかマニアックでした。お兄さんが持っていた漫画やAVに影響受けたみたいで「あへぇぇ!」とか「おほぉう!」とか言いにくい感じ方をTELsexで強要されたり、うんこシーンをメールで添付させられたりしましたが、顔バレすることもないし、あたしも更なる欲求が高まってたので命令されるがまま変態なやりとりを続け、彼にはまりメインの相手となっていきました。さすがに同じ市内の相手なので、ばれたくないので顔や制服は見せませんでした。

たまにTELsexの時にA君の好きな人に成りきってしたりもしましたが(下の名前だけ教えてもらいました)あたしと同じ名前でしたが、偶然と考えて深くとらえませんでした。それが変わったのはある約束からでした。

放課後の教室でオナニーしている写メか動画を送れと言う命令。学校バレが嫌だったので断っていたのですが、制服くらいじゃ誰かとまでは解らないからと押しきられて承諾。その日は1日ノーパンで授業を受けろとも指令されました。当時の制服のスカートはかなり短く、油断したら見えるかも!と思うだけでおまんこがグチョグチョになる末期な女子高生のあたし。興奮し、でも放課後までオナニー出来ないあたしの頭はオナニーしたい!で一色でした。

そして放課後になってしばらくして教室へ行きました。最初電話で言われたときは抵抗あったのに、オナニーしたくて限界だったあたしは周りをあまり確認せずに、自分の机に座るとためらいなくオナニーをして、その姿をA君に送りました。するとそれと同時に現れる1人の男子生徒。

ここまで来れば読んでる人は解ると思います。現れた男子生徒がA君でした。A君の好きな女子生徒はあたしで、(あたしは以前A君に告白され旦那さまがいたから断りました)あたしを諦めきれず再度告白しようと後を着けていたらしく、その時階段で下たから見たあたしがノーパンと気付いて驚き、後をつけるとオナニーにふけるあたしとそして送られてくるメールで全てを悟った彼は、好きな女とメールの調教相手が同じ事に狂喜したみたいでした。

一方あたしは見られたときや、A君が同級生と知ったときパニック状態でした。

あり得ない偶然でしたが、A君はさっそくあたしを犯そうし、あたしは抵抗しようとしました。でも弱みを握られたあたしは、どうしようもなくA君の言いなりになるしかありませんでした。元々メールなどであたしのマゾ性などを知っていたし、調教されていたあたしを今なら簡単にモノに出来ると踏んだ彼に押し倒さて、オナニー途中でおまんこを丸出しで、しかもグチョグチョに濡れていたため前戯もなく簡単におちんちんを入れられました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月20日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】親友or悪友【告白体験談】

先月、親友のなつみと温泉に行きました。旅館に着くとすぐになつみが

「由恵、温泉に入ろうよ」

と言うので私達は温泉に行きました。脱衣所でなつみは堂々と服を脱いでい

きます。なつみはスッポンポンになると

「由恵、早く」

と振り向きました。

「アッ」

と思わず声を私は出していました。

「彼氏に剃られちゃった」

そうです。なつみのアソコはツルツルだったんです。一方の私は面積は狭い

けど生えている。

湯船に浸かりながら、剃られた経緯を聞きました。なつみは同姓の私から見

ても可愛い子で、いつも数人の男がいた。けど、しっかりした子でまわりに

振り回されることなく決まった彼氏がいた。なつみから告白して付き合った

彼氏でなんでも彼の言い成りだそうです。浮気防止のため、剃られたと言っ


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年3月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【スカトロ】高速バスで大渋滞【告白体験談】

<>321名前:えっちな21禁さん投稿日:2005/04/07(木)22:30:16ID:zTNDlX8F0<>

もうひとつ貼ります



<>322名前:321投稿日:2005/04/07(木)22:31:02ID:zTNDlX8F0<>

電車ではなくバスの話をひとつ。

この前会社で同僚3人と出張になったんだけど、その移動手段が高速バスだったんだ。

確かにそんなに長距離ではないけど、(1時間30分くらい)普通はJRの

特急だろって、3人でぶーぶーだった。



さて当日、バスの座席は指定席で同僚2人が隣同士、俺の隣が空席だった。

1人でゆっくり出来るなと思っていたら、出発直前に女が駆け込んで来て、俺の隣に座った。

年の頃は20代後半くらいで少しやせ気味、整った顔つきだけど化粧が薄いのでとりたてて

美人にも見えない。真面目そうな表情から、昔の担任の女教師に似てるなと思った。



<>323名前:321投稿日:2005/04/07(木)22:32:11ID:zTNDlX8F0<>


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【大学生】晒され妹【告白体験談】

<>175 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:43:00 ID:/WDSJAPK0<>

半年以上前の話。俺の妹は俺の4歳下でM大の3年生でテニス同好会(体同連?)に所属している。

妹は、1個学年が上の先輩と付き合っているが、先輩は2浪してるので年は3つ上だ。

一応、練習もシーズン中は週に4回とまじめにテニスもしているようだ。

部内の上下関係も厳しく、部内恋愛も原則禁止らしいので、一応内緒ということらしい。

(妹の話を聞くとこんな感じの部のようだ。実際はどうだか?)

<>176 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:43:44 ID:/WDSJAPK0<>

妹の彼氏(先輩)の話をもう少しすると、部の副部中の次くらいにえらいらしく、総務・会計という役職がついているらしい。

とにかく、おもしろてテニスが上手いとのことらしい。

一応、付き合っていることは表向き秘密にしているようなので、部活中は気軽に話しもできないらしく、それが結構不満のようだ。

ある日、そんな彼氏のパソコンが立ち上がらなくなり、部内でまとめている会計のデータが見れなくなってしまった。

バックアップもペーパー出力もしてなかったようで、妹の彼氏はひどく困ったようだ。

(大学に正規に登録されている部活は補助金の申請ができるらしいが、会計報告を最終的に提出しなくてはいけないらしい)

<>177 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:44:27 ID:/WDSJAPK0<>

というわけで、困っていた彼氏に妹はパソコンなら兄貴が詳しいといってPSをもって帰ってきてしまった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:大学生との告白体験談

【スカトロ】小1の女の子のうんこ【告白体験談】

前に野グソをしていた少女に遭った、学校の帰りだったらしく3時半ころランドセル

を背負った1年生くらい女の子だ、女の子は急ぎ足で不自然な格好で歩いていた、た

またま俺が用事在って其処を通っていた時にこの場面に遭遇。女の子は競歩みたい

に歩いていた。俺はスグ「トイレだな」と直感、ばれない様に後を付いていった。少女

はせっぱ詰まっていたらしく後ろも向かない、ひたすら歩く。やがて少女は走り出

したそして、右手を尻に持っていき押えながら走る、少女は道に面した駐車場に駆

け込んだ、俺は急いで後を付ける、偶然なのだが俺の車はその駐車場に止めてあっ

た「何と言う偶然か」俺は少女を探した。少女は奥へ長方形になっている駐車場の

一番奥に走っていくのが見えた、俺は気づかれぬよう車の陰になりながら近寄って

いく。少女は周りを見る余裕も無く奥の空いている所へ行った、俺は一番少女の近

い所へ行き車と車の間に入り下から覗く少女と俺は車一台隔てているだけだ、音を

立てぬよう車の下から向こうを見る。少女の足が見えた足をバタバタやっていた。

「アーーーッ、ウンコ、ウンコ出ちゃうよーッアーーーッ」と喚く。俺はビンビン

の物を出してアイプしながら様子を見ていた。すると

激しい便意が少し遠のいたのか急いで学校指定の青い短パンとパンツを膝の所まで


告白体験談関連タグ

||

2014年2月8日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

【学校】優子の友人【告白体験談】

とある私立女子校の新体操部部長の明日香。

サラサラのショートカットの黒髪、いつも潤った大きな瞳、透き通るような白い肌、

ツンと尖った形のいい鼻、スレンダな身体に、カモシカのように細くて長い脚を持つ彼女は、

聡明で優しく慕われ、成績もよく、新体操部を優勝に導くなど、非の打ちどころのない女性だ。

後輩の大会前練習の指導を終え、体育館から部室に向かう明日香。

黒の練習用レオタードや靴は、1日の練習の汗でビッショリ、シャワーでも浴びたいと考えていた。

その時である、誰もいないはずの部室倉庫から、下品な笑い声が聞こえた。

窃盗などやガラス割りなどが、頻発しているので、嫌な予感があるが、恐る恐る近づき、部室倉庫を覗いた。

そこで明日香が見たのは、金目のモノを探す同年代の女の姿であった。

彼女たちは、同年代ではあるが、髪を派手に染め、校則の厳しい明日香の学校の生徒でないことだけは人目で分かった。

正義感の強い明日香は、…。

「ちょっと!ここで何やってるのあなたたち!それ、私たちの学校のよ!」

4人の柄の悪い少女達の前に、清楚で完璧なルックスの美少女が立ちはだかり、怒りの交じった声で言った。

「あ?」

4人は大して驚いた様子も見せずに、突然現れた美少女に視線をやった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談
1 / 512345

このページの先頭へ