相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻は父さんの部屋で【告白体験談】

その日の昼休み。

俺は一度家に戻ることにした。

書類を家に忘れたからだ。たいした書類でなかった。

なにかの書類に付随した個人情報保護の同意書だ。

別に明日でも良かった。

しかし職場から家まで車で10分。

俺は取りに帰ることを選んだ。

家は実家である。

2年前のリストラに会い、帰ってきたのだ。

住人は俺と妻と5歳の息子、それに定年退職者の父さん。

父さん。

思えば子供のころから迷惑をかけっぱなしだった。

母は高校の時死んだ。

その後の2年間の浪人。

父さんにならって市役所を受けたが敗退。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月21日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【オナニー】美和子物語 吉井さん アナルセックス 立位で【告白体験談】

美和子物語 吉井さん 和服でお出かけ吉井さんのお友達が高松市内で茶会を開かれるのでご招待を受けているとのお話でした。

美和子さんもご一緒に出かけましょうとの事になりました。土曜日の昼過ぎに岡山を出発しました。

吉井さんは自動車の中で、先日の佐藤さんをお招きしての食事会では迷惑をかけたと謝って下さいました。

弁解していただいても仕方がありません。その後で、佐藤さんとお会いして仲良し会をしたことはおしゃべりしていません。

これは美和子が望んでベッドを共にしたことですから・・・。吉井さんに、あなたと生涯を過ごしたいので不謹慎な事はしないで下さいとお願いしました。

吉井さんも美和子が誰とも浮気をしないように言って下さいました。岡山から高松までは1時間ほどで到着しました。

吉井さんのお友達は内科の勤務医だとの事でした。

茶会は奥様のお弟子さんたちを招いての内輪のお稽古会でした。久しぶりに茶会ですから緊張していました。

お若い方から高齢のお方を含めて5人の会合でした。

奥様が亭主となられて茶会が始まりました。

和やかな時間を過ごしてから、隠れ家に向かいます。その日の夕方に岡山へ戻る予定で和服を着ていました。

隠れ家へ入りますと吉井さんからキスをされました。

着物を脱いでシャワーを浴びましょうと誘われましたが着付けが得意ではありませんから・・・。

躊躇していました。キスと着物の上からの乳房への愛撫で美和子のベビーが泣き始めていました。

自分でも解るほどの分泌でした。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月4日 | 告白体験談カテゴリー:オナニー告白体験談

【友達】私の日常【告白体験談】

私が初めて男性のおち○ち○をおずおず舐めたのは、大学1年生の時でした。

しかし、最初は興味本位が勝っていましたけれど、同時に抵抗感もありました。

だって、それまで正視するのも恥ずかしい男性の性器を、きれいにしている口に入れるのですもの気持ちはわかっていただけるでしょう。

けれども、Aおじさんは、そんな私の抵抗感を上手に解消してくれました。

 彼は、はじめの頃、普通にエッチする以外、自分にどうこうしてくれとは全く言いませんでした(わがままばかり

言う今とはえらい違いですよ)。一方で、私にはとことん尽くしてくれます。エッチをしない時も私のショーツを降

ろして汚いところも全部舐めて気持ち良くしてくれるのです。爪先や髪の生え際、耳やあそこや果てはお尻の穴まで

何度も全身を彼の舌で愛されているうちに、私の彼を慕う気持ちもどんどん高まっていきました。そして、彼のため

に何か尽くしたい、という気持ちがある限度に達した時、私は自分から彼の股間に顔を沈めていたのです。愛する人

のものですもの、その時はヘタでしたけれども心を込めておしゃぶりしました。彼の身体の一部であるおち○ち○

が、とても愛おしく感じました。愛したいから口にしたいと自然に思うようになったのです。

 彼は私に「精液飲んでくれるかい?」と聞きました。もうその時の私は、むしろ愛する人のものなら何でも欲しい

と思っていました。おち○ち○を口に咥えたまま目で「はい」とうなずいて彼のために一生懸命おしゃぶりを続けま

した。そして、「いくよ」と声が聞こえた途端、口の中に熱いミルクがバッと溢れました。彼に尽くせたうれしさと

一緒に夢中で飲み下しました。そうしたら、やさしく抱きしめて軽くキスしてくれました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】軍師のストリップ ブラ三ハンゲ4鯖 同盟ランク1位  【告白体験談】

116名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2010/10/19(火)18:32:58ID:dhT++nHU

月下美人同盟オフ会の模様を亀戦人がレポート致します



まず煉獄盟主からのご挨拶。



「皆様の期待に沿えない結果となったことは誠に遺憾でございます。

城を持っての1期終了ができず誠に申し訳なく思っております。

 然しながら、私も盟主として何の確信もなく若葉さんを軍師に指名したわけでも、若葉さんも

何の覚悟もなく、皆様を率いていたのではないことをご理解いただきたい」



「覇王道との対戦にあたり私は若葉さんから「負けたら脱ぐ」との決意の表明をいただいて

おりました。 」

「この乙女がです。その決意やよし、ここまでの覚悟で臨んで負けるわけはなかろう。

そう私としては信じ、全てを若葉さんにお任せしたわけでございます」




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年8月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【初体験】平吾少年の筆下ろし儀式 【告白体験談】

もう四半世紀も前だが、私が中学に入ったばかりの頃、

明治生まれの祖父が唐突に聞いてきた。

「お前、オ○コ知っとるんか?」

セックスの経験があるか?ということらしい。



「知ってるわけないやん」と俺。

当時でも中学で童貞を卒業する男は、まだまだ少数派だった。

「そうか。最近の子はかわいそうやなあ」

溜息をついた祖父が、ぽつりぽつりと語ってくれた話だ。



祖父=平吾(仮名)=が生まれ育ったのは、

関西某県の山間の農村。6人兄弟姉妹の次男坊だった。

小規模ながら自分の田畑を耕す自作農で、

高等小学校(今の中学くらい)まで出たというから、

村では中産階級といったところだろう。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年8月4日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ