相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】ウェディング衣装担当なのに新郎と立ちバック! 【告白体験談】

結婚式場の衣装を専属で担当しています。



昔からバイセクシャルな私は式場で男女が来店されるとワクワクします。



自分が胸・お尻が小さいせいか、私は胸とお尻の大きい女の子が好きです。



この前来店されたYさんはまさに理想の体型。



店員さんをされているとか。



基本的に新郎・新婦と仕事で会う機会は2回あるのですが、

初めての試着の時(1回目)に気に入った子はその日の内にメアドを聞いて

おきます。



「うらやましいなぁ〜、Yさんは胸が大きくて。私なんか全然ないから。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月22日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【浮気・不倫】結婚式衣装女性スタッフと妊娠SEX(略奪愛・前編) 【告白体験談】

彼女と結婚式場を回っていたときに結婚式の衣装女性スタッフ(衣装担当)の美名(みな)さんと出会った。



しばらく担当してもらった印象は、美名さんは小柄でスリム、清楚な感じで仕事の姿勢は真面目、謙虚で頼まれると断れないタイプに思えた。

口数も少なくておとなしく、正直、接客業に向くように思えない。



彼女と僕の両方の衣装担当で彼女の方も時間がかかり、特に女性は式場に見に行く日に、当日他の花嫁が着ていて実物を見れなかったり、その日に着終わっても当日クリーニングに出され、戻ってくるまで見れない。



ウェディングドレスとカクテルドレスの種類も多いため何回も日にちを変えて見に行かないと選べない。



僕はすぐ選べば選べたが、作戦があって敢えてそうしなかった。



僕の行った式場の試着室は一人当たりの広さがすごい。

美名さんと一緒に入ってカーテンを閉めてもすごくスペースがある。

靴を取ってもらったりするときに、四つんばいのまま後ろを向く美名さん。




告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年4月16日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【露出】とめられない気持ち 【告白体験談】

投稿者:恭子◆vA7figsdCM



年末年始にかけて、海外旅行に行ってきました。

あえてはっきり旅行先は明かしませんが、いわゆる南の島のリゾートです。

観光客は圧倒的に白人ばかりで、東洋人はそれほど多くないところとだけ書いておきます。



友達のS香といっしょでした。

もともと職場で同僚だった子で、お互いに気心の知れた仲です。

過去にも何度かいっしょに旅行をしたことがあります。



3日目・・・

S香はこちらで彼女の友人と会うことになっていました。

「(私の本名です)も、おいでよ」

いちおう誘ってもらってはいます。

でも、私は・・・


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年3月3日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【職場】エロい同期 【告白体験談】

俺の自慢の体験を共有した。

というより聞いて欲しい。



会社の同期に理香っていうアイドル的な娘がいたんだ。

可愛いくて、性格も良くて人気だった。

俺は配属もたまたま一緒で、仲も良かった。

ちなみに向こうは留年してるから一個上。

一年目は二人で遊びに行ったりもしたけど、可愛い笑顔に癒されていた。

俺も理香も相手がいたから恋愛にはならなかったけど、正直理香と過ごす時間は良かった。

下心はガッカリあった。

だが、度胸が無かった。



飲みに行った時に対面に座ったときに足と足がぶつかって、ドキドキした。

遊んでいるとたまに見えるパンチラと言うサービスは勃起物でオカズにさせて貰った。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【友達】5年生 危険な姉弟編【告白体験談】

5年生—危険な姉弟編(1)

2009’06.10 (Wed) 12:00

 約束の10分前には、わたしは公園についていた。

 今日も快晴で、じりじりとした日射しが照りつけている。

 悩んだけど、青いTシャツに水色のフレアスカートを着てきた。もちろん、下着もつけてきている。

 公園には、小学校の低学年ぐらいの子が砂場や遊具で遊んでいた。

 今日はなにをさせられるのだろう?

 そう考えると憂鬱になった。

「あっ、先に来てたんだ」

 声にふり返ると、高林君が立っていた。

「へえ~、その子がルミちゃん?」

 その横に見たことのない女の人が立っている。

 背は高林君より大きい。中学生ぐらいだろうか。ショートカットの髪で、目が大きくてすごく美人だ。赤いキャミソールにジーンズの短パンが、活動的な雰囲気に似合っている。

「高林君、この人は?」

 わたしは女の人を見てきく。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】水着を試着【告白体験談】

・・・目、目のやり場にコマッティ・・・

雨宿り代わりに入ったデパートの水着売り場。由紀(俺の彼女・本名)は女だから別にいいが。

俺は付き添いなんだから、っっって、俺から離れンなよ、勝手に。

こんなとこに一人でいたら、怪しまれんだろが。恥ずかしいんだよ、マジで。

俺が白い水着に見とれている間に、隣の列へ行ってやがる・・・。

そのとき俺の鼻の下は20センチくらいはあったかと思う。

下を向けていたチンコもジーパンの中でもがき始めていた。出せー・・・出してクレーって。

「どういうのがいいかなぁ・・・」

真剣に俺に聞くなよ。まだ6月上旬だぞ。季節は夏へ急いでるけど、これから梅雨だぞ・・・。

この雨だって・・・・。梅雨入りなんじゃねぇの?

「大人びているのがいいかな・・・」

俺は鼻の穴をふくらませながら言ったけど、チンコもふくらませてしまった。

実に由紀は俺よりも5歳年上、26歳。ちょっとした旅行で知り合って、何となく付き合っている。

まっ、一応交際しているということでお互い納得している。

デパート店員に由紀にとって、他のデパートを見るのは面白いらしい。参考になると言っていた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月8日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】倦怠期を抜け出す方法【告白体験談】

私36、妻25、結婚5年目の倦怠期を向かえた夫婦だ。だが、普通の倦怠期ではない。

セックス事態は、1日おきにする。

普通のセックスに飽きてるんだが、お互いを大切に思っているから、世間で言う、スワッピングや3Pは、出来ない。

そんな中、妻が、セックスレスで、離婚危機を、向かえたが、今じゃラブラブな姉夫婦に、相談したらしい。話しによると、離婚の話し合い中、お互いを嫌いじゃないって、事は確認でき何故、お互いが、浮気したのか、その原因は、何故かと精査した結果、まずは、久しぶりにセックスして見る事にして、ラブホに行き、テラスでセックスしたら、燃え上がったそうで、世間一杯でアブノーマルと言われる行為が、夫婦円満セックスになると、気づき、

今じゃ。各自の浮気、相手を交えて3P、4P、を楽しみ、浮気相手の妻と夫を加える、計画中だそうだ。私たち夫婦も誘われたらしいが、身持ちの固い妻は、それとなく、断ったらしい。それは、自分としても、同意したが、妻に、アブノーマルも試したいと、言うと、乗ってきたので、

早速、大人の玩具を買い込み、

妻に使ってみた。格段にセックスが、向上した。段々と、エスカレートしていった妻は、銀行の受付業務をしている。朝から、ワイヤレスのローターを仕込み、業務中に、スイッチを、ピクピクしながら、頬を赤らめて、

仕事してる姿を、見て、チンポを勃発させて、夜は、激しいセックスになる。休みの日には、

アナルにローター、パンツに仕込まれた。バイブが、挿入されたアソコと、歩きながら、スイッチON。

妻は、そのたびにへたりこむ。陳列した服の隙間で、バンツに手を挿し込みクリを弄る。パンツはもう、ヌルヌルで、試着室でフェラ。

障害者トイレで、セックス、お互いに、ドンドン泥沼に、はまって行くが、後悔や疑いは、なく、このままでは、

妻の姉の誘いに、乗るのは、時間の問題だ。

また次の機会に、お会いしましょう。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】長期停電で妻が隣の旦那に【告白体験談】

これは数年前に起きた話です。

我が家は、街からちょっと離れた所で、山間に出来た住宅地にあります。

週末の午後7時位に、仕事を終え自宅に向かっていると、いつもは家の明かりがいっぱい点いている筈

なんですが、何処の家も暗く不気味な雰囲気を醸し出していました。

我が家も例外では無く、明かりは点いていません。

車を止め、玄関を開けようとしても鍵が掛っていました。

その時です。隣の家から妻が出て来たんです。

「貴方、お帰りなさい!」

「どうしたんだ?」

「停電なの!」

妻に呼ばれお隣さんへ向かうと、隣の武田さん夫婦と子供達(お互いの子供が同級生)それに妻が

リビングでロウソクの明かりの中、時間を過ごして居た様だった。

話を聞けば、夕方4時位に近くの山が崩れ送電線が何本も切れたらしく、復旧には時間がかかると言うのだ。

しかも、我が家はオール電化で、停電では何も出来ない状態。そんな時、お隣さんが声を掛けてくれて

一緒に夕食を済ませたと言う(お隣さんはガスも使っていて、食事の準備は出来るらしく、しかも小さいながらも


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【寝取られ】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした4【告白体験談】

前回、ケイスケさんの家に遊びに行ったときに、嫁のユキがマコさんと一緒に、おそろいのスケスケのランジェリー姿で僕とケイスケさんの前に姿を現し、ケイスケさんにユキのおっぱいやヘアを見られてしまいました。





だけど、怒りや嫉妬ではなく、興奮したのは紛れもない事実で、ユキを自慢したいという気持ちだけではなく、ユキが汚されるのを見たいと言う、ちょっと歪んだ願望が僕にはあるのかも知れないと思いました。





あの日から、毎日ユキはあのスケスケのランジェリーを着て、僕を喜ばせてくれます。

我慢できずに抱きついて、キスをしてセックスを始めると、

「浩くん、、 この格好で、ケイスケさんに見られちゃってごめんなさい、、、」

などと、わざわざ見られてしまったことを強調する言い方をして、僕を嫉妬させます。

「浩くんだけのおっぱいなのに、全部見られてごめんなさい、、、」

「アソコも見られちゃって、ごめんなさい、、 汚れた女でごめんなさい、、」

こんな事を言われると、嫉妬と怒りと興奮で、わけがわからなくなります。






告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月23日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】近所でピカイチの人妻【告白体験談】

 私はデパートに出入りしている問屋の営業マンをしている。

あるデパートで売場の担当者を探していると、ふと見慣れた女性が目に入った。

それは同じ町内の人妻で、娘の同級生の母親だった。一流企業のエリート社員の

母親という顔をしていて、ツンとすましているが、なかなかの美人でボディも

なかなかの人で、たまにすれ違うと振り返ってスカートのパンティラインを

眺めてしまうようなこともあった。

たぶん買い物に来たのだろうと、また尻でも拝もうかと思って後ろをつけると

何とその女(Mとしておく)は、下着売場でパンティを見ていたかと思うと

サッと手に持っていた紙袋に落としたのである。「万引き」だった。

そして大胆にも2−3枚のブラを万引きし、さらに試着室に2枚下着をもっていき

1枚しか戻さなかった。そしてそそくさと下着売場を後にして帰ろうとした。

私は心臓がばくばくしていたが、後をつけてデパートの入り口を出たところで

声をかけた。「Mさん」というとMはビクッとして立ち止まり振り向く。

私はそっとそばに近寄り「見ましたよ、だめですよ。J君のお母さんともあろう

人が」「警察には云いませんから少し付き合ってくださいよ」というと


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ