相互リンク先の更新情報!

【出会い系】出会い系の子に中出しやり逃げ! 【告白体験談】

いつもの掲示板で女の子を物色し、

「これだ!」という子にメール。



最初からヤリ逃げ目的だから、プロフ写真の有無やアバターの設定を確認して、

援デリ業者じゃないかどうかチェック。



学生とか人妻とかだとホイホイ釣れるからヤメられないわ。



今回タゲったのは女子大生の詩織ちゃん。



ホ別2万が条件の子。



暖かくなってきたし、野外セックスしてそのままヤリ逃げしてやろうという作戦。



詩織ちゃんとのやりとりの中で、


告白体験談関連タグ

||||||||||

2016年1月4日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【彼女・彼氏】嫁「ここにテント張ったら駄目ですよ」俺「?熊が出るの?」嫁「【告白体験談】

874:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/28(土)03:43:26.91



夕暮れが迫っていて慌てて作業をしていると

後ろからいきなり声を掛けられた。



嫁「ここにテント張ったら駄目ですよ」

俺「?熊が出るの?」

嫁「(怒)家の私有地です!」



しゃがんで作業してた俺の視線のちょうど入った

デニム地のショートパンツから伸びた嫁の脚の白さが印象的だった。





876:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/28(土)14:21:48.14




告白体験談関連タグ

||||||||

2015年7月22日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

【寝取られ】妻が露出プレイに目覚めた結果、巨根の甥っ子に寝取られた 【告白体験談】

妻のすずは、夫の私が言うのもおかしいかもしれないが、結婚して7年経ち、32歳になった今も可愛らしい女性だと思う。

大学の時からの付き合いで、もう14年くらい一緒にいるが、まだ新鮮な気持ちは消えていないし、まだ二人でラブラブな日々を送りたいという気持ちもあって、子供もまだ作っていない。

と言っても、周りの目や両親達のプレッシャーもあり、そろそろ作ろうかなと話しているこの頃だ。



妻は美人という感じではなく、愛嬌がある感じだ。少し肉付きが良い体で、人によってはポチャッとしてるというかもしれないが、私は痩せすぎだと女性的な魅力を感じないし、抱き心地も悪そうに思えるので、私にとって妻の体型は理想的だと思う。



妻は、自分では最近炎上した広瀬すずに顔が似てると思っているみたいだが、夫のひいき目でもせいぜい7掛けくらいだと思う。でも、系統としては同じ感じなので、たまにそっくりに見える瞬間があるのも事実だ。





そんな、私にとっては最高の妻だが、さすがに14年近くもセックスをし続けると、気持ち的にはそんな事はなくても、肉体的にはマンネリみたいになってしまっていた。それは妻も感じていて、色々とアイデアを出してきたりした。エッチな下着を着たり、車でしてみたり、大人のおもちゃを使ったりした。そのどれもが効果的で、二人のセックスは充実したものになった。そして、少しずつ過激なものになっていった。



二人にとっての大きな転機は、夜の公園でのプレイだった。その日は、すずは両手を挙げたらパンツが丸見えになるほどのミニスカートを穿き、ブラウスの下はノーブラだった。

『ちょっと、これはさすがにダメでしょw お尻丸見えになっちゃうじゃんw』

妻は、そんな事を言いながらもすでに頬をほんのりと赤くして、上気したような顔で興奮した様子だった。

「見られるかもっていうのが、興奮するんでしょ?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年7月1日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【初体験】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録 【告白体験談】

ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。彼女は芽依、まだ2年生の女子校生だ。



私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。



彼女は、今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。でも、私は彼女は磨けば光る原石だと気がついた。

そこから、私の調教の日々が始まった。





私の車に派手にぶつかり、雨の中転倒した彼女は、ずぶ濡れになっていた。

『ゴメンなさい! 傘で信号が見えませんでした。本当にゴメンなさい!』

ドアがベコッとへこんだ私のBMWX6を見て、青い顔になっている彼女。私は、保険も入っているし、金銭的には余裕のある立場だったので、逆に彼女の怪我や自転車のことを心配した。



そして、私のマンションがすぐ横だったこともあり、一旦彼女を招き入れた。びしょ濡れになり、謝り続ける彼女は、私に言われるままに私の部屋までついてきた。普通ならば、初対面の男性にくっついて部屋まで来たりはしないと思うが、そんな事も判断できないほどにパニックだったのだと思う。

ただ、この時の私には下心はなかった。子供相手に怒りもなければ、性的な対象としても見ていなかった。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年5月6日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

【職場】エロい同期 【告白体験談】

俺の自慢の体験を共有した。

というより聞いて欲しい。



会社の同期に理香っていうアイドル的な娘がいたんだ。

可愛いくて、性格も良くて人気だった。

俺は配属もたまたま一緒で、仲も良かった。

ちなみに向こうは留年してるから一個上。

一年目は二人で遊びに行ったりもしたけど、可愛い笑顔に癒されていた。

俺も理香も相手がいたから恋愛にはならなかったけど、正直理香と過ごす時間は良かった。

下心はガッカリあった。

だが、度胸が無かった。



飲みに行った時に対面に座ったときに足と足がぶつかって、ドキドキした。

遊んでいるとたまに見えるパンチラと言うサービスは勃起物でオカズにさせて貰った。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【人妻・熟女】マンションの隣にチンピラ風の人が【告白体験談】

結婚して2年目の主婦です。

夫は公務員で、とても真面目な人です。

私もどちらかと言うと真面目な方で、若い時もあまり派手に遊ぶようなキャラではありませんでした。

ですから、平凡ですけど、人並み以上の生活が出来て満足していました。

でも、唯一の悩みは、最近ドンドン増してきた性欲でした・・・



若い頃は人より少なかったと思います。

経験人数も3人だけで、オナニー以外ではイッた事はありませんでした・・・

それで、最近はずっと家にいるので、時々ムラムラとしてしまい、昼間からオナニーをするのですが、中々おさまりません。



そして夜になって主人になんとなく伝えるんですけど、主人はすぐに寝てしまいます。

付合ってる時からもエッチは少ない人でした。

でも当時は私もエッチは好きではなかったので、良かったと思っていました。

ところが、30近いからでしょうか?今だけなのでしょうか?毎日ムラムラしてしまいます。




告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】変態な妻の過去【告白体験談】

夫であれば誰でも一度は気になるのが妻の過去の性体験であろう。

妻は当然処女でなかったので、結婚する前に過去に何人かの男に抱かれたのは確かだ。

お古と言われればそうであるが、そういう私も過去に何人かの女性と付き合ったことがあり、

お互い様ということで、結婚当初は妻と結婚できる喜びの方が大きく、

過去の性体験は気にならなかったが、妻を愛おしく思うにつれ、妻の過去まで独占したくなり、

妻の性体験が気になり始めた。

いつ誰にどのようなプレイをしたのか、私より前に果たして精子を膣に注ぎ込まれたことがあるのか。

細身だが豊満な体を一体どれだけの男が知っているのだろうか。

複雑な感情が入り混じる。

取り戻すことができない妻の過去に対する憤り。

どのようなプレイをしたかに対する妙な興奮。

複雑な気持ちが入り交ざる中、妻にSEXの最中に聞いてみた。

妻とのSEX中に過去の性体験を聞いたら、びっくりした見たく

『そんなこと聞くの初めてね。男ってみんな知りたがるのかな。』と言った。

そんな妻は自分の性体験を語り始めた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年10月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】淫らに豹変する妻【告白体験談】

今年になって地区の役員に初めて選出され、懇親をかねて飲み会が開催された。

ここに越してきて二十年も経つのに、仕事に託けて先伸ばしてきたのだが

いよいよ逃げられずに今日を迎えるはめになったのだ。同じ町内で有名なエロじじいも私と一緒に役員を1年間努めることとなったのです

酒の席で案の定、エロじじい正吉さんが声を掛けてきた

「大変ですが1年間宜しくお願いしますよ田中さん!

奥さんよくウチに配達に来てくれるからさ、アンタより顔見知りだよ(笑い)

まっお近づきに」  湯飲茶碗に注がれた酒をグイグイと飲み干す酒がすすむと気さくなエロじじい正吉さんと気があったのか、かなり仲良く打ち解けていた

根底には妻の美紀に向けられた正吉のいやらしさに興味を覚えたからでもあるのだが…「ところで田中さんよ~お宅の嫁さんいい女だよな~一緒に酒でも飲みたいな~

田中さん奥さん何歳になるんだい?すらっとしてるし美人だよな~」もう若くないですよ~45歳ですからね~正吉さんが思っているような女じゃありませんよ「45歳か~しごろやりごろだな! 女盛りのいい年じゃねえか~じいさんに目の保養させてくれよ

どうだいこのあと田中さんとこで一杯! ねっ!田中さん!」妻が厭らしい目にさらされる事を想像すると股間が熱くなる「でも突然だとウチのやつ怒りますよ、正吉さんがフォローしてくれるって約束してくれるなら

いいですけど…ウチのやつ自意識過剰なんで、きつく見えますけど褒められたり、

押しに弱いんで、上手に言ってくださいよ~」「じゃいいんだね” さっさっ、そうと決まれば早く行こうぜ! じゃ委員長あたしたちはこれで…」懇親会は酒の力もあってか盛り上がりを見せていた美紀を妻を他人の目にさらす、淫らに…以前の私だったらこんなことを想像もしなかった

人妻、里美に出会うまでは…   

里美との出会いは営業先でたまたま気が合うというか

お互い惹かれあうとでもいうのか身体の関係にそれほどの時間もかかることなく結ばれた


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年10月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】野外露出が癖になった私(追加②)【告白体験談】

<廃虚のゴルフ場…>

ネットを調べていて、近場で倒産したゴルフ場がある事が分かった。私は、夜出掛けてみる事にした。ゴルフ場と言う事もあり

結構山中だった。道路は綺麗に整備されていたが、通行量は少なかった。車で20分で目的地についた。

駐車場手前でロープが張られ、入る事が出来なかった。近くに砂利の広い所が見えたので、そこに車を止め、歩いて中に入った。

位道を懐中電灯をつけて入って行くと、広々としたコースが広がっていた。整備されていない為、草は若干伸びていたが、綺麗だった。

私は、全裸になりコースを走った。誰も居ない為、気持ち良かった。一度車に戻り、オナニー道具を持ってまたコースへ向かった。

コース途中に休憩所があり、そこでオナニーを始めた。まぁ誰も居ないので、見られる感覚は無かったが、初めて来る場所にちょっと

興奮した。初めてだったので、早々に撤収する事にした。全裸でバイブをマンコに加えたまま車に戻ろうとした時、ブーン・ブーンと

激しい音が聞こえた。木の陰に隠れると、暴走族5台と車2台が駐車場入り口のロープを外し中に入って来た。私は怖くなって隠れて

いた。私の車は、手前の砂利だったので、彼らは気づいていなかった。草むらを歩き少しずつ車に向かった。

暴走族は駐車場で、車・バイクを滑らせながら走行し楽しんでいた。私は何故か見られたら何て考えて、木陰から彼らに向かって

お尻をフリフリさせた。バイブを入れたマンコを向け、オナニーをした。見つかれば、犯されるに決まっていたのに…結局、一回逝った

後に、車に戻り急いで帰った。ハラハラしたけど、凄く興奮しました。その後も何度か行ったけど、車も見つからない場所を探し

安全にオナニーできました。暴走族のお兄ちゃん達には見えない所で、私は見せながら興奮していました。

<温水プールで…>


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】初めて妻と入った混浴で・・・【告白体験談】

私は32歳になる妻(美奈)と5歳の子供(衣月)の父親です。

最近私達は、旅行に出かけ温泉宿に宿泊したんです。

夕方旅館に到着し、部屋で旅館案内の広告を見ていると、混浴露天と言う文字を

見つけました。

”お~この旅館に混浴があるんだなぁ!行って見ようか?”

”珍しいわね!でも恥ずかしくない”

”折角だし!タオルで隠して入るんだから・・・大丈夫でしょ”

”ん~、いっちゃん大丈夫かな!最近うるさいし・・・”

”僕もお風呂行きた~い・・・僕大人しくするよ”

”本当?うるさくすると怒られるんだよ”

”大丈夫だもん”

”じゃ、夕食前に入りに行こうか”

”そうね!ちょっと汗かいたし・・・”

そんな訳で、私達は風呂の準備を済ませ部屋を出ようとしていた時、私の携帯が鳴ったんです。

”先行ってて、後で行くから”


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月20日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談
1 / 7912345...102030...最後 »

このページの先頭へ