相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】野外露出が癖になった私(追加②)【告白体験談】

<廃虚のゴルフ場…>

ネットを調べていて、近場で倒産したゴルフ場がある事が分かった。私は、夜出掛けてみる事にした。ゴルフ場と言う事もあり

結構山中だった。道路は綺麗に整備されていたが、通行量は少なかった。車で20分で目的地についた。

駐車場手前でロープが張られ、入る事が出来なかった。近くに砂利の広い所が見えたので、そこに車を止め、歩いて中に入った。

位道を懐中電灯をつけて入って行くと、広々としたコースが広がっていた。整備されていない為、草は若干伸びていたが、綺麗だった。

私は、全裸になりコースを走った。誰も居ない為、気持ち良かった。一度車に戻り、オナニー道具を持ってまたコースへ向かった。

コース途中に休憩所があり、そこでオナニーを始めた。まぁ誰も居ないので、見られる感覚は無かったが、初めて来る場所にちょっと

興奮した。初めてだったので、早々に撤収する事にした。全裸でバイブをマンコに加えたまま車に戻ろうとした時、ブーン・ブーンと

激しい音が聞こえた。木の陰に隠れると、暴走族5台と車2台が駐車場入り口のロープを外し中に入って来た。私は怖くなって隠れて

いた。私の車は、手前の砂利だったので、彼らは気づいていなかった。草むらを歩き少しずつ車に向かった。

暴走族は駐車場で、車・バイクを滑らせながら走行し楽しんでいた。私は何故か見られたら何て考えて、木陰から彼らに向かって

お尻をフリフリさせた。バイブを入れたマンコを向け、オナニーをした。見つかれば、犯されるに決まっていたのに…結局、一回逝った

後に、車に戻り急いで帰った。ハラハラしたけど、凄く興奮しました。その後も何度か行ったけど、車も見つからない場所を探し

安全にオナニーできました。暴走族のお兄ちゃん達には見えない所で、私は見せながら興奮していました。

<温水プールで…>


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年9月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】熟妻に乱交させて【告白体験談】

妻の裸体をネットにUPした所、凄い反響!

多くの男性に絶賛された。

”凄く素敵な奥様ですね!私も抱いてみたいです”

”彼女の淫らな姿を見てみたいです”

”ぽっちゃり体系最高!大好きです”  

”もっと一杯写真UPして下さい!楽しみにしています”  など

多くのコメントが届いた。

妻47歳!私52歳と熟年夫婦、数年前から始めた野外露出!

妻も見られる事に興奮するタイプで、野外でのエッチに燃えていた。

そんな2人の趣味を、とあるサイトに載せて見たんです。

まさかの反響に、驚き妻の元に向かったんです。

”見ろよ!お前の事素敵だってコメントいっぱいだぞ!”

”ウソ!え~こんなに一杯の人に見られているの?恥ずかしいわね”

”また、載せてみるか?”

”ん~”こんな年になって、こんなにも興奮したのは初めてでした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】単身赴任中に開発され尽くした妻【告白体験談】

自宅の妻 投稿者:GAT 投稿日:2001/02/23(Fri) 02:39

単身赴任の私は妻と幼い娘を残して僻地の出張所へと2年前転勤しました。

表向きは出張所の縮小ですが、事実上の出張所閉鎖業務の為、私の下には

現場採用の男女が二人づつ、それも妻帯者なので、時間になるとかっきり

と退社、とはいえ、別に残業も無いのですが。私もプロジェクトの終了と

共に1年で復帰できるはずだったのですが、不景気で、予定が大幅に変わ

り、業務の引継ぎをしてくれる先を現地で探す事になり、大幅な赴任延長

となってしまいました。私の宿舎は当初マンションを借りていたのですが、

事務所の2階の社員寮が空いていたので、そちらに移り、現在に至ります。

田舎の事とて、夜は何もなく、飲みに出るにも遠すぎてついつい出不精に

なりがちなのですが、唯一、使い放題のインターネットが社会への窓口に

なってしまいました。

そんな中、ある写真サイトで、気にかかる写真を見つけました。

体の特徴が妻に似ているのです。特にどこがどうとは決めつけられないの

ですが、気になってしまったのです。私は投稿者に応援に似せたメールを


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】りっちゃん(小さなお嫁さん)8【告白体験談】

その後

  

【校舎裏でオナニー(2回目)】

 

俺は友里の問いかけに答えられなかった。

 

『好き同士だから見せっこする』と、俺は昔、友里に言ったことがある。

つまり、見たいと答えることは、好きって宣言するのと同じ。

友里がそれを待ってるのが分かったから、見たいって言えなかった。

 

今の俺が好きなのは璃子だ。

いい加減なこと言って、また友里を傷付けたくない。

あああ、でもここまでされたら見たいし…

 

俺が悩んで無言でいると、友里は背中を向けた。えっ帰るの?


告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【学校】りっちゃん(小さなお嫁さん)7【告白体験談】

その後

 

【どうやらこのおんなもへんたいのようだ】

 

物陰に隠れて窺うと、来たのは友里だった。

1人だった。

 

「A吾ごめんね、ちょっとひどかったよねえ、大丈夫?」

 

友里は、自分のジャージズボンを持って来てくれていた。

ああ、助けに来てくれたんだ!

もともと友里は、アンヌに扇動されて俺を責めてるふしがあったっけ。

俺の恥ずかしい状況に、いたたまれなくなったんだな。

 

オナニーを阻止されたのは惜しいけど、素直にありがたいし、うれしかった。


告白体験談関連タグ

||||

2014年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【人妻・熟女】野外SEXは危険【告白体験談】

私達夫婦は、野外SEXにハマっていました。

子供も働きだし、家を出ると私達夫婦は夜な夜な性に浸る日々。

元々仲の良かった私達には、SEXレスなどありません。

定期的に性行為を行っていましたが、年を取るに連れマニアックな事を始める様に

なったんです。

恥ずかしい話ですが、私は47歳、妻45歳ともう熟年です。

早くに結婚し、子育てを始めた事もあり、若い時は欲求不満な日々だったんです。

もちろん妻もそうだった様で、子供に手が掛らなくなると同時に、私達は一足遅い

夜の営みを楽しむ様になりました。最近では、夜家を出て外でプレーする事が多く、普段人が集まる公園や海岸に

向い、妻を裸にし盛り上がっています。

何度も知らない人に見られた事もありましたが、それもまた興奮する一つで、妻も

すっかり野外露出にハマった感じです。ある日の夜、私達は山間部のゴルフ場に向かいました。

誰も居ない駐車場に車を止め、性処理道具の入ったバックを持つとコースの中に向かったんです。

広々したコースで、妻を全裸にし首に首輪・お尻に尻尾の玩具を取り付け、胸の上下と股間をロープで縛り

四つん這いにさせると、妻の口にはボールギャグ、目隠しをして歩かせます。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】人妻【告白体験談】

 静岡の人妻と体験を書かせて貰います。

 名前は「恭子(仮名)」、年齢は45歳、ちなみに私は当時29歳でした。

 それは今年の3月の連休の前々日のことです。連休の予定が無かったので、チャットでエッチが出来る人妻さんを捜してました。「熟女のお姉さん、今度の連休にドライブしませんか?」のメッセージで待機していたところ、少しして、恭子さんが入ってきました。

 最初は恭子さんの方から「今度の連休に神奈川の不動産屋を回りたいのだけど、案内してもらえませんか?」と言ってきました。

 よくよく聞いてみると、4月から娘さんが神奈川の大学に入学することに成ったのですが、ネットや雑誌だけでは、なかなか部屋が見つからなく、こんな時期になってしまい、あわてて、神奈川で部屋を探すこととなったそうです。

 で、どうせ暇だし、色々と世間話していると感じのいい人だったので、案内をOKして携帯の番号を交換しました。

 ネカマかもと思い、こちらから携帯に電話すると、とても40代半ばとは思えないとても可愛らしい声が聞こえてきました。電話で30分くらい話し、待ち合わせの約束をしました。

 3月21日の当日、新横浜駅で恭子さんに逢ってビックリ、声と同様に小柄で可愛らしい人でした。ジーンズにタートルネックのセーターを着て、胸は大きくありませんでしたが、私好みの可愛らしい人でした。

 先に恭子さんの宿泊するホテルにチェックインをすませ、不動産屋巡りを開始しました。車、前もってチャットで聞いていた、大学の近くの不動産屋を数件回りましたが、やはり、時期が時期なだけに、希望に添う部屋は有りませんでした。

 恭子さんが「ごめんなさいね。引き吊り回してしまって・・・夕食ごちそうするわ」と言うので、恭子さんが宿泊するホテルの近くのレストランでお酒を飲みながら夕食をごちそうになりました。

 恭子さんは「明日は、一人で探すわ」と言いましたが、私は「この連休は暇だから、部屋探し手伝いますよ。車じゃないと、色々回れないしね」と言うと、「ありがとう。そうね、じゃぁ、明日も頼んじゃおうかしら」てニッコリ笑って答えてくれました。その日は、何もせず、ホテルまで送って、帰宅しました。その晩は、恭子さんを想像して一人エッチをしようと思いましたが、もしかしたらと思い我慢して寝ました。

 次の日の恭子さんは、デニム生地の膝丈のスカートに前日と同じセーター姿でした。スカート姿も一段と可愛かった。

 朝から不動産屋を数軒周り、運良く、大学からはそれなりに離れましたが、条件に合った部屋が見つかりました。聞くと20日に入居キャンセルされた部屋だったそうです。実際に部屋を見ると、2Kと一人暮らしにはもってこいで、オートロックのあるマンションでした。

 不動産屋に戻ると、早々に入居の手続きを行い、必要なお金を全て払い、マンションの鍵を受け取りました。

 「マンションの鍵の合い鍵作ってた方がいいですよ」と鍵を借りて、、合い鍵を作りに近くのホームセンターに行きました。恭子さんが「ちょっとお手洗いに行って来るわ」と行ってトイレに向かうと、お店の人に合い鍵を2本たのみ、1本をポケットにしまいました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】夫と私の秘め事【告白体験談】

私は、30歳になる専業主婦です。

夫とは、5年前にネットで知り合い半年程で結婚しました。

夫は10歳年上で40歳、小さいながらも会社を営んでいます。

私は、元々エッチで中学生の頃から野外オナニーやSM道具を使って家でオナニーをしていました。

夫もエッチ大好きで、特に野外露出やSMと言った事を好んで女性にする為、直ぐに別れられていた様です。

そんな時、私と出会い意気投合の末、結婚となりました。

もちろんお互い今の生活に満足している為、子供は作りませんでした。

休日は2人で、車を出し人気の無い山中で車を止めると、私は全裸になり夫は写真を撮影します。

数枚写真を撮ると、今度はロープで体を縛り散歩させられ、四つん這いのままポーズをとると、また写真を撮ります。

最後は、夫がバックから挿入し中にフィニッシュするんです。もちろん私も一緒に逝きます。

誰かに見られるんじゃないか、ハラハラしながらの野外露出は快感です。

夫は、山中に限らず、至る所でのエッチな行為もしてきます。たとえば、エレベーター内で、誰もいない時は必ず

私のスカートを捲りあげ、パンティを露わにしたり、映画館で映画を見ている時も、胸元を全開にして胸を曝け出したりします。

そんな夫が、最近他人に抱かれる私を見てみたいと言いだしたのです。しかも、大勢にSMチックに抱かれる所を見たいと

言うんです。私は流石に困りましたが、他人に抱かれるという事にも興味ありましたし、夫公認ならとOKしました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【人妻・熟女】野外露出が癖になった私(追加①)【告白体験談】

<山中で…②>

前からよく通っていた山中で、久々におじさんに出会った。車を止め辺りを見回したが、人の気配は無かった。私は車で全裸に

なり、首輪を付けアナルには尻尾に見立てたバイブを入れ所々ロープで縛った。マンコにはバイブを入れ固定するとリモコンを口に

咥えた。そんな格好で四つん這いになると頂上を目指した。見られるかもと思うだけで、マンコからはダラダラとエロ液が垂れてきた。

誰に会う事も無く、現地到着した。私はロープを木に結び、バイブでオナニーを開始した。街中の人に見られていると想像しながら

必死に動かした。絶頂を迎えようとした瞬間、ガサガサっと音が聞こえた。”マズイ!”そう思って体を低くした。音のする方を見たが

誰もいなかった。風?と思い冷めた感情をまた、吹き上がらせた。オナニーしながら、音のする方を見ると人影が見えた。

おじさんだ!!!私は確信した。ロープを解きおじさんのいる方へ四つん這いで向かった。近くに行くと、おじさんも隠れていた。

私は、いつもの様におじさんの方へおしっこをした。そして、その場で、オナニーを始め絶頂を迎えた。いつも以上に盛り上がり

一度では満足出来なかった。おじさん見てと心で叫びながら、アナルオナニーも見せた。彼も我慢できなかったんでしょう?

隠れながらオナニーをしていた。”うっ”小さな声が聞こえた。

何度逝ったでしょう?いつも以上に疲れ下山する事にした。途中、犬を連れた男(40代)が見えた。私は、草むらに身を隠し行くのを

待った。犬が近寄って来た時は、ダメかと思ったが、気づかれる事無く下山した。車に戻ると急いで着替え自宅に向かった。

<神社で…>

隣町にある神社がちょっと有名で、暇を弄んでいたので行ってみる事にした。下着は付けず薄手のワンピース(膝上15cm位)


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【学校】りっちゃん(小さなお嫁さん)4【告白体験談】

その後

 

【中学生のりっちゃん(幻)】

 

俺はオナニーを覚えた。

そして毎日するようになった。

それは薄れかけていたりっちゃんの思い出を、しっかり心に留めることになった。

 

オナニーはいつも全裸で、立ってするのが好きだった。

そうすると必ず、りっちゃんと裸で抱き合う場面が思い浮かぶ。

 

あの結婚ごっこは、ちんちんをまんこに入れるふり、つまりセックスの真似事だったんだ。

そのことに気付いたのは、セックスの正体をどこかで聞きかじった時だった。

気付いてからは、想像の中で、りっちゃんのまんこにちんちんを入れるようになった。

 


告白体験談関連タグ

|||||

2014年6月27日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ