相互リンク先の更新情報!

【友達】契約社員ナナ【告白体験談】

ナナは30代の独身契約社員。

総務課会計係だ。

見た目は、学級委員長のような「お堅く、まじめ」な風貌。

黒縁メガネがそれをさらに引き立たせている。

うちの会社には制服はない。

それぞれが、「常識的な範疇」で自由に服装をチョイスしている。

ナナはほぼ毎日、濃紺スカートに黒いハイソックス、白いブラウスだ。

最初はナナの事など歯牙にもかけていなかったが、偶然にもスカートの中からのぞく、

ナナのパンティを目撃してから彼女の虜になってしまった。

ほぼ毎日、ナナをオナニーのオカズしている。

ナナに似たAV女優のDVDを見ては、「ナナ!ナナ!」と言いながら、肉棒を激しく

上下させている。

しかし、どうにもこればかりでは我慢ができなくなり、ナナにアプローチのつもりで

声をかけてもみた。

ナナは、俺の事など眼中にもないらしく、軽くいなされてしまった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【出会い系】出会い系で会った女の子は彼氏持ちだった…ww 【告白体験談】

自分:オッサン31歳、リーマン、独身、フツメン(と信じたい)

相手:女子大生21歳、misono似(以下、ミソノ)、3年付き合ってる彼氏あり

Mixiのコミュで仲良くなって、直接メールするようになってた。もらった写メがmisonoに確かに似てたけど、misono自体に興味なかったから、ふつーにメールしてた。

3週間くらいメールしてなかったけど、ミソノが「今日は合コン!楽しみ!」って、

つぶやいてたの見つけたから、「合コン、いい人いたかー?」と送ったとっから。

ミソノから「年上のヤンキーっぽい人達で、帰りたい(;_;)」って着て。

「帰れば良いじゃん。お持ち帰りされてんの?」って送ったら、終電なくて皆(3:3)でカラオケだと。

そしたら、ミソノが追撃で、「迎えにきてくれない?」と。

一回断ったけど、「お願い(>_)」ってきて、しゃーないと。

めんどくさかったが、ほんと下心無く、俺のムスコはぴくりともせず。



で、車で30分かけて迎えに行って、ミソノ乗せた。

身長155くらいで、ベージュのジャケットに花柄フリルのミニスカ+黒タイツって格好。

正直に、ムスコがちょっと眠りから覚めた否定しない。

ミソノは救出してくれたことに感謝してるらしく、ハイテンションで喋ってた。


告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月4日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

【職場】小6の女の子に告白された【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2013/01/13(日)04:00:04.23ID:p39vEBU70<>

それが去年の夏くらいの話な

もちろん丁重に断ったけど、その後色々あって、今では定期的に待ち合わせして会うような間柄になってしまった

別にやましいことなど一切ないし、これってアウトじゃないよな??



俺は24

最近児童関係で厳しいから、面倒なことにならないかなぁと不安な気持ちはある



で、問題なのが明後日どこか遊びに行こうと誘われたんだ

今までは近くの公園とかで会って話すくらいだったんだけど、

遊びに行くとなるとそれはちょっとマズイよな?



こうなった経緯を説明すると

俺は定食屋でバイトしてて、女の子と母親はそこの常連客

昔からきてたから顔馴染みなんだ


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月14日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【友達】俺が親友の彼女と半年前からSEXしてる話する。【告白体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2013/12/02(月)14:56:24.11ID:gNbqATTf0<>

ちな親友公認。

割と珍しい体験だと思うので立ったら書く。



とりあえずスペック





23歳社会人2年目。スポーツやってたので体型はリアルゴリラ。



A

親友。24歳大学院生。リアルに頭良い。顔も良いと思う。大学1年の時からの親友。



Bちゃん

Aの彼女。大学2年生。背が低くて顔は可愛らしい男好きのする感じの子。




告白体験談関連タグ

|||||||

2014年2月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【人妻・熟女】年賀状がきっかけで・・・【告白体験談】

正月はテレビ番組もどこも似通った内容でほとほと退屈になる。

妻と二人コタツに入りながらみかんをつまみ、酒を飲みつつ、届けられた年賀状の束に目をやる。

おおよそ、百通ほどの束を自分宛と妻宛に分けてみるが、ほぼ五分五分で、今年は勝ったの負けたのと

つまらぬ勝負にも決着が付かないような緩い昼下がりだった。

何気なく妻宛の年賀状を見ているうちに何のコメントも無い家族たちの写った年賀状が目に入った。

「なにこれ?ノーコメント?」、そう言いながら妻にその年賀状を差し出した。

一瞬ではあったが、妻がなんとも表現しがたい表情になったので、気になってしまい、聞いてみた。

「あなた、聞いて気分悪くしない?」とほろ酔い気味の妻が、やや艶っぽい笑みを浮かべたので直感的に

「関係」の有った男だなと感ずいた。

「結婚して10年以上だぜ、いまさら過去の男の事を聞いても腹は立てないよ。」

「じゃあ、話すね・・・」

やはり、妻の大学時代の彼氏だった。

「彼氏ってことは、当然セックスしたんだろ?」

「当然よ、お互いセックスに興味大有りの頃だったから。」

「何年くらい付き合ったの?」


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

【友達】小学生の女の子をおかずに【告白体験談】

昨日の夕方に電車の中で、黒いパンストを穿いた小学校高学年の女の子を見て萌えました。

俺は休みであるにもかかわらず先輩に呼び出されて大学に言ってました、夕方家に帰るのに電車に乗っていたんですが、俺が乗った時点では車内はガラガラだったので、4人掛けで向かい合わせになってるボックス席を占領してました。

ところが途中にある沿線でも比較的大きな駅で急に混んできたので俺は窓際に詰めました、俺の向かいに10代前半ぐらいの女の子が友達2人で座ってきて、俺の横は70歳ぐらいの爺さんが座りました。

女の子は買い物の帰りらしく買った服とかが入ってる紙袋を持ってました、2人ともキュロットで1人は黒タイツだったのですが、俺の斜め向かいに座った子はなんと黒いパンストを穿いていたのです、あの薄さはどう見てもタイツではなく大人が履くパンストです。

2人とも中学生が通学用によく穿いてる白いスニーカーでした、高校生はあんなもの穿かないので最初2人は中学生だと思っていたのですが、女の子の会話に「算数のテストが・・・」とか「6年○組の担任は・・・」と聞こえてきたので2人は小学生だったのです。

タイツの子のスニーカーは真っ白でまだ新しいそうでしたが、パンストを穿いた子のスニーカーは新しい感じはなくうす汚れてたのでそこそこ穿きこなしたものだと思います。

大人が穿いてもエロく感じる黒パンスト、それを多少大人びた感じはするが小学生が穿いている、ロリの気がある俺にしてみればこんなにエロいものはありませんでした。

車内はかなり暖房が利いていて、しばらくすると女の子たちは会話をやめて居眠りしていました、隣を見ると爺さんもうとうとしてました、俺も寝た振りをしながら頭を下げ眼だけ開けてパンストを穿いてる子の脚元をガン見しました。

車内は暑いくらい暖房が利いていたので「女の子のスニーカーの中は蒸れているだろうな」「毎日穿いてるのだとしたら臭いかも」そんなことを考えながらパンスト脚を観察しました。

隣の爺さんは通路側に斜めに脚を出して伸ばしていたので、必然的に女の子2人の脚は寄り添うように俺のいる側に持ってきている、ほんの数センチで俺の脚と触れそうだった、俺はジーンズなので例え触れても感触などわからないのだが、それでもジーンズを通してでもあのパンスト脚と俺の脚が触れないかなと期待しました。

彼女たちは40分ほど乗って先に降りて行きました、俺はそこから3駅目の自宅に一番近い駅で降りました。

すぐ家に帰り部屋に入ってオナニーしました、つい今しがた見た黒いパンストを穿いた女の子の脚を思い出しながらです、ここ最近で最高のおかずでした。

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【友達】電車で偶然胸を触ってから・・・【告白体験談】

高校のとき、駅で毎日同じ電車になる女の子が巨乳でした。

とても可愛らしい娘で、毎日顔を見られるだけで幸せだった。



ある日、電車が事故で大幅に遅れたときのこと。

やって来た満員の電車にやっとのことで乗り込んだ、発車後直ぐに急ブレーキが掛かった。

突然のことに、とばされる俺を始めとする周りの乗客。

次の瞬間、俺の右手に今まで感じたことのない柔らかい感触が・・・。

それが何か分からず数回揉んでしまった、ふと顔を上げると怯えきった彼女の顔が。

俺の右手は言うまでもなく、彼女の胸に。



もの凄い勢いで謝る俺、人生で一番謝ったと未だに思う。

余りの勢いに彼女も不憫になったのか、許してくれたというか満員電車なので許す他なかったようだ。

でもそれがきっかけで、言葉を交わすようになり毎日一緒に学校に通うようになった。



駄文スマソ、続きは少しありますが聞きたいですか?


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

【小中学生】小6の女の子に告白された【告白体験談】

1:名も無き被検体774号+:2013/01/13(日) 04:00:04.23 ID:p39vEBU70

それが去年の夏くらいの話な

もちろん丁重に断ったけど、その後色々あって、今では定期的に待ち合わせして会うような間柄になってしまった

別にやましいことなど一切ないし、これってアウトじゃないよな?? 俺は24

最近児童関係で厳しいから、面倒なことにならないかなぁと不安な気持ちはある で、問題なのが明後日どこか遊びに行こうと誘われたんだ

今までは近くの公園とかで会って話すくらいだったんだけど、

遊びに行くとなるとそれはちょっとマズイよな? こうなった経緯を説明すると

俺は定食屋でバイトしてて、女の子と母親はそこの常連客

昔からきてたから顔馴染みなんだ

そして去年の夏に、お会計終わりに女の子からコッソリ手紙をもらったその手紙の内容は、まぁ世間でいうラブレター的なもので「付き合って下さい」と書かれていて大変驚いた

小学生の女の子から「付き合う」という単語がでてくるとは思ってなかった 手紙をもらったはいいけど、どうやって返事をしようか迷った

考えた結果、毎週水曜日に女の子と母親は店に訪れるので、その時に手紙返しをすることにした内容は

お手紙ありがとう

気持ちは嬉しいけど、歳も離れているし、◯◯ちゃんのことはそういう風に見れないんだ、だから付き合うことはできないよ、ごめんね

◯◯ちゃんならすぐにいい人出来るよ、応援してますみたいな感じで、出来るだけ優しく断った


告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年1月28日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

【妹】妹の浮気・続き【告白体験談】

 妹が従兄弟のKと浮気をしている事が分かった私は、悶々としていた。

 妹家族はその晩泊まった。妹は友達に会ってくると言って家を出た。きっとKの所に行ったのだろう。今頃ホテルかどこかでセックスしているのだ。 私は何も知らない妹の夫が気の毒に思えてきた。

 私ひとりでリビングで飲んでいると、12時頃妹は帰ってきた。 紺のワンピース姿の妹はなにくわぬ顔で私に「ただいま」と言って、子供とパパは?と聞いた。もう寝たよと答えた。 私は妹にどこ行ってたと聞いてみた。妹は友達の所と言って、私の飲んでいたビールをグラスに注いで飲んだ。

 私は台所に行ってビールを持ってきて妹のグラスに注ぎ足す。 紺のワンピに黒いタイツ姿の妹がやけにいやらしい。 私は現に妹でオナニーしたのだ。 

 妹はグイーっとビールを飲みほし夫子供の寝ている部屋に行った。 私は無意識に妹の使っていたグラスを嘗め回しチンポをしごいた。 そして台所のあの光景を思い出しながら、黒タイツの足を思い出しながら、射精した。

 朝、私の両親と義理弟と子供は近くの神社に行ったようだ。家には私と妹だけだ。妹は朝風呂に入っていた。

 私は当たり前のように脱衣所に向かった。かごの中には妹の下着があった。黒地に水色の模様のブラとショーツだ。私は迷いも無くそれを手に取り舐めまわした。 勃起したチンポにショーツをかぶせしごいた。扉の向こうには妹がシャワーで体を洗う音が。

 下着に向かって射精したかったがそれはさすがにやめた。もう私は気がどうにかなりそうです。

告白体験談関連タグ

|||||||

2014年1月8日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【妹】妹夫婦のハメ撮りビデオ・その2【告白体験談】

 妹夫婦のハメ撮りビデオでオナニーばかりしている34歳独身の二回目の投稿です。

 一本のテープにはいろいろのハメ撮りが入っていて、こんなのもあった。

 妹は紺色のワンピースを着て黒タイツを穿き、両手を前に縛られ目をアイマスクで隠されてソファーに座っていた。

 ソファーに座りモゾモゾしている妹を義弟がビデオを回す。

 服を着せたままローターを当てたりフェラをさせたりしていた。自分でローターをアソコにあててオナニーをさせた。そのままフェラチオをさせ、最後は顔射と舌射。

 

 またこういうのもあった。 お互い服を着たまま台所で何十分(多分20分位)もキス。さすがにこれは長すぎて飽きた。

 その後で撮ったのだろうか同じ服で台所で仁王立ちフェラ。なぜか妹はエプロンをつけていて(凄く可愛い)何かのAVをまねているようだ。そしてお決まりのシンクに手を付き立ちバックで挿入。そして同じくお決まりの顔射と舌射。

 普通のカラミもあり二人とも全裸でセックス。寝室のベットの上だった。 男の両肩に足をかけ深く挿入するような体勢で長くピストンされていた。(私は早漏なので羨ましかった。)

 騎上位はなかなか興奮した。黒いブラだけを付けて男の上に乗り腰を前後にリズミカルに動かしていた。これはかなりのテクニシャンでAV女優のようだった。

 妹は興奮してくると隠語が凄いようだ。 やはり女はセックスしないとわからないものだ。

 3Pを想定するような映像(挿入中、ティルドを口、アソコに突っ込まれ〇〇さん凄いとか夫の名前以外を言っていた)もあり、オレを交えて出来ないだろうかと本気で思った。でも兄妹ではやはりまずいか。でも聞くだけ聞いてみようか。などと思いオナニーばかりしている情けない兄です。

 

告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年12月28日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談
1 / 41234

このページの先頭へ