相互リンク先の更新情報!

【露出】小学生の早朝ランニング 【告白体験談】

小学生の頃、学校につくと早朝ランニングがありました。

それが、上半身裸なんです。もちろん女子も。

風邪をひいて具合の悪い人以外は全員上半身裸。

下はたいがい、スカートでしたね。



もう、4年生くらいになると、大きい子もいますよね。胸。

それでも、上半身ハダカ。

上級生になるともう、ぶるんぶるんですよ。

なんせ、走るんですから。

みんなが普通にやってると、気にならないんですよね。



高学年になるともう、おはよーって学校に来て、カバンとかランドセル置いて、昨日のテレビの話とかしながら、バンバン脱いで、上半身裸になって、廊下に出て、おっぱいゆさゆさ

揺らしながら校庭へ。



毎日だいたい2周くらいだらだらしゃべりながら走って、教室へ戻る。


告白体験談関連タグ

|

2015年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【寝取られ】23歳の彼女が温泉旅館で巨根のオヤジに寝取られる 全文 【告白体験談】

これは去年の秋に彼女と行った温泉旅行での出来事です。

オレは鉄鋼所に勤めてる28歳で

オレの彼女はそこの事務をやってるOLで歳は23。

名前は仮名ですが「かおり」としておきます。

うちの会社の事務員は色気のないおばさんと

普通の主婦だがパソコンができるパートさんの二人だけだったんだけど

そのパートさんが旦那の転勤で退職することになり

新卒採用できたのがかおりだった。



第一印象のかおりは特別可愛いというわけでもないがブスではなく中の上だが

よく笑う娘で、人懐っこい愛嬌のある娘だった。

オレは両親が温泉好きで小さい頃からよく家族で温泉旅行に行ってたんだけど

かおりも温泉好きだということがわかりよく話があった。

そんな彼女の事を好きになるのに時間は掛からなかった。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年7月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【学校】「あ、今が青春なんだな…」って思った瞬間 【告白体験談】

高校時代、イケてない俺が部活でグラウンドをランニングしてたら同じクラスの静かで可愛い子が「ファイト!」って言ってくれたとき

10年近く前だけど今でも思い出すと胸が苦しくなる





学園祭の前日にみんなで遅くまで残って準備したとき





部活の関東大会決勝前にみんなで円陣組んだ時。





高校時代、イケてない俺が部活でグラウンドをランニングしてたら同じクラスの静かで可愛い子が「ファイト!」って言ってくれたとき

10年近く前だけど今でも思い出すと胸が苦しくなる





学園祭の前日にみんなで遅くまで残って準備したとき


告白体験談関連タグ

|||||

2015年7月19日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

【浮気・不倫】銀行マンの妻に5発程注入 【告白体験談】

話は2、3ヶ月前の話になります。





するとMなのでたくさん突いて欲しいと書き込みを行っていた、伸枝という子からメールが返ってきました。



わずか1時間位やりとりをしてアド&写メ交換をして逢う約束をしました。

伸枝は29歳で銀行マンの妻でした。

平日の昼間に待ち合わせ場所に行くと、写メよりも数倍可愛い子が立っていました。



俺は心の中で小さくガッツポーズすると、その子に「伸枝ちゃん?」と聞くと「うん」と答えてくれました。



車に乗り込み1時間位ドライブをしてから近くにあったファミレスで遅めの昼食を取りました。



そこで話を聞くと3ヶ月位旦那とはレス状態で、旦那は出会い系にハマってると話してました。




告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年7月18日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【妹】ぱっつん 【告白体験談】

うちの妹、黒髪・ロング・ストレートで、俺は結構気に入ってた。



ただ残念なことに、ぱっつんじゃなかったんだよな。



妹とそんな話をしてたら、ある朝ぱっつんになってた。

妹に言わせると、「鬱陶しいから切っただけ」とか言いながら、こっちを

チラチラ見てくる。



可愛いじゃんって言ったら、嬉しそうに「コンビニ行こ」って言い出した。

アイス買ってやって、一緒に食べたよ。




告白体験談関連タグ

|

2015年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

【寝取られ】金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた2 【告白体験談】

妻の純子はもうすぐ30歳になるが、まだ子供もいないこともあってか、若々しくて美人だと思う。そして彼女は、家庭的で清楚な女性だと言われることが多い。



実際、今の純子はその通りの女性だと思うが、昔の彼女は今とはまったく逆の女性だった。金髪ビッチ……。ひと言で言うとそんな女性だった。

でも、私と付き合う内に、彼女はどんどん変わっていってくれた。今となっては、金髪ビッチだった純子との日々も、あれはあれで楽しかったなと思えるくらいだ。



でも、偶然に見つけてしまった妻の過去の動画……。そこに映っていたのは、私とのセックスでは見せない、ビッチで淫乱な顔の妻だった。





そしてその動画は、私と交際している時に撮られたもののようだった。当時の妻は、見た目のビッチさから想像も出来ないほど、私に一途な女の子だった。でも、私がそう思っていただけなのかもしれないと、疑念を持ってしまった。



そして私は、動揺で手を震わせながら、他の動画をクリックして再生し始めた。そして始まった動画は、いきなり私を絶望させた。

さっきの動画で、もしかしたら純子は私と交際中に浮気をしていたのではないのか? と、そんな疑惑を持った。でも、きっと違うはずだと、現実逃避する私もいた。



再生が始まった動画には、ほとんど黒髪の純子が映った……。純子は、私と交際を始めて、半年過ぎたあたりから徐々に黒髪に変わっていった。

動画に映った純子は、まさに黒髪に変わり始めた頃の純子だった。純子が浮気をしていたことが決定的になり、私は強いショックを受けた。でも、その頃過ちを起こしてしまったとしても、今の純子はそんな過ちを犯していないはず……。そう思い、自分を奮い立たせようとした。でも、当時も純子の浮気に気がつかなかった私は、仮に今純子が浮気をしていたとしても、気がつかないのではないのか? そんな疑念が強くなってしまった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【M男・痴女】家庭教師先のJKに調教された僕2 【告白体験談】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。



そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。



ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。



彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。



そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、

『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』

と、僕の方を見もせずに言いました。





僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。

『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

【フェラチオ】脇腹くすぐり経験談 【告白体験談】

うっきー


告白体験談関連タグ

|

2015年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

【寝取られ】ビッチだった彼女も、今は俺に一途……だと思ってました2 【告白体験談】

「じゃあ、こんなのはどうですか? 愛する彼氏が寝てる横で、彼氏のより大きなおちんちんでイカされちゃうってのは? 必死で声を我慢しながらw」

軽い冗談口調で言うバイトの後輩の淳。そんなとんでもない提案に、

『……それ、凄いぃ……。そんなの……あぁ、ダメ……』

と、俺の彼女の加奈子はとろけた声で答えた。



俺は、酔いつぶれて寝たふりをしながら、二人を止めることもせずに様子をうかがい続けた。この時、俺は寝取られ性癖に目覚め始めた頃だったので、そんな選択をしてしまったのだと思う。



「じゃあさ、早速くわえてみたら? 彼氏がすぐそこで寝てるのに、バイト先の後輩のチンポくわえるのって、加奈ちゃんたまんないんじゃないの?」

淳は、上手いことを言いながら加奈子をのせていく。

『それ、ヤバいかも……。でも、起きちゃわないかなぁ?』

そんな事を言いながら、俺の方を見た加奈子。俺は、慌てて目を閉じました。俺がいる場所は電気が消えているので、多分、目を開けていても気づかれないと思う。でも、俺はとっさに目を閉じてしまった。



「平気ですって。康さん酒弱いのにガブガブ飲んでたからw」

『そうだよねw じゃあ、ダーリンのすぐ横で、フェラしちゃうね。そっか、ねぇ、もっとあっち行こうよ!』

俺は薄目でその様子を見ていたが、本当に驚いた。加奈子が淳の腕を引っ張り、俺の方に歩いてくる。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【乱交・王様ゲーム】近所にいるエロガキ 6 【告白体験談】

「・・・んっっんっ・・。。。チュっチュル。。チュッ。ぅん。。」

「チュッペロペロ。。んっうんぅ・・。チュチュ。。」



部屋中にいやらしいフェラチオの音と、女性の色っぽい吐息が響き渡ってました。



その音の響かせているベッドの上では、裸の女性2人が1本のペニスに顔を寄せ合い丹念に”フェラチオ”をしてていました。

その女性達が奉仕している相手は、時節自分のペニスを奉仕している女性達の髪をいじりながら

「はぁはぁぁあ気持ちいぃ!!!ああぁ気持ちいぃいよぉお!!!」と叫ぶような声を上げていました。。。

その声は明らかに、まだ声変わりもしていないような子供の声でした。。。



私と香織は、交互に入れ替わりながらその子の鬼頭と竿の部分、さらには玉の部分までフェラチオを施していました。。

その子は

「はぁはぁはぁ。。。あぁ気持ちいいぃ。。”ふぇらちお”気持ちいぃぃ!! 僕大人の女に”ふぇらちお”させてるぅ!!しかも”だぶるふぇら”だぁぁ!!!たまんないよぉ!!」

と奉仕している私達を見ながら、好色な笑みを浮かべていました。




告白体験談関連タグ

|||||||

2015年7月11日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談
10 / 2,599« 先頭...89101112...203040...最後 »

このページの先頭へ