相互リンク先の更新情報!

【外国人】ビリーの作文 【告白体験談】

ミセス・ロビンソンは、小さなビリーが通う小学校の先生です。

その日も、子供たちが持ってきた宿題の作文を読んでいました。



テーマは「私の一日」。ビリーの作文には、こう書いてありました。





「ぼくの一日。ぼくは朝起きると、まずベランダに乗って、

朝食を取って、もう一度ベランダに乗って、それから学校へ行きます。



学校ではトミーとダグとベティーと遊びます。



家に帰ると、まずベランダに乗って、それからおやつを食べます。

おやつを食べ終わるとベランダに乗って、宿題をします。

宿題が終わるとベランダに乗って、家族3人で夕食を取ります。




告白体験談関連タグ

||

2015年3月27日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

【職場】拝啓 先生 【告白体験談】

小龍先生!またまたコレクションが増えました!

全て、先生のおかげです。

今回は、先日、ご報告した私の会社の先輩です。

大勢の同僚たちから美和さんと名前で呼ばれ、社内で1番人気のある美しい女性です。

身長は私より少し高いくらいですから168cmくらいでしょうか。

今年40歳になってしまいましたが、スラッとしていて、品があり、若々しく感じるため、

23歳の新入社員でさえ毎晩おかずにしてるとのことです。

部署の男だけで飲みに行くと、必ずといっていいほど、美和さんの話題になります。

「ブラウスから白いブラが透けてたのが堪らないとか」

一応、役職者である課長でさえも、「あの足は芸術だとか、わが社の宝だ」などと言ってる状態です。

会議でペンを落として拾う時、美しい脚線美に見惚れて、机に頭をぶつけた奴も何人もいます。

部には他に5人女性(20代や30代)がいますが、彼女達の話題は全く出ずに、だいたい美和さんの話題になります。



そんな憧れの美女を念願叶って抱くことができたことは、、先週のメールで報告済みですよね。

そのことも非常に感慨深かったのですが、


告白体験談関連タグ

||||||

2015年3月23日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【近親相姦】妹と僕と 【告白体験談】

小〜中頃の話断片的だが記憶を書き留めておきます



妹:3歳下



僕が小4の頃から性に目覚めて、毎日自慰に明け暮れていた日々で



射精がまだなくイッても痙攣するだけで無制限にイケたので

チンコがヒリヒリするまで自慰にふけっていた



精通は妹を膝に乗せて抱っこして本を読み聞かせている時に勃起して

急に電気が走ったようにパンツの中に射精した



それからしばらくはパンツにテイッシュを入れて妹を抱っこしながら射精する快感におぼれていた






告白体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月21日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

【浮気・不倫】出産祝いに来た嫁の親友の千恵ちゃんに中出し 【告白体験談】

嫁の親友の千恵ちゃんが嫁の出産祝いのために家に遊びに来たときのこと。



「ずいぶん遅くなっちゃったけど、Yちゃん、出産おめでとう。」とお祝いの品を千恵ちゃんからいただいた。



千恵ちゃんが遊びにきてしばらくすると、嫁の携帯に電話があり、嫁だけが嫁の母親の病院に行くことに。



せっかく遠くから千恵ちゃんに来てもらったし1時間くらいでもどるから、と嫁だけ病院に行って僕と千恵ちゃんは留守番をすることになった。



千恵ちゃんは僕と嫁の結婚式で嫁の「友人スピーチ」をしてくれた子。

ドレスもかわいくて(色はもちろん地味だったけど)、千恵ちゃんが友人スピーチ中にマイクをつかんで生ワキが見えたことに式の途中ながら興奮してしまった(自分がワキ・ニオイフェチなので)のを覚えている。



嫁が出かけた往復距離を考えて、1時間以上かかると思われるのでテレビはつけっぱなしとしても間が持たない。

結婚式の写真を持ってきて(千恵ちゃんも写真におさまっているのがいっぱいあったので)、時間をつぶすことにした。



「千恵ちゃんきれいだよねー。」


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月20日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【痴漢】黒髪清楚なまりちゃんと満員電車で超密着した 【告白体験談】

朝の地獄のような通勤ラッシュに揉まれながら、いつも会社に行く俺。社畜と言う言葉を強く意識する瞬間だけど、たまに良い事もある。本当に、身動き一つ出来ないようなラッシュの中、たまに制服の女の子と密着できたりする。

柔らかい感触と、良い匂いを満喫しながら、痴漢に間違われたらヤバいなと思い、両手を上に上げる俺。今日も、なかなか強烈な状態になっていた。



俺の股間は、ちょうど目の前の制服の女の子のお尻に密着している。俺の背が低いのか、彼女の背が高いのかは置いておいて、ちょうどはまっている感じだ。





まだまだ寒いのに、コートも着ずに生足の彼女。申し訳ないと思いながらも、さっきから俺はフル勃起状態だった。そして、今時珍しく真っ黒の髪に、ほのかに香るシャンプーか何かの良い匂い。良い朝だなと思っていた。



彼女は、目の前の女の子の友達とずっとしゃべり続けている。誰それと誰それが付き合ってるとか、あのお菓子が美味しいとか、聞いたことのないお笑い芸人か何かの話をしている。



俺が勃起した股間を押しつけていることなど、まったく気にもしていないようだ。

その友達の方は、髪は茶色いし、メイクもしている今時の女の子という感じだ。話す言葉もちょっと汚い。それに引き換え、俺が密着している子は、言葉づかいもどこか上品だった。



「まり、今日エッグスンシングス行かね?」

ケバい方がいう。エッグスンシングスがなにかまったくわからないが、目の前の女の子がまりちゃんというのがわかった。


告白体験談関連タグ

|||||||

2015年3月20日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

【浮気・不倫】旦那の浮気に制裁w 【告白体験談】

私は先日浮気調査をお願いしました。

#160;

最近主人の帰りが遅いことが多く、不審に思ったからです。

#160;

ワイシャツには口紅の跡がついているし、ポケットには怪しげな店のライターが入っているし、これは浮気しているな、と女の勘が働きました。

#160;

ちょっとした遊び程度のうちに火を消しておかないと、どんどん深みにはまっていかれては困るし、もし本気で浮気しているなら今のうちにきっぱり離婚する方がいいかなとも思いました。

#160;

浮気調査は大手の探偵事務所にお願いすることに。

#160;

#160;

ネットで一番信用できそうなところを選びました。

#160;

調査料は10万円ほどになりますが、そんなこと気にしていられません。

#160;


告白体験談関連タグ

|

2015年3月20日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

【職場】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた 【告白体験談】

私は今年で40歳になった。まだ結婚はしていない。と言うか、結婚に興味が持てない。女性のことを信用できないという気持ちが強いからだと思う。



私はそれなりにルックスも良く、男性器の性能も良かったので、若い頃から遊びまくっていた。そして、普通の女性とのセックスでは刺激が足りなくなり、人のモノ……彼女だとか、人妻にしか興味を持てなくなってしまった。

そんなセックスをしていると、女性があっさりと伴侶を裏切る姿をイヤと言うほど目の当たりにする。そんな刺激を求めた背徳的なセックスを繰り返したツケが、いまの私の女性不信に繋がっているのだと思う。



そして、見ず知らずの人妻などを落とすことにも飽きてしまった私は、身の回りの知り合いの人妻に興味を持つようになっていた。



私は小さいながらも広告代理店を営んでいて、早いタイミングでスマートホン対応をしたおかげでそれなりに収益も上げる事ができ、従業員も80名を超えた。



そんな中で、営業部の部長を任せている間宮という男の妻に目を付けた。間宮はとにかく真面目で勤勉な男で、まだ35歳という若さにもかかわらず、彼が部長をしていることに社内でも誰も異論は無く、誰もが認めるエースという感じだ。



そして、彼は社内結婚をしていて、私の秘書が彼の妻だ。名前は美帆といい、見た目からしてザ・秘書という感じの上品で清楚な感じの女性だ。年齢は29歳で、女盛りの最盛期、色気とフェロモンが過剰分泌されているようないい女だ。

彼女はスレンダーな身体をしていて、一見ほっそりとした印象だが、よく見るとスーツの中の胸はブラウスのボタンをはじき飛ばしそうだ。



膝丈のタイトスカートからのぞく足も美脚で、会社の看板という言葉がピッタリと来る。実際、業界紙で美人秘書という紹介のされ方をしたことが数回ある。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年3月20日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

【露出】知って良かったのか悪かったのか 【告白体験談】

前の彼女の話。

当時、社会人なりたて。

そしてそのときの同期と付き合うようになった。

色々気まずいので「アイツら仲良いなー」と周りに言われてはいたが

お互い付き合ってることは黙ってた。



2年ぐらい付き合って、オレはこの仕事がむいてたのかやり甲斐を感じてたし

ずっとこの会社にいれば面白い事が出来ると思った。

それに彼女もいたから充実した毎日。

早い段階で一緒に住んでた事もあり、

自然と結婚しようか、とプロポーズした。



彼女は喜んでくれてはいたけど

いまいちはっきりとした返事をもらえずにいた。

「あれ、オレだけ盛り上がってただけかぁ…」と


告白体験談関連タグ

||

2015年3月19日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

【寝取られ】首筋にあてたナイフを思い切り押し込みました。 【告白体験談】

私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。

妻は31歳。学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。

妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。

アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。

工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが、

当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。



先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。

そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。

妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。

妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。

私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。

しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、

また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、

何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月18日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

【友達】男4人×女4人で飲み会で酔った女Aが「フェラまでならしてあげる!」と宣言。 【告白体験談】

大学1年の時。

いわゆる女子寮的な下宿に集まって、

男4人×女4人で飲み会をした。

で、酔いが廻ってきた頃に男Aが突然の童貞告白。

ここから急にエロい雰囲気になって、

女Aが「フェラまでならしてあげる!」と宣言。





男Aは迷っていたけど、他のみんなの後押しもあって、

ズボンをその場でずり下ろす。

すると、すでに巨大化したアレをドーンと登場で、みんな爆笑。

女Aも引くに引けなくなって、アレに手を添えた瞬間、

男Aは勢いよく射精して、再び爆笑。






告白体験談関連タグ

|||

2015年3月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ